« 東京都日野市三沢小4男児自殺事件? | トップページ | 兵庫県姫路市広畑区東新町偽計業務妨害事件 »

2015/10/27

神奈川県相模原市緑区墓地女性遺体遺棄事件

2015年6月24日、神奈川県相模原市緑区の墓地で2年ほど前から行方不明だった接客業のA部さん(当時25)が遺体で見つかる事件が起きていた。

翌日、死体遺棄の容疑で逮捕されたのは、元恋人のS藤容疑者(29)と、S藤容疑者と交際していたA山容疑者(23)だった。

「2年ほど前から、当時7歳の長男とA部さんの行方がわからず、昨年12月に親族から捜索願が出され、捜査が始まった。交友関係から2人が浮上し、6月になってA山容疑者に任意で事情聴取して、事件が発覚した」との事。

逮捕前日、土の中からブルーシートにくるまれた遺体の頭部が発見され、司法解剖でA部さんと判明した。

「2人を任意で事情聴取していたなかで、A山容疑者から埋めた話が出てきた。A山容疑者は容疑に無言でうなずき、S藤容疑者も“間違いありません”と認めている」との事。

なお、A部さんには当時7歳の長男がいましたが、未だに行方が分かっておらず、警視庁は墓地周辺に埋められている可能性があるとみて、引き続き現場周辺を捜索しているとの事。

S藤容疑者は、渋谷区の3階建ての豪邸に住み、母親が元文化放送のアナウンサーで、父親は有名企業に勤務していた。

A山容疑者の実家は、静岡県富士市でお茶や花を生産する裕福な農家だ。地元の高校を卒業して上京し、白百合女子大に進学。昨年4月に帰郷し、実家の農作業を手伝っていた。

犯行当時は、大学4年生。そのころA山容疑者が住んでいたマンションで異臭騒ぎが起こり、警察も出動していた。

卒業後のA山容疑者のツイッターには、

「私事ですが両家で顔合わせをし、12月28日に今お付き合いしている彼と婚約しました」と、順風満帆な様子が書き込まれている。

捜査関係者によると、S藤容疑者は容疑を認めたものの「(A部さんは)気づいたら死んでいた」、A山容疑者は「(運んだものが)遺体だと知らなかった」と供述しているとの事。A部さんの息子の安否はいまだ不明。

当初の発表では「遺体の頭部を発見」とされていたことから、遺体がバラバラに切断されていた可能性もありますが、遺体の状況などについても今のところ詳細は不明。

A山容疑者は当初「遺体だとは知らなかった。犬が死んだから埋めるのを手伝ってくれと言われた」などと供述していましたが、その後2人が「犬を埋めたことにする」などと口裏合わせをしていたことが分かっています。

また当時世田谷区に住んでいたA山容疑者の自宅に遺体を置いていた疑いもあり、A部さんの死亡などについてA山容疑者がどの程度関与しているかということも不明。

A部さんの死因は不詳だが、首を絞められるなどした窒息死の可能性があるとの事。

S藤容疑者は、A部さんの死亡の経緯については、「気づいたら死んでいた」と供述している。

A部さんが失踪前、知人らに長男を「知人に預けた」と話していたという情報もあり、確認を進めている。

死体遺棄での逮捕容疑について、S藤容疑者は「間違いない」と認めたあと、黙秘に転じた。A山容疑者は「(S藤容疑者から)犬だといわれていた。人の死体とは思わなかった」などと否認している。

捜査関係者によると、S藤容疑者らは、A山容疑者が当時、住んでいた世田谷区のマンションにA部さんの遺体を1カ月以上、放置していたとみられる。A山容疑者はこの時期、ひんぱんに富士市の実家に戻っていたうえ、遺体を運び出した直後に賃貸契約が解除されていることなどから、捜査1課は実質的に一時保管所として利用していたとみている。

