« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016/02/29

福岡県福岡市西区19歳女性予備校生殺人事件

2月27日(土)午後8時50分ごろ、福岡市西区姪の浜6丁目の路上で「男が女性を襲っている」と110番する事件が起きている。福岡市西区姪の浜6丁目の路上で、同区姪の浜3丁目の予備校生、女性(19)が倒れているのがみつかり、まもなく死亡が確認された。

福岡県警によると、約15分後、手にけがをした少年が「知り合いの女性を刺した」と近くの交番に出頭。県警は回復を待って殺人容疑で逮捕する方針。

県警によると、出頭したのは被害者と同じ福岡市内の予備校に通う少年(19)=同市中央区。
服に血がついた状態で、両手の指の付け根にけがをしていたが命に別条はない。
現場には血の付いたナイフ2本とおのが残されており、被害者は首などに複数の刺し傷があった。
(全長20数センチのナイフ2本と、全長20数センチのオノ1本)

司法解剖の結果、死因は出血性ショックだったとの事。
県警は、少年が複数の凶器を使って被害者を襲った可能性があるとみているとの事。

2人は昨年4月から予備校に通っていたが、県警は過去に警察にストーカーなどの相談はなかったと説明しているとの事。

親族によると、被害者は熊本県出身。
予備校の説明では、2月25~26日に国公立大の2次試験を受け、3月上旬の合格発表を待っていたとの事。

現場はJRと福岡市地下鉄の姪浜駅から北に約700メートルの住宅街。
近くの男性によると、ベランダにいた妻が、馬乗りになって襲う男を見た。
男性が外に出ると、若い女性が仰向けに倒れていた。「『大丈夫?』と声をかけたが反応はなかった。抵抗したのか、右手に短い髪の毛をつかんでいた」との事。

少年が出頭した交番近くの男性は「交番の前に血が落ちていて、若い男が立っていた。両手にタオルをかぶせ、血がボタボタ落ちていた。やってきた救急車に乗り込み、落ち着いた様子だった」と話したとの事。

被害者は昨年4月から、福岡市西区のアパートで兄と一緒に暮らし、同市中央区の予備校に通っていた。
予備校の責任者は取材に「非常にまじめで模範的な生徒だった。難関国立大の文系を目指し、前期試験の結果を待ちつつ、後期試験の出願届を出していた」と説明。トラブルなどは把握していないとの事。

司法解剖の結果によると、被害者は、頭から足にかけて刃物によるとみられる切り傷や刺し傷が20か所以上あり、死因は出血性ショックだった。傷は首から上に集中していたという。
両腕には、抵抗した際にできたとみられる傷もあったとの事。

捜査関係者によると、少年が近くの交番に出頭した際、知り合いの女性を刺したと話し「ばかにされたと思い腹が立った」などと説明したとの事。

こんな事件ですね。
整理すると
発生:2016年2月27日20時50分頃、110番通報

場所:福岡市西区姪の浜6丁目の路上。JRと福岡市地下鉄の姪浜駅から北に約700メートルの住宅街。

被害者:福岡市西区姪の浜3丁目の女性予備校生(19歳)

遺体の状況:頭から足にかけて刃物によるとみられる切り傷や刺し傷が20か所以上あり、死因は出血性ショックだった。傷は首から上に集中していた。両腕に防御創。

凶器:現場には血の付いたナイフ2本とおのが残されていた(ナイフ、斧ともに、全長20数センチ)

容疑者:被害者と同じ予備校に通う男性予備校生(19歳)
両手の指の付け根を深く切る重症で治療中。回復後に逮捕の見込み。

動機:「ばかにされたと思い腹が立った」と出頭直後に交番で話している。

目撃情報:被害者に馬乗りになり襲っていた。

詳細はこれからだろうけど、なんとも理不尽な事件になりそうですね。
まー普通に考えれば、「馬鹿にされた」ぐらいで殺人などしない。その結果の代償の方が大きいからね。
この事件では、ナイフ2本になんと、斧まで用意している。
これは、普段から持ち歩くような物ではないから、事件は計画された物かな?

「近くの予備校生」と言う表現がちょっとわからないのだけど、予備校が現場に近いのか?、被害者の住所が近いのかはっきりしないですね。

時間が夜の21時頃なのですが・・・予備校の帰りを待ち伏せされたのかな?

