« 埼玉県朝霞市根岸台男性事件その2(プロフィール) | トップページ | 埼玉県朝霞市根岸台男性事件その3(破壊) »

2015/09/14

大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その19 (快楽殺人?)

まずは続報です。
女子の顔に張られていた粘着テープは何十枚もあり、ちぎれたテープを何度も張り付けて顔全体を覆っていたことも判明した。捜査本部は、女子は鼻と口をふさがれたか、首を圧迫されて窒息死したとみて関連を調べるとの事。

ちょっと、これは見逃せない情報ですね。
私はこれまで、女子は最後にテープをぐるぐる巻きにされて、短時間に殺害されたのだろうと考えていました。
この段階では、殺害する事を決意していて、そこに時間を掛ける必要は無いだろうと思っていたわけです。

が、今回の報道ではその予想を否定されたかもしれません。
テープを短く手でちぎって(手でちぎったと言うのは私の推測です。布テープ、カミテープは手で簡単に切れますし、ビニールテープでも、コツをつかめば、手でちぎれます)と言う事は、10センチ程度のテープで細かく、空気の漏れる部分を塞いで窒息させたのだと思います。

これは、苦しむ女子の顔を見ながら行わないと出来ない作業です。
(実際にはテープで隠されて顔を見る事はできないのですが・・・)

当初は顔を隠しているのは、死亡していく姿を見たく無い為だと考えて、そこに人間的な「情」があったのかな?と考えていたわけですが、今回は顔を隠しているが、積極的に女子に苦痛を与えていて、そこに人間的な「情」を感じる事ができません。

さらに、多分、この殺害行為の直前に行われていると思われる、刃物による30カ所に及ぶ暴行を考えると、「快楽殺人」の可能性も考える必要がありそうですね。

男子の遺体については、遺体が痛みが進んでいた為か、暴行の内容に関わるような報道がありませんね。

性別によって、暴行や殺害の方法が違っているのか?
この容疑者の犯行だとすると、容疑者は男性にも女性にも興味を持てるバイセクシャルなので、女性だからと言う事はなさそうな気がします。

犯行順番から考えると、先に男子が暴行、殺害されていると思われます。その様を正に目の前で見ていた女子の怒りは限界を超えていたのではないか?と思います。
(目の前で見ていたと言うのは私の推測です)

一晩とは言え、一緒にプチ家出につきあってくれるような友達ですからね。そこには子供ながらに熱い友情があったと思うわけです。

それを目の前で無残に殺害されては、女子は我が身の危険も忘れて、怒りの言葉を容疑者に掛けたかもしれませんね。
あるいは、もう、どうなっても良い、ここで一緒に男子と共に死のうと決意した結果、容疑者の邪な要求を全て拒否したかもしれません。

その結果、容疑者の思い通りにならない不満のはけ口として、より、陰湿で冷酷な殺害方法となって女子を襲ったのかもしれませんね。

男子を殺害した段階で、容疑者は女子も殺害せざるを得ない状況ですからね。
(1人でも2人でも結果は一緒と言う事でしょうね)

ただし、テープの残り長さが少なくなった為に、節約したと言う可能性もあります。
だけど、それなら、直接、手とかヒモとかで絞めてしまう事ができるので、やはり、短時間に殺害する為では無いと思いますね。

改めて、亡くなった2人が可哀想でなりません。
ご冥福をお祈りします。

参考リンク
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その18(教育)
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その20 (続報)

|

« 埼玉県朝霞市根岸台男性事件その2(プロフィール) | トップページ | 埼玉県朝霞市根岸台男性事件その3(破壊) »

コメント

残虐極まりない、残酷なさつじんです。怒りがこみ上げます。必ずや殺人を立証して、極刑にしてほしい。かたきをとってやらねば、どうにもやりきれません。

投稿: 空き地 | 2015/09/14 23:15

想像を絶する恐怖と苦痛の中で亡くなった2人のことを思うと涙がこみ上げてきます。13年前に尻尾を出していたのに、このバケモノを止めるコトができなかった。それが悔しい。

投稿: まーぷる | 2015/09/15 19:01

続報です。
捜査関係者によりますと、容疑者は事件の2日後に、職場がある福島県に戻る途中に千葉県に立ち寄り、軽ワゴン車の車内を清掃していたことが新たに分かりました。

車内からは微量の血液が検出され、警察がDNA鑑定をしたところ、多くの項目で女子のDNA型と一致し、洗剤の成分も混ざっていたとの事。

警察は、容疑者が証拠隠滅を図ったとみて調べを進めているとの事。

空き地さん、まーぷるさん、こんんばんは
空き地さんへ
難しいところですが、殺人事件の真相を解明して欲しいですね。

まーぷるさんへ
13年前の事件で逮捕収監されたのに、結局、更生されなかったと言う事なんでしょう。
昨年10月に出所して1年も経たずに再犯ですから、収監時の更生プログラムとかもっと、改善が必要なんでしょうね。

