« 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その16(続報2) | トップページ | 東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その3(侵入方法) »

2015/09/02

大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その17(誤算)

まずは続報です。
死体遺棄容疑で逮捕された容疑者(45)が、今月21日に男子の遺体遺棄現場に立ち寄る前、7時間以上にわたって大阪・キタの繁華街の堂山町(大阪市北区)に滞在していたことが分かった。

容疑者は20日、知人らに連絡せずに勤務先の福島から大阪に帰省。男子の遺体のポケットから第三者の体液が見つかったことがすでに判明しているが、容疑者が堂山町に滞在中に、何らかの方法で体液を入手した可能性も浮上しているとの事。

大阪府警高槻署捜査本部は、容疑者が男子の遺体に隠蔽・偽装工作をした疑いがあるとみているとの事。

府警の捜査員は21日午前1時15分ごろ、堂山町の駐車場で容疑者の軽ワゴン車を発見し、追跡。付近に設置された防犯カメラでは、午前1時22分に容疑者とみられる男が傘を差して歩く姿も写っていた。

さらに、約7時間半後の午前8時57分には、同じ場所を写した別の防犯カメラに容疑者とみられる男が記録されていたとの事。

容疑者はこの後、柏原市に向かい、21日午前中に男子の遺体が見つかった同市の竹林に立ち寄ったことが分かっている。

容疑者は盆休み中の11日に実家のある寝屋川市に戻り、事件翌日の14日、除染作業員の宿舎がある福島県二本松市に向かって大阪を出発。19日まで除染作業に従事した後、20日ごろに福島を離れ、21日未明には堂山町を訪れていた。

容疑者はこれまで福島から大阪に戻る際、知人らに帰省を伝えていたが、21日未明に大阪に戻った際は、府警の捜査でも事前に帰阪を知らされていた知人は確認されなかったとの事。