捜査関係者などによると、S藤容疑者は東京都渋谷区の高級住宅街にある3階建ての住宅で、両親と弟と4人暮らし。

S藤容疑者は逮捕当時、自宅から近いコーヒー店でアルバイト店員として働いていた。関係者によると、従業員らに対し、実際には卒業していない名門私立大学の卒業生を名乗っていたという。

また、S藤容疑者はフジテレビ勤務や慶応大学卒業など嘘の経歴を話していたとの情報もある。

一方、A山容疑者は犯行当時、アナウンサーなどマスコミ関係に人材を輩出する白百合女子大の学生だった。A山容疑者もマスコミに関心があったのか、映像番組制作やアナウンス練習を行う「放送研究会」サークルに所属していた。

地元の住民によると、A山容疑者の静岡県富士市にある実家は祖父の代から始めた茶と花の生産が軌道に乗り、地域でも指折りの豪農として知られていた。年の近い妹と2人姉妹。26年に実家へ戻り、後を継ぐことになっていた。「中学校時代の同級生と結婚する」。同年末、A山容疑者は知人にそう打ち明けていたという。

初公判で
S藤被告は容疑を「間違い有りません」と認めた。
一方のA山被告は「私は人だと思って埋めてないですし、共謀もしていません」と無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で、2人が遺体を一時A山被告が借りていた都内のマンション内に隠し、おととしの7月に墓地の空き地にレンタカーで遺体を運び埋めたと主張しています。
遺棄した場所についても、S藤被告が行きする場所を決め、A山被告に穴を掘るように指示したと指摘しているとの事。

時系列
2006年04月   A部さん(18)が長男を出産、1年足らずで離婚、風俗で働く。

2007年09月   A部さんの長男が実家の両親の目撃を最後に行方不明となる。当時1歳5ヶ月。A部さんが長男とともに都内の祖父母宅に一時、身を寄せていた。この頃、A部さんはS藤容疑者と交際を始めたとみられる。

2010年10月   A部さん母子が新宿区に転居。

2012年04月   A部さん母子は小学校の入学式に出席せず。その後、児相が接触を試みるも接触できなかった。

2012年12月   A部さんが母親に「お金を貸してほしい」と連絡、何らかの原因で金銭に困窮していた可能性が高い。

2013年03月   A部さんが歯科医に通院する記録を最後に行方不明となる。

2013年07月19日頃 A山容疑者名義の世田谷区のマンションから、S藤容疑者が交際していたA部さん(当時25)の遺体を運び出した容疑がもたれている。

2014年12月   青梅市に住むA部さんの父親が警視庁に母子が行方不明と相談。

2014年04月   A山容疑者が帰郷

2015年06月24日 A部さんの遺体が神奈川県相模原市緑区の墓地で発見。

2015年06月25日 元恋人のS藤容疑者(29)と、S藤容疑者と交際していたA山容疑者(23)が逮捕。

2015年10月16日 遺体遺棄容疑で初公判

A山被告については、遺体の事を知っていたのか?がポイントになりそうです。
知らずに協力していた、ただの世間知らずのお嬢様と言う可能性も今の所、否定できませんね。

いずれにせよ、不明の男児の行方が気になります。

|

« 東京都日野市三沢小4男児自殺事件? | トップページ | 兵庫県姫路市広畑区東新町偽計業務妨害事件 »

コメント

ついに この事件を取り上げてくださいましたね!
この事件が登場しないのはナゼなんだろとチラッと思ってました。まぁかなり華やかに?報道されてましたからね。それでかなと。
さて、私は女性容疑者の"犬の死体だと思った"と言う証言はウソじゃない可能性も十分にあり得ると思っています。たしかに、普通に考えると どうして犬の死体をマンションに置かなきゃいけないんだ?保健所にれすればいいでしょう?など諸々疑問がありますね。だけど、当時彼女はこの男に恋していたんですよね。かなり夢中だったとすると相手が相当変なコトを言ってても信じてしまう可能性があると思います。