投稿: ASKA | 2015/09/16 21:05

今のところ(数百年後はわからないが) この手の犯罪者については 更生 というのは無理なんじゃないか?と思います。刑務所で大人しく過ごして 罪を償いました と周囲が思っても本人の中身は変わってないから危険。
だから、更生プログラムの開発も もちろん重要だけど、当面は新たな被害者を出さないようにするコトに力を入れて欲しい。未成年者を拉致するような犯罪者には監視が必要です。事件前に職質を受けてますよね。手錠等も見つかっている。あの時 何か出来たはずです。もし監視と追跡の体制が整っていれば。この男が名前を変えたコトも把握出来て すぐに 未成年誘拐して刑期終えた人間が手錠を携帯しているという危険な状況に気づいたはずです。

投稿: まーぷる | 2015/09/17 09:50

まーぷるさん、こんばんは

そうですね、アメリカのミーガン法が日本にも導入する必要があるかもしれませんね。
更生ができないなら、別の方法で身を守ると言う方向に進むのはやむを得ないですね。

投稿: ASKA | 2015/09/17 20:31

続報です。

大阪地検は10月2日、女生徒に対する殺人罪で、容疑者(45)を起訴した。女生徒の死体遺棄容疑については、遺棄した時点で女生徒が死亡していたことを詳しく立証する必要があると判断し、処分保留とした。地検によると、被告は黙秘を続けているとの事。

また、大阪府警高槻署捜査本部は、同府柏原市で遺体で見つかった男子生徒の死亡や遺棄について、被告が事情を知っているとみて、捜査を本格化させる方針との事。

さて、殺人罪で起訴したんですね。
あとは、犯行を立証できるのか?が最大のポイントになりそうです。
警察は長期戦になると見て、順次、逮捕して取り調べを続ける戦略のようですね。

投稿: ASKA | 2015/10/04 01:03

大阪府で中1男女の遺体が見つかった事件で、女子生徒=当時(13)=に対する殺人罪で起訴された契約社員男性被告(45)の服から、別人の血液と皮膚片が検出されていたとの事。
府警は、女子生徒のものである可能性が高いとみている。
捜査関係者によると、女子生徒の遺体発見当日である8月13日に被告が着ていたとみられる衣服を府警が押収し調べたところ、血液と皮膚片が付着していた。DNA鑑定の結果、女性とのものとみて矛盾はないと確認されたとの事。

・・・微妙ですね、一致したわけでは無いんですね。

投稿: ASKA | 2015/10/24 08:59

血液と皮膚片、微量だとDNAの一部しか採取できなかったり時間の経過などで変性して良い状態ではなかったりするのでしょうね。
女児の殺人から起訴ですか。てっきり、状況的につきつめやすそうな男児の死体遺棄から行くかと思ったのですが。

投稿: つれづれ | 2015/10/24 20:27

CURYはまたそこかwと思われるでしょうが、簡易テントの事です。
私は知らなかったんですよ〜
コブシ二つ分に収まるテントってあるんですね、それでも膝抱えて二人は入れるとか
てっきり簡易テントと聞いても、骨組みがあって、自転車で運ぶのは大変じゃないか?って思ってたんですけど、防犯カメラに持ち運ぶ姿が映らないのも、それなら可能性あるのかなと思いました。
言葉一つで色んなイメージ出来てしまうって怖いですね。

投稿: CURY | 2015/10/27 20:30

CURYさん、こんにちは

そうですか、そんな小さな物もあるんですね。私も知りませんでした。

投稿: ASKA | 2015/10/28 13:14

⇒CURYさん

こんにちは。
私もその様なテントを知らなかったので、webで探してみたのですが、分かりませんでした。

どのようなものか知りたいのですが、情報のあるHPのURLか検索キーワードを教えていただけないでしょうか。

投稿: さんまるろく+ | 2015/10/31 07:25

CURYさん、ASKAさん、さんまるろく+さん
こぶし2つ分の大きさになる簡易テントは発見できずです・・
1人用簡易テントなら、女の子1人でも持ち歩けそうな収納サイズですが58cm×11cm×6cmとこぶし2つ分には及ばず・・

投稿: つれづれ | 2015/11/14 23:16

皆さんこんばんは。

その後調べたところ、エム・シェルターとBothy Bagという2種類の登山用のシェルターが見つかりました(これらのキーワードで画像検索すればすぐに見つかります)。
テントではないのですが、頭からかぶる形で使い、人間2人が入れるくらいの空間があるようです。
販売しているサイトによると、4人用で13 x 13 x 14 cm・360g、2人用は10 x 13 cm・280g(たぶん、3方向目は記載忘れ?)とのことです。