容疑の少年の方も2月25~26日に国公立大の2次試験を受けてなかったのかな?

私の推測でしかないけど、この直前の2次試験の結果が、犯行の引き金じゃないのかな?
繰り返しになるけど、普通なら「馬鹿にされた」ぐらいで人は殺さないわけです。
容疑の少年は「馬鹿にされた事」を言い訳にして、受験しないで済む方法に逃げ込んでしまったのではないかな?

だから、本当は適当な理由があれば誰でも良かったのかもしれないね。
本人はそうは自覚してないだろうから、精神鑑定が必要かもしれませんね。

容疑の少年の成績や受験の状況がどうだったのか知りたいですね。

「馬鹿にされた」で思い出したけど、渋谷女子短大生バラバラ事件を思い出しました。
同じ予備校生だけど、単純に抑圧されたストレスと感情が爆発しただけと言う可能性もあるのかな?

***ここから引用***
歯学部受験のため予備校に通う被告に
(1)妹が「勉強しないから成績が悪いと言っているけど、それは分からないね」と言ったので木刀で殴った
(2)さらに「私は女優になってスターになる。(被告が)歯医者になるのは(歯科医の)パパとママのまねじゃないか」と言ったので、首をタオルで絞めたと認定。
「酌むべき事情もあるが、挑発的言動に憤激しており残虐で悪質」と述べた。


判決によると、被告は06年12月30日、自宅で妹(当時20歳)の首を絞めた後、浴槽に顔を沈めて殺害。遺体を切断した。
***ここまで***

続報を待ちましょう。

参考リンク
渋谷短大生バラバラ事件の謎
福岡県福岡市西区19歳女性予備校生殺人事件その2(続報)

| | コメント (1)

2016/02/27

大阪府吹田市声優女性殺人事件その3(容疑者逮捕)

続報です。
1)兵庫県警加古川署捜査本部は2月18日、殺人容疑で、被害者の知人で加古川市のアルバイト、男性容疑者(21)を逮捕した。

2)「自分に何かあった際には、疑ってほしい人物がいる」
捜査関係者によると、被害者の自宅からは事件後に、こうした趣旨のメモ書きが見つかっていたという。実名こそ挙げられていなかったが、容疑者を示唆する内容が記されていたことから、容疑者は早くから捜査線上に浮かんでいたとの事。

警察は、容疑者が、何らかの理由で、被害者を脅していたとみて調べている。

3)容疑者がアルバイトしていた食料品店の社長(48)によると、事件発生直後に捜査本部から「勤務状況を教えてもらいたい」と礒野容疑者について問い合わせがあったとの事。

社長らによると、容疑者は兵庫県高砂市の定時制高校を退学、平成25年3月から店で働いていた。「不満をあまり言わず、無断欠勤もなかった」(社長)が、近くに住む60代の男性は「変わった人物と噂になっていた。外でノコギリを振り回していた、という話も聞いたことがある」と話したとの事。

4)捜査本部によると、被害者は昨年夏ごろ、知人男性を介して容疑者と知り合ったが、交際はしていなかったという。捜査本部は、2人の間の金銭トラブルなどについて容疑者を調べる方針との事。

5)「被害者の頭部を殴って殺害した。凶器は現場近くに捨てた」と容疑を認める供述をしているとの事。

6)捜査関係者によると、被害者は容疑者の仲介で知人男性に金を貸しており、容疑者は、被害者が昨年12月初めごろに自分の口座から下ろした現金計約100万円を受け取っていた。捜査本部は2人に金銭トラブルがあったとみて動機を調べている。

7)兵庫県警加古川署捜査本部は2月19日朝、殺人容疑で逮捕した食料品店アルバイト容疑者(21)=加古川市東神吉町砂部=を神戸地検姫路支部に送検した。

8)殺人容疑で逮捕されたアルバイト容疑者(21)=加古川市東神吉町=が「ハンマーで(被害者の)頭部を何度も殴った」と供述したとの事。
ハンマーを事前に準備したことも認めているといい、兵庫県警加古川署捜査本部は計画的に襲った可能性があるとみて動機や経緯を調べる。

捜査関係者によると、容疑者は捜査本部の調べに「ハンマーは事件後に捨てた」と説明。当時、被害者が着用していたコートや持っていたかばんについても「捨てた」と話しているという。ただ、いずれも見つかっておらず、捜査本部はあらためて遺体発見現場の周辺などを捜索し発見を急ぐ。

