« 埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件 | トップページ | 埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件その2(続報) »

2015/09/18

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その9(殺害方法)

今回は殺害方法について考えます。
殺害場所は既に報道されている、「遺体を移動した形跡がない」を信じるなら、玄関先で殺害された事になります。

他の情報としては
・手足に打撲痕があった。
・爪に皮膚片があった。
・後頭部に打撲痕があった。
・首の前面に直径1から2センチほどヒモで絞められたような痕があった。

死因は窒息死なので、首を絞められた事による窒息死と考えて良いでしょう。

首を絞めて絞殺した場合、二つの方法が考えられます。
A)立った状態で後ろからヒモを首の前面に押しあてて窒息させた。
B)仰向けに寝た状態でヒモを首の前面に押し当てて窒息させた。

A)の立った状態と言うのはちょっと、難しいですよね。
理由は簡単で被害者の首が固定されていない為、力を入れる事が出来ません。後ろからなら、吊り上げるような形になり、絞めた痕は上方向に向かうはずです。
なので、A)だとすると、もう一つ条件が付いて、被害者よりも犯人の身長が高く、被害者の頭が犯人の胸ぐらいならば、犯人の体で被害者の体を押さえつける形で、絞める事ができる。
ただし、この場合、被害者の後頭部の打撲痕を説明する事ができない。
なぜなら、被害者の後ろに犯人が立っている為、被害者は前方に前向きのまま倒れる事になり、後頭部に打撲痕はできないからですね。

B)の場合は被害者を床に転倒させた時に後頭部の打撲痕が付いた事が説明できる。仰向けに倒れた被害者に馬乗りになり首を絞めた。
ただ、この場合は被害者に抵抗される為に、両手で短く持ったヒモを首の前面に押し当てて窒息させたと言うあたりでしょうね。

・手足の打撲痕については、Aは説明が難しいです。
被害者の後ろから絞めるには、油断した被害者の不意をついてと言う事になる為、被害者が抵抗するタイミングがありません。

一方のBでは床に倒れた後に抵抗する事になるので、そのタイミングで打撲したと説明できます。

・爪の皮膚片ですがこれは、A,Bどちらも密着している為、どちらもでも犯人の体に被害者の手が届きますから、どちらでも可能性はありますね。

すると、Bの方が全体を説明できるわけで、Bの場合だと・・・
被害者は犯人に玄関前で倒されたと言う事になります。

犯人が玄関から入って、玄関で被害者を暴行殺害したのであれば、犯人は靴をはいていたのか?
顔見知りなら靴を脱ぐ事も可能ですね。面識の無い流しなら、玄関で被害者と対峙した時に不審に思われる前に行動を起こす必要がある為、靴を脱ぐ時間は無いと思います。

足跡は後から消せるので、足跡の有無だけでは判断できない部分ではありますね。

だけど、もし、玄関進入の流しの犯行なら慌てて暴行する事になる為、玄関を荒らす事になると思います。
つまり、玄関の靴の状態は遺体発見時どうだったのか?と言う情報が知りたいです。
被害者の靴は乱れていなかったのかな?

他の可能性としては、被害者と犯人が部屋の奥から玄関前に移動してからそこで、暴行殺害した場合ですね。
こちらの場合、犯人は玄関から進入していない為、玄関が荒らされません。顔見知りの場合も、一旦、靴を脱いで部屋へ上がるでしょうし、流しの場合はベランダ側からの進入か、あらかじめ部屋に侵入しての待ち伏せになるでしょう。

この場合は、被害者が顔見知りの犯人とトラブルになって、玄関に逃げようとしたタイミングで暴行殺人となったと考えられますね。
流しの場合も同様に、流しの犯人に気づいて逃げようとしたところを玄関前で犯人に捕まったと言うところでしょう。

なので、顔見知りでも、流しでも犯行は不自然では無いんですよね。
ただ、一つ、首を絞めたヒモはどうなのか?と言うのが残る疑問です。

顔見知りとトラブルとなった時、ヒモで暴行しようと思う人間は居ないと思います。なので、最初からヒモで首を絞める事を想定した場合だと思います。
流しの場合も、ヒモでは脅しにならないと思うんですよね。
なので、流しだとしたら、咄嗟にその場にあったヒモを使ったと考えて良いと思います。

顔見知りのパターンとしては、計画的に絞殺する為にヒモを用意した場合か、現場のヒモを使って絞殺しようと計画した場合。
ただ、この場合だと、計画的なので、被害者を油断させて後ろからと言うのが可能性が高いと思います。

ただ、口論でカッとなって、咄嗟に近くにあったヒモで絞殺・・・って流れもありそうだけど、その場合、先に手が出そうな気がしますね。
殴る蹴るの暴行の後に絞殺になるんじゃないかな?

