« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015/09/30

千葉県船橋市夏見ウサギ虐待死事件

9月29日(火)午前6時10分ごろ、千葉県船橋市夏見の路上で、刃物のようなもので両耳が切り取られ、下腹部が切り裂かれたウサギ1匹が発見される事件が起きている。
船橋署は何者かが虐待した可能性があるとして、動物愛護法違反事件として捜査しているとの事。

同署によると、現場は東武野田線の新船橋駅から北東方向に直線で約750メートル離れた遊歩道。市内に住む男性が犬の散歩の途中に発見した。
ウサギは発見当時は呼吸があったが、間もなく死んだとの事。

警察がウサギを飼っている近くの小学校などを調べましたが、現在までにいなくなっているウサギは確認されていません。付近ではこれまでに傷ついた動物や死骸は他に見つかっていないとの事。

さて、こんな事件ですが・・・
ウサギの入手経路が手がかりになるか?と言うのもありますが・・・
ペットとしてのウサギは結構ポピュラーなので、ちょっと難しいかもしれませんね。

気になるのは発見された時刻ですね。
早朝に死骸が発見されるケースは珍しく無いのですが、発見された時にはまだ、生きていたんですよね。
つまり、直前まで虐待されていたと思うわけです。

可能性としては、
1)早朝に目が覚めて、ウサギの虐待をした場合。
 可能性はあるけど、そんな、起き抜けに動物虐待ってのはなさそうな気がしますね。
 
2)徹夜で虐待をしていて、5時過ぎぐらいに、致命傷を与えて、遺棄した場合。
 こちらの方が可能性がありそうです。この場合、単純にこれだけの長時間、1人で盛り上がれるのは難しいと思うので、もしかすると、ネットで虐待状態を中継していたりするかもしれません。
 
いずれにしても、犯人逮捕に期待したいですね。

参考リンク
千葉県連続動物虐待死事件

| | コメント (7)

2015/09/29

神奈川県厚木市山際4歳男児虐待事件?

長男(4)の顔を殴ってけがを負わせたとして、神奈川県警厚木署は9月28日、母親で無職の女性容疑者(33)=厚木市山際=を傷害の疑いで逮捕し、発表する事件が起きている。
長男は意識不明の重体。容疑者は「一切暴力はふるっていません」と容疑を否認しているとの事。

署によると、容疑者は19日午前8時半ごろ、自宅で長男の顔を殴るなどして、脳内出血や全身打撲のけがを負わせた疑いがある。
容疑者は同日夜、同県伊勢原市の病院に長男を連れて行き、「柱に頭をぶつけた」などと説明。不審に思った病院関係者が翌日、署に連絡したとの事。

一家は4人暮らしで、署は家族の話などから父親(43)が出勤した後に暴力をふるったとみている。神奈川県厚木児童相談所によると、この一家について、虐待の報告や相談は受けていないとの事。

こんな事件ですね。
またもや、難しい事件ですね。
4歳なので、自分で動き回る事ができるから、自分で柱に頭をぶつける事もあったと思います。

ただ、全身打撲の怪我はそれでは、説明できないと思うのですが・・・

司法の判断を待ちましょう。

| | コメント (4)

2015/09/27

東京都小平市天神町女性看護師殺人事件

9月25日(金)21時55分ごろ東京都小平市天神町2丁目のマンション2階の一室で、住人で看護師の女性(24)が死亡しているのが発見される事件が起きている。
首に絞められたような痕があり、警視庁は殺人事件とみて捜査を始めた。

捜査1課によると、被害者と同居していたとみられる交際相手の25歳の男性と連絡が取れなくなっており、何らかの事情を知っている可能性があるとみて行方を捜している。

捜査1課の説明では、被害者は自室の浴槽内で仰向けの状態で見つかった。衣服は身につけておらず、パジャマなどが居室の床の上にあった。首の前側に幅1センチほどの変色したようなあざがあったことから、何者かに首を絞められ、窒息死した可能性がある。
26日午後、司法解剖して死因を調べるとの事。

同庁によると、被害者は死後1~2日程度が経過しており、風呂場の浴槽内であおむけの状態で死亡していた。衣服は身につけていなかったが、浴槽には水は張られていなかったとの事。

現場は西武新宿線小平駅から南東へ約500メートル離れた住宅街。

被害者は、25日午後4時15分から勤務先の病院で夜勤に入る予定だったが無断欠勤。上司らが電話をしたがつながらず、自宅を訪れても応答がなかったため小平署の交番に届け出た。24日午前9時15分に勤務を終えて病院を出て以降、足取りは確認されていない。

遺体が発見された際、被害者方は施錠されていた。室内灯などは消えた状態で、直前まで着ていたとみられる衣服などが居間で見つかった。浴槽内に水は張られておらず、遺体もぬれていなかったとの事。

女性は24日朝から25日夕方までに殺害されたとみられる。

こんな事件ですね。
まずは時系列
9月24日(木)
09:15 勤務先の病院を退勤
25日(金)
16:15 勤務先の病院で夜勤の予定だが、出勤せず。
21:55 出勤しない事を不審に思った上司が交番に届け出、遺体を発見。

遺体の状態:
全裸で水の張られていない浴槽に仰向けで倒れていた。首の全面に幅1センチの締められたアザがあった。遺体はぬれていなかった。死後1~2日程度と推定される。

死因:司法解剖の結果待ち、今の所、窒息死と思われる。

現場の状態:現場は施錠されていた。室内灯などは消えた状態。着ていたと思われる衣服が居間で見つかった。

被害者の足取りと予定から考えると、犯行時刻は24日の9:15から翌25日の16:15までの間と推測される。

同居していた交際相手の25歳男性と連絡が取れない。

こんな感じですね。
司法解剖の結果が出ないと詳しい事が分かりませんが、死亡推定時刻は24日の夜ぐらいなのかな?

やはり、遺体は隠したのかな?
お風呂に入っている時なら、浴槽に湯が張られていただろうし、シャワーなら遺体が濡れていただろうね。(真夏じゃないから、髪は乾かないのではないかな?)

中野の女優殺害事件と似たような首の締めた痕です。首の前面に幅1センチのアザがあった。着ていた服が居間にあったと、これが微妙な表現ですね。下着も居間にあったのか?が知りたいです。普通に考えると、入浴するなら、下着は脱衣かごとか、洗濯機の中に入れそうですね。

浴槽では普通に浴室を覗けば、簡単に発見されてしまうので、隠した事にはならないと思うけど、居間に堂々と置いておくわけにはいかなかったんだろうね。
もしかすると、服を着ている時に殺害されて、衣服を脱がして、遺体を浴槽に隠したのかもしれません。
動機をミスリードしようとしたのか?・・・咄嗟の思いつきかな。

真相解明の為に、被疑者死亡なんて事にならないように捜査して欲しいと思います。

捜査の進展に期待しましょう。

| | コメント (8)

2015/09/24

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その10(着衣)

前回、殺害方法について考えたのですが、あれは、被害者が衣服を着ている状態で襲われた場合になります。
今回は被害者が全裸の状態で襲われた場合を考えます。

その前に、衣服を着ている状態で、襲われたとしたら、犯人が衣服を脱がした事になります。その場合考えられる可能性としては
あ)犯人の性別の偽装、動機の偽装する為。
い)衣服に付着した犯人のDNAの回収する為。
う)被害者の衣服を着て変装して逃亡する為。

この3通りぐらいかな。
あ)の場合、遺体に付着した唾液から犯人は男性の可能性が高い為、性別の偽装になりません。
強盗目的、窃盗目的を性的暴行目的に偽装した可能性は残ります。ただし、衣服を持ち去る理由は無い。

い)DNAを回収した場合と考えると、疑問が残るのがなぜ、下着まで脱がせる必要があったのか?です。
犯人は部屋を物色する事もなく、逃亡しているので、できれば余計な時間を使いたいないはずですよね。
DNAが付着したとしても、上着だけでしょう。あるいは、上の下着に付着したかもしれませんが、下の下着には付着してなかったと思います。

う)同様に被害者の衣服を着て変装の場合も下着まで脱がせる必要がありません。

なので、服を着ている場合に襲われたとすると、あ)の可能性が高いかな、い)と、う)は逆に下着を脱がせた理由が疑問ですね。

それでは、本題の被害者が全裸の時に襲われた場合を考えます。
全裸になる場合なので、普通に入浴する為と考えますが、入浴する前だとしたら、上着はリビングで脱いだとしても、下着は脱衣所(脱衣かごの近く)で脱ぐと思うわけです。(部屋の間取りが分からないのが厳しいのですが・・・)

なので、今回は入浴中に犯人が侵入、被害者が浴室を出た直後に襲われた場合を想定します。
最初に書いてしまいますが、全裸で被害者が殺害された場合に前の3つのパターンを当てはめると。(下着は脱衣かごにあったとの報道があります)

あ)元々、全裸なので、偽装の必要無しですね。(偶然、動機を偽装する事になった可能性はあります、ただし、衣服を持ち去る理由が無い。)

い)服を着ていない状態で殺害しているので、犯人のDNAが付着する事が無い。
(もし付着していたとすれば、それは、帰宅前に犯人と接触していた場合)

う)実はこれが、違和感が無くなります。

え)として、最初から服を盗むのが目的と言うレアなケースもあるかな?

で入浴中に犯人が侵入するパターンが沢山考えられます。
1)窃盗犯、強盗犯がベランダから侵入した直後に浴室から出てきた被害者と遭遇、殺害。

2)窃盗犯、強盗犯が施錠忘れの玄関ドアから侵入、直後に浴室から出てきた被害者と遭遇、殺害。

3)窃盗犯、強盗犯が施錠忘れの玄関ドアから侵入、部屋の奥に入った瞬間に浴室から出た被害者と遭遇、殺害

4)顔見知りが施錠忘れの玄関ドアから侵入、直後に浴室から出てきた被害者と遭遇、殺害。(合い鍵で侵入の可能性有り)

5)顔見知りが施錠忘れの玄関ドアから侵入、部屋の奥に入ってから被害者と遭遇、殺害。(合い鍵で侵入の可能性有り)

6)ストーカーが施錠忘れの玄関ドアから侵入、直後に浴室から出てきた被害者と遭遇、殺害。

7)ストーカーが施錠忘れの玄関ドアから侵入、部屋の奥に入ってから被害者と遭遇、殺害。

8)ストーカーが合い鍵を使って玄関ドアから侵入、直後に浴室から出てきた被害者と遭遇、殺害。

9)ストーカーが合い鍵を使って玄関ドアから侵入、部屋の奥に入ってから被害者と遭遇、殺害。

この9パターンが可能性として考えられるかな。
この中で流しの窃盗犯、強盗犯の場合、少し違和感があるんですよね。
理由は殺害方法です。強盗目的なら当然、脅す為の凶器を用意していたはずなんですよね。
全裸で、凶器で脅されたら、被害者も服従するよりほかなかったのではないか?と思うわけです。
例外としては、突然の遭遇で凶器を手に持っていなかった状態で、慌てて、口を塞ぎに行った結果、近くにあったヒモや、犯人の衣服の一部で絞殺してしまったと言う場合ですね。

順番に考えると
1)の場合、部屋に侵入した直後、あるいは前に、部屋に人がいる事は犯人にも分かったはずです。
だとしたら、強盗なら凶器を準備すると思います。
逆に窃盗犯だとしたら、何分後に家人がリビングに現れるか分からないので、早々に物色して逃げ出すと思うわけです。
例外としては、窃盗犯が侵入直後に被害者と遭遇した場合ですね。

で、もう一つの疑問が、ベランダから侵入しているので、どうして玄関から逃亡なのか?
それは、普通に逃亡時にベランダから出るところを目撃されたら、一瞬で不審者として通報されるからでしょうね。
家人は死亡しているので、リスクのあるベランダを使わずに、玄関から逃亡でも問題ないはず・・・ところが、通常ならマンションのエントランスには防犯カメラがある可能性が高い為に、変装として、被害者の服を着て逃亡した。
自分の服は被害者のリュックとトートバッグに入れて持ち去る、この時、とりあえず財布を持ち去る。
発見を遅らせる為に、玄関に施錠して逃亡。

2)の場合は、前回も考えた玄関侵入の場合と同じですが、この場合、犯人が靴を脱ぐ時間がありません。
なので、玄関が荒れている可能性があります。土足の足跡は犯人が拭き取ったと言う事になりますね。
玄関が無施錠なので、そのまま逃亡しても良いのですが、発見を遅らせる為に玄関を施錠して逃亡。

3)の場合は、犯人が玄関で靴を脱いで部屋に奥に入ったとすれば、違和感が無いのですが・・・
1)と同様に強盗なら凶器を構えているはずなんですよね。以下は窃盗犯と同じです。

4)顔見知りで合い鍵を持っているなら、施錠されたドアからの侵入が可能です。
ただし、最初からトラブっている相手なら、玄関で瞬間的にトラブルとなるので、靴を脱ぐ時間が無いはず。
結果として、足跡を犯人が消した事になりますね。(玄関が荒れている可能性有り)

5)顔見知りだと、部屋の奥に入って被害者の入浴が終わるを待っている可能性があるので、こちらの方が自然かと思います。
この場合だと、時間を掛けて口論となり、カッとなって殺害って可能性もありますね。

6)から9)ストーカーの場合、結局、被害者にとっては拒絶される存在で、その上、被害者は全裸と言う状況なので、遭遇、即、トラブルとなります。なので、玄関での遭遇なら玄関が荒れている可能性がありますね。
部屋の奥まで入ってからなら、窃盗犯と同じ状態になりますね。

それから、この事件で報道されていない情報があります。
「指紋」です。通常だと、部屋に出入りした事のある人間の指紋を関係者指紋として採取して、現場から出た指紋と照合し、どれとも一致しない指紋が、犯人の指紋と疑われるはずなんですが・・・今回、不審な指紋の報道がありません。

そこまで、マニアックな情報を報道する必要も無いかもしれませんが・・・

ただ、ホントに不審な指紋が出ていないのであれば、犯人は手袋をしていたと言う事なんだろうと思います。

最初から殺害するつもりなら、鈍器や刃物を使うと思うんですよね。
今回の事件で絞殺だったのは、やはり、殺意は無く、行きがかりじょう、殺害してしまったと言う事なのかな?と推測しています。(返り血を嫌っての絞殺と言うのも有りかもしれません)

だとしたら、1)と3)あたりの可能性が高いのかな?
(偶然、全裸で動機の偽装になり、衣服は変装の為に持ち去ったと説明できる、しかし、この場合、犯人の体型がかなり制限されるかも)

逆にもう一つの可能性としては、不審者の指紋が無いのは顔見知りの犯行だからと言う説明もできますね。
しかし、その場合、DNAが一致しない事が説明できません。

指紋(不審な指紋が出ていれば)とDNAには逮捕歴が無いと言う事なんでしょうね。

もし、被害者の服が変装に使われたなら、その服を着た不審者の目撃情報が無いのが、この説の痛いところですね。
(服は変装できても、顔はどうやって隠したのか?男が夜中に女装してても不審者になるかもしれませんね。お化粧でもしたのかな?マスクぐらいは持っていた?)

仮に帰宅前に被害者と犯人が接触していて、被害者の服に犯人のDNAが付着したとしても、それは、事件前に付着したと説明できるので、犯人が衣服を持ち去る理由になりません。

普通ならそうだけど、例外としては以前からトラブルがあって、警察に疑われるのを自覚している場合かな。
でも、それなら、DNAが照合されているはずなんですけどね。

DNAを偽装した?この場合、唾液なので、血液やその他の体液よりは入手しやすいかもしれないけど・・・
そんな偽装をするなら、もっと効率の良い方法があると思うけどな・・・

未知の顔見知り(秘密の交友関係)の可能性も残りますね。

いずれにせよ、DNAが本物なら、警察側に有利な状況です。
地道な捜査が犯人逮捕に繋がる事を期待しましょう。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その9(殺害方法)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その11(犯人の条件)

| | コメント (21)

2015/09/22

埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件その3(続報2)

続報です。
1)「背広を着た人間に追われている。会社に行けない」。容疑者は事件直前の12日、登録していた人材派遣会社(神奈川県藤沢市)の担当者にこう電話をかけ、精神的に不安定な様子をうかがわせていた。

同日は派遣先の総菜工場(群馬県伊勢崎市)を無断欠勤。翌日には熊谷市内に姿を現した。熊谷署員に「前橋から電車で来た」と説明し、

一方で、派遣会社の担当者は8月中旬、容疑者と面接しており、「日本語はあまりできないが、変わった様子や不審な言動はなかった」と振り返った。
平成25年まで勤務していた別の会社では休むこともあったが、総菜工場では無断欠勤もなく、評判はよかったとの事。

担当者は「急に辞めたいという電話があり、折り返し電話したがつながらなかった。事件が起き、こちらとしても困惑している。なぜという思いだ」と話した。

2)容疑者が「9年前に兄が起こした殺人事件を勤務先に知られて仕事を辞めざるを得なくなった」と話していたことが、ペルーに住む姉が話したとの事。

ペルーの地元メディアによると、容疑者の兄は17人を殺害した容疑で2006年に逮捕。その後、懲役35年の判決を受けた。

当時、容疑者はペルーに住む姉に対し「勤務先に兄の殺人事件を知られ、仕事を辞めざるを得なくなった」と話していたとの事。

姉は「兄が殺人事件を起こした時、弟は日本にいた。兄の事件はペルーで大きなニュースとなり、日本にも広がった。弟は仕事に影響が出て仕辞めざるを得なくなった」

容疑者は「日本でお金を稼いでペルーで家具を修理する新たなビジネスを始めたい」と夢を語っていたとの事。

3)容疑者(30)=住居侵入容疑で逮捕状=が、同市石原のK藤さん(41)が殺害される3日前、K藤さん方付近をうろついていた可能性のあるとの事。容疑者は、熊谷署から逃げ出した13日から事件現場周辺の狭い範囲に潜伏していたとみている。

県警によると、容疑者は12日に群馬県伊勢崎市の工場を退職。13日午後1時半ごろ、熊谷市の消防分署で「ポリスに電話してほしい」と話し、熊谷署に連れて行かれた。署員に事情を聴かれていたが、午後3時半ごろ逃亡した。

 約20人の署員で付近を捜したが、午後5時過ぎ、同署から南西に約250メートル離れた場所で、ナカダ容疑者によるとみられる住居侵入事件が発生。まもなく、この現場からさらに約150メートル南西の場所で2件目の住居侵入事件が発生した。

同署は午後6時40分ごろから、容疑者の追跡に警察犬を動員。容疑者が熊谷署に置き忘れた財布のにおいを嗅がせ、追跡させた。警察犬は1件目の住居侵入事件現場から約700メートルにわたって路上を進んだ後、同市石原のK藤さん方から2軒隣の民家の前で動きを止めていた。県警によると、警察犬はこの地点まで容疑者のにおいを感知していた可能性が高いという。

4)県警は19日、T崎さん方にあった遺留物から採取されたDNA型が、容疑者のものと一致したと発表した。

5)司法解剖の結果、S石さんと、K藤さん母子3人の死因はいずれも上半身を刺されたり、切られたりしたことによる失血死と判明した。
S石さんとK藤さんは複数の刺し傷があった。K藤さんの娘(10)と(7)の傷は1カ所だった。

6)24年前に来日し、現在は、神奈川県に住む容疑者の兄が「幼い頃に、父親からの虐待を受けていた」と話したとの事。

 「彼は愛を知らないし、道徳的な教育も受けていない」(容疑者の兄)
 「(父親から)鉄の棒などで殴られたりしていました。彼の幼少期の影響が今につながっているのだと思います」(容疑者の兄)

 容疑者は、幼い頃から、ペルーで17人を殺害したとして逮捕された別の兄と仲が良く、強い影響を受けていたとの事。

7)16日に4人の遺体が見つかった民家2軒の室内で、血痕を隠そうとした形跡がそれぞれ見つかった。血痕があったのは、遺体の発見現場とは別の場所だった。県警は、犯人が被害者を殺害後、事件発覚を遅らせようとして遺体を動かしたとみている。