9)兵庫県加古川市で女性が殺害された事件で、逮捕された男の携帯電話の「位置情報」が殺害時間帯に現場の近くで確認されていたとの事。

容疑者(21)は去年12月7日午前2時ごろ、加古川の河川敷付近で、被害者(20)の頭を鈍器で殴り、殺害した疑いが持たれています。
被害者は6日深夜にJR加古川駅に到着し、容疑者と合流したとみられますが、その後の警察の調べで、容疑者の携帯電話の位置情報が被害者が殺害された時間帯を含む7日未明に現場近くで確認されていたことが分かりました。

10)容疑者はこの時、被害者から現金100万円を受け取り、その後、バイクの購入費や遊興費などでほとんど使い切ったとみられます。
警察は被害者が100万円を引き出した理由などを調べています。

11)殺人容疑で逮捕された加古川市のアルバイト、容疑者(21)が昨夏以降、被害者から現金約20万円を借りてトラブルになっていた元交際相手の勤務先に、計3回にわたって取り立てに赴いていたことが分かった。
元交際相手は、「暴力団員を名乗り、威圧的だった」と当時の状況を語ったとの事。

元交際相手によると、容疑者は昨年8~9月ごろ、計2回にわたって、取り立てのために大阪市内の勤務先を訪れた。被害者と、被害者が借金トラブルを相談していた知人男性などと一緒だった。

初めて会った際、容疑者は名乗りもせずにつかみかかり、元交際相手の携帯電話を奪った上、「金、借りとるよな。おれ、山口組のもんやけど」などと暴力団員と自称し、返済を要求してきたとの事。

2回目に取り立てを受けた際、元交際相手は、1カ月ごとに被害者の口座に2万円を振り込む方法で全額返済するとの誓約書を書いたが、納得できない部分があり、これまで返済したことはないとの事。

容疑者はさらに、被害者の遺体が発見される前日の同年12月11日にも勤務先を訪問。元交際相手は不在だったが、元交際相手の同僚に現金が振り込まれていないことを告げ、立ち去ったとの事。

捜査関係者によると、被害者と元交際相手はもともと専門学校時代の同級生で、同じ友人グループに属していた。知人男性も同じグループの一員で、3人は遊び仲間だったとの事。

昨夏、被害者から「貸した金が返ってこない」と相談を受けた知人男性が、取り立てに適した人物がいるとして容疑者を紹介。知人男性は、容疑者がアルバイト先の客だったことで知り合ったとみられるとの事。

12)容疑者(21)が「凶器のハンマーを事前に準備し、犯行後に川に捨てた」との趣旨の供述をしている。容疑者(21)が「凶器のハンマーは、事前に自宅から持ち出し、準備していた」と供述している。

13)逮捕された男が事件後、周囲に女性を捜すそぶりを見せるなど「事件との無関係」を装っていた。

その後の警察の調べで、容疑者が事件後、周囲に「被害者と連絡が取れない」などと話し、行方を捜すふりをしていたことが分かりました。
被害者の元交際相手:「(容疑者が来た時は)被害者がすでにもう消息不明という状態で、『お前が拉致監禁しているんじゃないか』という感じで来た」
警察は、容疑者が事件への関与を隠すため「偽装工作」をしていた可能性があるとみています。

14)殺人容疑で逮捕された容疑者(21)が、被害者が元交際相手に貸した現金について、「『報酬をもらえる』と言われて取り立て役を引き受けた」と周囲に話していたことが分かった。

15)兵庫県加古川市で女性を殺害した疑いで逮捕された男が、女性を後ろから突然襲った疑いがあることが分かった。

関係者によると、容疑者は右利きで、被害者の頭の傷は右側に集中し、抵抗したあともないことから、警察は、容疑者が被害者を後ろから突然襲った疑いがあるとみて調べている。

16)捜査関係者によると、同容疑者は携帯電話の無料通信アプリで被害者とやりとりしていたが、金銭の授受に関する内容はなかったという。2人の間に何があったのかが捜査の焦点となっている。

被害者は事件直前の昨年12月6日深夜から7日未明にかけ、JR加古川駅周辺を1人で歩く姿が防犯カメラに写っていた。容疑者は「2人で待ち合わせて現場に向かった」としており、合流後の具体的な足取りを確認している。