投稿: まーぷる | 2015/10/28 09:02

確かに、容疑者は悪い。だが、25歳の母親は一体何がしたかったのか?18歳で出産して、1年足らずで離婚ということは、年上と報道されている相手も未成年だったのだろう。デキ婚の失敗例は「産めるか」「育てられるか」の判断がきちんとできなかった結果。これは、母親だけでなく、それを認めた25歳の母親の両親も責任をとらなければならない。社会人経験もなく、子育てが分からないなら、家族全員で協力して子育てすれば、変な方向へは行かず、男の子も小学校へ入学できたろう。親と同居はイヤ!じゃなく、子育ては我慢と勉強の日々。親から様々なことを学びながら、貯金をして、小学生になってから独立すべき。

一部削除 by ASKA

投稿: 鬼神の翼 | 2015/10/29 09:11

みなさん、おはようございます。

まーぷるさんへ
単純にこの時期、いろいろ忙しくて、漏れていただけですね。
事件発覚当初に取り上げなかったので、取り上げるタイミングを逃してしまった感じです。

確かに、主導した男性側は遺体を隠さなきゃならないから、嘘で協力させる事も厭わないでしょうし。
それに、二股してましたなんて告白もできないでしょうね。

鬼神の翼さんへ
10代での妊娠、出来婚なんてのは珍しい事では無いので、この家庭だけの問題では無いのでしょうね。

ただ、その理由はいくつかあるのかもしれません。
実家を出る為に結婚するとか、その場合だと、両親が反対しても、家から出る為なので、意に介せずって事になるかもしれませんね。

他にも、今の日本が豊かに成りすぎて、子供達が生活する事の大変さを実感する事ができないのかもしれませんね。

自分が綺麗な家に住める事、毎日、ご飯を食べられる事。スマホで遊ぶ事、何気ない日常でも両親の働いた結果と言う事を理解しないまま、成長しているなんて事がありそうな気がします。

いざ、社会に出てみたら、こんなはずじゃなかったみたいな・・・

投稿: ASKA | 2015/10/29 10:05

この事件も取り上げて頂き感謝致します。
タイムリーの時期だと容疑者たちのセレブ生活の記事ばかりで本質を見失いがちでしたが 少し間を置いたこの時期なら落ち着いて見れる事ですね。

まずS容疑者なんですが、遺体を隠してた事は死に至る原因がわかってた証しです。
本人は「気づいたら死んでた」など曖昧な供述してますが、その時に救急搬送するのが普通です。可能性では薬物使用かアルコールで興奮状態のうちに殺害したんですよ。その自覚が遺体放置、遺棄に繋がってると思えます。

またこのセレブ君は保釈金で釈放されてますが それも驚きです。

もうひとりの容疑者、お茶娘の女性がどの程度事件に関与してたかは不明ですが、自分の住まいに死体を放置してた以上、知らないでは済みませんね。
まったく世間知らずのお嬢様ですが、起訴されてる以上 前科者の仲間入りです。

投稿: テキスタイル | 2015/10/29 12:49

殺害したのが男なのか女なのか はたまた共同作業なのか これからの捜査によると思うが、黙秘を貫いた場合立件は難しくなると思います。
町田の山林に子供を埋めたと言う噂もあります。
二股交際を問い詰められての殺害でしょうが、お金で解決できなかった(子殺しを警察に訴えると突き詰められて)上の殺害、死体遺棄ですね。
金の有り難み、使い途を知らなかったんでしょう。

いずれにせよ二人供、後生背負って行かなければなりません。

投稿: ぶりぶり | 2015/10/31 03:18

男性被告の容疑が黙秘のまま死体遺棄で裁判始まりましたね。
求刑が懲役2年執行猶予なし…。
相当な弁護士料と遺族への慰謝料支払ってるとは思えますがなんとも言えませんね。こんなのが通るなら殺人やり放題になりませんかね?

