« 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その21 (睡眠薬) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その144(遺留品迷路) »

2015/12/23

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その58 (再検証-計画性)

再度、この事件の計画性について考えます。
ただし、最初に書いてしまうと、この事件の計画性に結びつく情報は現在まったくありません。

ポイントはこの事件での被害者の足取り、目撃情報が全く無い点です。
靴の発見場所が拉致ポイントだったとすると・・・
全くこの場所での目撃情報が無いと言う事は逆に言えば、この時間帯にこの場所を通行したのは被害者、ただ1人だったと言う事なんですよね。

1)偶発的な事件の場合
 犯人は偶然、この場所で被害者と遭遇し、拉致、監禁、暴行、殺害へと至る場合です。
1-1)交通事故偽装殺人
 偶然、この場所を通りがかった時、被害者を車で轢いてしまい。飲酒、無免許などの発覚を恐れて救助措置、通報を実行せずに、事故隠蔽の為に、被害者を拉致、殺人、遺棄を行う。

この場合、条件が絞られますね。
ただの交通事故なら、例え、飲酒、無免許を隠す為だったとしても、普通はそのままひき逃げするだけで、被害者を拉致って殺害するようなケースはかなり希だと思います。

だから、犯人はただ、逃げるだけでは、自分が逮捕される可能性があると自覚している場合になります。それを考えると、被害者と顔見知りの場合や、現場に犯人を示す証拠が残っている場合になりますね。

ただし、この場合についての疑問は2点あります。
1-1-A)事故の痕跡が無い。
 事故を隠蔽する為の偽装なのだから、事故の痕跡が無いのは当たり前とも思えるけど・・・
例えば、ブレーキ痕が無い、時間が経過して消えてしまった可能性はあるけど、普通に大人が失踪すれば、事故を疑って、帰宅経路などは誰かが、早い時期に確認していると思うんだよね。

ただ、バンパーとの接触部分にあたる足については、骨しか発見されてないので、判断できませんね。しかし、顔は激しく殴られたような傷、そして後頭部には壁に打ち付けられたような傷もあったので、この後頭部の傷が事故による物とすれば、可能性はありますね。ブレーキ痕が無いのは、被害者に気づかずに轢いてしまったので、ブレーキを踏まなかったとすれば、説明できるかもしれません。

1-1-B)そもそも、事故を隠すなら遺体を隠すよな。
 しかし、逆に言うと、事故を隠蔽するなら、遺体を発見させない方が隠蔽になるよね?
この解体の偽装は遺体が発見される前提で行っている。それなら、遺体を発見させない方が犯人には有利なはずなのに・・・と言う素朴な疑問は残りますね。
冬の臥龍山になんて、登る人は居ないし、うまくすれば、動物が食べると考えれば、遺体を隠し、かつ、事故の痕跡も隠すと言うより慎重な方法と取れなくも無いかな。

1-2)暴行目的
 これは、偶然、1人で帰宅する被害者を発見した犯人が欲望に任せて、犯行を行った場合になりますね。以前から、ターゲットを物色していて、偶然、被害者を発見した場合も考えられるので、周辺での不審者情報などの見直しも必要かもしれません。

この場合の疑問点は
1-2-A)この場合、被害者と犯人に接点が無いので、被害者の交友関係から犯人が浮かぶことはない。なので、手の込んだ、解体や遺棄方法をとる必要が無いんだよね。
まー、顔を見られたとか、顔見知りだったりすると、解放した場合、逮捕されてしまうかも?と考えて、殺害したと言うのは有りだと思います。

しかし・・・解体する理由は説明できないので、そのあたりは、次の計画的犯行と同様に別に理由を考える必要がありますね。

偶発的な事件を考えるとこの2つぐらいになるかな。
では、計画的な場合はと考えると
まず、
2)犯行を計画できるのか?
 つまり、被害者の行動を予測できるのか?と言う事ですが、答えはYES
被害者が当日、アルバイトをしているかは、アルバイト時間中にアルバイト先を覗けば分かる事ですよね。そして、退勤時間も予測できるでしょう。あるいは、退勤したのを確認してから、車で先回りもできます。後から追いつく事もできますね。

ただし、やはり、条件が付きますね。帰宅経路の情報が必要です。
2-A)必要な条件
 帰宅経路を事前に知っている。
まー、尾行するなり、会話から県立大生と言う事、寮に住んでいる事を知れば、帰宅経路は推測できますね。なので、尾行したのならば、ほとんど被害者と会話した事が無いような人物なんでしょう。
逆に、会話して情報を引き出していたのならば、ある程度の顔見知りと言う事になりますね。

しかし、計画的な犯行だったとしても、その後の殺害、解体、遺棄と言うのはちょっと説明できないんですよね。動機は別に考える必要がありますね。
その意味では、交通事故偽装殺人説はその理由を説明できる点は都合が良い説なんです。

結論としては、偶発的でも、計画的でも犯行は可能と言う事ですね。
ただ、偶発的な物だとしたら、ものすごく、確率の低い犯行だったと言う事になりそうですね。

しかし、事件では確率が低いからといって、偶然は常に否定できないんですよね。

|

« 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その21 (睡眠薬) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その144(遺留品迷路) »