CURYさんがコメントされていたのはこの様なものかな、と思いました。
サイズが小さく、フレームが無いのでテントより遥かにコンパクトにできるようです。

ただ、事件前にテントで泊まっていたという情報があったかと思いますが、これらのシェルターは本当に非常用な感じなので、イメージに合わないようにも感じますが。

投稿: さんまるろく+ | 2015/11/16 00:48

女子(13)への殺人罪で起訴された契約社員の被告(45)について、大阪府警は12月1日、同級生の男子(12)に対する殺人の疑いで再逮捕した。逮捕は3回目。

捜査1課によると、容疑者は認否を記す弁解録取書への署名を拒み、「黙秘」とだけ話したとの事。

再逮捕容疑は8月13日ごろ、府内かその周辺で、何らかの方法により男子を殺害したとしている。遺体は同21日、大阪府柏原市の竹林で見つかった。殺害場所や時間は特定されていないとの事。

捜査関係者によると、容疑者は13日早朝、京阪寝屋川市駅前から被害者らを車に乗せて連れ去ったとされる。府警は容疑者を最初に逮捕した後、事件当日の防犯カメラ映像に映っていたジャージーの上下を関係先から押収したとの事。

このジャージーを詳しく調べた結果、皮膚片や血液が検出された。DNA型鑑定で、男子のものと酷似していた。男子の遺体は長期間放置されていたとみられ、外傷の有無は分からなかった。府警は容疑者と男子が一緒に行動していたことや、何らかの接触があったことを裏付ける重要な状況証拠とみているとの事。

また、女子のものとみられる血液や皮膚片も衣服の一部から検出されていたことも分かった。女子の遺体は大阪府高槻市の駐車場で見つかった際、全身に30カ所以上の切り傷があった。

府警はこうした鑑定結果や、容疑者が男子の遺体が見つかった竹林に自ら入った点を重視。男子と女子の顔や手に巻かれていた粘着テープは容疑者が事件当日に購入したものと同一製品だったことなども踏まえ、男子殺害に関与した疑いが強いと判断したとの事。

一方、男子の死亡時期は今も分かっていないため、府警は死体遺棄容疑については捜査を続けるとの事。

こんなところですね。
要点を整理すると
1)12月01日、被告を男子の殺害容疑で再逮捕した。
2)容疑者の当日着ていた衣服から男子のものと思われる血液と皮膚片を採取。DNA鑑定では男子の物と酷似している。
3)容疑者は完全黙秘している。
4)女子のものとみられる血液や皮膚片も衣類の一部から検出された。
5)男子と女子の顔や手に巻かれたテープは容疑者が事件当日購入したものと同一製品だった。

公判でのポイントになりそうなのが、DNA鑑定結果の「酷似」の部分ですね。
これが、「一致」であれば文句のつけようが無いけど、「酷似」ですからね。

しかし、事件全体を通してみれば、男子の遺体の遺棄場所を知っているのは犯人だけ、かといって、だから、殺人を立証できるかは微妙な気がする。

論法としては、他に事件に関わった人間がいないのであれば、遺棄した人物が殺人も行ったのではないかと推定できると言う事になるんでしょうね。
(病死するような持病も無いとの事ですからね。)

裁判員と裁判長の判断に注目ですね。

投稿: ASKA | 2015/12/02 07:40

この裁判では、黙秘を通せば無罪になるという前例を作らない判決が望まれます。再逮捕で殺人容疑が2件になったことは、前歴も踏まえると死刑の条件が揃ったとも言えますよね。裁判では白か黒かが争点でしょう。

投稿: 空地 | 2015/12/02 17:01

この事件と相模原死体遺棄事件の違いがわかりません。容疑者は共に黙秘してるにも関わらず、相模原のS藤容疑者は早期に保釈され判決も執行猶予なんですよ。

大阪の容疑者も無罪になるかも知れませんね。

投稿: ブリブリ | 2015/12/06 10:39

その後の取り調べや裁判への進展はどうなっているんですかね?早期の解決を期待

投稿: 空地 | 2016/06/22 08:19

みなさん、こんにちは

フリフリさんへ
保釈は保釈金が払えるか?とかあるかもしれませんね。

空地さんへ
容疑者が完全黙秘なので、証拠固めを慎重に行っているのかもしれませんね。
多分、この容疑者は裁判で有罪となっても控訴するでしょうから、最高裁まで争うと、刑が確定するまで時間がかかりそうですね。

投稿: ASKA | 2016/06/24 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埼玉県朝霞市根岸台男性事件その2(プロフィール) | トップページ | 埼玉県朝霞市根岸台男性事件その3(破壊) »