幼い子の行方すら消し去れるものですか?

投稿: テキスタイル | 2015/11/04 23:17

続報です。判決は執行猶予3年付きの懲役1年8ヶ月です。

相模原市の墓地に東京都新宿区の職業不詳、A部さん=失踪当時(25)=の遺体を埋めたとして、死体遺棄罪に問われた渋谷区の飲食店アルバイト、S藤被告(30)の判決公判が12月4日、東京地裁で開かれ、裁判長は懲役1年8月、執行猶予3年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡したとの事。

裁判長は「犯行動機など事件の全容は明らかになっていないが、少なくとも遺体の発見を防ぐ目的があったことは明らかで、動機は酌量できない」と指摘した一方で、「過去の同種事件の中で特段に悪質性が高いとはいえず、量刑公平の観点から執行猶予が相当だ」と述べたとの事。

被告は捜査段階から一貫して黙秘。公判でも検察官の質問には何も答えなかった。共犯者で事件当時の交際相手、A山被告(23)=静岡県富士市、分離公判中=は「埋めたのは犬だと思っていた」と無罪を主張しているとの事。

判決などによると、S藤被告は平成25年7月19日、A山被告と共謀し、A山被告が借りていたマンションで平成25年6月から保管していたA部さんの遺体を相模原市の墓地敷地内に埋め、遺棄したとしている。

この事件をめぐっては、司法解剖の結果、A部さんは首を絞められるなどして窒息死した可能性があることが分かっているが、死亡の経緯は不明。また、A部さんの長男=A部さんの失踪当時(7)=の行方も分かっていないとの事。

S藤被告の判決は執行猶予3年付きの懲役1年8ヶ月ですね。
共犯とされるA山被告の方も、これより重くなる事は無いでしょうね。

起訴内容に対する判決は裁判長の言うとおり、妥当な線でしょう。
検察側が負けたわけでは無いですが、やはり、事件になるのが遅すぎたんでしょうね。
行方不明になったのが2013年3月、警察に相談したのが2014年12月ですからね。

検察側が控訴しても、あまり得る物は無いかもしれませんね。

そして、不明の男児の行方をどうやって捜すのかが問題ですね。
母親は既に死亡、あとは偶然に期待するしかないのかな・・・
比較用のDNAサンプルなどはあるのだろうか?
ヘソの緒は実家に残っているのかな?

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2015/12/04 17:04

ひとひとりの死体を捨てて懲役1年ですか…執行猶予で、しかも殺害に関与してる疑い濃厚の中で。

無罪になった京都舞鶴のJK殺害事件の容疑者の時も感じたのですが
法とはなんでしょうか?と疑わざる得ない結末で後味の悪さが漂います。

まぁ後は神のみぞ知る結末を待つばかりでしょうな。

投稿: テキスタイル | 2015/12/05 23:50

年も明け 様々な機関が稼働と平常取り戻した最近、再逮捕の続報入りましたね。

遺体からの検視で殺害状況がわかったから再逮捕(殺人と殺人幇助)に漕ぎ着けたようで一安心。

人は過ちを犯すもの、自らの反省を真摯に受け止め洗いざらい話す事が再起への最短と思われます。子供の行方も含め全面解決に繋げて欲しいです。

投稿: テキスタイル | 2016/02/20 12:28

相模原市緑区の墓地で昨年6月、東京都新宿区の女性=当時(25)=の遺体が見つかった事件で、警視庁は2月20日、殺人の疑いで元交際相手の男(30)を、殺人幇助(ほうじょ)の疑いで女(24)を逮捕したとの事。

警視庁によると、殺人容疑で逮捕された元交際相手の男は「私はやっていません」と容疑を否認。幇助容疑の女は「男から頼まれて睡眠薬を買ったが、目的は聞いていない」と供述しているとの事。