17)容疑者(21)が「殺害の前に被害者から約100万円を受け取った」と供述していることがわかった。

この金は、被害者が事件直前に自身の口座から引き出したものとみられ、県警は金銭授受の理由を慎重に調べている。

捜査関係者によると、容疑者は調べに対し、遺体発見現場近くの加古川周辺で、被害者から金を受け取った、と説明。その後、自宅から用意してきたハンマーで被害者の頭を殴って殺害したと述べているという。

容疑者は12月下旬、バイクの購入・改造費数十万円をバイク店に支払っており、県警は、この金を充てたとみている。

18)容疑者(21)=同市=が「金が欲しくて殺した」という趣旨の供述をしていることが分かった。「100万円を持って来させ、受け取った後にハンマーで頭を殴った」とも話しているといい、県警加古川署捜査本部は金銭目的とみて追及する。

こんなところですね。
結局のところは、金銭問題が発端になっているけど・・・
交際相手に20万の大金(学生にしたら大金でしょう、新人なら一月分の給料以上でしょう)を貸してしまうあたりから、既に問題はあったけど、それを返済しない交際相手に、暴力で返済させようと言う発想が輪を掛けて、問題を悪化させてしまっている。

悪い男から、更に悪い男を使って、取り立てようとしたわけで、相談した相手も悪かったんでしょうね。

問題解決の方法を間違えてしまったね。

若いから世の中の事を知らない、世間知らずとは言え、もう少し、ちゃんとした人に相談していれば、少なくとも命を落とすような事は無かったと思う。

だいたい、金の取り立てをアルバイト先の客として知り合った程度の人間に依頼するって、どの程度信頼できる人なんですか?(柄が悪いから、相手がビビると思った程度じゃないのかな?)

報酬はどのぐらい支払う事で合意していたんですか?
これまでの話だと、回収するお金は20万円ですから、その一部として、5万円ぐらいですか?

だけど、結局、回収できずに、オレの報酬どうなった?で逆ギレして、今度は100万円要求したって感じに見えますよね。

そもそも、容疑者は近づいちゃいけないような人物なんですよ。
普通に生活していれば、知り合う事も無かったと思います。

なんだろう、男運が悪いと言う事なのか?最初の交際相手に20万を貸してしまった事で、100万脅し取られて殺されてしまうと言う、風が吹けば桶屋が儲かる的な展開がなんとも気の毒ですね。

とにかく、友人は選びましょう。
他に言葉が見つかりません。

参考リンク
大阪府吹田市声優女性殺人事件その2(続報と妄想)

| | コメント (8)

2016/02/24

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その14(公開画像)

事件後半年の節目報道でいくつかの画像が公開されたのでメモしておく。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

事件直前に自宅近くのコンビニでの映像 布団カバー、縦200センチ、横150センチ、イチゴ柄でチャック付き イチゴ柄

 

さて、こんな感じです。
布団カバーって、使用中の物をわざわざ、外したのだろうか?
布団カバーを外すのって結構、手間だと思うんですよね。
極端な話では、風呂敷状の物が必要なら、布団から外さずに、刃物で切り取ってもよかったはずなんだよね。

わざわざ、外したのなら、布団カバーがあった事自体を隠したかったのかもしれないね。

事件直前と言うよりは、帰宅前にコンビニによって買い物をしたんだろうけど・・・
何を購入したのか?知りたいですね。
見た感じ、手に持っているのは「お弁当」では無さそうなんだけど・・・

お酒かな?見たところ、1本みたいだから、誰かと約束してたわけではなさそうですね。
風呂上がりに一本飲もうと言うあたりかな。

持ち去られたとの情報があるのが
1)トートバッグ
2)財布
3)女性の当日着ていた服
4)シーツ
5)毛布
なので、今回公開された、布団カバーは今回初めて公開されたと言う事ですね。

それから、当日着ていた服ってのはこの服なんだろうね。
そして、リュック・・・靴以外の当日、身に着けていた物が持ち去られているって事になるのかな?

