« 世田谷一家殺害事件再考その140(報道番組「新報道2001」) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その56 (NHK未解決事件追跡プロジェクト) »

2015/12/15

世田谷一家殺害事件再考その141(NHK未解決事件追跡プロジェクト)

12/13放送 NHK未解決事件追跡プロジェクト のメモ

迷探偵にゃんこさんのメモを使わせて頂きます。

これまでNHKに集まった情報

A:川崎の病院(世田谷区隣接)
午前5~6時頃、タオルで手をぐるぐる巻きの男性、170cmの痩せ型。保健証なしの来院。これまで警察に通報していない。

B:静岡県のタクシー運転手さん
31日、静岡で手に怪我をして、つらそうな男を乗せた。「車を前に出せ」「30分ほど進み降りた」「手に怪我、前かがみになったまま」。
ラグランの四割は静岡で売られていた。
(ラグラン販売数の全国地図が出たが、長野も多かった。)

C:当時珍しい「ドラッカーノワール」を使う知り合い
ドラッカーノワールを使っていて、同じ帽子をリュックから出した人物を知ってる。今まで怖くて、誰にも話していなかった。

以下、番組中の視聴者情報提供

D:当日、公園にいた、という人
事件の当日、公園にいた、という人物。かなり具体的な情報を言っているらしく、詳細は放送されず。今後調査を続けたい(NHK)とのこと。

E:知人がドラッカーノワールを使っていた。
ラグランも着ていた。

《感想》
番組では、「飛び出しクン」に関心が集まっているらしく、A、Bの情報とのつながりを重視している。
Bの運転手さんは、取材にも応じており、確度が高い。
以前、我々、そういうことも考えましたが「帰省直前の若者」という可能性もありますね。
さらに言えば「三浦半島の砂」⇒「静岡」というルートも…

C、Eについて
「当時珍しいドラッカーノワール」と紹介されていましたが、そうかなぁ…
当時ドラッカーはブラック系に人気で、良く売られていました。ノワールはその後継のバリエーションで、ドラッカーの人気の高まりとともに、そこそこ注目されていましたね。
例のラグランと共に、当時の「スタイル」を作っていたので、こういう人は珍しくなかったんじゃないかなぁ。

Dはガセか、真実か……(と言っては失礼か…)
事実とすれば、重大な情報ですね。

にゃんこさんありがとうございました。
ラグランの販売データは新しいチラシに詳しく出てますね。
静岡県:53枚
長野県:23枚
山梨県:10枚
東京都:10枚
埼玉県:7枚
千葉県:6枚
北海道:5枚
宮城県:4枚
神奈川:3枚
岩手県:2枚
栃木県:2枚
兵庫県:2枚
大阪府:2枚
茨城県:1枚

確かに、静岡の53枚は突出して多いですね、ついで長野が23枚、東武日光線の手に怪我男で注目された栃木県も2枚出てますね。

飛び出し君の目撃が23:30頃でこの直前の23:20頃に公園事務所側にたむろしていた若者数名の目撃情報もあったりして、この時間帯に意外な事にこの付近に人が結構いたみたいです。なので、意外に目撃情報が集まる可能性がありますね。
その意味ではDも実際、期待できる情報かもしれませんね。

時系列に注目すると(東武日光線は参考です、この件は週刊誌に出てるようで、後で確認します)
飛び出し君:30日、23時30分、手に怪我、出血していた。
東武日光線:31日、17時20分日光着の東武日光線に手に怪我をした人物が乗っていた。
B:31日の夜、手に怪我をした人物がタクシーに乗る。
A:事件の数日後、早朝、手に怪我をした人物が病院を受診。

そうですね、他にも情報は集まっているでしょうから、それぞれの情報をつないで、相互補完すると、点が線になり、犯人の足取りに繋がるかもしれませんね。

恒例の年末情報のまとめはもう少し、後にします。
この後も情報が出るかもしれないので。

|

« 世田谷一家殺害事件再考その140(報道番組「新報道2001」) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その56 (NHK未解決事件追跡プロジェクト) »