捜査関係者によると、K藤さん(41)方の1階床には血を拭き取ったような痕があり、K藤さんの遺体は近くの1階クローゼット内で発見された。また、S石さん(84)方の1階和室にも血痕があり、上にマットが置かれていた。S石さんは、ふたがされた浴槽内で死亡しているのが見つかった。

8)最初に犠牲となった夫婦宅に残された唾液が、一連の事件に関与したとみられるペルー人の男のDNA型と一致した。

9)容疑者(30)の小学校時代の教師だった女性は、卒業するころにかけて、変化があったと話している。
容疑者を教えていた教師は「学校では、カッとするようなことは一切なかった」と話した。
この教師によると、容疑者は、小学校では成績が良かったものの、卒業する頃には、記念写真の自分の写真を削り取るなど、変化があったという。
容疑者は、小学校時代、かなり成績は良かったということだが、学校の先生によると、中学になると、次第に学校に来なくなったという。
容疑者は、両親が死亡したあと、叔母の家に身を寄せていて、警察は、生い立ちなどについても調べているとの事。

10)リマ市東部の住宅街。低所得層が多く住む地域の一角に、容疑者が育った家がある。姉(48)によると、同容疑者は11人きょうだいの末っ子。父親は子どもの頃にペルーに渡った日本人移民で、母親はペルー人だとの事。

両親を早くに亡くし、6~13歳は別の姉の家に預けられた。子どもの頃からサッカーが好きで、家族に暴力的な態度を取ることはなかった。中学生の頃から「いつか日本に働きに行く」と話していたとの事。

11)16日に殺害されたK藤さん(41)の娘で、いずれも小学生のM咲さん(10)、H花さん(7)の姉妹が殺害されたのが、学校から帰宅後間もなくだったとみられること。県警は母親もほぼ同じ時間帯に襲われたとみている。

県警によると、司法解剖の結果、K藤さん親子3人の遺体には、刃物による刺し傷や切り傷があり、死因は失血死だった。発見時の遺体の状況や同級生の話などから、姉妹は学校から午後3時ごろ帰宅し、その後、午後3時半~4時ごろに室内で殺害されたとみられるとの事。

12)司法解剖の結果、K藤さん(41)の長女、M咲さん(10)と次女、H花さん(7)の2人が、いずれも1カ所の切り傷が原因で失血死したとみられることが分かった。同じ場所を複数回切りつけた可能性もあり、捜査本部は犯人が強い殺意をもって2人を襲ったとみて殺害時の詳しい状況を調べているとの事。

13)無職S石さん(84)の遺体は布がかけられ、蓋が閉まった浴槽内で見つかった。

14)最初の夫婦殺害事件の現場近くで事件後、自転車が盗まれ、次の犯行があった地区で見つかっていたことが分かった。

最初の夫婦殺害事件の現場からは車が盗まれ、近くの駐車場で見つかっているが、この駐車場付近で事件後、自転車が盗まれ、次の犯行があった地区で見つかっていたことが分かった。

警察は、日本の運転免許を持っていない容疑者が車を乗り捨て、自転車で逃走した可能性もあるとみて調べているとの事。

15)埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、埼玉県警は20日、50代の夫婦を殺害した容疑でペルー人の男の逮捕状を取りました。

16)容疑者の足取りの一部も捜査本部の調べで分かった。容疑者は11日、群馬県伊勢崎市の弁当製造工場で勤務。12日夕、同市今井町で目撃されていた。防犯カメラの捜査から、13日昼ごろ、JR前橋駅で電車に乗ったとみられている。13日午後1時ごろには、熊谷市のJR籠原駅の改札を出る姿が防犯カメラに映っていた。

17)13日午後1時半ごろ、容疑者は熊谷市新堀の民家の庭に現れ、「オカネ、オカネ」と住民に要求し、近くの消防分署を通じて熊谷署に連れて行かれた。

同署で聴取を受けていたが、同3時半、署員が目を離したすきに逃走。この時、署に置き忘れた財布にはパスポートなどのほか、現金3417円が入っていた。約2時間後、容疑者とみられる男が、近くの路上で住民に向かって「カネ、カネ」と言っていたことが分かっている。この時点では、容疑者は金に困っていたようにみえる。

しかし、これまでの県警の調べでは、殺人事件のあった3軒には金品を探したような物色の跡はみられなかった。捜査幹部は「金銭目的での住居侵入や殺害とみるのは難しい」と語る。

18)最初に遺体で見つかったT崎さん夫婦の車に血痕があった。
県警によると、容疑者は14日午後5~6時ごろ、田崎さん宅に侵入し、刃物のようなものでT崎さんと妻(53)を殺害した疑いがある。T崎さん宅で採取した遺留物のDNA型が同容疑者のものと一致した。
自宅前に止められたT崎さんの車の運転席には同日午後5時すぎ、男が座っているのが目撃されている。車は自宅前からなくなった後、近くの駐車場に放置されているのが見つかった。捜査関係者によると、車内に血痕が確認されたとの事。

19)容疑者(30)=殺人容疑などで逮捕状=が、13日に熊谷署から逃走した後、衣服を着替えていたことが分かった。県警は事件現場か近隣の住宅で衣服を盗んだ可能性があるとみて調べているとの事。

容疑者は13日午後1時半ごろ、同市新堀の民家の庭に現れて「オカネ、オカネ」と言い、熊谷署に連れて行かれた。この時は、えんじ色のシャツを着て黒か紺色のズボンをはいていた。

しかし16日午後5時半ごろ、同市石原のK藤さん(41)方の2階から飛び降りて身柄を確保された際には、黒っぽいシャツにグレーのズボン姿だった。これまでの捜査で、容疑者が脱ぎ捨てたとみられる衣服は見つかっておらず、発見を急いでいる。

20)関与が疑われているペルー国籍の容疑者(30)が事件前、複数の知人に電話を掛け「殺される」「誰かに追われている」と話したとの事。

捜査関係者によると、同容疑者は13日午後に熊谷署から立ち去った際、パスポートや財布とともに携帯電話を置いていった。通話履歴などを調べると、同容疑者が事件前、外国人の複数の知人と連絡をとっていたことがわかった。県警が電話の相手から話を聴いたところ、同容疑者は身の回りで異常が起きていることを訴え、「殺される」などと話していたとの事。

21)最初に夫婦が殺害された住宅で、飲食の形跡があり、警察は、ペルー人の容疑者が、飲食した可能性があるとみて調べている。
T崎さん宅には、飲食をしていたとみられる形跡があることがわかった。

こんな所ですね。
時系列を更新
来日前に4番目の兄が17人を殺害する事件を目撃しショックを受けた。
2005年4月 容疑者が来日、派遣会社に登録して全国各地を転々とする。
2006年   兄の17人殺人事件が報道され、容疑者は仕事を辞める。
2012年頃 容疑者がペルーの姉に『誰かに追われている』『誰かに見られている』と言っていた。
2015年8月 派遣会社の担当者が容疑者と面接、「日本語はあまりできないが、変わった様子や不審な言動はなかった」との事。
2015年9月
12日まで群馬県伊勢崎市内の工場に勤務し、弁当の総菜を詰める作業をしていた。
12日     退職
13日     容疑者が住宅の敷地内に侵入、消防に通報される。
13日13:30頃 容疑者が消防署を訪れ意味不明な言動の為、通報される。
13日15:30頃 熊谷署に連れて行き、タバコを吸わせている時に逃走。(15:30頃逃走)
13日17:30頃 4人が死亡した現場近くの路上で会社員の男性(37)に対し、片言の日本語で現金を要求、通報される。
       この事件で住居侵入の逮捕状が取られる。
13日18:40  容疑者の追跡に警察犬を動員
14日18:00頃 熊谷市見晴町の住宅で、この家に住む無職男性T崎さん夫婦の他殺体が発見される。
15日朝    T崎さんの車が現場から300メートル離れた駐車場で発見、犯人が乗り逃げしたと思われる。
16日午後の早い時間 K藤さんの母親が殺害されたと思われる。
16日15:00頃 K藤さんの小学生の2人の娘が帰宅したと思われる。
16日16:23  女性S石さんの遺体を浴室で発見。
16日17:23頃 K藤さん宅裏で容疑者を発見。
16日17:33頃 容疑者を確保。
その後、K藤さん宅で母と娘2人の遺体を発見。

容疑者の意識の回復を待ちましょう。

参考リンク
埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件その2(続報)

| | コメント (11)

兵庫県姫路市花田町高木全裸女性死亡事件

9月21日(月)17時15分ごろ、兵庫県姫路市花田町高木にいた通行人の男性(34)から、「側溝で人が倒れている」と110番通報する事件が起きている。

県警姫路署員が調べたところ、女性が衣服を身に着けていない状態で倒れており、既に死亡していた。
女性は同日午後に家族から行方不明届が出されていた市内の会社員(27)と判明。
腹にすり傷があったが目立った外傷はなかった。
同署は、女性のものとみられる衣服が広範囲に散乱していることから、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べているとの事。

同署によると、女性は建物の間の側溝(幅約50センチ、深さ約60センチ)にあおむけで倒れていた。水は流れていなかった。いずれも現場から北西に数十メートル離れた路上にサンダル、南約100メートルの路上に黒の長ズボン、南三百数十メートルの路上にTシャツと下着が落ちており、どれも女性のものとみられるとの事。

女性は同日午前3時過ぎに携帯電話や財布を自宅に置いて自分の軽乗用車で外出したといい、数日前から様子がおかしいことを心配していた家族が行方不明届を出していたとの事。女性の車は遺体が見つかった現場近くの集合住宅の敷地内で午前8時前に発見され、免許証と鍵は車内にあったという。県警は司法解剖をして死因を調べるとの事。

現場はJR姫路駅から北東約3.5キロの工場や住宅が建ち並ぶ一角。

姫路署によると、同市城見台3の女性会社員(27)で、右の脇腹などにすり傷があった。

現場近くに女性の乗用車もあり、同居する姉が21日午後、「妹が早朝に出て行って帰ってこない」と同署に行方不明者届を出していた。

こんな事件ですね。
まずは時系列
9月21日
03:00過 死亡した女性が携帯電話や財布を置いて、軽自動車で外出
08:00前 女性の発見された現場近くの集合住宅の敷地内で車が発見される。
午後   捜索願いがだされる。
17:15頃 兵庫県姫路市花田町高木の建物の間の側溝で全裸で発見される。

身元:兵庫県姫路市城見台3の女性会社員(27)
   数日前から様子がおかしかった。

遺体の状況:全裸で側溝にうつぶせの状態で倒れていた。既に死亡していた。
      死因は司法解剖の結果待ち。

遺留品:
1)現場近くの集合住宅の敷地で軽自動車が発見
2)北西数十メートルの路上でサンダルが発見
3)南約100メートルの路上で黒の長ズボンが発見
4)南300メートルの路上でTシャツと下着が発見

さて、こんな感じですが・・・
事件性は司法解剖の結果、死因が何か?と言うあたりがポイントになりそうですね。
一見して、事件性が判断できないと言う事は、遺体は出血や目立った外傷が無いと言う事でしょう。

なので、他殺だとしたら、絞殺や薬物などが疑われます。
(しかし、遺留品の散乱ぐあいがどうにも、不自然です。)

自殺にしても、ちょっと不自然に見えるのですが・・・

同居する妹が「数日前から様子がおかしいことを心配していた」と言うのがどんな状況なのか?と言うあたりですね。

幻覚状態で衣服を脱いで側溝に横になっている間に、何らかの理由で死亡?

でも、どうにも不自然なのが遺留品の散乱ぐあいです。
移動経路を考えると
1)の軽自動車が起点だと思うのですが・・・
4)と3)の位置関係がおかしいです。
遠いところでTシャツと下着(この下着の表現が微妙)が発見されているのですが、それよりも近い場所でズボンが発見されている。

4)の下着が上下の下着を意味するのであれば、女性は一旦、4)の地点で全裸になり、なぜか、黒ズボンとサンダルだけの状態で200メートル移動して、そこで、再度、ズボンを脱いで、全裸となり、100メートル移動してサンダルを脱いで、数十メートル移動して側溝に寝ると言う事になります。

これを昼間に行ったのなら、誰か目撃者がいそうなんですけどね・・・

とにかく、死因と数日前から様子がおかしいと言うその内容が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (13)

2015/09/21

北海道札幌市4歳時傷害致死事件

長男(4)を殴って死なせたとして、北海道警札幌手稲署は20日、札幌市手稲区新発寒(しんはっさむ)、運送業(自営業)男性容疑者(24)を傷害致死容疑で逮捕する事件が起きている。

発表によると、容疑者は17日午前1時半頃、自宅アパートで長男の海人(かいと)ちゃん(4)の腹部を拳で殴り、出血性ショックで死亡させた疑い。調べに対し「いらついていたので殴った」などと容疑を認めているとの事。

容疑者は20歳代の妻と長男(4)、4か月の長女との4人暮らしで、長男は妻の連れ子だった。容疑者は殴った後に長男(4)が息をしていないことに気付き、妻に119番させたとの事。

長男は搬送先の病院で死亡が確認された。

警察によると、長男の腕などには、あざが残っていて、警察は、日常的な暴行がなかったか、慎重に捜査しているとの事。

さて、こんな事件ですね。
24歳なので、いらいらして暴力的になってしまうのも仕方がないかもしれないが・・・それを家族に向けちゃ駄目でしょ。(他人や動物でも駄目だけど)
社会人なら誰でもストレスはあるし、みんな上手にそれを解消してるんだよね。

今の報道では何が原因で「いらいら」したのか分からないので、もっと事情があったのかもしれないけど・・・

で、見方を変えて、事件が午前1時半頃って事なので、普通に考えると、4歳の長男は既に寝ていたと思うんですよね。

寝ている子供の腹を殴って、出血性ショックって事は内蔵損傷(破裂)って事でしょ。
どんな力で殴ったのか?

日常的に虐待があったのなら、この結果になるのは、予測できたかもしれない。
妻は何歳だったのか?4歳の子連れで結婚した負い目があったかどうかは分からないけど、もし日常的な虐待があったのなら、こうなる前に適切な行動が必要だったと思いますね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (2)

2015/09/18

青森県黒石市小学校調理室爆発事故

9月18日(金)午後、青森県黒石市の小学校の調理室で爆発事故が起きている。
この事故で、55歳の女性が死亡し、小学生2人を含む少なくとも5人がケガをしたとの事。

爆発事故があったのは黒石市三島の六郷小学校。18日午後3時ごろ、「調理室で爆発が起きてけが人が出ている」と消防に通報があったとの事。
消防が駆けつけたところ、学校の1階にある調理室の窓ガラスが割れ、食器などが散乱していたという。

警察によると、この事故で、給食の調理を担当している55歳の女性が搬送先の病院で死亡した。また、小学4年生と5年生の男子児童2人を含む、少なくとも5人がケガをしたとの事。

警察によると、害虫駆除のため殺虫剤をまいていたところ爆発が起きたということで、警察や消防が事故の原因を調べている。

こんな事故ですね。
情報が少ないのですが、殺虫剤と言うのは、市販されているスプレー式の物でしょうか?
だとすると、LPG等の可燃性ガスを使っている場合が多いのかな?

もし、そうだとすると、換気が悪い状態で可燃性ガスが溜まったところへ、何らかの火が引火、爆発と言う事なのかな?
調理室なので火は使っていても不思議じゃないですね。
とりあえず、可能性の段階なので、正式な調査結果を待ちましょう。

亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

2015/09/18追記
どうも、情報が不足していたようで、殺虫剤は「煙式」の物と言う事です。
なので、スプレー式のガスが爆発と言うのは誤りですね。

もともと、ガスが漏れていて、そこに煙式の殺虫剤に点火しようとして爆発したのかもしれませんね。

でも、ガス漏れ検知器ぐらいありそうなんすが・・・どうなんでしょ?

| | コメント (3)

埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件その2(続報)

続報です。
1)県警はT崎さん夫妻の遺体が見つかった翌15日、市教育委員会に注意喚起しながら、市役所には連絡しなかった。
16日には容疑者の可能性がある外国人を手配したが、住民には周知されず、その後小学生2人を含む4人の遺体を発見。住民からは、警察の対応に疑問の声も上がっているとの事。

市教委は15日朝、「夫妻殺害の犯人が捕まっていないので、学校に呼び掛けて」という県警からの連絡を受け、市内の小中学校に注意を促した。
複数で登下校し、不要な外出は控えることなどを呼び掛け、職員2人が現場に近い学校周辺をパトロールした。

一方、市役所で防犯を担当する安心安全課に連絡はなかった。夫妻殺害の情報は報道で知るのみで、担当者は「犯人が潜伏しているとは思わなかった」と驚いていたとの事。

 県警は15日、2日前の住居侵入容疑で容疑者(30)の逮捕状を取得。
夫妻殺害事件との関連を疑って行方を追っていた。16日未明には同容疑者の手配書を全国の警察に出したが、市民への注意喚起は限定的で、同日夕に女性4人の遺体が見つかった。

2)容疑者(30)とみられる男が最初の殺人事件前日の13日、同市内で2度にわたり金を住民に無心していたことがわかった。

3)容疑者は最近まで群馬県伊勢崎市内の工場で、コンビニやスーパー向けの弁当の総菜詰めなどの作業をしていた。
派遣会社によると、不審な行動が相次いだ13日の前日には、同社の担当者に電話をかけ、退職する意思を告げた。
さらに、「背広を着ている人に追われている」と話したという。仕事はこのまま欠勤し、13日に警察に連れて行かれて姉に電話をした際には、「ペルーに帰りたい」などと話していたといい、姉は警察に、「最近ストレスがあるようだ」と説明したという。

容疑者は、寮の2人部屋で、他の従業員と生活していたが、物を残したままいなくなったという。派遣会社の社員は「日本語を話すのは苦手だったが、仕事もきちんとしていた。まじめな印象だった」と話したとの事。

4)県警によると、血で書かれた文字は事件発生後の県警の現場検証の際、T崎さん夫妻の遺体が見つかった2階洋間の壁で見つかった。英語以外の外国語で、文字が数個並んでいるため単語にもみえるという。書いた後にぬぐった形跡があり、意味は判明していない。

16日に同市石原の2軒の住宅で4人が殺害された現場では、血の文字のようなものは見つかっていないとの事。
別の報道では
幅約40センチ、高さ約15センチの範囲に、血で書かれたアルファベットのような文字が10文字残されていたことも判明した。

捜査関係者によると、血文字は指で書いたとみられ、拭われた形跡があった。スペイン語やポルトガル語の通訳が確認したが、意味は分からなかったとの事。

5)容疑者は、16日の事件で殺害されたK藤さん(41)方の2階窓から飛び降りる直前、2本の包丁を地面に落としていたこともわかった。

県警は、これらの包丁がK藤さんと2人の娘の殺害に使われた可能性があるとみて入手先を調べている。T崎さん夫妻が殺害された事件と、S石さん(84)が殺害された事件では現場から凶器が見つかっておらず、同じ包丁が使われたかどうかの解明も進めている。

6)警察署から逃走した男を捜索するために投入された警察犬だが、16日、4人が殺害された家の近くで、においが途切れ、追跡できなくなっていたとの事。

7)捜査本部は、容疑者が約1カ月前、友人に対し、「死にたい」「仕事を辞めたい」などと悩みを打ち明けていたことを確認しており、当時の精神状態との関連を調べるとの事。

8)K藤さん家族が発見されたのは、16日の午後5時半ごろだった。
母親の遺体の状況から、死後4時間から6時間経過しているとみられ、午後の早い時間帯には殺害されたと考えられる。
一方、小学5年と小学2年の娘が、友達と下校したのは、午後3時ごろだった。
このことから、殺害された母親と容疑者とみられる人物がいる家に、幼い娘2人が帰宅したところ、事件に巻き込まれた可能性が高くなってきたとの事。

9)警察署から逃走した容疑者が、物置の中にいるところを発見した住民によると、体の前で手を合わせ、おびえた様子で直立していて、家族が警察へ通報を試みているうちに、走り去ってしまったという。
この翌日、住民は二度にわたる警察の要請を受け、被害届を提出。
逮捕状が出ることになったとの事。

時系列を更新
来日前に4番目の兄が17人を殺害する事件を目撃しショックを受けた。
2005年4月 容疑者が来日、派遣会社に登録して全国各地を転々とする。
2012年頃 容疑者がペルーの姉に『誰かに追われている』『誰かに見られている』と言っていた。
2015年9月
12日まで群馬県伊勢崎市内の工場に勤務し、弁当の総菜を詰める作業をしていた。
13日     容疑者が住宅の敷地内に侵入、消防に通報される。
13日13:30頃 容疑者が消防署を訪れ意味不明な言動の為、通報される。
13日15:30頃 熊谷署に連れて行き、タバコを吸わせている時に逃走。(15:30頃逃走)
13日17:30頃 4人が死亡した現場近くの路上で会社員の男性(37)に対し、片言の日本語で現金を要求、通報される。
       この事件で住居侵入の逮捕状が取られる。
14日18:00頃 熊谷市見晴町の住宅で、この家に住む無職男性T崎さん夫婦の他殺体が発見される。
15日朝    T崎さんの車が現場から300メートル離れた駐車場で発見、犯人が乗り逃げしたと思われる。
16日午後の早い時間 K藤さんの母親が殺害されたと思われる。
16日15:00頃 K藤さんの小学生の2人の娘が帰宅したと思われる。
16日16:23  女性S石さんの遺体を浴室で発見。
16日17:23頃 K藤さん宅裏で容疑者を発見。
16日17:33頃 容疑者を確保。
その後、K藤さん宅で母と娘2人の遺体を発見。

こんな感じですね。
警察に連れて行かれた時の状況がよく分かりませんね。
容疑者が姉に電話で話していたようなんですが・・・
その後、タバコう吸う為に表に出たら、逃げられてしまったと言う事なんでしょうか?