ただ、もし、そうだとすると、犯人は下着まで持ち出したのか?
被害者が服を着た状態で死亡したなら、犯人が遺体から服を脱がせて持ち去った事になる。

どちらかと言えば、下着を持ち去ったのなら、「変態」の犯行としては説明しやすいのだけど、上着も持ち去ると言うのがわからない。

しかし、「洗濯カゴには下着が入っていた」と言う情報もあり、組み合わせができるね。

A)被害者が着衣のまま、死亡、衣服を脱がせて、下着、上着共に持ち去った場合。
 (洗濯カゴの下着は当日着ていた物ではない)

B)被害者が着衣のまま、死亡、衣服を脱がせて、上着のみ持ち去った場合。
 (下着は洗濯カゴへ入れた)

C)被害者が全裸で死亡、脱いであった上着を持ち去った場合。

変態らしい変態と言うなら下着、上着、両方持ち去ったA)が説得力があるんだけど・・・

B)やC)の場合、なぜ?と考えてしまう。
それは、布団カバーも同じなんだけどね。

犯人にしかわからない、趣味嗜好なのかもしれないけど・・・でも、それほどまでに、強烈な心理的「囚われ」や「拘り」なら、日常生活にもそれらが表れている可能性はありますね。

周辺で女性の服や持ち物を不必要に沢山持っている男性がいたら、一度、警察に連絡してみたも良いかもしれませんね。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その13(リモコン)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その15(容疑者逮捕)

| | コメント (26)

2016/02/23

熊本県菊池市エステ店男性従業員殺人未遂事件

2月21日(日)未明、熊本県菊池市で、エステ店の従業員の男性を殺害しようとしたとして、熊本市に住む公立中学校の教諭ら女2人が、殺人未遂の疑いで警察に逮捕される事件が起きている。

逮捕されたのは、いずれも熊本市に住む公立中学校教諭・女性S容疑者(44)とエステ店の店員・女性T容疑者(53)の2人。
警察によると、S容疑者らは21日午前4時25分ごろ、菊池市のエステ店に住んでいる従業員の男性(45)が寝ていたところを、頭を石で殴るなどして殺害しようとしたとして殺人未遂の疑いが持たれているとの事。

被害者は、頭の骨を折るなど全治4週間の大けがをしたが、殴られた後、自分で警察に通報したとの事。

警察は、近くに駐車していた車にいたS容疑者らに任意で事情を聴いたところ、「金銭トラブルがあり、殺そうと数回石で殴った」と容疑を認めたとの事。

逮捕された2人は2013年10月から去年12月までの間、3回にわたって「男性から暴力を受けている」「『高級車が欲しい』「小遣いが欲しい」など無理難題を言われている」と警察に相談していたとの事。
また、警察の調べに対し、「殺すつもりで2人で石で殴った」と容疑を認めているとの事。
3人は十数年来の知り合いで、S容疑者(44)とT容疑者(53)が、今回、事件があった男性の家に泊まりにいくこともあったとの事。

警察では、金銭トラブルが事件の動機になっているとみて詳しく調べている。
22日の現場検証では、凶器とみられる石などの発見には至らなかったということです。
また、メモやノート類数十点を証拠品として押収。
23日以降も関係各所を捜索にあたることにしています。

警察は被害届を出すよう促したということですが、2人は拒否し、警察も男性へ接触していなかったとの事。
警察は動機などについてさらに詳しく捜査を進める方針です。

こんな事件ですね。
被害者も容疑者も生存しているので、今後、詳細が出てくるでしょう。
被害者はエステ店従業員の45歳男性。
容疑者は女性2名で44歳女性教諭と53歳エステ店従業員。

動機は「金銭トラブル」
2013年10月から昨年12月までに3回、容疑者が警察に相談している。
がちょっと、これは不思議な印象ですね。

容疑の女性2名は暴力や高級車、金銭(小遣い)を要求されて、警察が被害届を出すように勧めたにも係わらず、二人はこれを拒否してますね。

では何の為に警察に相談したのか?
そりゃあ、助けてほしかったんでしょうね。
だけど、被害届を出すと、都合が悪い事があって、被害届は出さなかった。

普通に考えれば、弱みを握られていて、脅されていたんだろうね。
しかも、それを、警察にも話せない内容なんでしょう。

今回、被害者が生き残ったのはただの偶然ですね。
運が良かっただけでしょう。

まじめな人間ほど、追い詰められると極端な行動にでてしまうけど、今回はそのパターンでしょうね。
意を決して警察にも相談したけど、結局、解決できずに、自分達で解決するしかないと追い詰められてしまったんでしょう。