コメント

この追跡プロジェクトはパワーを発揮してきましたか?
犯人逮捕に繋がることを期待します。
動機など、真実が知りたいですね。
柴又事件も目撃者が出てきたし、池袋駅事件も再度動き出したとか。
時効がないので真犯人は、震えながら逮捕の日を待つ毎日やな。

投稿: 空き地 | 2015/12/15 08:28

ASKAさん、こんにちは。
またこの季節、ですね。

さて、各番組の情報整理、拝見させていただきました。その番組を視聴してみてあらためて気になった点がございます。

【犯行動機】につきまして。

被害者夫婦への生前の怨みの有無、長男の事情などにつきましては、これまで多く語られてきましたが、私が着目しているのは、「長女」です。

犯人は、非力でほぼ無抵抗だったはずの長女を、くも膜下出血するほどに殴りつけたり、すでに息絶えているその顔面を滅多刺しにしたり、歯が飛散するまでに執拗に遺体を損壊しています。

さらに重要に感じられる点は、遺体の姿勢です。具体的には、長女の遺体を、あたかも「土下座」させているように見えて不自然です。

死後に顔を損壊させているにもかかわらず、遺体はうつぶせで、顔を床に伏せています。番組の再現CGは、流布されている捜査時の遺体状況のイラスト同様、「土下座」に見えます。

母が長女をかばおうとしたのは、むろん本能的な母性もあるでしょうが、犯行時に犯人が長女に対する怨みの言葉を発していて、もしくは犯人と旧知で長女と問題があったことを知っていて、真の攻撃対象を把握していた母が長女をかばい、その背中が散々攻撃された、とは考えられないでしょうか。さらに長女をかばい続けた母も、その後も執拗に攻撃されて。

犯人は事件以前に、長女となんらかの関係で接触したことがあるのではないでしょうか。母の仕事関係、長男の施設関係、公園利用者など。その際、長女に何か言われた(と感じた)、嘲笑された(と感じた)など、一方的な怨恨かもしれませんが、尊厳を傷つけられたとか、自身の存在や大切な何かを否定されたとかいう、幻覚や妄想。もしくは、長女に見られたくない行為を見られてしまった。見ないで欲しかったから、眼球をも攻撃した、など。

すなわち、犯行動機は、「長女の贖罪」。

むろん、長女に罪などまったくなく、異常な犯人の狂気、人間性の欠除でしかないのですが。

長男は絞痕以外無傷で、父母には抵抗した際の腕の傷が多数あるとのこと。抵抗した形跡のない長女を滅多刺しにする意味が、流しの物盗りでも、殺し屋でも、組織の犯行でもないように伝わってきてなりません。

投稿: yu | 2015/12/15 10:09

yuさんの見解面白いですね。

そうすると犯人は若い少なくとも当時10代を連想しますね。

犯人検挙に一歩でも繋がれば良いのに。

投稿: ぶりぶり | 2015/12/15 18:50

当日公園にいた人物は存在すると思います。フジテレビの特番でも女子大生が当夜11時過ぎに公園にたむろする若者たちを目撃しているわけで。警察は当然聴取しているはずですが、、犯人が川ではなく一直線に道路側に逃げたのはその先にある公園(たまり場)にいた仲間と合流するため?やってやったよ的な。。ただ証拠類から事件以前に訪問していた可能性が高いというのが解せないな。。そんなトラブってる若者を不用意に家に上げるものか。いずれにしても全員殺害から顔が割れていた人物だということは間違いなさそうだ。