しかし、警察犬を使って追跡したが、見失ったと言うのであれば、周辺住民に一言あっても良かったと思いますね。
不審者がいるかもしれないから、戸締まりをして注意してくれとか、見つけたら、通報してくれとか・・・
もし、小学校で下校時に父兄に迎えに来てもらうと言う対応をしていたら、母親は殺害されて迎えに行けないまま、不審に思った学校側が自宅に電話、電話に出ない為に、警察に通報とかと言う流れにもなったかもしれません。
子供達だけは助けられたかもしれませんね。

でも、今となっては「タラレバ」ですから。
今回の件はぜひ、色々な方面から検討、分析してもらって、今後の対応に生かして欲しいですね。

そして、気になるのが、血文字ですね。10文字らしいですが、判読できず。
1件目の事件のT崎さん夫婦の現場から発見されています。
普通に考えると「謝罪」の言葉になるのかな?あるいは、何らかの宗教的な言葉なのか?

容疑者の精神状態としては「死にたい」と言う言葉も出ていたので「うつ」の可能性もあるけど、重傷の「うつ」なら、こんなに動き回れないでしょうね。

警察から逃走した後、物置で発見された時の様子を見ると、それほど危険には見えないのですが・・・
警察犬や警官に追われて、追い詰められてしまったのかな?

なので、どうにも、最初の警察署での対応が悔やまれますね。
広島での中国人研修生の事件もありますし、日本語がよく分からない外国人が孤立してしまうと精神的に厳しい物がありそうですね。
英語などメジャーな言語なら、対応できる人員もいたんでしょうけど・・・
来日した時はどうする予定だったんだろう?

日本で仕事をする為に来日したのかな?
しかし、それなら、友人知人親類などを頼っての事なのか?
コミュニティーの中で日本語を教えるとかの動きは無かったのかな?
まー片言の日本語は話せたようだけど、健康な時はそれでも良かったかもしれない。
でも、メンタルに問題が出てきてしまったら、ちょっと厳しいのではないかな?

だって、カウンセリングを受けようにも、言葉が通じないもんね。
なので、日本で仕事をしようとか、長期滞在しようと思うなら、ある程度の日本語力は必要なんだろうと思いますね。最悪は日本語でなくても、英語を話せればなんとかなるかも?

しかし、ホント、なんとか成らなかったのか?と言うのが残念でしかたが無いですね。

参考リンク
埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件
埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件その3(続報2)

| | コメント (2)

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その9(殺害方法)

今回は殺害方法について考えます。
殺害場所は既に報道されている、「遺体を移動した形跡がない」を信じるなら、玄関先で殺害された事になります。

他の情報としては
・手足に打撲痕があった。
・爪に皮膚片があった。
・後頭部に打撲痕があった。
・首の前面に直径1から2センチほどヒモで絞められたような痕があった。

死因は窒息死なので、首を絞められた事による窒息死と考えて良いでしょう。

首を絞めて絞殺した場合、二つの方法が考えられます。
A)立った状態で後ろからヒモを首の前面に押しあてて窒息させた。
B)仰向けに寝た状態でヒモを首の前面に押し当てて窒息させた。

A)の立った状態と言うのはちょっと、難しいですよね。
理由は簡単で被害者の首が固定されていない為、力を入れる事が出来ません。後ろからなら、吊り上げるような形になり、絞めた痕は上方向に向かうはずです。
なので、A)だとすると、もう一つ条件が付いて、被害者よりも犯人の身長が高く、被害者の頭が犯人の胸ぐらいならば、犯人の体で被害者の体を押さえつける形で、絞める事ができる。
ただし、この場合、被害者の後頭部の打撲痕を説明する事ができない。
なぜなら、被害者の後ろに犯人が立っている為、被害者は前方に前向きのまま倒れる事になり、後頭部に打撲痕はできないからですね。

B)の場合は被害者を床に転倒させた時に後頭部の打撲痕が付いた事が説明できる。仰向けに倒れた被害者に馬乗りになり首を絞めた。
ただ、この場合は被害者に抵抗される為に、両手で短く持ったヒモを首の前面に押し当てて窒息させたと言うあたりでしょうね。

・手足の打撲痕については、Aは説明が難しいです。
被害者の後ろから絞めるには、油断した被害者の不意をついてと言う事になる為、被害者が抵抗するタイミングがありません。

一方のBでは床に倒れた後に抵抗する事になるので、そのタイミングで打撲したと説明できます。

・爪の皮膚片ですがこれは、A,Bどちらも密着している為、どちらもでも犯人の体に被害者の手が届きますから、どちらでも可能性はありますね。

すると、Bの方が全体を説明できるわけで、Bの場合だと・・・
被害者は犯人に玄関前で倒されたと言う事になります。

犯人が玄関から入って、玄関で被害者を暴行殺害したのであれば、犯人は靴をはいていたのか?
顔見知りなら靴を脱ぐ事も可能ですね。面識の無い流しなら、玄関で被害者と対峙した時に不審に思われる前に行動を起こす必要がある為、靴を脱ぐ時間は無いと思います。

足跡は後から消せるので、足跡の有無だけでは判断できない部分ではありますね。

だけど、もし、玄関進入の流しの犯行なら慌てて暴行する事になる為、玄関を荒らす事になると思います。
つまり、玄関の靴の状態は遺体発見時どうだったのか?と言う情報が知りたいです。
被害者の靴は乱れていなかったのかな?

他の可能性としては、被害者と犯人が部屋の奥から玄関前に移動してからそこで、暴行殺害した場合ですね。
こちらの場合、犯人は玄関から進入していない為、玄関が荒らされません。顔見知りの場合も、一旦、靴を脱いで部屋へ上がるでしょうし、流しの場合はベランダ側からの進入か、あらかじめ部屋に侵入しての待ち伏せになるでしょう。

この場合は、被害者が顔見知りの犯人とトラブルになって、玄関に逃げようとしたタイミングで暴行殺人となったと考えられますね。
流しの場合も同様に、流しの犯人に気づいて逃げようとしたところを玄関前で犯人に捕まったと言うところでしょう。

なので、顔見知りでも、流しでも犯行は不自然では無いんですよね。
ただ、一つ、首を絞めたヒモはどうなのか?と言うのが残る疑問です。

顔見知りとトラブルとなった時、ヒモで暴行しようと思う人間は居ないと思います。なので、最初からヒモで首を絞める事を想定した場合だと思います。
流しの場合も、ヒモでは脅しにならないと思うんですよね。
なので、流しだとしたら、咄嗟にその場にあったヒモを使ったと考えて良いと思います。

顔見知りのパターンとしては、計画的に絞殺する為にヒモを用意した場合か、現場のヒモを使って絞殺しようと計画した場合。
ただ、この場合だと、計画的なので、被害者を油断させて後ろからと言うのが可能性が高いと思います。

ただ、口論でカッとなって、咄嗟に近くにあったヒモで絞殺・・・って流れもありそうだけど、その場合、先に手が出そうな気がしますね。
殴る蹴るの暴行の後に絞殺になるんじゃないかな?

と考えると、顔見知りと言うのはちょっと可能性低いかな?と思いますね。

一方の流しだと、咄嗟にその場にあったヒモを使ったと考えるのですが・・・その場合、幾つか条件がつきそうです。

凶器のヒモが何なのか?と言うのも重要です。
例えば、被害者のリュックやトートバックの一部を使ったとすると、玄関から被害者が帰宅した直後の犯行と考えたいところですが・・・

それだと、矛盾が一つでます。現場にスマホが2台残されていた事です。
普通に考えれば、スマホは被害者が持ち歩いていたと思うわけで、リュックかトートバッグに入れていたでしょう?
もし、帰宅直後にスマホがリュックやバッグに入った状態で殺害されたのなら、スマホはリュックとバッグと一緒に持ち出されて、現場には残らない事になります。

と考えると。犯行は被害者が帰宅後にリュックやバックからスマホを取り出した後と考えた方が説明できますね。

この場合、スマホを玄関で出すとは思えないので、被害者は一度、部屋の奥に入って、リュックとトートバッグを置いて、スマホを取り出した後の犯行と言う事になると思います。

すると、被害者はリュックやトートバッグを普段どこに置いていたのか?が問題になります。
スマホが部屋の奥にあるなら、たぶん、リュックやバッグも部屋の奥に置くと思うのですが・・・

ただ、そうなると、玄関に逃げる被害者を犯人が追いかけた時に、そのリュックやトートバッグを持って追いかけた事になり、ちょっと不自然に思えます。

なので、首を絞めたヒモは被害者のリュックやトートバッグでは無い可能性も視野に入れる必要があると思います。

最後に一つだけ、結論的な事としては、事件は被害者が帰宅直後の「リュックを背負ったり、バッグを持ったりしている状態では起きてない」と言う事は言えると思います。
スマホを手に持って置いた直後だとしても、両手にスマホは持たないでしょうから。1台はリュックかバッグに入っていた事になりますよね。

整理すると
1)被害者が帰宅直後のリュックやバッグを持った状態で暴行殺害されてはいないと思われる。

2)1)を考えると、流しが被害者の帰宅直後に玄関から侵入して暴行殺害した可能性は低そう。

3)殺害方法を考えると、顔見知りの可能性は低そう。(もう少し考えた方が良いかも)

4)凶器は被害者のリュックやバッグでは無い可能性もある。犯人の持ち物である可能性有り。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その8(計画殺人)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その10(着衣)

| | コメント (3)

2015/09/17

埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件

埼玉県熊谷市で3件、6名が殺害される事件が起きている。3件の事件はペルー人による犯行が疑われている。
1)第一の事件
9月14日(月)18時ごろ、熊谷市見晴町の住宅で、この家に住む無職男性T崎さん(55)と妻でパートの女性(53)が2階洋間で上半身から血を流しているところを発見。2人は病院に搬送されたが死亡が確認された。

14日17時ごろ、妻の知人女性が、携帯メールで妻から散歩の誘いを受けた。女性が妻に返信したが返答はなかった。
女性が被害者方を何度か訪ねたところ返事がないことを不審に思い、18時ごろ、妻の父親と被害者方に入った。
2階洋間でうつぶせで倒れている男性とあおむけで倒れている妻を発見した。

遺体は着衣を身に付けている状態で、数カ所の刺し傷があり、床には大量の血が付着していたとの事。

遺体発見時、玄関は無施錠だった。妻のスマートフォンが見つかっておらず、電源が入っていない状態だという。刃物とみられる凶器も見つかっていない。

被害者夫婦が使用していたとみられる乗用車が、自宅からなくなっていた。15日朝、県警が被害者方付近の駐車場で該当する乗用車を発見。乗用車は14日夕、被害者方の駐車場で目撃されており、捜査本部は犯人が持ち出した可能性があるとみて捜査を進めている。

T崎さん夫婦が自宅で殺害された事件で、司法解剖の結果、2人の死因は失血死だった。
いずれも上半身に刃物で刺したり切ったりした傷が複数あり、捜査関係者によると、夫妻の手などには、犯人の攻撃に抵抗した際にできたとみられる傷が残されていたという。

2人の体は病院搬送時にまだ温かい状態で、ほぼ同時刻に襲われた可能性が高い。また、室内には多量の血痕が残されており、捜査本部は夫妻殺害時に犯人の服などに血液が付着した可能性もあるとみて捜査している。

2)第二の事件
県警によると、熊谷市石原で女性のS石さん(84)宅を16日午後、義理の娘が訪問した。部屋に血痕があり、S石さんの姿が見えなかったため110番した。駆け付けた警察官が16時23分(別の報道では16時50分)頃S石さんの遺体を浴室で発見した。遺体は空の浴槽に入れられフタをした状態だった。

3)第三の事件
2)の1時間後、近くを捜索したところ、K藤さん(41)宅の窓に足を掛けて座り、刃物を持ったペルー人の男を見つけ、身柄を確保した。家の中ではK藤さんと娘のMさん(10)、Hさん(7)が死亡していた。4人(S石さんとK藤さん家族3人)とも刃物による傷があった。

17時15分頃、玄関が開いているのに応答がなかった民家を不審に思った捜査員が、裏口に回ったところで、包丁を持った外国人風の男を発見。K藤家族とみられる遺体が見つかった民家だった。

男は2階の窓枠に座るような格好で、自分で腕を複数回切りつけ、包丁を落とし、転落した。

K藤さん方近くにいた男性は周囲に、「男は2階から飛び降りた。壁は血まみれだった」と説明。
男が確保されたのは17時33分ごろだったとの事。
男は頭部を骨折しており、医療機関に搬送されたが意識不明の重体。

死亡した無職、K藤さん(41)との娘2人の遺体が発見時、死後4時間程度経過していたとみられるとの事。県警熊谷署捜査本部は、K藤さん方2階から転落するなどして重体となったペルー人の男(30)が、16日昼過ぎにK藤さんら3人を殺害後、屋内に潜伏していた疑いがあるとみて捜査している。
3人はクローゼットの中から血だらけの状態で発見され、死亡が確認された。死後硬直が始まっていた。

この男は実は別件で既に逮捕状が取られていた。
住居侵入容疑で逮捕状を取ったペルー人の男(30)については、埼玉県警熊谷署が、同県熊谷市の夫婦殺害事件が発生する前日の13日に署に同行していたが、所在不明になっていた。県警の刑事部長は「(同行した時点では)容疑者でも保護対象者でもない。捜査する相手ではない」と述べ、捜査の落ち度を否定した。警察庁幹部は「事実関係を調べなければ警察活動の適切性を述べられない」としている。

県警熊谷署捜査本部によると、地元消防が13日13時半ごろ、交番に「外国人が来て、片言で意味が分からない」と届け出をし、通訳を手配する必要があると判断し、ペルー人の男を署に同行した。

男は「神奈川に姉がいる」「ペルーに帰りたい」などと話していた。たばこを吸わせている間の午後3時半ごろ、姿を消したとの事。

埼玉県警は2)と3)の事件で4人とも殺害されたと断定した。1軒目(2)の現場に残っていた足跡と酷似する足跡が、14日に同市で発生した夫婦2人の殺人事件(1)の現場でも見つかっていたことが判明。16日の2軒目(3)の事件後に身柄を確保されたペルー国籍の男性容疑者(30)が履いていた靴ともほぼ一致した。県警は同容疑者が計6人の殺害に関与した疑いがあるとみて捜査しているとの事。

県警によると、容疑者は14日の事件の数日前に群馬県伊勢崎市から熊谷市内に来たとみられる。正規のビザを持ち、片言の日本語を話すとの事。

ペルーに住む容疑者の姉は、「弟は普通の子だったけど、日本に行って精神的に病んでしまった。(容疑者は)『誰かに追いかけられている、自分は殺される』と言っていた」と話したとの事。
容疑者の姉によると、容疑者は、10人兄弟の末っ子で、上から4番目の兄の服役囚は、17人を殺害したとして、2007年に懲役35年の刑が確定し、服役しているとの事。
容疑者は兄の殺人を目撃し、精神的にショックを受けていたとの事。

別の報道では容疑者の姉「(弟の精神状態は)悪かった。統合失調症を患っていた。(3年前に)弟は『誰かに追われている』『誰かに見られている』と言っていた。」との事。

説明によると、13日午後1時半ごろ、熊谷市内の消防分署に言葉の通じない外国人がいるとの通報が消防から交番にあり、署員が男を熊谷署に連れてきた。男は署員が通訳を手配する間に「たばこが吸いたい」と言って署内の喫煙所で一服した後、付き添いの署員を振り切って走って逃げたという。

同日17時すぎに、同市石原の住民から「外国人が民家に侵入している」との110番通報が2件あり、署員が現場に駆けつけたが男を発見できなかった。県警は「必要な捜査を行っていた」と説明。一連の対応に問題がなかったとの見方を示した。15日に取った男に対する逮捕状の容疑は、この際の不法侵入容疑との事。

K藤さん宅だが、捜査員が訪れた時の状況はこうだ。
無施錠だった玄関の扉を開き、室内の様子を確かめた捜査員が一度、扉を閉めたあと、再度開こうとした際に、鍵が閉まっていたことがわかった。
K藤さんら3人は、死後5~6時間が経過していたとみられ、中にいた容疑者が閉めたとしか考えられない状況にある。
捜査員は、開いていたはずの鍵が閉まっていたこともあって、周囲をさらに調べてみたところ、2階の腰かけ窓にいる容疑者を発見したとの事。

容疑者が警察から逃走後、
容疑者が、自分の所持品を置いてまで逃走を図ったことについて、ある捜査幹部は「何かあるのではないか」と、特異なケースとみて、逃走後、捜索を実施したり、警察犬を投入しているとの事。
しかし、翌日には2人が殺害される事件が発生。
事件後に捜索態勢を厚くしたものの、容疑者とみられる男が住居侵入を繰り返し、逃走中であることを周知するなどの注意喚起はしていなかった。
結果として、6人が犠牲になった以上、捜査方針が正しかったのか、さらに検証する必要がある。

事件の前の13日容疑者は住宅の敷地内に侵入し、住人の男性が消防分署に連絡していた。
通報した男性「あそこに立っているのに気付いたんです。変な人がいるなと思った。『何の用事ですか』と聞いたら、片言の日本語で『ケーサツ、ケーサツ』と言った。それからサイフを出して『お金がない』」と話した。
(この情報が13日の出来事なのか不明です、暫定的に13日の情報とします)

容疑者はその後、熊谷警察署で任意で事情を聞かれている際に逃走した。
その逃走の2時間後、
容疑者(30)とみられる男が13日午後5時半ごろ、4人が死亡した現場近くの路上で会社員の男性(37)に対し、片言の日本語で「カネ、カネ」と現金を要求していたことが分かった。直後に男性の車に乗り込もうとしたことも判明。男性の通報を受けて警察官が現場に駆けつけたが、すでに逃げた後だったとの事。

男性の妻(37)によると、男性が男から現金を要求されたのは自宅のすぐ近くで、犬の散歩から帰宅した際のことだった。
男性は男の要求を無視し、少し離れた路上で様子を見ていたが、男が近くの住宅の駐車場に座り始めたことを不審に思い、警察に通報。その直後、男は男性の自宅敷地内に入り込み、駐車場に置かれた車のドアを開けようとしたという。男性が「何やってんだ」と怒鳴ると、男は逃走。その後、警察官6、7人がパトカーで駆けつけたとの事。

埼玉県熊谷市で起きた6人連続殺人事件について、関与が疑われている日系ペルー人の男性容疑者(30)は、10年前に来日し、派遣会社に登録して全国各地を転々としていた。

容疑者は今月12日まで、群馬県伊勢崎市内の工場に勤務し、弁当の総菜を詰める作業をしていた。工場を運営する「グルメデリカ」(埼玉県所沢市)の担当者によると、請負会社の社員で、自社雇用ではないという。コンビニやスーパー向けの弁当を生産するラインで、総菜を詰めるなどの作業をしていた。工場を辞めた理由について、担当者は「自己都合と聞いている」との事。

時系列は
来日前に4番目の兄が17人を殺害する事件を目撃しショックを受けた。
2005年頃 容疑者が来日、派遣会社に登録して全国各地を転々とする。
2012年頃 容疑者がペルーの姉に『誰かに追われている』『誰かに見られている』と言っていた。
2015年9月
12日まで群馬県伊勢崎市内の工場に勤務し、弁当の総菜を詰める作業をしていた。
13日     容疑者が住宅の敷地内に侵入、消防に通報される。
13日13:30頃 容疑者が消防署を訪れ意味不明な言動の為、通報される。
13日15:30頃 熊谷署に連れて行き、タバコを吸わせている時に逃走。(15:30頃逃走)
13日17:30頃 4人が死亡した現場近くの路上で会社員の男性(37)に対し、片言の日本語で現金を要求、通報される。
       この事件で住居侵入の逮捕状が取られる。
14日18:00頃 熊谷市見晴町の住宅で、この家に住む無職男性T崎さん夫婦の他殺体が発見される。
15日朝    T崎さんの車が現場から300メートル離れた駐車場で発見、犯人が乗り逃げしたと思われる。
16日16:23  女性S石さんの遺体を浴室で発見。
16日17:23頃 K藤さん宅裏で容疑者を発見。
16日17:33頃 容疑者を確保。
その後、K藤さん宅で母と娘2人の遺体を発見。

こんな感じですね。
事件発覚して間もないので、情報が混乱していると時系列情報に少し、変更が入るかもしれませんね。
(13日の住宅侵入の消防への通報と、消防署からの通報の関係が分かりません。もしかすると、同じ事を指しているのかな?)