テクスタイルさん、こんにちは
コメントありがとうございます。
見逃していました。
殺人容疑で再逮捕しましたね。
逮捕状が出たと言う事なので、それなりの証拠が出たんでしょうか?
状況証拠だけでは、弱い気がしますね。

投稿: ASKA | 2016/02/20 14:35

イヤな感じになって来ました。女性容疑者は当時周囲の人に "彼がトラの死体を預かって 違法だから隠さなければならない" と話した との報道がありました。どうして犬の死体がトラの死体になってしまうの?犬の死体と言われて信じてしまったのかもしれない と思いたかったのに…。残念。彼女はやはりもう少し知っていたのかも と思えてきました。

投稿: まーぷる | 2016/02/21 21:57

まーぷるさん、こんばんは

続報の追跡ができてないので、ごめんなさい。あとでまとめて書きますね。

「犬の死体」はありそうな話なんですが「トラの死体」と言うのは普通は無いでしょうね。
「違法だから秘密にする」と言う言い訳だったのか?

息をするように「嘘をつく」人がたまにいるので、主犯がそういった人だったのか?

ただ、続報では、睡眠薬の話も出ているので、トラの死体に睡眠薬は必要ないでしょうね。

投稿: ASKA | 2016/02/25 20:29

息をするように嘘をつく人、、私も会ったことがあります。一緒にいると本当に疲れます。

この主犯に関して、知人だという人から"彼は生き物の死で性的興奮を覚える異常性癖の持ち主だ" と言う証言が出たとの記事も読みました。
本当ですか⁈と思いますが、本当ならサカキバラ氏や佐世保の女子高校生みたいですよね。

投稿: まーぷる | 2016/02/26 12:43

殺人罪での起訴が確定しました。
主犯は男性と思われてます。

殺人幇助の女性は処分保留で釈放のようです、処分保留ですか…

投稿: テキスタイル | 2016/03/11 20:06

処分保留でこの後どうなるか?ですが、不起訴になることが多いようです。理論上は時効まで起訴することができますし、事件によっては、証拠集めに時間がかかるので 処分保留釈放のうえ在宅で捜査、数ヶ月後に在宅起訴した というケースもあるようですが…。今回のケースはそれとは違うように思います。

投稿: まーぷる | 2016/03/12 09:26

今日 富士市で心臓移植の女の子がめでたく退院されました。

静岡のニュース…

投稿: | 2016/03/23 18:56

殺人幇助については不起訴になりましたね。
私はホッとしました。まぁ本人に会ったことがないのでどんな人間か掴めているわけではないですが、彼女が婚約者と写っている写真を見た瞬間に感じました。この人は運悪く巻き込まれただけだろうと。普通 自分が殺人に関わった(かもしれない)と思っていたら、あんな晴れやかな表情できないと思います。ましてやFacebook でシアワセアピールなんて…。
この判決は死体遺棄罪の裁判にも影響を与えるでしょうね。
彼女は当時夢中だった彼氏に頼まれワザワザ マンションを借りて犬の死体を預かったのでしょうか。それともトラの死体だと思っていたんでしょうか。やはり人間だと気づいていたら 数年経っていてもFacebook でシアワセアピールは躊躇するんじゃないかしら。

投稿: まーぷる | 2016/04/01 14:15

続報です。

東京都新宿区に住む母親と長男が行方不明になり、昨年6月に相模原市内の墓地で母親の女性=当時(25)=の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課が今年6月、川崎市麻生区の畑で子供の歯を発見していたことが分かった。依然行方が分かっていない長男の歯の可能性があり、捜査1課が身元確認を進めているとの事。

捜査関係者によると、畑は、母親の元交際相手のSK被告(30)=母親への死体遺棄罪で有罪確定後、殺人罪で起訴=が、母親殺害後にレンタカーで立ち寄っていたことが確認された場所。

