« 世田谷一家殺害事件再考その156(指紋掌紋問題) | トップページ | 「あの日」 小保方晴子 »

2016/01/28

東京都大田区3歳男児ガンつけ虐待死事件

1月27日(水)午前0時5分ごろ、東京都大田区大森南3のマンションに住む20代の女性から「息子に熱があり、反応がない」と119番通報する事件が起きている。

男児は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。
顔や下半身の複数箇所にあざがあり、警視庁大森署は同居している無職、男性容疑者(20)が虐待した疑いが強まったとして傷害容疑で逮捕したとの事。別の報道では指定暴力団・住吉会系組員。

同署によると、死亡したのは男児(3)。
救急隊が到着した時、男児は寝間着姿で6畳間の布団の上に横たわった状態だった。
搬送先の病院の医師は死因について「硬膜下血腫の疑いがある」と説明しているという。
両頬や尻に数カ所のあざがあったほか、左の耳から出血していた。

男児は、母親と容疑者との3人暮らし。母子は3年前にこのマンションに引っ越して来ており、容疑者は今年1月から同居するようになったとみられる。

 現場のマンションは京浜急行梅屋敷駅の東約1.5キロの住宅街にある。

「彼女の息子を投げ飛ばしたりしてけがをさせた」と容疑を認めており、今後、傷害致死容疑での立件も視野に捜査するとの事。

男児の母親と容疑者は昨年6月ごろ、SNSを通じて知り合い、今月8日ごろから3人で暮らしていたとの事。

容疑者の逮捕容疑は今月25日午後8時半~同10時ごろ、マンション室内で男児に殴る蹴るの暴行を加え、投げ飛ばすなどして重傷を負わせたとしている。司法解剖の結果によると、死因は外傷性硬膜下血腫とみられる。容疑者は「3人で夕食中、俺をにらんだので頭にきてやった」「俺にガンをつけたから、頭にきてやってしまった」と供述しているとの事。

 27日に119番を受けて救急隊が到着した時、母親は当初、医師に「滑り台から落ちた」と説明したが、その後の大森署の聴取に対し、容疑者が暴行したと認め「止めに入ったが、自分も暴力を振るわれた」と話しているとの事。

女性は同居を始めた後、容疑者が男児を平手打ちするのを複数回目撃しているといい、大森署が詳しい経緯を調べている。男児は26日に水や食事を与えられた時には嘔吐(おうと)していたとの事。

大田区役所によると、男児は区内の保育園に通っていた。最後に登園した25日に保育士が着替えを手伝った際は体にあざはなかった。区子育て支援課は「乳幼児の健康診査も欠かさず受診しており、区や児童相談所に虐待の相談や通報はなかった」との事。

身長195センチ、体重120キロの容疑者は怒りにまかせ、身長1メートルに満たない幼児に殴る蹴るの暴行を続けた。
男児の母親は、警視庁大森署の調べに「(容疑者が)これまでにも何回かビンタしていた」と供述。「それはしつけの一環だと理解していた」と話しているとの事。

母親は、男児を病院に連れていかなかったことについて、「重大なことだとは思わなかった」と話しているとの事。
容疑者は「何度も、けったりたたいたり、投げ飛ばしたりして、けがをさせたことは間違いありません。やることはやった。人生に悔いはない」と供述し、容疑を認めているとの事。

こんな事件ですね。
もう、唖然とするしかないのですが・・・
3歳児にガンをつけられて、頭に来て、死ぬほど暴行するとは・・・どんな思考回路なの?
20歳なんですよね。

「人生に悔いはない」と言っているようですが、どうも、これは裏返しに感じますけどね。
日ごろから、人生を悔いていて、そのストレスのはけ口を3歳児に向けてしまったのではないのかな?

そのあたりは、今後の捜査を待ちましょう。
と言っても、本人自身が抑圧状態かもしれないので、自覚はしてないかもしれませんね。

交際相手を選んでください。もう自分一人だけの人生じゃないのだから。
子供の父親になれる相手なのか?よく見極めて欲しいですね。

亡くなった男児のご冥福をお祈りします。

|

« 世田谷一家殺害事件再考その156(指紋掌紋問題) | トップページ | 「あの日」 小保方晴子 »

コメント

この容疑者と同居する前の母子の関係は問題なかったようですね。自分の子供でも手に負えない親が少なからずいるのに、他人の子供をちゃんと愛してしつけ育てられる相手なんてほぼいないと思った方がいいように思います。なんでこんな暴力団関係の転がり込んでくるような男をを選んでしまったのか…。

投稿: FA | 2016/01/28 22:42

何とも不憫すぎる事件です。残酷な殺人です。
この男、人でなしの屑だね。どれだけ弱い男なんだろう。
怒りがこみ上げる。代わりに仇討ちしてやりたいくらいだ。
ゴミと一緒に焼却してやれー。

投稿: 怒り心頭 | 2016/01/28 23:37

自宅マンションで虐待を受けていた男児(3)を放置し、死亡させたとして、保護責任者遺棄致死容疑で書類送検された母親(22)について、東京地検は3月25日、不起訴処分としたとの事。

母親は交際相手の男から暴行を受けた男児に、けいれんなどの症状が出たのを確認しながら放置し、頭部外傷による硬膜下血腫などで死亡させたとして、2月に書類送検されていた。

不起訴処分なんですね。
理由が分かりませんが・・・立証できる証拠が無いと言う事なのか?それとも、暴力に支配されていて、責任を問えない状態だったと言うあたりなのか?

投稿: ASKA | 2016/03/28 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その156(指紋掌紋問題) | トップページ | 「あの日」 小保方晴子 »