どうも、残念な結果なのですが・・・
私が見るところ、容疑者はメンタルに問題があるように思えます。
関係妄想とかで、幻覚妄想状態、あるいは、統合失調症(姉がこの言葉を使ってますね)の急性期症状の発作などが考えられます。

可能性の段階ですが・・・精神科ERに連れて行って、措置入院させると言う事が最善の対応だったのかもしれませんね。
残念ながら、警察では言葉が分からなかったので、この判断が遅れたんでしょうね。

でも、そうなったとして、精神科医が容疑者の言葉を理解できるか?診断できるか?と言うのも現実問題として出てきますね。

ただ・・・メンタルに問題があったと仮定しても、結構、論理的に行動しているんですよね。
遺体を浴槽に入れてフタをして隠したり、同様にクローゼットに隠したり、開いたドアに鍵を掛けて逃走したりしてます。
このあたりを見ると、統合失調症の発作ではなさそうな気がします。
なので、関係妄想なのかな?このあたりは、専門家の診断を待つしか無さそうです。

警察の対応については、難しい所があるでしょうね。
警察署に連れてきた時点では、犯罪者では無いですからね。
問題はそこから、逃走した後の対応なんですが・・・一応、警察犬などを投入して捜索はしていたようなので、全く、何もしてなかったわけではないし・・・何か嫌疑が掛けられているわけでもないので、大規模捜索網を引く事もできないような気がしますね。

ただ、その当日に現金を要求する、住居侵入を起こしているので、そこからは犯罪捜査になるわけですよね。
ここも、逮捕状を取って捜査しているので、それが悪いと言う事にもならないと思います。

で、結局、翌日に第一の事件で2人を殺害する事件が起きる。
ここで、警察は慌てたかな・・・逃亡した外国人の犯行か?と言うのは関係者の頭をよぎったかもしれませんね。
私の推測ですが、この事件の後、警察は大規模な捜索網を引いたんじゃないかな?

ポイントとしては、この事件を予測する事ができたのか?と言う事になると思います。
もし、容疑者が日本人で日本語を話していたら、もしかすると、「おかしい」と言う判断ができたかもしれません。
それによって精神科ERの受診と言う対応もあったかもしれませんが・・・
不幸な偶然で相手が外国人で言葉が通じなかった為に、この判断ができなかったのか?

だとしたら、各警察署に主要な言語の通訳を配置するのは現実的では無いでしょうから、各県警本部単位に配置とか、もう少し広げて、関東地方とかの単位で配置して、電話で通訳するみたいな方法が必要なのかもしれませんね。
あるいは、各国の大使館に事件発生時に捜査協力として通訳してもらう協定を結ぶなどの方法もあるかもしれません。
ただ、専任でないと、即時の対応は難しいかもしれませんね。

今回の事件の対応については、専門家の検証を待つとして、この事件を教訓にするなら、こんな、外国人向けの通訳を待機させるような方法も検討する必要があるかもしれませんね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件その2(続報)

| | コメント (3)

2015/09/16

宮城県栗原市栗駒文字女性遺体遺棄事件

宮城県警は9月15日、栗原市栗駒文字の空き家裏手の杉林で、未成年とみられる白骨化した女性の遺体が12日に見つかったと発表する事件が起きている。
遺体の上には車のタイヤが置かれてあり、県警は死体遺棄事件として調べているとの事。

県警によると、遺体は身長140センチ台後半で、白っぽい長袖Tシャツと黒色のズボンを着用していた。
靴は見つかっていない。司法解剖の結果、死後数カ月から1年が経過しており、骨折など目立った損傷はなかった。
身長や骨の特徴から遺体は未成年とみられる。

遺体はあおむけで、車のタイヤ2本がかぶさるように置いてあった。県警は遺体を隠す意図があったとみている。

空き家を所有する男性が12日午前5時ごろ、遺体を見つけ、県警若柳署に届けたとの事。
男性は10日から11日にかけて発生した豪雨の被害を確認するため現地を訪れ、空き家周辺の被災状況を調べていた。

現場は栗原市西部の農村地帯で、旧文字小から北約300メートル。空き家は二迫川沿いにある約30世帯の一つで、9年前から人が住んでいなかったとの事。

同市の鉄工所経営の男性(66)は13日朝、友人の発見者の男性からメールが届き、事件を知った。
この男性が約9年前に引っ越したため空き家になったとの事。
発見者の男性は「うちの裏から遺体が見つかった」と知人女性に話したとの事。

遺体の上に車のタイヤ2本が置かれていたほか、枯れ葉がかぶせられていたとの事。

警察は去年秋以降に遺体が遺棄されたとの見方を強めている。また、靴と靴下を履いていないはだしの状態で、別の場所から運ばれた可能性が高いとみられている。

これまでのところ、女性の携帯電話など所持品は見つかっておらず、警察はDNA鑑定を行い、身元の特定を急いでいるとの事。

こんな事件ですね。
とりあえず整理すると。
1)遺体は身長140センチ台後半で未成年の女性と見られる。
2)遺体は白っぽい長袖Tシャツと黒色のズボンを着用。靴と靴下を履いていないはだしの状態。
3)携帯電話などの所持品は見つかっていない。
4)遺体が発見されたのは、空家の裏の杉林。
5)遺体の上にタイヤ2本が置かれていたほか、枯れ葉がかぶせられていた。
6)現場はは二迫川沿いにある約30世帯の一つで、9年前から人が住んでいなかった。

現場の位置がよくわかりませんが、周辺の航空写真でみると、かなりの田舎ですね。
逆にこんな田舎でどうして、空家とはいえ、民家の裏に遺体を遺棄したのだろう?

遺体の上にはタイヤや枯れ葉などが掛けてあったのだから、遺体を隠そうとしていると思えます。
なのに、遺体は民家の裏に放置してますね。

それ意外では、身元を隠そうとしたようで、持ち物は発見されていない。
一方で遺体は衣服を着ていた。(着衣の乱れが無いようですね)
しかし、靴下と靴は履いていなかった。

遺体は白骨化していても、全身が残っていて、DNAもとれるでしょう。なので、身元の判明は時間の問題でしょうね。
普通に考えれば、数ヶ月以上経過しているので、捜索願いが出ているでしょう。

警察は失踪者リストにある人物のDNAと照合を進めているんでしょうね。

遺体の身元が判明すれば、捜査は進むと思います。
ただ、上に乗せられたタイヤと言うのはどんなタイヤだったのだろう?
軽自動車のタイヤだったのだろうか?普通乗用車のタイヤだったのだろうか?

これによって、重量が相当違ってくる。軽自動車のタイヤなら女性でももてるかもしれないが、普通乗用車のタイヤとなると、女性では難しいかもしれない。

一方で、遺体を民家の裏に遺棄したのは、車で遺体を近くまで運べる為だったかもしれない。
だけど、10代後半とは言え、普通に40から50キロぐらいの体重はあるでしょ?
その遺体を運べるなら、タイヤだって運べますね。

なので、手がかりとしては、この家が空家だと言う事を知っている人間と言うあたりかな。
わずか30戸しかない集落で行方不明者が出れば、大騒ぎになったはずで、報道でも失踪者か?とか出そうです。

そう考えると、遺体はこの地区の外から運び込まれたんじゃないかな?
そう遠く無い場所だとは思うけど・・・過去の事例では、東京から栃木まで遺体を捨てに行った事例とか、車で数時間かけて捨てたとか例があるので、なんとも言えませんね。

まずは、身元の特定に期待しましょう。

| | コメント (26)

大阪府大阪市東住吉区杭全1ヶ月長女虐待事件?

生後1カ月の長女に暴行して殺害を図り、頭蓋骨骨折などで重体にさせたとして、大阪府警捜査1課などは9月16日、殺人未遂容疑で母親で大阪市東住吉区杭全の無職、女性容疑者(34)を逮捕する事件が起きている。
「(2歳半の)長男がやったとしか言えない」などと容疑を否認しているとの事。

逮捕容疑は昨年11月10日から12月18日ごろの間、自宅マンションで、長女に何らかの暴行を加え、殺害しようとしたとしている。長女は意識不明の重体で病院に搬送されたが、現在も意識が戻らず入院中で、てんかんなどの完治不能の後遺症もあるとの事。

府警によると、同年12月18日午後6時ごろ、容疑者が「長男が娘を床に落としてから、反応がなくなり、ぐったりしている」と119番した。府警が調べたところ、長女は頭の2カ所が骨折しており、ほかにも頭部を揺さぶられた形跡があったとの事。

容疑者は当日の状況について、府警の任意聴取に「長男に長女を抱っこさせて片付けをしていたら、ドスンと音が聞こえた」などと説明していたとの事。

さて、こんな事件ですね。
児童虐待は家庭の中の密室で起きる事が多く、この事件もそうですね。
目撃者は2歳半の長男だけ・・・とても、証言できないでしょう。

一方で容疑者の証言が「長男に長女を抱っこさせて片付けをしていたら、ドスンと音が聞こえた」と言う事なんだけど・・・
それって、矛盾が無いのかな?

生後1ヶ月なので、普通だと3キロぐらいの重さでしょうか?
それを2歳半の長男が抱っこできるのでしょうか?

仮に抱っこして落下させたとして、頭部に2箇所の骨折ができるのでしょうか?

ほかにも、2歳半の長男が頭部を揺さぶる事ができるのか?
(生後1ヶ月だと首が据わってないので、普通なら寝せているはずですよね、その状態で揺さぶれるの?)

などなど、専門家の検証結果知りたいですね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

世田谷一家殺害事件再考その138(新しいチラシ)

警視庁のページ上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件で公開されているPDFファイル、「事件の詳細について」が更新されました。
以下にその詳細です。

前回と今回のチラシの変更点
1)1P目の被害者写真で人物を大きくした。

2)1P目の被害者プロフィールの紹介で
 ・みきおさんの趣味を「学生時代、人形アニメ制作や演劇をされていました」を「アニメ、学生時代は人形劇、演劇」に変更
 ・泰子さんの仕事を学習塾を「主催」を「運営」に変更

3)1P目の現場地図が綺麗になって見やすくなった。併せて航空写真と地図で位置を示している。

4)1P目の現場写真で宮澤家の正面から映した写真に変更、航空写真を追加している。

5)1P目の懸賞金の金額が1000万から2000万に変更。

6)1P目の連絡先で捜査本部の名称を赤字に変更、内線番号の記載順番を変更

7)2P目の冒頭で事件当時の犯人の推定されるプロフィールが赤字で追加されている。

8)2P目マフラーの説明分で「100円ショップでも売られている可能性がある」が削除されている。

9)2P目クラッシャーハットの販売期間の記載が「平成10年7月から」が「平成11年9月から」に変更

10)2P目ジャンパーの販売期間の記載が「平成12年11月から」が「平成12年10月から」に変更

11)2P目ラグランシャツの説明が3P目に移動

12)2P目手袋の説明で「日本全国に販売」が主な販売先として2カ所が記載さている。

13)2P目ハンカチの記載で、切れ込み、三角の折り目などの記載が削除され、販売店が追加された。

14)2P目靴の説明で「韓国サイズ28」が「韓国サイズ280」に変更。

15)2P目ヒップバッグ装着時の写真が追加、説明にベルトの長さ「83cm」が記載されている。

16)2P目香水の記載が「ドラッカーノアール」が「ドラッカーノワール」に変更

17)3P目ラグランシャツの説明を半ページを使って説明、全国の販売店での販売枚数が特定されている。

18)3P目ラグランシャツの説明を強化した反面、前回大きく取り上げた染料の情報が削除されている。

19)3P目ポケットの中の微物として、鳥の糞、葉片、三浦海岸の砂の記載が削除された。

20)3P目ポケットの中の微物の記載を削除して、2000年はどんな年の内容が記載されている。

21)4P目の被害者親子3人の写真と2000年はどんな年の内容が削除。

22)4P目削除された内容の代わりに、捜査本部では以下の情報を求めていますの記載
 ・被害者家族を知っている
 ・事件前後で祖師谷公園での目撃情報
 ・事件前後に祖師谷公園に行ったことがある
 ・知人が事件について知っている
 ・事件前後で現場付近で引っ越した人
 ・犯行事件前後で祖師谷公園で遊んでいた
 ・現場付近で不審な家や人を知っている。
 ・地蔵の情報と情報提供のお願い。

23)4P目の下半分を使って、事件発生時の新聞のテレビ番組欄を記載、思い当たる事はありませんか?と情報提供を求めている。

こんな、所ですね。
今回の目玉は前回の染料に変わりラグランシャツの販売情報かな。
染料の情報が集まったので、次は販売数が少ないラグランシャツに的を絞ったのかな。
確かに、東京都内だけなら、わずか10枚ですし、関東地方でもそれほど多いわけでは無いですね。

その他では微妙な記載の誤りなどの修正と、分かりやすい言葉に言い換えていると言うところかな。
他に赤字を使ってより、見やすく注意を引くような構成に変更していて、地味に改善してますね。

どうも、今回はNHK特番やその他の特番の影響か、より、具体的な情報を募集するようになりましたね。
その方が情報を集めやすいと言う事なんでしょうね。
番組表は入江さんの本でも取り上げられていて、時刻の目安として、このテレビ番組を見ている時に何か、異変がありませんでしたか?と言う事の暗示でしょうね。

| | コメント (16)

埼玉県朝霞市根岸台男性事件その4(被害者)

まずは続報です。
1)容疑者(31)が、捜査で知り合った女性と不倫し、県警内部で処分を受けた後も女性との交際を継続。

容疑者には妻子がいるが、別の女性と不倫関係にあり、最近、その女性との間に子どもが生まれた。容疑者はこれまでに県警から2回、処分を受けているが、うち1回はこの不倫交際に関する処分だったとの事。

2)捜査関係者によると、遺体発見時、被害者方1階の耐火金庫は扉が開いた状態で、100万円がなくなっていた。

3)容疑者には支払い期限が迫った多額の借金がありましたが、事件後、返済していたとの事。別の報道では
今月3日以降に容疑者がまとまった額の金を使った形跡があるとの事。

4)容疑者(31)が「交際女性との間に子どもが生まれ、生活費を工面する必要があった」という趣旨の供述をしているとの事。

5)捜査関係者によると、容疑者は今年3月まで勤務していた朝霞署刑事課で、被害相談に訪れた女性とトラブルになり、女性が同署に苦情を訴えていたとの事。

6)朝霞署捜査本部は13日までに、殺人と住居侵入の疑いで、同容疑者を逮捕、さいたま地検に送検した。

時系列を更新
昨年10月、容疑者は被害者方で被害者の父親が死亡した際に現場に臨場、この時、金庫の場所を覚えた。
2015年9月
02日     2日朝から3日朝まで容疑者は当直勤務
02日21:00頃 被害者が弟と電話で話す
03日14:00過 被害者宅のインターホンを2回押していた。私服姿で、マスクはしていなかった。
03日     容疑者の車が現場近くの駐車場で目撃
       3日以降に容疑者が借金を返済した形跡がある。
04日16:30頃 遺体発見

こんな所ですね。個別に見てみましょう。
1)不倫ですね、事件の陰に女と金は昔から言われている事です。
ただ、報道の内容の通りだと、ちょっと、問題あると思います。一度は不倫が露見して警察内部で処分されたにも関わらず、不倫を継続してしまったと・・・
この時に精算していれば、この事件を防ぐ事が出来たかもしれませんね。

2)結局、100万円が無くなっていたんですね。で、それ以外に現場には多額の現金があったと言う事なのかな。

3)強引な犯行は、借金の期限があったからのようですね。期限が3日中なら、この昼間の犯行も説明できますね。

4)不倫でも、子供が生まれる前は、愛人も仕事をしていて、お小遣い程度でも生活を維持できたでしょうが、子供が生まれると、愛人も仕事がしばらくできませんからね、愛人と子供の生活費を援助しなければならない、その上、チャイルドシートやベビー服、その他、ベビー用品一式が必要です。
他にも、もしかすると、出産費用や入院費用なども容疑者が用意したかもしれません。

5)この情報はどんな意味なのか良く分かりません。この苦情がどんな内容なのか?良く分かりませんね。

6)送検したんですね。

さて、不倫が原因で起きた事件は数知れず・・・
不倫のあげく、愛人が不倫相手の家に放火して、子供2人を亡くした事件や、不倫相手と共謀して夫を殺害しようとした仙台男性教諭殺害事件、不倫相手を殺害し汚水槽に生きたまま遺棄して殺害した米原市の女性殺害事件などなど・・・

不倫はいけない事と言うのは、それなりに、賛同される方が多いと思います。
だけど、このあたりは、理屈で駄目と分かっていても、感情と言うか、本能というかそう言った部分で「好きは好き」なんですよね。

なので、強い意志で不倫の誘惑を振り払える人ばかりではないでしょう。

ただ、その不倫の結果を見れば、多くの人の人生を壊してます。
被害者の命を奪った殺人の罪はもちろんですが、3人の子供と妻と愛人の2人の女性の人生を壊しています。

不倫を始める時はまさか、こんな事になるとは思わなかったかもしれません。
だけど、愛人との間に子供を作ろうと言う段階では、覚悟を決めて関係を清算するしかないと思いますね。

今回はどちらも選べず、どちらも壊してしまう結果になってしまいました。

自業自得と言えば、それまでですが、しかし、被害者が多すぎますよね。

容疑者には、これから、自分の罪と向き合って欲しいと思いますね。

参考リンク
埼玉県朝霞市根岸台男性事件その3(破壊)

| | コメント (17)

2015/09/14

埼玉県朝霞市根岸台男性事件その3(破壊)

まずは続報です。
1)容疑者が以前、仕事で被害者の自宅を訪れていて、「金庫の場所を覚えていた」などと供述しているとの事。

2)事件発覚前日の今月3日14時過ぎ、被害者宅のインターホンを2回押していた。
男は私服姿で、マスクはしていなかった。この日以外に男の訪問の記録はなかったとの事。
容疑者の画像がインターホンに記録された3日には、近くの月決め駐車場に容疑者の親族名義の車が止まっているのも目撃されている。

