« 世田谷一家殺害事件再考その152(ASKA的現場検証4) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その153(ASKA的現場検証5) »

2016/01/13

埼玉県狭山市3歳女児保護責任者遺棄事件

やけどを負った女児(当時3)を病院に連れて行かないで放置したとして、埼玉県警は1月11日、母親で無職の女性容疑者(22)と、内縁の夫で工員の男性容疑者(24)=ともに同県狭山市新狭山2丁目=を保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、発表する事件が起きている。いずれも容疑を認めているという。女児は死亡したとの事。

捜査1課によると、両容疑者は昨年12月~今月、女性容疑者の次女が顔にやけどを負っていたのに、病院に連れて行くなどの対応を取らず、放置した疑いがある。

今月9日、「子どもが冷たくなっている」と男性容疑者から119番通報があり、消防署員が自宅で死亡を確認した。女児の顔にやけどがあったほか、体には暴行を受けた痕があり、県警は虐待があったとみて死因を調べているとの事。

男性容疑者からの110番通報で警察が駆けつけたところ、女児が布団の中で顔にやけどをした状態で死亡していました。女児はその場で死亡が確認され、司法解剖も行われましたが、死因は不明。

埼玉県狭山市で顔にやけどを負いながら、病院に連れて行かれず放置された女児(3)の遺体の背中など全身に、つねられたような複数の傷痕が残っていたことがわかったとの事。

県警は12日、保護責任者遺棄容疑で逮捕した同市の無職の母親(22)、同居していた工員で内縁の夫(24)の両容疑者をさいたま地検川越支部に送検。

県警によると、女児宅については、昨年の6月29日未明と7月29日夜の2回、近隣住民から110番があり、「女の子が布団をかぶって玄関前に出されている」「30分くらい前から女の子が泣き続けている」との内容だった。狭山署員が駆けつけたが、暴行などは確認されず、児童相談所に通告しなかったとの事。

埼玉県狭山市のマンションで藤本羽月(はづき)ちゃん(3)が顔にやけどなどを負った状態で死んでいるのが見つかった事件で、保護責任者遺棄の疑いで逮捕された母親の女性容疑者(22)が事件発覚直後、女児のやけどについて「お湯がかかった」と説明していたことが分かったとの事。

女児の体にはやけど以外にも傷があり、埼玉県警は両容疑者が日常的に虐待を加え、故意にやけどさせた可能性もあるとみて調べているとの事。

さてと、こんな事件ですね。
死因は不明なんですね。
火傷と死亡の因果関係が分からないと言う事ですね。
それで、逮捕容疑は保護責任者遺棄と言う事なんですね。

でも、3歳児だし、言葉はある程度、話す事が出来るから「痛い」とか言っていたと思うけどな・・・
それに、女の子の顔に火傷ってのも、普通の親なら一大事だと思うよね。

そのあたりを考えると、子供の事はもう興味関心が無くなってしまっていたのかもしれませんね。
続報を待ちましょう。

|

« 世田谷一家殺害事件再考その152(ASKA的現場検証4) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その153(ASKA的現場検証5) »

コメント

続報です。
埼玉県狭山市で顔にやけどをした3歳の女の子が死亡し、母親と同居の男が逮捕された事件で、母親と男が女の子にどのような暴行を加えるか、携帯電話のアプリ「LINE」でやり取りしていたことが新たにわかりました。

捜査関係者によると、男性容疑者女性容疑者が、携帯の通信アプリ「LINE」で、女児に加えた暴行の内容を報告し合ったり、次にどのような暴力を振るうか相談し合ったりしていたことが新たにわかりました。

女児は一度も健康診断を受けていなかったことなどから、市の担当者が女性容疑者の実家を5回訪れ、面会していたとの事。

「2人のお子さんとのやり取りを含め、問題ないという状況だったと判断しております」(狭山市 保健センター 所長)

取り調べに対し、女性容疑者らは「去年の秋ごろから虐待がエスカレートしていった」などとも供述しているということで、市の家庭訪問はそれより前の5月までに行われたということです。市は、「今後は関係機関と密に連携していきたい」と話しているとの事。

虐待を楽しんでいたと・・・
久しぶりに唖然とする事件でしたね。
3歳で健康診断を一度も受けなった。
5月までは問題なかった・・・秋からエスカレートした・・・

3歳だとある程度、手が離れる頃だし、もしかして、4月から幼稚園や保育園に通園する予定?
無理か・・・お金が必要だからね。子供にお金を使うぐらいなら、子供を虐待して楽しむなんて事ないだろう。

しかし、これまで、発見できなかったのかな?
児童相談所は5月までしか面会してないけど、6月29日と7月29日には警察に通報されてますよね。
しかし、秋からエスカレートしたので、このタイミングでは、虐待を発見できなかったか・・・

とは言え、通報されているわけだから、警察から児童相談所への連絡はなかったのかな?
無いだろうね、あれば、面談などするだろうからね。
この警察の対応は正しかったのかな?
もし、正しいなら、今後は警察だけではなく、児童相談所へも併せて、通報する必要があると言う事になるね。