投稿: 風邪の谷のナウシカ | 2015/12/15 20:12

犯人は、言われているハーフの韓国人男性。「ヘイトクライム」という用語が浸透する前に起きた、ヘイトクライムの雛型となる事件だ。

捕まらなかった原因は
・犯行直後に出国されてしまったこと
・日本の空港に導入されている入国審査システム(現在のJ-BIS)が当時は止められてたこと
・日韓の捜査協力体制、犯罪人受け渡し体制が機能していないこと

捜査線上に浮上した「日本国内にいる個人」であれば、指紋照合や通常の捜査で逮捕に至っているはず。
それがなかったことから、「犯人はそれ以外」となるわけです。

投稿: ratcather5036 | 2015/12/15 23:17

ぶりぶりさん、私も若者(19歳以下含む)の犯行を想像します。

風邪の谷のナウシカさん、公園に仲間がいた、という線もあるかもしれませんね。私も犯人と被害者は顔見知りだったと想像します。

【犯行動機】につきまして。
ある書籍で「真犯人」とされている韓国人の殺し屋でしたら、殺害すれば役割を果たせますし、逃亡が急がれるのに多大なリスクをおかして現場に滞在し、すでに生き絶えている長女を執拗に攻めた「仕事」に疑問が残ります。土地移転問題に絡む反社会的組織の犯行にしても同様で、また強奪目的でも、遺体をこれでもかというほどに損壊している意味が不明です。

あくまでも、犯行は、怨恨によるものではないでしょうか。

【凶器】につきまして。
鋭利な柳刃包丁を選択したのは、強烈な怨嗟のあらわれで、顔面をえぐり、削ぎ切りたく、そのために店で安易に刺身用包丁を購入したのではないでしょうか。最強の敵となるであろう家長との格闘で破損することや、使用法が異なるために自傷することまでは考えず(考えられず)、ともかくも顔面を滅多刺しにすることだけしか頭になく。

【他の凶器】につきまして。
その柳刃包丁を、キッチン既存の包丁に持ち替えたのは、父との格闘で刃こぼれした柳刃包丁では、長女の死体を損壊することができなくなったためではないでしょうか。殺害だけなら刃こぼれした柳刃包丁でも、拳による殴打と絞殺でも可能なはずです。

そして、最も注目するのは、長女のみが、死因は、くも膜下出血による、とされていることです。

絞殺ではなく、刺殺でもなく、殴られた。
もしくは、叩きつけられた。

刃物を受けずとも、長女は、殺されていた。

にも関わらず、長男や父とは異なり、動かなくなった長女に、犯人は執拗に包丁を振り下ろしている。

長女をかばった母と、長女のみ、死してなお、許されていない。

投稿: yu | 2015/12/16 04:21

みなさん、おはようございます。

空き地さんへ
そうですね、最近、未解決事件への注目が高まっているのかもしれませんね。
今回は特集番組が3つありました。
新情報の発掘に威力を発揮してますね。

yuさんへ
今回の3特番の中で、ハーフ男説がにいなちゃんの関係筋の人間だったと言う事が出てましたね。にいなちゃんは、いろいろと習い事が多かったようです。
ほかにも、女性だけが執拗に攻撃されたと言う説もこの事件にはありますね。
その意味では、みきおさん、泰子さんに並んで、にいなちゃんの関係も疑う必要があるかもしれませんね。

風邪の谷のナウシカさんへ
そうですね、みきおさんの母も、子供まで殺害したのは、子供でも分かる相手だからと思った。とコメントしてますね。
顔見知り説はこの事件では有力な説なんですが、反面、多数のDNAを照合して、一致する人が未だに出ていないのが難しい所ですね。

ratcather5036さんへ
国外逃亡していれば、捜査も難しいですね。国内に残っている情報も限られてくるでしょうし。実際、捜査本部は韓国へ捜査員を送ったようですが、どの程度捜査協力をしてもらえたかが疑問なところですはありますね。

投稿: ASKA | 2015/12/17 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その140(報道番組「新報道2001」) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その56 (NHK未解決事件追跡プロジェクト) »