時系列を更新
昨年10月、容疑者は被害者方で被害者の父親が死亡した際に現場に臨場、この時、金庫の場所を覚えた。
2015年9月
02日     2日朝から3日朝まで容疑者は当直勤務
02日21:00頃 被害者が弟と電話で話す
03日14:00過 被害者宅のインターホンを2回押していた。私服姿で、マスクはしていなかった。
03日     容疑者の車が現場近くの駐車場で目撃
04日16:30頃 遺体発見

こんな所ですね。
ちょっと驚いたけど、14時過ぎって昼間ですよね。3日は木曜日の平日です。
3日朝まで当直勤務なので、容疑者は睡眠不足だったと思うのだけど・・・
被害者宅を狙ったのは、「金庫の場所を覚えていた」からなんでしょうが・・・
しかし、昼間の時間帯はずいぶんと、大胆ですね。
被害者は職業不詳の58歳。以前の時に被害者の情報も聞いていたのかもしれませんが・・・

被害者は職業不詳なので、昼間に家に居る可能性もありますよね?
なので、インターフォンを2度ならして、留守を確認した。
しかし、この時も無防備に顔をカメラに写している。

この時点で金目当ての窃盗目的だったとしても、無防備ですね。
このインターフォンは昨年10月の容疑者が臨場した後に、交換したのかもしれませんね。
こう考えると、個人的な交友関係は無かったのだろうと思います。
以前から交際があれば、インターフォンにカメラが付いている事を容疑者も知っていて、顔を隠してもおかしくないですね。

被害者が犬を玄関の土間で飼っていたと言うのも、窃盗には不利な条件かと思います。
昼間で犬が変に吠えていたら、被害者が一人暮らしの事もあり、近所の人が何事かと中をのぞいたりしてもおかしくないですし・・・

金庫がどんな金庫なのか分かりませんが・・・普通に考えると、小型の耐火金庫なのかな?
だとしたら、小型でも20から30キロぐらい重さがあって、そんな物、昼間に盗み出すなんて、ちょっと考えられませんね。

なので、コメントにもありましたが、金庫の開け方を知っていたのだろうと思います。
つまり、留守を確認して侵入したけど、金庫を開けられないでは、話になりませんからね。

昼間でも、敢えて、被害者宅を狙ったのは、確実にそこに現金がある事を知っていて、その上、金庫の開け方も知っていたんでしょうね。

私が気になるのは、例え窃盗だったとしても、逮捕されれば、容疑者は身の破滅です。
警察は免職か辞職か、いずれにせよ、仕事を失い、警官の妻も、警察を辞める事になっても不思議では無いですね。
仕事の性格上、警官を続けるのはかなり辛いと思います。
その上、婿入り先は地元の名士と言う事だと、家の名に泥を塗った的な事から、離婚と言う話になってもおかしくないでしょう。
家は資産家で経済的に夫に依存する事が無いので、離婚の障害は無いと思います。

正に仕事も家庭も失い、人生を破壊してしまうような、そんな行為なんですよね。
やはり、容疑者にとっては、それでもやらなくては成らない何か理由があったのだと思います。

家庭や人生よりも大切な物?・・・逆に家庭を守る為にお金が必要だったのかな?
ちょっと、犯行が強引に見えます。下見もしてないようですね。

お金で解決できる問題で、なおかつ、「家族には相談できないお金の使い道」って事ですね・・・
パチンコなどのギャンブルでの借金、女との手切れ金とか、家族に相談できない理由は色々考えられるけど・・・
そこは、容疑者の供述を待つしかないですね。
(ギャンブル依存症だと、自分自身を制御できない事の説明もできますが、それなら周囲が異変に気づくと思うけどな・・・給料を使い果たしているとか)

いずれにせよ、相当に追い詰められていて、夜まで待てなかったのは、夕方までにお金が必要だったのかな?
10日まで事前に休みを予定していたなら、翌日以降に張り込んで、被害者の外出を確認してからの方が確実ですからね。
強盗なら、夜の方が有利でしょう。

まさか、金庫の中の現金が無くなって、被害者が気付かないなんて事は無いでしょう。
なので、必ず、事件になるんですよね。そうなれば、必ず、捜査されるわけですから・・・

今の段階では容疑者のメンタルに問題があったのか?と言うのも、可能性としては疑えるかな?

続報を待ちましょう。

参考リンク
埼玉県朝霞市根岸台男性事件その2(プロフィール)
埼玉県朝霞市根岸台男性事件その4(被害者)

| | コメント (6)

大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その19 (快楽殺人?)

まずは続報です。
女子の顔に張られていた粘着テープは何十枚もあり、ちぎれたテープを何度も張り付けて顔全体を覆っていたことも判明した。捜査本部は、女子は鼻と口をふさがれたか、首を圧迫されて窒息死したとみて関連を調べるとの事。

ちょっと、これは見逃せない情報ですね。
私はこれまで、女子は最後にテープをぐるぐる巻きにされて、短時間に殺害されたのだろうと考えていました。
この段階では、殺害する事を決意していて、そこに時間を掛ける必要は無いだろうと思っていたわけです。

が、今回の報道ではその予想を否定されたかもしれません。
テープを短く手でちぎって(手でちぎったと言うのは私の推測です。布テープ、カミテープは手で簡単に切れますし、ビニールテープでも、コツをつかめば、手でちぎれます)と言う事は、10センチ程度のテープで細かく、空気の漏れる部分を塞いで窒息させたのだと思います。

これは、苦しむ女子の顔を見ながら行わないと出来ない作業です。
(実際にはテープで隠されて顔を見る事はできないのですが・・・)

当初は顔を隠しているのは、死亡していく姿を見たく無い為だと考えて、そこに人間的な「情」があったのかな?と考えていたわけですが、今回は顔を隠しているが、積極的に女子に苦痛を与えていて、そこに人間的な「情」を感じる事ができません。

さらに、多分、この殺害行為の直前に行われていると思われる、刃物による30カ所に及ぶ暴行を考えると、「快楽殺人」の可能性も考える必要がありそうですね。

男子の遺体については、遺体が痛みが進んでいた為か、暴行の内容に関わるような報道がありませんね。

性別によって、暴行や殺害の方法が違っているのか?
この容疑者の犯行だとすると、容疑者は男性にも女性にも興味を持てるバイセクシャルなので、女性だからと言う事はなさそうな気がします。

犯行順番から考えると、先に男子が暴行、殺害されていると思われます。その様を正に目の前で見ていた女子の怒りは限界を超えていたのではないか?と思います。
(目の前で見ていたと言うのは私の推測です)

一晩とは言え、一緒にプチ家出につきあってくれるような友達ですからね。そこには子供ながらに熱い友情があったと思うわけです。

それを目の前で無残に殺害されては、女子は我が身の危険も忘れて、怒りの言葉を容疑者に掛けたかもしれませんね。
あるいは、もう、どうなっても良い、ここで一緒に男子と共に死のうと決意した結果、容疑者の邪な要求を全て拒否したかもしれません。

その結果、容疑者の思い通りにならない不満のはけ口として、より、陰湿で冷酷な殺害方法となって女子を襲ったのかもしれませんね。

男子を殺害した段階で、容疑者は女子も殺害せざるを得ない状況ですからね。
(1人でも2人でも結果は一緒と言う事でしょうね)

ただし、テープの残り長さが少なくなった為に、節約したと言う可能性もあります。
だけど、それなら、直接、手とかヒモとかで絞めてしまう事ができるので、やはり、短時間に殺害する為では無いと思いますね。

改めて、亡くなった2人が可哀想でなりません。
ご冥福をお祈りします。

参考リンク
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その18(教育)
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その20 (続報)

| | コメント (18)

2015/09/13

埼玉県朝霞市根岸台男性事件その2(プロフィール)

容疑者のプロフィールです。
逮捕された同県警巡査部長、男性容疑(31)について、首席監察官が「仕事は問題なくやっていた」と説明。現在はJR武蔵浦和駅前の交番で勤務しているが、通算13年4カ月のうち捜査経験年数が8年6カ月で、主席監察官は「(殺人や強盗などの凶悪事件を扱う)捜査1課に配属されたこともあり、それなりに努力していたはずだ」と話した。

一方、容疑者が過去に2回の処罰を受けていたことも判明。懲戒処分には至らない程度だったが、首席監察官は「事件との関係が不明」として、具体的な処分内容や時期については明らかにしなかった。

容疑者は高校卒業後、平成14年4月に埼玉県警に入り、通算13年4カ月のうち8年半を刑事部門で過ごした。23年3月、殺人などの凶悪事件を扱う県警本部捜査1課の刑事に抜擢。一方で、無届けの海外旅行などで過去に指導を受けており、「世間知らず」(同僚)な一面もあったという。

親類らによると、容疑者の妻も埼玉県警の警察官。5年ほど前に婿入りし、幼い2人の息子、妻の母と祖父の6人で暮らしていた。近隣住民は「いわゆる名家で、お金にはゆとりがあるようだった」と話した。
事件の直前には、祖父の指導を受けながらトラクターで畑を耕し、その様子を妻子が見守るほほえましい姿を別の住民が目撃している。

親類の男性(75)は「目立つタイプではなかったが一生懸命で優秀だったと思う」と話す。24年3月には巡査部長に昇任。県警幹部は「それなりに努力していた」との見方を示す。

捜査本部の任意同行を受けたのは11日午後。

川越市にある容疑者の妻の実家は地元でも有名な資産家。妻と2人の息子、妻の母親、同祖父の6人家族。妻の実家に婿入りし、4世代で同居していた。敷地内には広大な庭と畑、複数の物置がある。周辺にも土地を複数所有し、駐車場やアパートなどとして貸しているという。

県警によると、現職の警察官が殺人事件の容疑者として逮捕されたケースはこれまでに例がないという。容疑者は昨年10月、殺害された男性(58)の父親が死亡した際に、朝霞署刑事課の強行犯係として被害者方に臨場していた。警察官の職務として捜査で赴いた被害者方に再度訪れ、犯行に及んだことになる。

被害者が殺害されたのは今月3日の可能性が高いことが分かった。県警朝霞署捜査本部は、容疑者が当直明けの日に犯行に及んだとみて裏付けを進めている。

捜査本部によると、容疑者が使用していた乗用車は3日に被害者方近くの駐車場で目撃されたことが判明しているが、この日以外の車の目撃情報はこれまでに寄せられていない。

被害者方の玄関のインターホンのカメラに容疑者に似た人物が映っていたのも3日だった。また2日には、被害者は自宅近くの店舗の防犯カメラに映っており、弟と電話で話している。容疑者も2日朝から3日朝までは当直勤務に就いていた。

捜査本部は容疑者の逮捕容疑について、今月2~4日のいずれかに、朝霞市根岸台7の被害者方に侵入し、被害者の首を絞めて殺害したとしている。調べに対し容疑者は「首をロープで絞めて殺害した」と供述する一方、「首を絞めた際に殺意はなかった」と容疑の一部を否認しているという。

捜査本部の調べで、事件後、被害者方から現金数百万円や現金入りの財布が見つかった。一方、扉が開いていた金庫の中には現金がなかったことから、捜査本部は金銭目的で侵入した可能性もあるとみて動機を追及している。

こんなところですね。
整理すると
容疑者は
現職警察官(31)で高校卒業後、平成14年4月に埼玉県警に入り、通算13年4カ月のうち8年半を刑事部門で過ごした。23年3月、殺人などの凶悪事件を扱う県警本部捜査1課の刑事に抜擢。

容疑者の妻も埼玉県警の警察官。5年ほど前に婿入りし、幼い2人の息子、妻の母と祖父の6人で暮らしていた。近隣住民は「いわゆる名家で、お金にはゆとりがあるようだった」と話した。

4世代で同居していた敷地内には広大な庭と畑、複数の物置がある。周辺にも土地を複数所有し、駐車場やアパートなどとして貸しているとの事。

事件の時系列
昨年10月、容疑者は被害者方で被害者の父親が死亡した際に現場に臨場
2015年9月
02日     2日朝から3日朝まで容疑者は当直勤務
02日21:00頃 被害者が弟と電話で話す
03日     容疑者の車が現場近くの駐車場で目撃
       容疑者に良く似た人物が現場のインターフォンのカメラに写っていた。
04日16:30頃 遺体発見

3日の勤務後から容疑者は10日まで休みを取っていた。

現在31歳で5年前に結婚って事は26歳で結婚かな。
相手は同じ警察官、婿入り先は資産家だった。
子供は2人、妻の母、と祖母、妻の6人で同居していた。

8年半も刑事部門にいて、捜査1課の刑事の経験もある。しかし、逮捕時は浦和署地域課に勤務していた。

やはり、不思議な事件ですね。
殺意が無かったと自供していますが、その通りなのかもしれません。
理由としては、証拠を残し過ぎていると言う点ですね。
容疑者は刑事部門に8年半もいたわけで、警察がどう捜査するか知っていたはずです。
なので、車の目撃情報やインターフォンのカメラに自分の映像を残すなんてミスはしないと思うわけです。

逆に窃盗の手口としては、インターフォンで留守を確認したと言うのは有りですね。
応答が無いので留守と判断したが、侵入したら、被害者が在宅していた。
酒によって寝ていたが、物音に気付いて目を覚ましたと錯覚した容疑者が驚いて、咄嗟に近くにあったロープで殺害してしまった。

そこで、現金を盗む予定だったが、強盗殺人になってしまう為、現金は放棄して、顔見知りに偽装する為に、携帯を盗んだと言うのは結構、説得力ありそうなんですが・・・

しかし、資産家の家に婿入りして、お金に困っているとは思えないのですが・・・

ただ、婿の立場では、家のお金を自由にできるわけでもないでしょうね。

気になるのは、3日の当直勤務あけから10日までの休みは事前に申請していたのか?
警察の勤務形態がよく分からないのですが・・・普通の会社なら、1週間の休暇は簡単にはとれそうも無いです。
ただ、警察は土日が休みと言うわけでも無いでしょうから、シルバーウィークもあるので、交代で休みを分散取得していたと言う事なのかな?

この休み中に家族旅行など出費の予定などがあったのか?
そのあたりの情報が欲しいですね。

参考リンク
埼玉県朝霞市根岸台男性事件
埼玉県朝霞市根岸台男性事件その3(破壊)

| | コメント (11)

2015/09/12

埼玉県朝霞市根岸台男性事件

9月4日(金)午後4時半ごろ、埼玉県朝霞市根岸台の民家で、住人の職業不詳、男性(58)が死亡しているのを、弟(54)が発見し119番通報する事件が起きている。

被害者には首を絞められたような痕があった。
県警によると、被害者は1人暮らし。弟は別居しており、被害者が電話に出ないことを不審に思い訪問したという。

現場は東武東上線朝霞駅から北東約700メートルの住宅街。

発見した弟は2日午後9時ごろに電話で会話をしたと話しており、捜査本部は被害者が2日夜から4日未明の間に殺害されたとみて捜査している。

捜査本部によると、被害者は発見時、衣服を身につけておらず、下半身にタオルケットをかけただけの状態だった。室内は雑然としていたが、争った形跡はなかったとの事。

被害者は玄関の土間で犬を飼っており、普段の出入りには居間の掃き出し窓を利用していた。発見当日も玄関は施錠されており、弟はカギのかかっていなかった掃き出し窓から室内に入っているとの事。

被害者の首に抵抗した際につく傷がなかったとの事。
被害者の体内からはアルコールが検出されており、朝霞署捜査本部は、殺害の際の状況について調べている。

捜査本部によると、室内からは財布や預金通帳などが見つかり、財布には現金やカード類が入ったままになっていたとの事。
また、1階には耐火金庫があり、扉が開いた状態だったという。捜査本部は盗まれたものがないか、親族に話を聞くなどして調べを進めている。

被害者が倒れていた居間からはスマートフォン1台が電源が切れた状態で見つかったとの事。遺体を発見した弟が4日に電話した際には電源が切れた状態だったという。捜査本部は着信履歴などを詳しく調べるとの事。

朝霞署捜査本部は7日、被害者が普段使用していた携帯電話が自宅から発見されていないと明らかにした。

捜査本部によると、これまでに1階居間からスマートフォンが発見されているが、被害者が普段使用していた携帯電話が見つかっていない。

4日午後4時半ごろ、弟が1階の居間で、座椅子の上にあおむけになっている被害者を発見。首に締められたような傷跡があった。

居間にある耐火金庫の扉は開いていたが、室内から現金の入った財布や複数の預金通帳などが見つかっている。

朝霞署捜査本部は11日、室内を調べたところ、新たに数百万円の現金が見つかったことを明らかにした。

遺体発見から1週間が経ち、捜査本部はこれまでに捜査員568人を投入。周辺住民への聞き込みや近くの防犯カメラの確認などを進めている。首を絞めたとされる凶器は特定されていない。

県警は、これまで室内から複数の通帳やキャッシュカードを発見。新たに室内の複数箇所から計数百万円の紙幣が見つかったとの事。

また、被害者が使用していたとみられるスマートホンについて、8月に着信履歴があった後、通話の記録がないことが分かった。県警は被害者が、室内から見つかっていない二つ折りの携帯電話を、主に通話用の電話として利用していたとみて通話履歴などを調べている。

埼玉県警は12日未明、殺人と住居侵入の疑いで、浦和署地域課に勤務する巡査部長、男性容疑者(31)=同県川越市鯨井=を逮捕した。

逮捕容疑は9月2日から4日までの間、被害者方に侵入し、被害者の首を何らかの方法で圧迫して窒息死させたとしている。
県警によると、容疑者は「(被害者の)首をロープで絞めたのは間違いない」と供述する一方、殺意を否認している。殺害の動機は明らかになっていないとの事。

容疑者は3月まで朝霞署地域課に勤務しており、昨年10月3日に被害者の父が死亡した際に、他の署員とともに、遺体を調べるため被害者方に臨場していたという。

県警朝霞署捜査本部は、被害者方の玄関に設置されたインターホンの映像に容疑者によく似た男が写っていたことや、3日に被害者方近くの月極駐車場に容疑者の親族名義の乗用車が止められていたこと、現場から採取したDNAと容疑者が任意提出した資料のDNAが一致したことなどから、容疑者が被害者殺害に関与した可能性が高いと判断した。

容疑者は今月3日は朝まで勤務した後、10日まで休みを取っていたとの事。

とこんな事件ですね。
現職警官が逮捕される事となりましたが・・・ちょっと不思議な事件ですね。
動機が分かりません。

現場に多額の現金やキャッシュカードが残されていて、奪われたと思われるのが、今のところ被害者が普段使用していた携帯電話だけと・・・

殺害方法は絞殺だった。

金銭目的のようにみは見えないですね。
怨恨のようにも見えませんが・・・

いずれにせよ、容疑者は警察官としての自覚は少なからずあったはずなんですが・・・
それでも、殺人と言う結果になった理由が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
埼玉県朝霞市根岸台男性事件その2(プロフィール)

| | コメント (2)

アンケートのお願い

みなさん、おはようございます。
さっそくですが、ASKAの事件簿について、ここが気に入っているとか、ここが面白いと思っているなどを教えてください。

沢山の人にASKAの事件簿を読んでいただいていますが、どのあたりが、気に入ってくれているのかな?とふと気になりまして、質問させていただきます。

コメントについて公開を希望しない方は、非公開希望と書いていただければ、公開しません。

それでは、よろしくお願いいたします。

| | コメント (31)

2015/09/10

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その8(計画殺人)

今回はコメントをいただきました。顔見知りが第三者に殺人を依頼した場合について考えます。
過去の事例だと、仙台男性教諭殺人事件がこのケースに該当しますね。

結局、この場合は計画殺人と言う事になります。それでは、計画殺人はどのように計画するのか?
人それぞれで、犯人にしか分からない事情もあるかもしれないけど・・・
一般的に物事を計画する場合に言われる1H5Wで考えれば良いわけですね。
1)いつ
2)どこで
3)誰が
4)何を(誰を)
5)どのように
6)どうして