5月下旬から6月にかけて捜索し、土の中から複数の歯や骨片、おむつ、玩具なども見つかったとの事。
捜査1課は歯をDNA型鑑定したが、劣化などの影響でこれまでのところ個人の特定には至っていないとの事。

長男が最後に生存が確認されたのは1歳5カ月だった平成19年9月で、母親が長男とともに東京都青梅市内の親族宅に身を寄せていた時期だった。この頃にはSK被告は母親と交際を始めていたとみられる。

母親は生前「長男は知人に預けている」と話していたが、そうした形跡は確認されていないとの事。

事件をめぐっては捜査1課が昨年6月、25年7月に母親の遺体を遺棄した疑いでSK被告と、SK被告が母親と同時期に交際していたとみられる女(24)=死体遺棄罪で公判中=を逮捕。

今年2月、母親の殺人容疑でSK被告を再逮捕していたとの事。

こんなところですね。
発見されたのが子供の遺体だと確認されたとしても、死因は分からないので、殺人で起訴するのは難しいような気がしますね。
遺体遺棄では起訴できるかもしれないけど・・・控訴時効は3年ですよね?だとすると、遺棄したのが平成19年だともう、時効ですね。

なぜ、子供が死んだのか?そのあたりは、もう表に出る事は無いかもしれませんね。

公判は継続していますので、公判の行方に注目しましょう。

投稿: ASKA | 2016/08/03 19:35

続報です。死体遺棄罪の女性被告は懲役1年、執行猶予3年の有罪判決です。

東京都新宿区の女性(当時25歳)の遺体を、交際相手だった男と相模原市の墓地に埋めたとして、死体遺棄罪に問われた農業、女性被告(24)に対し、東京地裁は9月6日、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。弁護側は即日控訴したとの事。

被告はブルーシートに包まれたものを埋めたことは認めつつも「中身が人とは思っていなかった」と無罪を主張したが、判決は「相当な労力で遺棄する場所を探していた。大きさや重さも考えると人の死体かもしれないと頭に浮かぶはずだ」などと死体遺棄の故意を認めたとの事。
その上で「共犯者(元交際相手)の指示に従って関与した側面も認められる」として執行猶予とした。

こんなところですね。
まー微妙な判決理由なので、控訴審でどうなるか注目ですね。

投稿: ASKA | 2016/09/06 18:21

さすが検察もバカじゃないですね。
しかし恋は盲目とは良く言ったものです。
有名女子大出身で裕福な育ちのお嬢様が
都会でとんだ落とし穴に嵌まったようでしたね。

投稿: テキスタイル | 2016/09/12 21:06

子供見つかりました、男の行き来した畑の中から…歯とおもちゃ、母親のミトコンドリアから本人と確認とれたようです。

死体遺棄の時効が過ぎてる事から不起訴になるようです。

ご冥福をお祈りすると同時に、
来世では誰よりも、幸せな家庭に産まれて来る事を切に願います。

投稿: テキスタイル | 2017/02/06 19:08

やはりこの男が関与していたんですね。死因が特定出来なかったら殺人での立件が厳しくなってくるけど、誰か天才的な尋問のプロがスルッと自白を引き出してくれないかしらね。ウソつきはおしゃべりが好きだから案外糸口が見つかるんじゃないか…と思ってみたりもします。

男の子の遺体はオモチャと一緒に発見された。胸が痛くなります。御冥福をお祈りします。

投稿: まーぷる | 2017/02/08 13:48

控訴審の初公判はじまりました。
タレントの名前まで出して抵抗してるようです、噂では母子殺しにも荷担してたのでは?