では時系列を更新(報道情報を青字で追記します)
2002年3月8日 22:30頃 男子高校生と無職少年(17)を車で監禁する。
2002年3月31日 未明   男子中学生(14)を車に監禁、手錠と粘着テープで縛り、ナイフで脅して現金を奪う。
その後   容疑者が逮捕、収監される。
2014年10月 刑務所を出る。
2014年11月頃 福島で除染作業の仕事を始める
2015年
6月27日(土)宿舎のトラブルで職場に退職願いを提出
(女性を宿舎に連れ込んだのが問題となったらしい)
7月02日 今回の犯行に使った車を購入とFBに記載
7月03日から
7月15日まで 大阪に帰省
7月24日 「今日から現場復帰!!」と投稿。
8月11日(火)
18:29  FBに自宅の最寄り駅の京阪電鉄・香里園(こうりえん)駅の写真を投稿し帰ってきたと記載。
8月12日(水)
18:00頃 遺体女子の大阪府寝屋川市の自宅での最後の目撃情報
     この後、家を出る時に簡易テントを持ち出す。(自転車で外出)
21:00頃 不明男子が遺体女子と遊ぶと自宅を出る。(自転車で外出)
8月13日(木)
01:00過 2人の映像が寝屋川市駅近くの商店街の防犯カメラの映像に映っていた。
01:20頃 遺体女子がLINEで友人と通信、野宿すると回答
03:00過 遺体女子からLINEで友人におやすみの通信
05:00過 不明男子は京阪寝屋川市駅の近くの防犯カメラに映っていた。最後の映像
05:11  容疑者の車が寝屋川市駅の近くの防犯カメラに映っていた
05:17  容疑者の車が寝屋川市駅の近くの防犯カメラに映っていた
05:20頃 商店街を通った別の60代女性は「子供は見なかった」と証言した。
06:11  友人からのLINEでの通信に対して遺体女子から返信
06:47頃 遺体女子が友人にLINEで京都へ行く寝屋川へは戻らないと連絡。直後に電話するが出ず。これが最後のLINE通信
     「ごめん、子供出来た」の通信もこの時にあった。
11:25頃 堺市堺区の大阪刑務所で知人に面会
12:39  柏原市内のコンビニで容疑者が粘着テープ2個を購入。男子の遺体発見現場から1.5キロの場所。
12:45頃 男子の遺体遺棄現場方向に向かう軽ワゴン車が防犯カメラに写る。
     男子の死亡は13日頃と推定される。
15:00頃 2人の自転車が京阪寝屋川市駅前の有料駐輪場に止められた
     この時の映像が防犯カメラに映っていた。
19:00頃 遺体女子の死亡推定時刻(死因は窒息死)
20:30頃 別のトラックの運転手が駐車場に入るが、不審な人物や車は見かけなかった。
22:25頃 大阪府枚方市内のGSで1人で手袋をして給油する姿が店の防犯カメラに映る。その後、高槻市方面に向かう。(この時の服装が12:39の服装と違う)
22:34頃 遺棄現場付近で1台の不審車が停車、直後にライトを消したまま、駐車場を出る。
22:40頃 2度目の不審車が前回停車した場所に再度停車してライトを消す。
23:11頃 不審車はライトを点灯して出口方向へ移動。
同じ頃  現場近くの国道170号沿いのコンビニの防犯カメラに容疑者の車が映る。
23:25  寝屋川市香里新町にある容疑者の自宅マンション。エレベーターに1人で乗り込む姿が映る。
23:35頃 仕事を終えて戻った運転手が駐車場のフェンス際で遺体を発見。
8月14日(金)
遺体発見報道がされる。(報道)
11:40頃 FBに「早ければ今夜にでも大阪出発するので最後の大阪を満喫!!」と記載。
午後 遺体女子の友人が遺体女子のスマフォに電話するが、通じない。
夜  2人の母親が捜索願いを出す。
8月15日(土)
遺体の状態、年齢が8歳から15歳の報道がされる。(報道)
FBに大阪から千葉に向かったとの記載。
正午前 FBに幕張のカレー屋に立ち寄ったと記載。
正午頃 男子生徒の自転車が京阪寝屋川市駅(寝屋川市早子町)で発見。
8月16日(日)
遺体発見現場の防犯カメラの映像、複数の傷から複数犯の可能性が報道される。(報道)
8月17日(月)
遺棄現場への2台の車の映像、死因は窒息死の報道がされる。(報道)
8月18日(火)、
捜索願の女子と特徴が一致するとの報道される。(報道)
8月19日(水)
遺体の女子と行動をともにしていたと思われる男子が行方不明、寝屋川駅の防犯カメラの映像、自転車が15時頃に駐輪された、LINEの内容の報道される。(報道)
8月17日から19日 福島県で除染作業をする。
8月20日(木)
女子の遺体現場の車は1台だった、LINEに偽装の疑い、自転車を駐輪する時の防犯カメラ映像、女子の遺体から指紋が出ていない。防犯カメラの映像から、車はワンボックスカーの報道がされる。(報道)

8月20日頃 福島を離れたと見られる。
8月21日(金)
01:15頃 堂山町の駐車場で容疑者の軽ワゴン車を発見、追跡
01:22頃 堂山町で容疑者が傘を差して歩く姿が防犯カメラに映る。
08:27頃 同じ場所で別の防犯カメラに容疑者の姿が映る。
昼頃   同級生の男子(12)の遺体が発見された竹林に、何も持たない状態で立ち入っていた。1、2分の滞在だった。

19:36  大阪府柏原市内の竹林で不明男子を遺体で発見。
20:22  45歳男性容疑者を遺体遺棄の容疑で逮捕。
22:00頃 寝屋川市香里新町のマンションの最上階の容疑者自宅を家宅捜索。

とこんな感じですね。
これで、事件の流れと報道の流れをリンクして考えてみるのですが、
この容疑者は前科も多数あり、幾つもの偽装をしているようで犯罪慣れしている印象です。