と言う事を考えます。ただ、4)は被害者に確定なので、これは省略します。

1)いつ
計画殺人は当然ですが、確実に目的を達成できるように計画します。
なので、「いつ」と言うのは非常に重要なポイントです。
この「いつ」を考える上での条件は
1-1)確実にその時間に被害者が特定の場所にいる事が分かっている。
1-2)被害者をその時間に指定の場所に誘導する事ができる。
1-3)主犯がアリバイを主張できる時間

2)どこで
1)と同時に考える事になるけど、「どこで」も重要なポイントです。
場所を考える上での条件は1)と同様に
2-1)確実にその時間に被害者が特定の場所にいる事が分かっている。
2-2)被害者をその時間に指定の場所に誘導する事ができる。
2-3)犯行を邪魔されない。誰かに目撃されない場所。

3)誰が
つまりは実行犯の選定ですね。
これは、主犯にとってかなり頭の痛い問題です。
実行犯が失敗すれば、それは主犯の逮捕に直結します。なので簡単に実行犯を選ぶ事はできません。
それに、誰かに頼んでも簡単に殺人を引き受けてくれる人もいませんよね。
なので、実行犯の条件は
3-1)主犯が実行犯の弱みを握っていて、命令する事ができる人物。
3-2)利益を共有できる。共通の目的を持っている人物。
3-3)闇サイトなどで面識の無い人物に殺人を依頼する方法。

5)どのようにして
これは、いろいろと方法が考えられます。
ただ、ここは、殺害する目的によって大きく異なるでしょうね。
一般的に保険金殺人では、事件化する事を避ける為に事故死や自殺に偽装するのが普通かな。
今回は事件化しているので、事件化しても、主犯は自分は逮捕されない自信があるんでしょうね。

6)なぜ
つまりは動機ですが、これは、今の段階では分かりません。
ただ、若い独身女性が殺害される理由はそれほど多くないと思います。

とこんな感じで計画されているのだと思います。
1)の時間はもう、仕事が終わって帰宅する時間を考えるしかないと思います。
被害者の場合、特定の時間に定期的に行動するのは、アルバイトへの通勤時刻、稽古へ通う時刻、帰宅する時刻などが予測しやすい時間です。稽古は昼間みたいなので、さすがに犯行時刻に設定しにくいでしょう。
残るはアルバイトへの通勤時刻とアルバイト帰りの帰宅時刻でしょうね。

2)の場所の選定は問題がありますね。
殺人を第三者に依頼して、自分はアリバイを作ったとしても、被害者の自宅で犯行を実行してしまうと、当然、顔見知りの人間が疑われる状況を作ってしまいます。
なので、主犯が良く考えて犯行計画を立てたのなら、この場所は選びにくいと思います。

ただし、選定条件は一つでは無いので、他の理由とのトレードオフと言う可能性もあります。
例えば、「遺体の発見を遅らせる事ができる」と言う事を優先したのかもしれません。
でも、主犯自身にはアリバイがあるから、気にしたのは実行犯が逮捕されない為の逃亡時間を作ったと言う事かもしれませんね。

他には、被害者が所有している「何か」を同時に奪うと言うのも理由にあるかもしれません。
ただ・・・合い鍵を使って侵入したのであれば、自由に被害者の部屋に出入りできる訳で、わざわざ、殺人を犯さなくても、部屋から盗みだす事ができるよね?って素朴な疑問がありますよね。

その意味では、被害者が身に着けている物とかいつも、持ち歩いている物と言う事になるかもしれません。

とは言え、それでも、被害者の部屋を殺害現場に選択するには、ちょっと理由が弱い気がしますね。
どちらかと言えば、帰り道で通り魔を装っての犯行の方が、どんな理由があったとしても、犯人に有利だったように思います。
合い鍵を持っていると言う前提ですが・・・逆に、合い鍵が無いのであれば、被害者がドアを開けた瞬間を狙うと言うのは、必然かもしれませんね。(それ自体、路上の通り魔なら必要ないんですよね)

それから、現場マンションの防犯カメラも問題になります。
実際はダミーだったけど、計画する場合、下見もするでしょう。その時に防犯カメラを見つけるはずです。
なので、犯人がそれをダミーと看破しない限り、防犯カメラに対して対策する必要があります。
変装したり、顔を隠したりと言う事が必要になるでしょうね。

なので、犯人が被害者の自宅を現場に選んだとしたなら、犯人にとって特別な理由があったのかもしれません。

3)の実行犯の選定も、犯人としては悩ましいところですね。
一番簡単そうな、3)の闇サイトで殺人依頼は普通は無理と言うか、逆に、闇サイトの住民に脅迫されてお金を脅し取られる危険性の方が高いでしょう。
それに、自分の人生を掛けた博打にどこの誰か分からない人間を使うと言うのは、かなり勇気がいると思います。
なので、やはり1)かなと思いますね。仙台男性教諭殺人事件では主犯から借金をしている人間を借金免除を条件に実行犯に仕立てました。

5)の殺害方法も問題ありです。
今回は絞殺を殺害方法としていますが、これは、被害者に接近しないとできませんし、さらに、殺害に時間が必要です。
圧倒的な体力差があって、被害者が気付いた瞬間には首を絞めて、悲鳴を上げる時間も与えないと言うような事ができないと、かなり難しい選択だと思います。
なので、今回の場合は、ドアを開けた瞬間に侵入して、その場で殺害すると言う場合か、事前に侵入して待ち伏せし、被害者の隙をついて、殺害のどちらか?と言う事になるんですが・・・

待ち伏せはちょっと難しいと思うんですよね。
理由は部屋が1Kなので、隠れる場所が無いのでは?と言う疑問です。
トイレやクローゼットに隠れると言うのも有りだけど・・・その場合、当然、犯行の瞬間にはそこから出ないといけません。
もし、被害者が隠れた場所より遠くにいたら、悲鳴を上げられるかもしれません。
それは、やはり避けたいと思うんですよね。

とこんな感じになるかと思います。
私としては、全体を見て、犯人グループはかなり選択が難しい選択をしているように思います。
被害者と面識の無い、第三者を実行犯にした場合ですが・・・面識のある人間を実行犯にすると、当然、交友関係から実行犯に辿りついてしまうので、実行犯が逮捕されると、主犯格も逮捕される事になり、実行犯には選択できないでしょうね。
(その場合は、被害者の自宅を現場に選択できないと言う事になります)
実際、今回は周囲の人物にDNAが一致する人物はいませんし。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その7(偽装工作)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その9(殺害方法)

| | コメント (2)

2015/09/08

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その7(偽装工作)

まずは続報です。どちらかと言うとまとめ的なものですね。
1)被害者の住むマンション入り口のカメラは電源が入っていないダミーだった。

2)築20数年でオートロックやエレベーターが設置されていない代わりに、家賃およそ6万円と比較的安価な1Kマンションでひとり暮らししていた。

3)首に直径1~2センチのひも状のもので絞められた痕があった。

4)DNA鑑定の結果、元彼も今彼も劇団員も近隣住民も全部シロ。アリバイも成立した。該当する前科者もなし。

5)室内の風呂には水(湯)が張られており、下着などが洗濯かごに放り込まれていた。

6)服は無理やり脱がされた形跡はない。唾液は残っていたが性的暴行された痕跡はない。

7)最寄りの地下鉄丸ノ内線・中野新橋駅から自宅マンションまでは約400メートル。街頭カメラは見当たらなかったが、駅構内に6台と、帰宅途中にあるパチンコ店2軒に計3台の防犯カメラがある。

「被害者が、黒いリュックサックと事件後公開されたトートバッグを持って歩く姿はとらえられている。しかし、被害者と親しい人物や、あとをつけ狙う人物の映像は確認されていないとの事。

とりあえず、個別に見てみましょう。
1)ダミーですか、それでも無いよりはマシですね。少なくとも、ダミーと知らなければ、犯人にとっては脅威になり得ます。

2)それで、少し割安なんですね。

3)直径1~2センチって太いですね。

4)さて、これが問題ですね。こうなると、流しの犯行と、未知の交友関係の二つが考えられますね。

5)微妙だな・・・洗濯かごの下着は当日、身に着けていた物か分かりませんよね?

6)無理やり脱がされた形跡はないと・・・生存中に無理やり脱がすなら、抵抗されるだろうけど・・・死亡後だと、抵抗されないから、無理に脱がす事もないと思いますね。とは言え、意図せずの殺人なら、犯人は慌てているはずで、服を乱暴に脱がして持ち去ってもおかしく無いですね。

そして性的暴行の痕跡は無いと・・・やっぱり無いのかな?

7)被害者の後をつけるる人物や、同伴している人物はいないって事ですね。
すると、犯人は部屋を直接訪問したと言うか、侵入したって事だね。

では本題です。この事件で犯人が偽装できる事はなんだろうか?
A)足跡を消す。

B)出入り口に施錠して、侵入口を隠す。同時に発見を遅らせる。

C)凶器を持ち去り、凶器を隠す。

D)財布を持ち去り、窃盗、強盗目的にミスリードさせる。

E)衣服についたDNAを隠す為、衣服を脱がせて持ち去る。

F)遺体を全裸にする事で性的暴行を疑わせ、犯人の性別または動機をミスリードさせる。

G)遺体の位置をずらす事で、犯人との人間関係をミスリードさせる。
もしくは、殺害場所をミスリードさせる。

H)遺体の顔に掛けたタオルで顔見知りの犯行にミスリードさせる。

こんなところですね。
A)は後から足跡を消すなんて事は面倒なので、おそらく、最初から土足では侵入しないのでしょう。
窃盗犯の中には、盗んだ形跡が分からないようにして、盗む人がいます。ずいぶん時間が経過してから、「アレが無い」と気付いて警察に通報する場合もありますね。

B)は、もし、ベランダ側が施錠されてない状況で、玄関が施錠されていたら、ベランダからの侵入を疑われますから、全部、施錠してしまう事で、玄関か?ベランダか?どちらから侵入したのかを隠す事ができますね。
あるいは、「まさかの坂」で、これ以外に侵入口があるのか?ってのは気になる所ですが・・・

C)凶器を持ち去るのは、通常の殺人事件でもありますよね。特に指紋など残っていればなおさらですが・・・
この事件ではヒモなので、無くなっている、トートバックやリュック、被害者の服(ブラジャーの一部なら可能性有りか?)などが凶器だった可能性は疑われますね。

D)財布を持ち去って強盗目的にカモフラージュするのも定番の偽装です。
被害者は家賃を2ヶ月滞納するぐらいなので、それほど、現金があるとは思えないんですよね。
月末近くだし・・・でも、被害者の給料日って何日なんだろう?25日なら、ドンピシャだけど・・・
アルバイトなので日払いとかって可能性もあるのかな?

E)当然あり得ますね。この犯人は意外かもしれないけど、証拠らしい証拠を残していません。
唯一で致命的な証拠がDNAなんですけど・・・まさかこのDNAが偽装と言うのはちょっと考えすぎだと思うけどな・・・
そもそも、そんな物を持っているなら、計画的な犯行と言う事になりますよね。

F)も普通にあり得ます。

G)これは、可能性はあるけど、そこまで考える犯人は居ないと思います。
普通なら、遺体を隠したいところです。外に持ち出せなくても、クローゼットやトイレとかに隠せば、ドアをあけて一目で遺体が発見されるように玄関に放置するなんて事はないでしょうね。
・・・一つあるとしたら、それは、遺体を早く発見させる為?
だけど、一方で遺体を引きづったような痕は無いとの事だから、この可能性は無いでしょうね。
・・・けど、引きづった痕が無いだけで、持ち上げたとしたら、可能性は有りですね。
なので、これは偽装では無いだろうね。

H)これが出来るのは、相当、事件の事を研究している人だけでしょうね。
咄嗟の事件でこれが出来る人はなかなか居ないと思います。相当、冷静な人なら可能性はあるかな。

もし、これらが偽装なら、犯人像はその逆を考えれば良い事になります。

A)は窃盗目的と言う事になりそう。

B)ベランダからの侵入

C)持ち去られた物が凶器だった。

D)窃盗目的を否定する偽装 A)と矛盾する。

E)被害者の衣服に犯人のDNAが付着してしまった。

F)性的暴行目的へのミスリードあるいは、性別のミスリード
ただし、A)と矛盾する。それに、DNAが男性なので性別のミスリードも矛盾する。

G)遺体の場所だけで人間関係まで考える人はいない気がするけど・・・やはり、早く発見させる為?
でも、それなら、玄関を施錠した事に矛盾すると思う・・・なので偽装では無いかな?

H)これが偶然とはちょっと思えないけど・・・偽装とも思えない。
多分、トートバッグやリュックを持ち去るなら、犯人は殺害後に部屋の中を物色してから、部屋を出ている。
最後に部屋を出る時に被害者の顔を見て、申し訳ないと言う意味で顔に掛けたのではないか?
これが、偽装なら、毛布やシート、バスタオルなどもっと大きな布で全身を覆うんじゃない?

ここで、矛盾する項目としては動機に対する物で
A)とD)、F)の3点が矛盾している。(DとFは矛盾していない)
で時系列で見た時、最初に侵入と同時に実行されるのがA)なので、侵入後に殺害により状況が変わり、D)とF)の偽装を咄嗟に行ったとすれば、A)だけが矛盾している事の説明ができる。
(だけど、窃盗目的ならAとDは矛盾しない、逆にA,DとFが矛盾しているようにも見える。)
なので、ここはちょっと微妙かも・・・

で、窃盗目的の流しの犯行なら、周辺の人間からDNAが一致しない事も説明できますね。

ただ・・・それなりに、落ち着いて行動しているので、逮捕歴はないけど、結構な場数を踏んでいるように見えます。
それから、H)の事を考えると、年齢は少し上で30代以上なのかな?

と考えると、一応、全て説明できるけど・・・これを裏付けるには、この地域での窃盗事件の発生件数やその手口の情報が欲しいですね。

そして、もう1点、窃盗目的説を補強する材料として、不審な指紋が現場にあると言う報道がありません。(報道が無いだけなので、実際はあったのかもしれませんが・・・)
つまり、犯人が手袋をしていた可能性があると言う事ですよね。

それから、犯行時間が深夜なら、犯人は移動に車やバイクなどを利用している可能性もありますから、該当する時間帯の防犯カメラの映像や不審車両などの目撃情報を調べたいところですね。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その6(金銭トラブル)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その8(計画殺人)

| | コメント (5)

2015/09/07

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その6(金銭トラブル)

もう、続報もありませんね。今回は、被害者が家賃を2ヶ月滞納していると言う件について考えます。

時系列
8/24(月)05:45  自宅近くの防犯カメラに被害者の映像が映っていた。
8/24(月)23:00頃 アルバイトを終了。
8/25(火)00:25の前 知人と会っていた
8/25(火)00:25頃 自宅近くの防犯カメラに被害者と思われる映像が映っていた。
8/25(火)00:41  LINEのメッセージを送信。以後のメッセージは未読
8/25(火)午前中  この日、昼前の所属劇団の稽古を無断欠席
8/25(火)23:00  居酒屋でアルバイトの予定
8/26(水)22:00頃 被害者の自宅で遺体発見

被害者の経歴
彼女は、仙台市出身。
宮城県名取北高校へ進学、この高校は1学年に7クラスと全校生徒は約840名もいるマンモス校。
進学率が9割を超える学校で有名国公立の大学にも合格者を出す進学校
同校では、文芸部に所属し、俳句好きの高校生だった。
卒業後は、宮城大学へ進学し、
食産業学部ファームビジネス学科専攻。その後、女優をめざし上京した模様。

宮城県出身で上京後、女優を目指しながら新宿区内の居酒屋でアルバイトをしていた。 今年5月まで、有名声優が主宰する劇団に所属。
20周年を境に解散。その後、6月に現在の劇団に移籍。

最近引っ越してきた。

ここで、2ヶ月滞納している情報を考えると、
事件発生が8月25日、2ヶ月滞納に8月分が含まれるなら、滞納したのは7月分から、8月分が含まれないなら、6月分から滞納と言う事になりますね。

移籍と同時に引っ越したのかな?
6月に引っ越したのであれば、さすがに6月分から滞納はないと思うので、7月分から滞納だと思います。
大家さんが8月分も支払われていないから、7月、8月の2ヶ月分滞納と言う事でも不自然ではなさそう。

だけど、逆に、6月、7月の2ヶ月滞納なら8月で3ヶ月目だから、これは相当プレッシャーだったと思います。
3ヶ月滞納だと契約解除ができる。退去しなくてはならなくなる・・・でも、引っ越すお金が無い。

こんな状況だったのかもしれません。
・・・しかし、それでも、スマホを2台もってる。あまり、緊張感が無いね。

支払う見込みがあったのか?
ここの家賃がざっと6万4千円かな。
3ヶ月分、一度に支払うと19万2千円、2ヶ月分でも12万8千円

アルバイトの時給を1500円として、6時間稼働で1日9千円、休日を週1日として、26日勤務とすると23万4千円
これなら、もともと6万4千円の家賃を払っても17万円残るから、十分だよね。

とは言え、劇団の公演などでアルバイトを休む事もあるかもしれない。
それで更に4日分を減らしても、13万4千円残るから、それでも、そんななに、苦しい状況なのかな?

家賃を滞納した理由は別にあるのではないか?
そもそも、払える見込みが無いマンションへ引っ越すとは思えないけど・・・
コメントにあった、ホテル代わり?
このマンションだと礼金1ヶ月、敷金なし。保証金なしなので、最初に6万円あれば、入れるだろうけど・・・
ビジネスホテルよりはかなり安くなるけど・・・でも、仮住まいって言っても、そんなに長期間必要なの?

このあたりは、情報が無いので、考えても答えが出ない。
なので、可能性を組会わせましょう。

A)家賃を支払うだけの収入があった場合。
この場合、家賃に支払う資金を別の物に使ってしまったと言う事になると思います。
しかし、常識的に考えれば、普通はそんな事は無い。あり得るとしたら、ギャンブル依存症、アルコール依存症など自分自身を制御できない状態の場合ですが・・・そんな印象では無いね。重度の依存症では日常生活に支障がでる。劇団活動にも支障がでるだろうし、アルバイトにも支障がでるからね。

A-1)浪費家だった場合。
 問題は何に浪費したのか?って事だよね。ブランド品など浪費したなら、犯人が窃盗目的ならそれらの物を盗んでもおかしくないね。それに、浪費家なら家賃以外に電話代なども滞納しそうです。なので、そんな印象でもなさそう。

A-2)男に貢いだ場合。
 女性なので、あり得る話だし、周辺での男性関係でのトラブルもあったようだし、可能性はありそうですね。

B)支払う収入が無い場合。
 これだと、そもそもが大問題で、なんとかしなきゃいけない状態ですよね。
友人、知人、親戚、家族などから、借金をしても、お金を作って、もっと安い部屋に移るしか方法が無いと思います。
それが、3ヶ月も続くとはちょっと、思えないんだけど・・・
この場合は周囲に相談していると思うんだよね。

なので、支払う能力はあるけど、何かの理由で支払われなかったと言う事なんじゃないかな?

その場合、例えば、誰かにお金を貸しているなら、家賃を払うから、お金を返して!って事になってもおかしくない。
犯人が返せずに、口論となり、カッとなって被害者を殺害。
たしかに、そういう理由で相手を殺害してしまう事ってあるんだけど・・・

逆の場合もある。
被害者がお金を借りていて、返せと言われたが返せない場合に、カッとなって相手を殺害してしまう場合。

でも、この場合だったら、お金を貸してと言って、貸してもらえずに、トラブルとなってしまう場合もあり得ますね。
その場合は、更に、殺意を助長するような、何かが起きた場合かな。秘密をばらす的な事とか・・・

金銭トラブルによる殺人事件のケースもあり得るとは思います。
が・・・この場合、被害者が全裸で発見された事をどうみる?