投稿: ASKA | 2016/01/13 18:21

女の子が玄関前に出されている と言う通報を受けて見に来た警察が 暴行の跡が無い ので虐待と見做さなかった…。との記事を読んで驚きました。こんな幼い子が深夜に1人外に出されている!というだけで十分虐待じゃありませんか。どうかしている。せっかく警察が来てもこんなコトでは子供が救えない。

投稿: まーぷる | 2016/01/13 19:05

フローレンス代表の駒崎さんの記事が、再発防止の貴重な提言と思います。亡くなった彼女の無念を哀しみ冥福を祈ります。

http://www.komazaki.net/activity/2016/01/004767.html

投稿: のぶ。 | 2016/01/14 18:05

まーぷるさん、のぶ。さん、こんばんは

のぶ。さん、情報提供ありがとうございます。
参考になりました。
やはり、この警察の通報のタイミングで児童相談所が動く事ができれば、救う事ができたかもしれませんね。

しかし、虐待を楽しむとか、子供の事を考えてませんね。
親が子供だから、教育とか躾とか考えられないのでしょうけど、これではただの「いじめ」です。

子供の将来の事を考えたら、そんな事できないのだけど、それ自体を親が考える事ができないので、どうしたらよいのかさえ、分からない。

やはり、妊娠出産は免許制にするべきなのか・・・と思う事件ですね。

投稿: ASKA | 2016/01/15 18:06

もう 産む人と育てる人は別々でもいいんだ ーという認識を社会全体で共有すべきだと思います。たくさんの幼い子供が生命の危機にある、生き残った子供も心に深い傷を負ってしまう。一方では結婚しても子供が出来ない と苦しむ人がいる。妊娠するためにお金と時間とエネルギーを使い果して病んでしまう人もいます。
よく クズのDNAがうんぬんと言う人がいますが、それは違う。子供は環境で育つもの。落ち着いた環境で愛情深い親の元に適切な教育を受けて養育されればマトモな人に育ちます。生物学上の親がどんなに酷くても関係ありません。
なるべく小さいうちに虐待する親から救い出し、安全な所に保護し、それから親になる資格のある人の所で人生が始められるようにしてあげてほしいです。

投稿: まーぷる | 2016/02/01 00:50

 自分の子でも、育てることの出来ないひともいれば、自分の子でなくても、愛情をもって育てることのできるひともいる。
 区別するしかないでしょう。
 育てることの出来るひとだけに、子を産んでいただき、育ててもらう。
 悲しいし、どう判定するか、難しいけどね。

 どうせ、差別だ!と騒ぐ輩が出るだろうけど、違う。差別ではなく、区別。
 そうしない限り、被害者となる子供は、いなくならない。

投稿: おきゅうと | 2016/02/01 08:26

続報です。

さいたま地検は4月28日、保護責任者遺棄致死の罪で、母親の無職女性容疑者(22)を、保護責任者遺棄致死と傷害の罪で、同居のダクト工男性容疑者(25)=ともに暴行と逮捕の罪で起訴=をさいたま地裁に追起訴した。
保護責任者遺棄罪はいずれも不起訴、女性被告は傷害罪について不起訴とした。同地検は処分理由と認否を明らかにしていないとの事。

起訴状などによると、男性被告は1月2日夕方ごろ、自宅浴室で女児の顔に熱湯のシャワーをかけるなどの暴行を加え、やけどを負わせたとされる。また両被告は昨年9月ごろから、女児に十分な栄養を与えずに免疫力を低下させ、女児が震えを起こすなどしたにもかかわらず、医師の診断を受けさせずに放置。同8日夜、浴室で裸にした女児の身体に冷水をかけて翌9日未明まで放置し続け、敗血症により死亡させたとされる。

県警捜査1課と狭山署は1月11日、顔にやけどを負った女児を病院に連れて行かなかったなどとして、両被告を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。同29日、女児の両手をネクタイで縛るなどの暴行を加えたとして、暴行の疑いで再逮捕。4月6日には両被告を傷害と保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕していた。

同地検は2月19日、両被告を暴行と逮捕の罪で起訴。保護責任者遺棄の容疑については「捜査を継続している」として不起訴としていたとの事。

こんなところですね。
わかり難いのですが、最初に保護責任者遺棄容疑で逮捕したが、その後、暴行容疑で再逮捕、更にその後、傷害と保護責任者遺棄致死で再逮捕したけど、保護責任者遺棄罪は不起訴、女性被告は傷害罪を不起訴とした。
最終的には保護責任者遺棄致死罪で起訴されたと言う事なんですよね?

まー児童虐待は閉じた家庭と言う空間の中で起こる物ですから、事件を証言できる第三者もいませんからね。立証できる部分は限られてくるのでしょうね。

投稿: ASKA | 2016/04/30 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その152(ASKA的現場検証4) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その153(ASKA的現場検証5) »