コメント

あえてASKAさんに反発しますが、
札幌市厚別区の事件の時も話したように、

確率の低い偶発だから希な事件になるんですよ。(フィアンセと口論の後外へ飛び出し、二度と帰らぬ人になりました。…)

投稿: テキスタイル | 2015/12/24 12:28

テキスタイルさん、こんにちは
そうですね、これは、私の言葉が足りませんでした。

「確率が低くても、偶然は常に否定できない」んですよね。

投稿: ASKA | 2015/12/24 14:05

厚別では喧嘩して飛び出したのが、危険な確率が高い深夜だから起きてしまったと私は考えます。
深夜の危険性を認識できていない女性の行動で起きている事件はたくさんあります。
私はワニの池に飛び込む様なモノだと思いますが。

投稿: 空き地 | 2015/12/24 23:05

世田谷事件にも言える事ですが、未解決事件というのは答え合わせの出来ない問題で同じ事でつまづいたり、行ったり来たりを繰り返す事が避けられません。

過去のバラバラ事件の多くは単独犯の女性加害者が遺体処理を考えた末、行う場合が多かったようです。(女性が埋める為に穴を堀り、重い死体を担いで運ぶ発想がないからです。)

つまり計画性は低いと感じます。

計画性が低い分、犯人に辿り着かない、被害者と面識の薄い関係なのかな?

そして遺体発覚は山菜取りにたまたま来た方に偶然発見されましたが、犯人は発覚を避ける為にバラバラに撒き捨て、早期発覚に驚いてるのは犯人だと思えます。

加害者の琴線に触れる発言でもあったかも知れません。

投稿: テキスタイル | 2015/12/26 18:53

みなさん、こんばんは

空き地さんへ
女性の防犯意識と言うか、自己責任論と言うか、そのあたりは色々と議論のあるところだと思うのですが、厚別の事件もそうだけど、危険な場所と言う意識は無かったんだろうと思います。交通事故もそうなんですが、自分が事故を起こす、事故に巻き込まれると思う人は殆どいないですよね。
それと同じで、自分が犯罪被害者になると考えると人は殆ど居ないと言う事ですね。

性犯罪だと、特に、ここで毎年、レイプ事件が起きていますなんて、警告でもされないと危険を意識できないかもしれませんね。

テキスタイルさんへ
傾向としては、女性が多いかもしれませんね。
この事件の場合は確率が低い事が2つ3つ重なっているかもしれませんね。

顔への暴行が結構、酷いので犯人はかなり感情的になっていたのは間違いなさそうに思いますね。

投稿: ASKA | 2015/12/26 19:40

この事件を考える上で警察の捜査ミスが1つあります。

こういう遺体をバラバラにするというのは大抵大量の水が使える場所が必要になります。

屋外は無理と考えても屋内なら可能。屋外で出来る場所といったら風呂場しかありません。

ということはバラバラ遺体が発見された時点で大量の捜査員を島根、広島近辺の下水に回すべきであり、下水から出るほんのわずかな血液を見つけてどこから流れて来たのかを調べるべきでした。

そうすれば遺体損壊現場をある程度は絞り込める事が出来るのに下水を調べたという情報はありませんね。

投稿: ノンオイル油 | 2016/01/04 01:14

川があるだろ

投稿: | 2016/01/06 18:41

拉致現場は店の裏でしょう。拉致犯の中に被害者と顔見知りがおり。そいつが店に今いるか確認連絡を行ったので計画的犯罪
遺体の解体は吸水マットを敷いて行った。
かなりの数の日本人殺害行ってそう。

投稿: 回答山猫 | 2016/03/18 16:15

初めてコメントします。

早速ですが、被害者である島根女子大生・平岡都さんの携帯電話がまだ発見されていないようですね。
携帯電話には、平岡さんの割り出されていない交遊関係が記録されていたと思います。
警察に救助を求める通報をさせないためと、GPSによる動きをキャッチされることを警戒した犯人に奪われ電源を落としてしまったのではないかと思いますが、ASKAさんはこの点どう思われますか?

携帯電話がなくても、失踪当日までの交信記録は基地局に残っていますよね?
解析にそんなに長い年月が必要なものでしょうか?

投稿: 堀尾吉晴 | 2016/03/20 20:27

堀尾吉晴さんへ

被害者の持ち物は、携帯電話以外も衣服すら出ていませんね。
ただ、最後の基地局情報も出ていませんね。
被害者の足取りの重要な情報なのですが・・・捜査上公表してないのかもしれません。

通信記録は基地局と言うか、通信会社が保存しているので、携帯電話自体が無くても、警察は捜査できますね。
記録自体を通信会社に請求するだけなので、時間はかからないでしょう。
解析といっても、電話番号から持ち主を調べるだけでしょうから、プリペイド携帯でもなければ、すぐに、捜査員が話しを聞きに行っていると思います。

投稿: ASKA | 2016/03/21 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その21 (睡眠薬) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その144(遺留品迷路) »