だけど、事ここに至っては、全てを話して楽になっていいんじゃないかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2016/02/22

東京都福生市武蔵野台皮はぎ遺体損壊事件その5(自殺)

東京都福生市のマンションで昨年11月、顔から血を流して死亡していた住人の男性(当時38)について、警視庁が、顔の傷はペットによるものだと判断したとの事。
死因は睡眠薬を多量に摂取したことによる薬物中毒死と断定し、捜査を終えたとの事。

福生署によると、遺体発見時、男性の顔には皮膚をはがしたような激しい損傷があった。
署は死体損壊の疑いがあるとみて調べたが、現場の状況や法医学者、獣医学者の意見などからペットの犬がかんだと結論づけたとの事。

同居していた男性によると、部屋では小型と中型の犬2匹を飼っていた。
中型犬は、保健所に送られる前に保護団体から引き取った雑種犬との事。
犬の行動に詳しい帝京科学大学の教授(動物行動学)談、「ドッグフードだけでなく、何でも食べた経験のある犬は、人間の皮や肉を食べたとしても不思議ではない」。

署によると、遺体からは睡眠薬などの薬の成分が6種類検出され、うち2種類が致死量に達していたとの事。
同居の男性に送っていたLINE(ライン)の内容などから、署は自殺の可能性が高いとみているとの事。

こんなところですね。
捜査を終了したと言う事は最終的に、「自殺」と言う判断したんでしょうね。
顔の皮を剥ぐと言う、猟奇的な犯行と思われた事件は、結局、自殺でしたか。

顔を隠して、遺体の身元を隠そうとした?とも考えたけど、結局、遺体は男性の自室に放置したままだし、指紋もDNAのそのままなので、身元を隠す事はできないからね。

発作的な自殺だったのかな?
薬物は以前から飲んでいたようなので、現場にあっても不思議ではないし、以前から恋人(養子)との関係は悪くなっていたようですが・・・
もともと、性同一性障害などもあったようですから、メンタル的には不安定だったのかもしれませんね。

加えて、いろいろと追い詰められてしまったのかな。

性的少数派の方ですと、このあたりは難しいのかもしれませんね。
婚姻関係が作れないので、養子縁組したようですが、関係が壊れてしまった後はどうするの?って事になりますよね。
その意味では、渋谷区の「パートナーシップ証明書」は一つの解決策になるかもしれませんね。

亡くなった男性のご冥福をお祈りします。

参考リンク
東京都福生市武蔵野台皮はぎ遺体損壊事件その4(中毒死?)

| | コメント (4)

東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その13(リモコン)

続報です。
これまでの調べで、現場の部屋から直前まで着ていた衣服や黒いリュックサック、トートバッグなどあわせて10数点がなくなっていたことが分かっていますが、その後、エアコンのリモコンもなくなっていたことが新たに分かりました。
部屋のエアコンはついたままだったということで、警視庁は、犯人がリモコンを操作した後、証拠を残さないために持ち去った可能性があるとみているとの事。

事件2週間前の去年8月12日、女性の自宅からわずか400メートルほどのマンションで、エアコンのリモコンだけが盗まれているのを旅行から帰宅した女性が見つけました。
女性は1人暮らしで、玄関ドアの内側にはペンで「部屋を片付けろ、幻滅した」という言葉や性的暴行を加えたかったという内容の言葉が殴り書きされていたとの事。

同じ時期に、同じ地域で1人暮らしの女性が狙われ、エアコンのリモコンがなくなるという複数の共通点。
警視庁は不審人物の洗い出しを進めるなど、殺害事件との関連について捜査しているとの事。

こんなところですね。
要点としては
1)被害者の部屋から、エアコンのリモコンが無くなっている。
2)被害者の部屋のエアコンはついたままだった。
3)昨年8月12日、事件現場から400メートルのマンションで、エアコンのリモコンが盗まれていた。
4)リモコンが盗まれた部屋には「部屋を片付けろ、幻滅した」「性的暴行を加えたかった」との殴り書き有。