と考えると、顔見知りと言うのはちょっと可能性低いかな?と思いますね。

一方の流しだと、咄嗟にその場にあったヒモを使ったと考えるのですが・・・その場合、幾つか条件がつきそうです。

凶器のヒモが何なのか?と言うのも重要です。
例えば、被害者のリュックやトートバックの一部を使ったとすると、玄関から被害者が帰宅した直後の犯行と考えたいところですが・・・

それだと、矛盾が一つでます。現場にスマホが2台残されていた事です。
普通に考えれば、スマホは被害者が持ち歩いていたと思うわけで、リュックかトートバッグに入れていたでしょう?
もし、帰宅直後にスマホがリュックやバッグに入った状態で殺害されたのなら、スマホはリュックとバッグと一緒に持ち出されて、現場には残らない事になります。

と考えると。犯行は被害者が帰宅後にリュックやバックからスマホを取り出した後と考えた方が説明できますね。

この場合、スマホを玄関で出すとは思えないので、被害者は一度、部屋の奥に入って、リュックとトートバッグを置いて、スマホを取り出した後の犯行と言う事になると思います。

すると、被害者はリュックやトートバッグを普段どこに置いていたのか?が問題になります。
スマホが部屋の奥にあるなら、たぶん、リュックやバッグも部屋の奥に置くと思うのですが・・・

ただ、そうなると、玄関に逃げる被害者を犯人が追いかけた時に、そのリュックやトートバッグを持って追いかけた事になり、ちょっと不自然に思えます。

なので、首を絞めたヒモは被害者のリュックやトートバッグでは無い可能性も視野に入れる必要があると思います。

最後に一つだけ、結論的な事としては、事件は被害者が帰宅直後の「リュックを背負ったり、バッグを持ったりしている状態では起きてない」と言う事は言えると思います。
スマホを手に持って置いた直後だとしても、両手にスマホは持たないでしょうから。1台はリュックかバッグに入っていた事になりますよね。

整理すると
1)被害者が帰宅直後のリュックやバッグを持った状態で暴行殺害されてはいないと思われる。

2)1)を考えると、流しが被害者の帰宅直後に玄関から侵入して暴行殺害した可能性は低そう。

3)殺害方法を考えると、顔見知りの可能性は低そう。(もう少し考えた方が良いかも)

4)凶器は被害者のリュックやバッグでは無い可能性もある。犯人の持ち物である可能性有り。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その8(計画殺人)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その10(着衣)

|

« 埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件 | トップページ | 埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件その2(続報) »

コメント

被害者は、歩きスマホをする子だよ。
公開された防犯カメラ画像もあるね。

室内に犯人の靴跡なし。
靴を脱ぐ余裕のある侵入なんだよ。入浴時だろうな。
入浴のタイミングを狙える犯人像ってことだ。

遺体を動かした形跡なし。
つまり、風呂上りを待ち伏せされたのさ。わかるかい?

投稿: ratcather5036 | 2015/09/18 22:06

スマホを持ち去らない事はこの中野区劇団員殺害と朝霞の男性殺害の共通手口のひとつなんですよ。

熊谷のペルー人は始めの夫婦殺害後スマホを盗んでましたから。

投稿: ぶりぶり | 2015/09/19 00:23

首の前側に直径2センチ程度の紐で絞められたような痕ですか…
当初は首の前側にアザが残ってたの報道でしたね。

ロープ等紐状のような物で後ろから首を絞めた場合は首全体(主に前とリンパ側)に紫痕が残り、よほど男性のような喉仏が出てない限り絞殺による痕とは判断されないでしょう。
やはり声を出させない為ののど責めを先に施してるハズ。

投稿: ぶりぶり | 2015/09/19 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件 | トップページ | 埼玉県熊谷市ペルー人連続殺人事件その2(続報) »