そもそも、性的暴行目的では無いけど、服に犯人のDNAが付着しているので回収した?
それはあり得るけど・・・全裸にする理由が無いと思う・・・下着は残しても問題無い気がするけど。

残るは偽装と言う事になる、性的暴行に動機をミスリードする偽装ならば、全裸にする理由になるね。

男女関係のトラブルと、金銭トラブルがセットになってしまう事も珍しく無いし・・・

今の段階では何とも言えないね。でも可能性は十分にあると思う。
でも、この手のトラブルなら、警察は当然、調べていると思います。

しかし、一方で周囲の人間のDNAと現場に残されたDNAが一致しないと言うのが、この金銭トラブル説を否定する最大の材料になってますね。

なので、もし、金銭トラブルならば、未知の人間関係があると言う事になりそうです。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その5(性的暴行)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その7(偽装工作)

| | コメント (6)

2015/09/04

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その5(性的暴行)

前回は性的暴行が無い場合の事件の流れを考えました。
今回は性的暴行があった場合の事件の流れを考えます。

ポイントは性的暴行がA)生前なのか?B)死後なのか?
そして、1)流しなのか?2)顔見知りなのか?
の4つの組会わせとなります。

A-1)流しで生前に性的暴行があった場合。
通常の場合と言っても良いのですが、この場合、動機は性的暴行になりますね。
すると、普通なら被害者を脅迫する為に凶器を用意しての犯行になります。
殺害方法が絞殺ですが、返り血を浴びたく無い、と言う理由での絞殺は有りだと思います。

しかし、そうすると、ちょっと問題があるのが、場所です。
玄関前で性的暴行?可能性はあるけど、凶器で脅して服従させているので、玄関前で行うには違和感があります。
それに、土足の足跡が無い事を考えると、犯人が玄関を入ってその場で被害者を凶器で脅したと言うほど、慌てていたとは思えません。

なので、性的暴行は部屋の奥で実行し、その後、被害者と犯人が玄関前まで移動した所で殺害したと考えた方が良いのですが・・・
もう一つの問題は、服を脱がせた(脱いだ)タイミングと場所です。
凶器で脅して服従させているのなら、服を脱がせる事ができたでしょう。がしかし、服を脱がせぬまま、性的暴行を行った可能性もあります。

で、性的暴行が終わった後に被害者を殺害する事になるのですが・・・ここでも、問題なのが、犯人が被害者を殺害する理由が無い事です。

被害者に顔を見られていなければ、犯人は逮捕される可能性が低いので、被害者を拘束、猿ぐつわをして、逃亡する事ができます。まー罪の重さを考えれば、殺人をする理由がありません。

なので、この場合、流しが殺害したとすると、顔を見られた場合だと思いますが・・・しかし、殺害場所が問題ですね。
顔を見られたとしたら、性的暴行中でしょう。帰り際に玄関で顔を見せる犯人はいないと思います。
なので、殺害するとしたら、性的暴行の直後となり、遺体は部屋の奥で発見される事になると思う訳です。

この為、性的暴行目的の流しの犯行には少し違和感がありますね。

B-1)流しで死後に性的暴行があった場合。
普通はちょっと考えられないケースですが、光市母子殺害事件ではこのケースに該当します。
侵入後に脅そうと思ったら、騒がれた為に咄嗟に殺害してしまうが、その後、遺体に対して、性的暴行を行った場合になりますね。

この場合は、殺害方法の絞殺がちょっと違和感があるんですが、偶然、何かヒモ状の物を持ってたか、近くにあったヒモで絞殺してしまったんでしょうね。
この場合だと、玄関近くでの殺害は違和感が無いのですが・・・しかし、土足の足跡が無いのがやはり疑問として残ります。
性的暴行をする為に衣服を脱がした説明もできますし、絞殺した時に犯人の血液が衣服に付着してしまったので被害者の衣服を持ち去った事も説明できます。

ただ、この場合も遺体の発見された場所に違和感があります。
被害者は死亡しているので、騒がれる事がありません。なので、玄関前で敢えて、遺体に対して性的暴行をする理由が見つかりません。慌てていた?それにしては、ちゃんと衣服を脱がせてますし、それを持ち去る事も忘れてませんから、結構落ち着いていたと思います。

なので、この場合だと、遺体を部屋の奥に運んでから性的暴行を行ったと考えた方が自然に思えます。

その意味でこの場合も遺体の発見場所に違和感があります。

A-2)顔見知りで生前に性的暴行があった場合。
この場合、注意が必要なのが、顔見知りの場合、性的暴行では無く同意の上の行為だった可能性があることです。
同意の無い性的暴行だったとすると、被害者は犯人の身元を知っているので、警察に訴える!と被害者が開き直ると、犯人は逮捕されない為に被害者を殺害する可能性があります。

なので、性的暴行後に犯人が部屋を出ようとした時、玄関前で裸の被害者が警察に訴える!と話し、反射的に犯人がその場で絞殺したと言う流れですね。

この場合の問題は、被害者の衣服を持ち去る理由が無い事です。なので、性的暴行は衣服を着た状態で行われ、この時に犯人の体液が衣服に付着した場合か、殺害時に衣服を着ていて、殺害時に犯人の血液が衣服に付着した場合は、その後に服を脱がせて持ち去った説明ができますね。

A-2-1)顔見知りで生前に合意の上での行為があった場合。
上の場合の合意の上での性交渉の場合です。
これは、顔見知りなので当然、あり得る可能性です。
合意の上で性交渉があるので、基本的に良好な人間関係だったと思われます。
(例外としてはセクハラの結果、強要されたと言う可能性はあるかも)

行為の後にトラブルになる。
ここからの展開は色々考えられるんですが・・・
衣服の持ち去りが衣服のDNAを残さない為なら、被害者はこの時、服を着ていた事になり、ちょっと不自然。
この後、外に犯人を送るような場合の可能性はあるけど、時間が深夜なら、普通は玄関までしか送らないだろうね。

なので、衣服は変装の為になるのかな?

B-2)顔見知りで死後に性的暴行を行った場合。
これも、普通なら考えられないけど・・・つまりは、もともと肉体関係にない人間関係ならば、可能性はあるかな?と言うぐらい。
ストーカーも可能性の一つとして考えられますね。

この場合は侵入後にトラブルとなり、咄嗟に殺害、この時、顔見知りなので、靴を脱いで部屋に入る事に違和感が無い。
だけど、ストーカーになると、被害者が部屋に上げるとは思えないので、やはり、顔み知りの方が可能性が高いかな。

何らかのトラブルとなり、殺害、この時、被害者は衣服を着ていて、犯人の血液が付着してしまった為に、衣服を脱がせて回収。
しかし、玄関前で性的暴行となり、場所的な疑問が発生します。

なので、むしろ、性的暴行が無い場合の方が自然です。

こう考えると、土足の足跡が無い点は流しやストーカーで考えると、違和感があるんですよね。
ただし、これを解決する方法が一つあります。

それは、待ち伏せの場合ですね。
つまり、玄関から侵入して屋内で待ち伏せるなら、被害者に気付かれないように、靴を脱いで隠れているでしょう?
ただし、この場合、犯人は留守中の部屋に侵入している事になり、合い鍵を持っていた可能性が高いと言う事になります。

でも、流しで待ち伏せって事は、窃盗目的ではなく、性的暴行目的になりますよね。
なので、土足問題は解決できるけど、遺体の発見場所の問題が解決できない。

すると、待ち伏せなら、ストーカーの方が可能性が高いのかな?
土足問題も解決できるし、遺体の発見場所についても、A-2)と同じ理由で説明できる。
ただ、それなら、周囲にストーカーの事を話しているだろうし、スマホや手紙などでなんらかの通信記録が残りそうなんだけど・・・それに、ストーカーから3台目のスマホを預かる事はしないだろう、逆に通信が一切に無かったと言う可能性の方が高いかな。

一方で顔見知りならA-2)で説明できるね。
スマホ問題は前回の3台目説と貧乏説で説明できる。

ただ、事件全体の謎が多いので、決め手になる情報が欲しいですね。
その意味では、周辺での性的暴行目的の侵入事件は起きていないのか?その情報が知りたいですね。
(でも、DNAに逮捕歴は無いんでしょうね)

逮捕できる証拠がありながら、犯人にたどり着けないのは歯がゆいです。
でも、ここは地道な捜査が犯人逮捕に繋がるはずです。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その4(流れ)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その6(金銭トラブル)

| | コメント (10)

2015/09/03

大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その18 (教育)

さて、続報もなくなりましたので、今回はこの事件を防ぐ方法を考えます。
この事件に限らないけど、事件を防ぐ方法には大きく2種類の方法があります。
被害者側からのアプローチと犯人側からのアプローチです。
今回はまだ、動機が不明な事もあり、被害者側からのアプローチを考えます。

女子の身元発覚直後から、夜中に子供を外出させる事の是非について。色々と議論になっているようですね。
たしかに、そこは、保護者としてどうなのか?と言う話は出てきますよね。
そこについては、専門家に任せます。

私は、親の側にも問題があるけれど、子供側にも問題があると思うわけです。
それは、積極的な問題と言うよりは、無知の罪と言うべき物かと・・・

昔から言われている言葉にこんなのがありますよね。
「馬を水辺に連れて行くことはできる。だけど、水を飲ませる事はできない」
馬を水辺に連れて行いっても、水を飲むかどうかは馬自身が決める事なんですよね。

馬に例えてごめんなさい。
でも、これと同じで、子供達に「夜遊び禁止」といくら叫んでも、当の子供達が危険意識を持たないと、結局は抑止力にならないって事なんだと思うわけです。

では、どうすれば良いのか?
私も運転免許を持っていて、更新の度にあの、悲惨な交通事故のビデオを見せられるわけです。
そして、あーやっぱり、安全運転をしようと、少なくともその時は思います。
(安心してください。もちろん、安全運転を常に心がけてます)

それと同じ事を子供達に行うのが私の提案です。
学校の夏休み、冬休み等の長期休業の時の宿題に読書感想文と併せて「事件感想文」を子供達に書いてもらうと言うのはどうでしょう?

あまり、小さい子供にはどうかと思う面もありますが、実際、小学1年生が狙われると言う実態もあります。
とりあえず、同年代の子供が被害に遭った事件の記録を子供達に読んでもらい、その感想文を書いてもらうのです。
こんな事件が起きて、どうしたらこの事件を防ぐ事ができるのか、自分はどうしたら良いのか?そういった事を小さい頃から自分で考えられるようになって欲しいと思います。

さらに、事件にはいろんな事件がありますから、例えば「いじめ自殺」などの事件もとりあげて、いじめ問題への展開もできます。
女子中高生には児童虐待、嬰児遺棄事件などを考えてもらう事で、望まない妊娠や将来の児童虐待などの対策にもなるかもしれません。

もちろん、題材となる事件は学校側で選んで、表現なども年齢性別に会わせて調整するのが良いと思います。

是非、文部科学省や教育関係者には「事件感想文」の採用を検討してもらいたいと思います。

参考リンク
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その17(誤算)
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その19(快楽殺人?)

| | コメント (7)

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その4(流れ)

まずは続報です。
1)マンション近くの防犯カメラに8月25日午前0時半ごろ、被害者の姿が写っていた。
黒いリュックを背負い、歩道を左右に、やや揺れながら歩く女性。
これは、8月25日午前0時25分ごろ、駅から自宅方面に歩く、被害者とみられる女性を、防犯カメラがとらえた映像。
さらに映像で、女性は、手に持った何かを熱心に眺めている。
スマートフォンなのか、時折、指先で画面を触り、何か操作をしているように見える。
被害者の外部とのやり取りが、最後に確認されているのは、まさにこの時間帯だった。
防犯カメラの映像から、15分ほどたった午前0時40分ごろまで、被害者は、知人とLINEをやり取りしていたことがわかっている。

2)査関係者によると、被害者は24日午後11時ごろにアルバイトを終え、翌25日午前0時半ごろ、マンション近くを通る姿が防犯カメラに写っていた。帰宅途中とみられ、スマートフォンを操作しながら歩いていた。

3)被害者は午前0時40分ごろにスマートフォンで知人にメッセージを送信したことが分かっています。被害者がこのメッセージを送信した後、受信したメッセージを一切、見ていないことが分かりました。

4)警視庁のその後の調べで、被害者は、口の中から出血していて、顔にも、もみ合った際についたような痕があることが、新たにわかった。

5)被害者は、25日未明に帰宅する姿が防犯カメラに映っているが、その前に友人と会っていたこともわかった。

6)被害者の部屋からは、犯人が土足で上がり込んだり、窓から侵入したりしたような跡がないことがわかった。また、人をもてなしたような跡や荒らされた跡もなかったとの事。

7)被害者の口座からは不正に現金が引き出されたような記録は残っていないとの事。

時系列を更新
8/24(月)05:45  自宅近くの防犯カメラに被害者の映像が映っていた。
8/24(月)23:00頃 アルバイトを終了。
8/25(火)00:25の前 知人と会っていた
8/25(火)00:25頃 自宅近くの防犯カメラに被害者と思われる映像が映っていた。
8/25(火)00:41  LINEのメッセージを送信。以後のメッセージは未読
8/25(火)午前中  この日、昼前の所属劇団の稽古を無断欠席
8/25(火)23:00  居酒屋でアルバイトの予定
8/26(水)22:00頃 被害者の自宅で遺体発見

ちょっと、わかり難いけど、結局、00:41までは被害者は生存していた。00:41のLINEの送信は被害者自身による物と言う事で良いのかな?

だとすると、犯行時刻は00:42から昼前までの間と言う事になりそうですね。

前回の報道で、被害者が当日着ていた服が現場から見つからないとの情報がありました。
犯人が着て変装して逃げた。あるいは、犯人が持ち出したと言う事が考えられるのだけど・・・
ここに一つの盲点があるんですが、遺体が全裸で発見された為、入浴の前後と考えていたのですが、殺害後に犯人が脱がせた可能性もあるわけですよね。

そのあたりも考えつつ、事件の流れを考えます。
A)侵入・・・とりあえず、玄関侵入説を採用します。土足の足跡も無いから、犯人は靴を脱いで侵入している。
B)トラブルとなり、暴行、もみ合いとなる。
C)殺害・・・現場は玄関付近での絞殺。
D-1)遺体から服を脱がし、トートバックやリュックに被害者の衣服を入れて逃亡。
D-2)被害者は元々、裸だったが、被害者が脱いだ服をバックやリュックに入れて逃亡。
D-3)変装の為、犯人が被害者の服を着て、自分の服をバッグやリュックに入れて逃亡。
E)この時、ドアの鍵も持ち出し、外から施錠して逃亡。

こんな感じになると思う。
気になるのは時間帯です。
帰宅が0:30頃かな。0:41でLINEを送信、その後は未読なんだけど・・・
仕事を終えて着たくして、翌実も昼前には稽古がある。
被害者は25歳だけど、やはり6時間ぐらいは寝たいのではないかな?

そう考えると、帰宅後に入浴してから就寝すると言う流れが自然かと思うけど・・・
あるいは、就寝して朝、起きてからシャワーって可能性もあるかな。
でも、湯船に水が張られていたのなら、やはり、就寝前に入浴しようとしたのではないかな?
このあたりは、追い炊き機能の有無でちょっと変わりそう。

進入時の被害者の状態が入浴、就寝中の二通り考えられるかな。
遅い夕食と言うのは、女優さんとしては、体型を気にするところで無いと思うんだけど・・・

入浴中に侵入の場合、D-2)の流れが自然かもしれない。でも、そうすると、被害者の服に犯人のDNAが付着する機会が無いから、衣服を持ち去る理由が無いね。

就寝中の場合・・・ちょっとおかしい。外出着のまま寝るはずが無い。
もし、就寝中なら、服はパジャマとかになるはず。

と言う事は、被害者は帰宅後、外出着を着たままの状態だったと考えるしかなさそう。
女優さんと言う点もあるけど、普通の女性なら、同じ服は2日続けて着ないと思うんだけど・・・
そうすると、翌朝、起床後の犯行と言う可能性は低いように思う。

結論としては、帰宅直後の入浴や就寝する前に外出着を着ていたタイミングで事件に遭遇していると考えます。

しかし、そうすると、少し難しくなる・・・侵入方法が絞れない。
例えば、就寝中に施錠したドアから侵入なら、合い鍵かピッキングしか方法が無いのですが・・・
帰宅直後だと、犯人と同伴して帰宅した場合と、犯人が無理やり、帰宅した直後に侵入した場合の二つが考えら得る。

・・・そうか、土足の足跡が無いので、犯人が被害者が玄関に入った瞬間の隙をついて無理やり侵入したとすれば玄関入り口で土足で格闘したはずです。

そう考えると、侵入方法は犯人と同伴して帰宅した場合になりそう・・・
だけど、被害者が帰宅後に施錠して、LINEを読んだり送信している最中に合い鍵で侵入したとしても不自然では無いんだよね。

でも、いずれにせよ、結局、顔見知りになりそうなんだけど・・・
第三者が合い鍵を持っている可能性ってあるのかな?

可能性はあるんだけど・・・
あ)業務上必要な合い鍵・・・当然、あるはずだけど・・・それはかなり悪質な場合ですね。
い)前の住人・・・鍵を交換したか管理人さんに聞けば分かるよね。
う)ストーカー・・たしか、女性がバイト中に鍵を盗み出して、合い鍵を作って部屋に侵入した事件があったね。

ただね、知らない人が、夜、女性の部屋に入ってきたら、普通の女性なら悲鳴を上げると思う。

あとは、宅急便を装った場合。
でも、この場合も、玄関口でもみ合いになるから、靴を脱いでいる時間は無いよね。

やはり、顔見知り説が有力かと思うけど・・・
周辺関係者にDNAが一致する人間が居ないと言うのは、間違いでしょ?
一致しない人間としか照合していない、あるいは、サンプルを提供した人間としか照合していないと言うのがホントなんじゃない?

つまり、周囲のサンプルを提供していない人間か、未知の交友関係があると言う事なのではないかな?
しかし、スマホ2台が残っている事が気になるな・・・
犯人が意識して、スマホ2台を残したのだとしたら、そこには犯人の情報が無いと言う事になる。あるいは、警察が見ても怪しい情報が無いと言う事かな。

もし、顔見知りならスマホでの通話や通信があると考えるのが普通なんだけど・・・
可能性があるとしたら
ア)貧乏でスマホや携帯を持つ事ができない場合。
イ)実はスマホは犯人が契約したもう1台(合計3台)あった。

ア)は可能性はあるけど・・・現代だと、仕事や、その他の連絡に電話が無いのはかなりツライと思うけど・・・
その意味ではイ)の方が可能性高そうなんだけど・・・

ガールズトークで「彼氏が専用スマホを持たせてくれた」なんて話聞いてないかな?