なので、多少の事では動じない(その為の偽装はしているから)のでしょうが、少し誤算はあったのだろうと思います。
その誤算とは、防犯カメラではないかと思いますね。
多分、安全だと思って女子を遺棄した、現場には直接の防犯カメラは無かったが、近くの防犯カメラに遺棄の時間帯の映像があり、遺棄の時間が特定されてしまった事。

そして、防犯カメラ自体の報道に驚いたのではないか?と思います。
容疑者は前科があり、10年ぶりに刑務所を出所したのは、昨年10月です。
こんなに、世の中のあちこちに防犯カメラがあるとは思わなかったのではないでしょうか?

19日には女子の身元が判明、さらに同伴していた男子が行方不明、そして、寝屋川駅近くの防犯カメラの映像、自転車の駐輪時の映像などから、自分も防犯カメラに映っている事をこの頃には自覚して不安になっていただろうと思います。

さらに、ダメ押しで20日の車がワンボックスカーとの報道で、もはや犯人特定は時間の問題と考えたのではないかな?

ここで、逮捕後のシナリオを考えたのだと思います。
この段階で偽装できるのは、発見されていない男子の遺体だけでしょう。
防犯カメラなどはタイムマシンでもなければ、過去に遡って偽装する事はできません。

それで、第三者の犯行を示す物証を男子の遺体に工作する事にしたのでしょうが・・・
指紋はちょっと、無理でしょうし、毛髪ではちょっと、犯行に直接関係するか怪しいとなり、多分、容疑者自身も自覚があって、偽装工作に使用済みの避妊具と体液を選んだんでしょうね。

それで、入手できる場所を探して、7時間もうろうろしてしまったのかな?
福島からの移動に9時間かかり、その後、7時間の探索、この7時間には仮眠も含まれているかもしれませんが・・・
しかし、そのおかげで、容疑者の車を捜査員が発見する事ができた。
逮捕されない為の偽装工作のはずが、その偽装工作のおかげで逮捕できたのは皮肉な事ですね。

とは言え、子供二人を強盗殺人なら、死刑は当確ですから、一か八か賭けるしかなかったのかもしれませんね。

参考リンク
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その16(続報2)
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その18(教育)

|

« 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その16(続報2) | トップページ | 東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その3(侵入方法) »

コメント

男子の遺棄遺体にゴムを置きに行ったということは、容疑者がこの子に手を出したことを語ってしまっている。様々な偽装をしたが一つ一つが粗い。犯人がポケットにそんなものを入れることは、普通は考えにくいが、犯行声明とでもいいたいのか?操作撹乱を主張してるようにしか見えないのだが。

投稿: 空き地 | 2015/09/02 07:11

堂山は東京で言う新宿二丁目と同じでゲイバーはもちろん、ゲイ同士がその場で出会い行為をおこなうハッテン場なんかもあるので、使用済みゴムなんて簡単に手に入ると思います。

ゲイ向けのいわゆるビデオBOXみたいなのもあるし、ゲイ向けではなくても、そういうところのゴミ箱あさればいくらでもありますね。それを収集している趣味の人もいるくらいですしね。

そういう店の入ってる雑居ビルや付近の防犯カメラでどこに出入りしたかなんかもそのうちわかりそうですね。

ゲイ的視点から失礼いたしましたm(_ _)m

投稿: ぽん | 2015/09/02 07:42

空き地さん、ぽんさん、おはようございます。

空き地さんへ
まー、苦肉の策だったのだと思いますが、全て自供して欲しいですね。

ぽんさんへ
情報提供ありがとうございます。
簡単に入手できるのに、7時間もかかったのは、慎重に相手を確認していたのかもしれませんね。
偽装に使ったのに、前科者で逮捕されてしまったら、アリバイがあって、事件に無関係となれば、偽装とばれてしまいますからね。

投稿: ASKA | 2015/09/04 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その16(続報2) | トップページ | 東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その3(侵入方法) »