閉廷後 異例の記者会見開いてます。

変な弁護士の言いなりになるより、もっと素直に自分を晒し、罪を背負って償えば、未来は充分開けるものだと思います。

彼女はまだ若いし、魅力も金もあるのですから、もう一皮剥けて欲しいですね。

投稿: TS | 2017/03/20 23:47

交際相手の男と共謀し、相模原市の墓地に女性の遺体を埋めたとして、死体遺棄罪に問われた静岡県富士市の農業、女性被告(25)の控訴審判決で、東京高裁は5月12日、懲役1年、執行猶予3年とした一審東京地裁判決を支持し、被告側控訴を棄却したとの事。

弁護側は即日上告したとの事。

弁護側は一審に続き「犬の死骸を埋めたと思っていた」と無罪を主張したが、裁判長は

(1)A山被告が遺棄場所を入念に探したり、現場を下見したりしていた
(2)A山被告の自宅でブルーシートの保管中に起きた異臭騒ぎで、駆けつけた警察官に「犬が死んだので町田市内に埋めた」などと虚偽の説明をした

などを指摘。「本当に動物の死体だと思っていたなら、処理にこれほど手間を掛けたり、警察官に嘘をついたりする必要はない。少なくとも人間の遺体かもしれないとの認識はあった」と認定したとの事。

まー新事実でも出なければ、なかなか一審判決が覆る事は無いでしょうね。

投稿: ASKA | 2017/05/12 19:05

A被告は犬の死体だと信じていた。私は今やそれを確信するに至りました。裁判官の判断は一般的な分析に過ぎないと思っています。彼を好きになり過ぎて、どんなとんでもないコトを言われても信じこんでしまう人が少なからずいるコトを、多分 裁判官達は知らない。
時系列の中に加えていただきたいのが、彼女が当時の彼氏S(被告)を実家の両親に紹介した日です。どこかで読んだのですが忘れてしまいました。
(その後父親に あの男は駄目だ と言われて別れたようです。)墓地に犬の死体だと思ってブルーシートに包まれた重い物を埋めた日と 静岡に帰郷する日の間のどこかだと思うのですが。
要するに彼女は結婚したいほどSが好きだったけど、彼女にとって結婚とは両親に認められ祝福されるものでなければならない。というコトです。
前の交際相手を殺して埋めたかもしれないと思っていたら、そんな男を親に紹介出来ますか?それどころか おそらく気づいたとたんに急いで実家に逃げ帰ったはずです。
Sの側から見ても、せっかく資産家のお嬢さんを引っ掛けるコトに成功したのだから、このまま上手く婿に収まりたい。そんな状況で事実をバラして手伝わせるのはリスクが大き過ぎる、つまり逃げられる可能性がある、と気づく程度には知恵がまわる男だと思います。彼女は自分が言うことを何でも信じて言いなりになっているのだから、それを利用したほうがいいに決まってます。
彼女は犬の死体だと思っていたのです。
全く、弁護士は何をやっているのだろう。裁判官も何を見ているのだろう。

投稿: まーぷる | 2017/05/12 22:45

まぁ散々金使って弁護士が頑張っても事実をねじ曲げる事は無理だったようですね。

遺体遺棄する為のレンタカー手配から、殺す為の睡眠薬の調達まで、共謀と見るのが正解なんですよ。

好きな男を一人占めにしたい女ならやりかねません。

一般人なら殺人共犯で収監されてる事案でも、かなりの高額な費用払えば抜け道の案内してもらえるんですね。

娘可愛さの親心もわかりますが、結果、傷をより目立つようにしてしまいましたね。

相方のS氏は殺人罪で公判中で動向も気になるから、余計に保留ですね。

証言によっては再逮捕もあります。

海外生活させたくとも、執行猶予では査証は降りません。

殺された母子の事思うとやるせないです。

投稿: テキスタイル | 2017/05/13 01:10

追伸

この女は何考えてるか知りませんが、前回同様また記者会見してますね。身の潔白を主張したようですが…これも弁護士の入れ知恵でしょうね。
やればやる程、平成版 女三浦一義に思えて来ました。

投稿: テキスタイル | 2017/05/13 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都日野市三沢小4男児自殺事件? | トップページ | 兵庫県姫路市広畑区東新町偽計業務妨害事件 »