流しの犯行にしては・・・やはり、不自然な事が多いと思うけど・・・

流しの場合だと、入浴中に施錠忘れの玄関から侵入、靴を脱いで被害者の脱いだ服をバックとリュックに詰めて逃亡しようとしたら、偶然、被害者と玄関前で鉢合わせ、慌てて、被害者の羽織っていたタオルで首を絞めて殺害、この時、もみ合いになり、被害者の打撲痕となった。

この場合、狙ったのは被害者の着ていた服?・・・そんな変わった趣味の窃盗犯がいてもおかしくないかな。

もしくはD-3)で衣服は変装の為に持ち出した場合かな。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇案員殺人事件その3(侵入方法)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その5(性的暴行)

| | コメント (7)

2015/09/02

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その3(侵入方法)

まずは、続報です。
1)遺体が発見される前日の25日に、被害者が日中に予定していた劇団の稽古に来なかったとの事。

2)被害者が後ろから首を絞められた可能性があるとの事。警視庁の調べで、被害者の衣服は、近くの洗濯かごにあり、首の回りには、左右だけでなく、前の方にも絞められたような痕が残っていたことから、被害者は入浴前後に何者かに後ろから、ひも状のもので首を絞められた可能性があるとの事。

3)現場は窓やドアなど、全てに鍵がかかっていた。

4)遺体から、男の唾液や皮膚が検出され、DNA鑑定の結果、女性の周辺にいる人物とは一致していないとの事。
遺体から男の唾液が、そして、爪からも皮膚の一部が検出されていたことが明らかになった。
DNA鑑定の結果、警視庁が、これまでに任意で話を聴いてきた、被害者周辺の人物のものとは一致していないという。

5)東京・中野区のマンションで25歳の女性が殺害された事件で、女性は首の前方を強い力で押さえつけられるようにして殺害されたとみられることがわかった。

被害者の首には、前方部分にだけアザがあったということで、加賀谷さんは首の前方をひものようなもので強く押さえつけられるようにして殺害されたとみられることがわかった。

6)警視庁は、被害者が何者かに襲われた際に転倒し、床に頭を打った可能性があるとみて詳しく調べています。

7)被害者は玄関付近で全裸の状態で仰向けに倒れていましたが、部屋に遺体を引きずった跡がないことから、警視庁は、被害者が玄関付近で襲われた可能性が高いとみているとの事。

8)事件前、女性が着ていたとみられる服が自宅からなくなっていることがわかった。
被害者が殺害される前に着ていたとみられる服が、自宅から見つかっていないことがわかった。
遺体で発見される前日の25日未明には、この服を着た被害者の姿が自宅近くの防犯カメラに映っていたという。

9)被害者の後頭部や手足に打撲の痕があったことが分かった。
何者かに押し倒されるなどしてできた可能性がある。
後頭部や手足に複数の打撲痕があったことも新たに分かった。

当時、浴室のバスタブに水が残っており、被害者は風呂に入る前後に、マンションを訪れた犯人に襲われた可能性がある。衣服を無理に脱がされたような形跡はなく、捜査本部は当初、知り合いが関与した疑いが強いとみていた。

だが、被害者の爪の中の微物から検出された犯人のものとみられる男のDNA型は、捜査本部が接触したどの知人らとも合致しなかった。被害者は、遺体発見前日の25日昼前の所属劇団の稽古を無断欠席しており、同日朝までに殺害されたとみられるが、捜査関係者によると、いずれの関係者にもアリバイがあったとの事。

遺体から爪の微物と同一人物のものとみられる男の唾液も検出された。
捜査本部は強盗殺人容疑なども視野に入れる一方、引き出しが開けられるなど室内に荒らされた形跡はなく、窃盗が目的だった可能性は低いとみている。ベランダ窓などにこじ開けられたような形跡もなかったとの事。

こんなところですね。
時系列を更新
8/24(月)05:45  自宅近くの防犯カメラに被害者の映像が映っていた。
8/25(火)00:41  LINEのメッセージが既読になっていた。以後のメッセージは未読
8/25(火)午前中  この日、昼前の所属劇団の稽古を無断欠席
8/25(火)23:00  居酒屋でアルバイトの予定
8/26(水)22:00頃 被害者の自宅で遺体発見

さてと、個別にみましょう。
1)とりあえず、時系列情報の隙間が埋められましたね。犯行時刻が狭まりました。
2)後ろから首をヒモのような物で締められた・・・強盗なら刃物ぐらい用意しているでしょうね。
3)窓やドアは全て施錠、こじ開けられた形跡もない・・・この場合、可能性は狭まりますね。
4)唾液や皮膚、爪の間からも微物が出ている。
ここはちょっと、注意が必要かな。唾液は単純に犯人の口から「つば」が飛んで付着した可能性もあるし、皮膚は接触すれば皮膚も付着するでしょうね。
問題は、爪の間の微物、多分、皮膚片になると思うけど、絞殺など密着した殺害方法では、被害者が抵抗して相手の手をかきむしる事がありますね。

しかし・・・犯人は手袋をしてなかったのか?
まーひっかくのは手とは限らない、すぐ後ろにいるわけだから、手を伸ばせば、相手の顔や首にも手が届くでしょうね。

5)これも、後ろから締められた事を指す情報なのかな?
6)頭に打撲痕ができる理由ですね。私としては、首を絞めて絶命した後、手を離すと自然に被害者はその場に倒れる事になるので、この時に出来た打撲痕である可能性もあると思います。ただ、打撲痕ができた時期は特定できなさそうなので、殺害前に暴行があった可能性がありますね。

7)これは、そのまま、なんですが・・・どうして全裸で玄関付近にいるのか?の説明ができないと思うけど・・・入浴の前後だったとしても、誰かが居れば、多少は隠すと思うけど・・・隠さない間柄だったのかもしれませんが・・・

8)被害者の服が現場から消えていると・・・昔、そういう事件もありましたね。

9)窃盗の可能性が低い?
ここは、なんとも言えない感じですね。確かに、入浴の前後なら、部屋の明かりは点けてていたと思うので、忍び込みでなければ、窃盗の線は薄いかもしれません。
忍び込みなら、家人に発見された時に備えて、脅す為の凶器を準備していそうです。

同じ理由で強盗の線も薄そうです。

ただ、偏った見方になるけど、侵入したところで、被害者に気付かれて、叫ばれる前に咄嗟に首を絞めてしまったと言う可能性もあるかな?と思ってはいます。
でも、咄嗟なら、ヒモではなく、素手で締めちゃうのが普通なんですよね。
可能性を考えるなら、顔に掛けてあったタオルで絞殺したのであれば、この説も有りかと思います。

しかし、何で締めたのか?については報道されてませんね。

だけど、もう1点、現場に土足の足跡があったとの報道がありません。
これは、犯人が拭き取ったのか?そんな面倒な事はしないと思うので、最初から犯人は靴を脱いで侵入していると思います。
その意味では、流しの窃盗、強盗と言う線は薄いと言うのも頷けますね。

さて、では、本題に入りましょう。
今回は進入方法についてです。

今回の報道でもいつか進入方法に関係する情報が出ていますね。
まずは、順番に考えます。

A)進入可能な場所(方法)は2つでしょう。
 あ)玄関ドア
 い)バルコニー側の窓
いづれもこじ開けられた形跡は無い。

B)進入方法としては
 あ-1)無施錠の玄関ドアから侵入
 あ-1-1)施錠忘れ
        可能性はアルかもしれないけど、常識的に考えると、ちょっと考えにくいと思う
 あ-1-2)帰宅時に一緒に侵入
 あ-1-2-1)帰宅時に招き入れられられる
        つまりは顔見知りですね。
 あ-1-2-2)帰宅時の隙をついて侵入
        ストーカー、強盗などが考えられます。しかし、犯行までの時間が長すぎるよね。
        ただ、部屋から出入りしたのが、24日の朝が最後とは限らないんだよね。
 あ-1-2-3)宅急便などの届け物を装ってドアを開けさせて侵入
        でも、宅急便に裸で出る人いないよね。

 あ-2)施錠中の玄関ドアから侵入
 あ-2-1)ピッキングで鍵を開けて進入
      可能性はあると思うけど、こじ開けた痕跡が無いとの報道があるので、微妙かと思います。
 あ-2-2)合い鍵を使って進入
      普通に考えれば、これですよね。

 い-1)無施錠のバルコニー窓から侵入
      可能性はあると思うけど、この建物のバルコニーは通りに面していて、脚立やハシゴを掛けて登るってのは難しいと思います。

 い-2)施錠中のバルコニー窓から侵入
      こじ開けた形跡が無いとの情報から、基本的にあり得ないですね。

こう見ると、バルコニー側から侵入の可能性はほぼゼロと考えて良いのかな?と思います。

すると、残りは玄関ドアになるんだけど・・・

可能性として高そうなのは
 あ-1)無施錠の玄関ドアから侵入
 あ-1-1)施錠忘れ
        可能性はアルかもしれないけど、常識的に考えると、ちょっと考えにくいと思う
 あ-1-2)帰宅時に一緒に侵入
 あ-1-2-1)帰宅時に招き入れられられる
        つまりは顔見知りですね。
 あ-1-2-2)帰宅時の隙をついて侵入
        ストーカー、強盗などが考えられます。しかし、犯行までの時間が長すぎるよね。
        ただ、被害者が部屋から出入りしたのが、24日の朝が最後とは限らないんだよね。
 あ-2-2)合い鍵を使って進入
      普通に考えれば、これですよね。

この4通りの方法かな。

他に参考になる情報としては、凶器がヒモで絞殺、ストーカーなどなら、もうちょっと脅迫に使える、刃物とか用意してそうですよね。

それから、手足や頭の打撲痕・・・普通に殺害前に暴行された可能性があるんですけど・・・
強盗などでは、犯人が被害者に暴行して、暗唱番号を聞き出すなんて事はあるんですが、今回、犯人がカードを使ったとの報道がありませんね。なので、暴行したとしても、それは、暗唱番号を聞き出す為では無かったのかな。

それに、この暴行の段階で、被害者が悲鳴を上げたりしてないんですよね。
強盗で、「騒いだら刺す」と凶器脅されたのなら、悲鳴を上げない説明ができるけど、それなら、暴行する理由も無くなります。

なので、被害者が犯人に暴行されながら、悲鳴を上げなかった理由が分かりません。
たしか、数日前に下の部屋の住民が「ドスドス」の音やうめき声を聞いたと証言しています。

なので、悲鳴があれば、当然、この時、聞いているはずなんですよね。
悲鳴を上げる前に意識不明になった?・・・あり得ない、被害者の爪の微物は首を絞められた時の物でしょう。

ここは素直に、被害者は警察沙汰にできない理由があったのではないかな?

最後に、今回の報道で、被害者の服が現場から消えていると言う事なんですが・・・
2007年の川口女性殺人事件で、犯人が被害者女性の服を着て変装し、近くのATMでお金を引き出そうとした事件がありました。

今回も犯人が被害者の服を着て、女装して逃亡した可能性がありますよね。
そう考えると、犯人は着ていた衣服を被害者のトートバックやリュックいれて持ち去ったと説明できます。

もし、そうなら、犯人の体型は被害者女性とそれほど、変わらないと言う事になるかと思います。
逆に、被害者の服装の映像を防犯カメラから探せば、犯人の映像が出てくるかもしれませんね。

現場のマンションには防犯カメラが無いので、マンションの防犯カメラを意識した物では無いでしょう・・・
しかし、逆に、犯人はその姿でどうやって逃亡したのか?
現場付近に不審な車と言う証言も出てなさそうですが・・・徒歩?自転車?タクシー?
タクシーだと、女装しても、声で分かりますから、徒歩や自転車、スクーターや車で逃走?なのかな?

近くに駐めた車なら、乗り込むまでが違和感あるけど、乗ってしまえば、外から社内の服までよく見えませんからね。

逆に、被害者の服をそのまま、持ち去った場合もあるけど、その場合は服に犯人の証拠が残っている場合かな?

いずれにせよ、犯人の物と思われるDNAが出ているので、あとは、一致する人物を捜すだけ・・・犯人にとってはかなり不利な状況ですね。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その2(続報)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その4(流れ)

| | コメント (7)

大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その17(誤算)

まずは続報です。
死体遺棄容疑で逮捕された容疑者(45)が、今月21日に男子の遺体遺棄現場に立ち寄る前、7時間以上にわたって大阪・キタの繁華街の堂山町(大阪市北区)に滞在していたことが分かった。

容疑者は20日、知人らに連絡せずに勤務先の福島から大阪に帰省。男子の遺体のポケットから第三者の体液が見つかったことがすでに判明しているが、容疑者が堂山町に滞在中に、何らかの方法で体液を入手した可能性も浮上しているとの事。

大阪府警高槻署捜査本部は、容疑者が男子の遺体に隠蔽・偽装工作をした疑いがあるとみているとの事。

府警の捜査員は21日午前1時15分ごろ、堂山町の駐車場で容疑者の軽ワゴン車を発見し、追跡。付近に設置された防犯カメラでは、午前1時22分に容疑者とみられる男が傘を差して歩く姿も写っていた。

さらに、約7時間半後の午前8時57分には、同じ場所を写した別の防犯カメラに容疑者とみられる男が記録されていたとの事。

容疑者はこの後、柏原市に向かい、21日午前中に男子の遺体が見つかった同市の竹林に立ち寄ったことが分かっている。

容疑者は盆休み中の11日に実家のある寝屋川市に戻り、事件翌日の14日、除染作業員の宿舎がある福島県二本松市に向かって大阪を出発。19日まで除染作業に従事した後、20日ごろに福島を離れ、21日未明には堂山町を訪れていた。

容疑者はこれまで福島から大阪に戻る際、知人らに帰省を伝えていたが、21日未明に大阪に戻った際は、府警の捜査でも事前に帰阪を知らされていた知人は確認されなかったとの事。

では時系列を更新(報道情報を青字で追記します)
2002年3月8日 22:30頃 男子高校生と無職少年(17)を車で監禁する。
2002年3月31日 未明   男子中学生(14)を車に監禁、手錠と粘着テープで縛り、ナイフで脅して現金を奪う。
その後   容疑者が逮捕、収監される。
2014年10月 刑務所を出る。
2014年11月頃 福島で除染作業の仕事を始める
2015年
6月27日(土)宿舎のトラブルで職場に退職願いを提出
(女性を宿舎に連れ込んだのが問題となったらしい)
7月02日 今回の犯行に使った車を購入とFBに記載
7月03日から
7月15日まで 大阪に帰省
7月24日 「今日から現場復帰!!」と投稿。
8月11日(火)
18:29  FBに自宅の最寄り駅の京阪電鉄・香里園(こうりえん)駅の写真を投稿し帰ってきたと記載。
8月12日(水)
18:00頃 遺体女子の大阪府寝屋川市の自宅での最後の目撃情報
     この後、家を出る時に簡易テントを持ち出す。(自転車で外出)
21:00頃 不明男子が遺体女子と遊ぶと自宅を出る。(自転車で外出)
8月13日(木)
01:00過 2人の映像が寝屋川市駅近くの商店街の防犯カメラの映像に映っていた。
01:20頃 遺体女子がLINEで友人と通信、野宿すると回答
03:00過 遺体女子からLINEで友人におやすみの通信
05:00過 不明男子は京阪寝屋川市駅の近くの防犯カメラに映っていた。最後の映像
05:11  容疑者の車が寝屋川市駅の近くの防犯カメラに映っていた
05:17  容疑者の車が寝屋川市駅の近くの防犯カメラに映っていた
05:20頃 商店街を通った別の60代女性は「子供は見なかった」と証言した。
06:11  友人からのLINEでの通信に対して遺体女子から返信
06:47頃 遺体女子が友人にLINEで京都へ行く寝屋川へは戻らないと連絡。直後に電話するが出ず。これが最後のLINE通信
     「ごめん、子供出来た」の通信もこの時にあった。
11:25頃 堺市堺区の大阪刑務所で知人に面会
12:39  柏原市内のコンビニで容疑者が粘着テープ2個を購入。男子の遺体発見現場から1.5キロの場所。
12:45頃 男子の遺体遺棄現場方向に向かう軽ワゴン車が防犯カメラに写る。
     男子の死亡は13日頃と推定される。
15:00頃 2人の自転車が京阪寝屋川市駅前の有料駐輪場に止められた
     この時の映像が防犯カメラに映っていた。
19:00頃 遺体女子の死亡推定時刻(死因は窒息死)
20:30頃 別のトラックの運転手が駐車場に入るが、不審な人物や車は見かけなかった。
22:25頃 大阪府枚方市内のGSで1人で手袋をして給油する姿が店の防犯カメラに映る。その後、高槻市方面に向かう。(この時の服装が12:39の服装と違う)
22:34頃 遺棄現場付近で1台の不審車が停車、直後にライトを消したまま、駐車場を出る。
22:40頃 2度目の不審車が前回停車した場所に再度停車してライトを消す。
23:11頃 不審車はライトを点灯して出口方向へ移動。
同じ頃  現場近くの国道170号沿いのコンビニの防犯カメラに容疑者の車が映る。
23:25  寝屋川市香里新町にある容疑者の自宅マンション。エレベーターに1人で乗り込む姿が映る。
23:35頃 仕事を終えて戻った運転手が駐車場のフェンス際で遺体を発見。
8月14日(金)
遺体発見報道がされる。(報道)
11:40頃 FBに「早ければ今夜にでも大阪出発するので最後の大阪を満喫!!」と記載。
午後 遺体女子の友人が遺体女子のスマフォに電話するが、通じない。
夜  2人の母親が捜索願いを出す。
8月15日(土)
遺体の状態、年齢が8歳から15歳の報道がされる。(報道)
FBに大阪から千葉に向かったとの記載。
正午前 FBに幕張のカレー屋に立ち寄ったと記載。
正午頃 男子生徒の自転車が京阪寝屋川市駅(寝屋川市早子町)で発見。
8月16日(日)
遺体発見現場の防犯カメラの映像、複数の傷から複数犯の可能性が報道される。(報道)
8月17日(月)
遺棄現場への2台の車の映像、死因は窒息死の報道がされる。(報道)
8月18日(火)、
捜索願の女子と特徴が一致するとの報道される。(報道)
8月19日(水)
遺体の女子と行動をともにしていたと思われる男子が行方不明、寝屋川駅の防犯カメラの映像、自転車が15時頃に駐輪された、LINEの内容の報道される。(報道)
8月17日から19日 福島県で除染作業をする。
8月20日(木)
女子の遺体現場の車は1台だった、LINEに偽装の疑い、自転車を駐輪する時の防犯カメラ映像、女子の遺体から指紋が出ていない。防犯カメラの映像から、車はワンボックスカーの報道がされる。(報道)

8月20日頃 福島を離れたと見られる。
8月21日(金)
01:15頃 堂山町の駐車場で容疑者の軽ワゴン車を発見、追跡
01:22頃 堂山町で容疑者が傘を差して歩く姿が防犯カメラに映る。
08:27頃 同じ場所で別の防犯カメラに容疑者の姿が映る。
昼頃   同級生の男子(12)の遺体が発見された竹林に、何も持たない状態で立ち入っていた。1、2分の滞在だった。

19:36  大阪府柏原市内の竹林で不明男子を遺体で発見。
20:22  45歳男性容疑者を遺体遺棄の容疑で逮捕。
22:00頃 寝屋川市香里新町のマンションの最上階の容疑者自宅を家宅捜索。

とこんな感じですね。
これで、事件の流れと報道の流れをリンクして考えてみるのですが、
この容疑者は前科も多数あり、幾つもの偽装をしているようで犯罪慣れしている印象です。

なので、多少の事では動じない(その為の偽装はしているから)のでしょうが、少し誤算はあったのだろうと思います。
その誤算とは、防犯カメラではないかと思いますね。
多分、安全だと思って女子を遺棄した、現場には直接の防犯カメラは無かったが、近くの防犯カメラに遺棄の時間帯の映像があり、遺棄の時間が特定されてしまった事。

そして、防犯カメラ自体の報道に驚いたのではないか?と思います。
容疑者は前科があり、10年ぶりに刑務所を出所したのは、昨年10月です。
こんなに、世の中のあちこちに防犯カメラがあるとは思わなかったのではないでしょうか?

19日には女子の身元が判明、さらに同伴していた男子が行方不明、そして、寝屋川駅近くの防犯カメラの映像、自転車の駐輪時の映像などから、自分も防犯カメラに映っている事をこの頃には自覚して不安になっていただろうと思います。

さらに、ダメ押しで20日の車がワンボックスカーとの報道で、もはや犯人特定は時間の問題と考えたのではないかな?

ここで、逮捕後のシナリオを考えたのだと思います。
この段階で偽装できるのは、発見されていない男子の遺体だけでしょう。
防犯カメラなどはタイムマシンでもなければ、過去に遡って偽装する事はできません。

それで、第三者の犯行を示す物証を男子の遺体に工作する事にしたのでしょうが・・・
指紋はちょっと、無理でしょうし、毛髪ではちょっと、犯行に直接関係するか怪しいとなり、多分、容疑者自身も自覚があって、偽装工作に使用済みの避妊具と体液を選んだんでしょうね。

それで、入手できる場所を探して、7時間もうろうろしてしまったのかな?
福島からの移動に9時間かかり、その後、7時間の探索、この7時間には仮眠も含まれているかもしれませんが・・・
しかし、そのおかげで、容疑者の車を捜査員が発見する事ができた。
逮捕されない為の偽装工作のはずが、その偽装工作のおかげで逮捕できたのは皮肉な事ですね。

とは言え、子供二人を強盗殺人なら、死刑は当確ですから、一か八か賭けるしかなかったのかもしれませんね。

参考リンク
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その16(続報2)
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その18(教育)

| | コメント (3)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »