« 世田谷一家殺害事件再考その143(JNNニュース) | トップページ | カフェイン中毒死亡事故 »

2015/12/22

名古屋市中川区外国人襲撃殺人事件

12月20日(日)午前1時半ごろ、名古屋市中川区西日置1のコンビニエンスストアから「血だらけの男性が店内に入ってきた」と110番する事件が起きている。

男性は病院に搬送され、約6時間後に出血性ショックで死亡したとの事。
体に鋭利な刃物で切りつけられた傷が数カ所あり、愛知県警は殺人事件と断定、中川署に捜査本部を設置した。

捜査本部によると、男性は市道江川線(片側3車線)をワゴン車で北上中、前後を乗用車にふさがれて中央分離帯付近で停車。
前後の車から出てきた5~6人の男らに刃物で切りつけられたり、殴られたりしたとの事。その後、十数メートル離れたコンビニエンスストアに駆け込んだ。襲撃した男らは現場に車2台を放置したまま、後から来た別の車に乗って逃げたとの事。

死亡した男性は30代くらいで、容姿や言葉から外国人とみられ、黒っぽいTシャツ、ジーンズにスニーカー姿。捜査本部は男性の身元確認を急いでいる。目撃証言などから、犯行グループも外国人の可能性が高いとみて捜査しているとの事。

現場の市道はJR名古屋駅の南東約2キロにあり、名古屋高速都心環状線の高架下を走っている。

事件当時、近くのマンション室内にいたアルバイトの女性(26)によると、突然ドン、ドン、バリンという異常な音が外から聞こえてきた。ベランダからのぞくと、車道に車が3台連なって止まり、金属バットのような物を持った男5~6人が、真ん中の車のボンネットに乗ってフロントガラスを割ったり、車の両側からたたきつけたりしていた。いずれも白いマスク姿で、意味不明の外国語でわめいていたという。犯行グループが立ち去って数分後、パトカーがサイレンを鳴らして到着。

名古屋市中川区の市道で外国人とみられる男性が集団暴行を受け、殺害された事件で、襲撃グループのうち少なくとも1人が刀のような長い刃物を持っていたことが、目撃情報や付近住民が撮影した動画などからわかった。男性は鋭利な刃物で左足を切られたことによる出血性ショックで死亡しており、愛知県警は周辺の防犯カメラの映像などを分析し、男らの行方を追っている。

時系列
12月20日(日)
被害者の車の前を塞ぐ形で1台の車が停車(被害者の車も停車)
その直後に被害者の後ろに別の車が停車し被害者の車を動けない状態にする。
その直後に金属バットのような物で被害者を襲撃。
襲撃中に被害者が何かを茂みに投げる映像が残っている。
犯人グループは犯行に使った2台の車を現場に乗り捨てて、後から来た別の車1台で逃走
被害者は自力で近くのコンビニに移動。
その後に、逃亡した車が現場に現れ、一人が車から降りて、襲撃現場で何かを確認し、再度、逃走。(パトカーのサイレンに気付いて逃亡)
その直後にパトカーがサイレンを鳴らして、現場に到着。

01:30頃 コンビニに血だらけの男性が現れ、110番通報。その後搬送
07:30頃 搬送先で出血性ショックにより死亡。

こんな感じですね。
思い切りが良い、大胆で荒っぽい犯行ですね。
私は2012年9月の六本木のクラブ襲撃事件を連想してしまいました。

事件の発覚はもちろん、即時通報される事も厭わないギャング的な犯行で、日本では珍しいですね。
犯行の一部始終を偶然ですが、撮影した映像も残っています。
現場に通りかかった車も映ってましたから、事件に気付いた人が居れば、ドライブレコーダーの映像も残っているかもしれませんね。

今の所、犯人グループはペルシャ語を話していたとの事で、外国人同士の何かの抗争と言う事件かもしれません。

これだけ大胆な犯行で逮捕できないとは思いませんが、国外逃亡されると逮捕は難しいかもしれませんね。

真相究明に期待しましょう。

|

« 世田谷一家殺害事件再考その143(JNNニュース) | トップページ | カフェイン中毒死亡事故 »

コメント

続報です。
1)被害者が投げ捨てたとみられるポーチに、注射器が入っていたことがわかった。
男性が投げ捨てたとみられるポーチは、中央分離帯の草の中に落ちていた。
ポーチは、21日午後10時すぎ、事件現場すぐ脇の中央分離帯の草の中に落ちていた。
ポーチには、複数の注射器が入っていたほか、表面には、血液とみられる跡が残っていた。
警察が調べたところ、中には、2種類の大きさの注射器41本が入っていたという。
警察は22日、現場付近を再び捜索するとともに、薬物をめぐるトラブルが背景にあったとみて調べているとの事。

捜査関係者によると、注射器は薬物に使うものとみており、他に遺留品がないか調べているとの事。

2)愛知県警中川署捜査本部は23日、死亡したのはイラン国籍の男性(27)=住所・職業不詳=と発表した。
捜査本部によると、親族から押収したパスポートなどを基に身元を特定した。パスポートは本人名義だが、日本への入国記録は確認できないという。

3)容疑の男らが現場から逃走する際に使った乗用車は名古屋市内で見つかった。
現場付近の住民が撮影した動画では、男らは被害者を襲撃後にいったん車で逃走したが、数分後に現場に戻り、被害者の車を物色し、再び車で走り去った。捜査本部は男らの行方を追っているとの事。

こんなところですね。
密入国した外国人が薬物を巡って堂々と襲撃殺害されてしまうなんて、日本の治安はどうなってしまうのか?ちょっと心配になる事件ですよね。

この被害者だって、普通に車を運転していたわけで、免許証は正規の物を持っていたのかな?

とにかく、犯人逮捕、そして関係した組織の壊滅が望まれますね。

投稿: ASKA | 2015/12/24 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その143(JNNニュース) | トップページ | カフェイン中毒死亡事故 »