エアコンのリモコンがなくなっていた事が共通点と言う事ですが・・・
関係あるのかな?と素朴な疑問ですね。

殺人事件が起きたのが、8月25日の未明と推定。この日の東京の気象情報は「晴れ」
24:00 21.7度、湿度68%、3.9mの風
01:00 21.6度、湿度65%、4.5mの風
02:00 21.8度、湿度64%、2.6mの風

気温は高くないけど、湿度が高い、前日(つまり昼間)の最高気温は14:00で27.8度、暑いよね。
帰宅前にはアルバイトもしていた、エアコンが効いていたとは思うけど、体を動かしていれば汗は出るだろうね。
帰宅直後にシャワーを浴びたいと考えても不思議じゃない。

エアコンは被害者がONしたのか?犯人がONしたのか?
気温が21.7度で比較的涼しいし、家賃を2か月も滞納している被害者がエアコンを使うのはちょっと厳しいと思います。
被害者の金銭感覚がわからないので、なんとも言えないけど、常識的な判断なら、窓を開けると思うな。

そのタイミングで偶然、周辺の独身女性の部屋を物色していた犯人に気づかれて、侵入され、被害に遭遇と考える事もできるけど・・・

犯人がエアコンを操作する理由があるの?
体温から死亡推定時刻をかく乱する事は可能かな。しかし、そんな事、ちょっと考えつかないけどね。
それに、もし、そうなら、部屋は不自然なほど、暑いか?寒いか?どちらかでないと、かく乱できないと思う。
そのあたりの報道が無いから、多分、部屋の温度は不自然な温度じゃなかったと思うね。

かく乱以外では、犯人自身が暑かったのでエアコンを入れたと言うのもありだけど・・・
そんなに、長時間、現場に滞在したとも思えないけどな・・・
物品を物色して運び出したようだけど、それもそんなに長時間、現場に居たとは思えないけどね。

性的暴行の可能性はあるけど、玄関前だし、多分、フローリングの上(だと思う)、そんな場所で・・・そこまで大胆な行動ができるとも思えないけど・・・
だいたい、それならエアコンの風があたる場所に移動すると思うな。

それから、犯人がエアコンのリモコンを持ち去る理由があるの?
証拠隠滅の可能性はあるけど、エアコンのリモコンに犯人の証拠があるのかな?
例えば、別の家のリモコンを盗んだ犯人と同一犯だったとして、リモコンが盗まれた女性の家から、犯人の指紋は出なかったんでしょ?

それなら、こっちの事件でも、犯人がリモコンに指紋などを残している可能性は低いんじゃないかな?
つまりは、犯人は窃盗や性犯罪の常習者でそれなりの、準備をして犯行を行っている・・・と思うんだけど・・・

なので、リモコンを持ち去ったのは、証拠隠滅ではない、別の理由で持ち去った可能性もあるよね。

そう考えると、他に持ち去られた物としては以下の感じです。
A)トートバッグ
B)財布
C)女性の当日着ていた服
D)シーツ
E)毛布
F)詳細は不明だが他にも10点ほどの物品が無くなっている。

詳細が不明な物もあるので、全体がわからないけど・・・
女性の当日の服、シーツ、毛布は女性が身に着けていたり、ベッドで使っていた物だよね。

・・・単純にただの「変態」あるいは「フェチ」と言うのも有りなのかな?

しかし、ホントにそんな犯人なら、他の事件で証拠を残していると思うのですが・・・・

持ち去られた約10点の詳細が知りたいですね。

参考リンク
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その12(続報)
東京都中野区弥生町女性劇団員殺人事件その14(公開画像)

| | コメント (6)

2016/02/17

大阪市此花区春日出北2か月長男虐待死事件

生後2カ月の長男に暴行し死亡させたとして、大阪府警は2月16日、父親でアルバイトの男性容疑者(22)=堺市西区草部=を傷害致死の疑いで逮捕する事件が起きている。
「昼寝中に子供の泣き声で起こされてイライラし、布団の上に落としたら動かなくなった。パニックになり、前後に揺さぶった」と供述しているとの事。

逮捕容疑は昨年3月26日ごろ、当時住んでいた大阪市此花区春日出北3の自宅アパートで、長男の頭部に何らかの暴行を加えたとされる。長男は同日夕、意識不明の状態で病院に運ばれ、1週間後に亡くなったとの事。

捜査1課によると、容疑者は当時、妻(28)、長男、長女(2)との4人暮らし。買い物先から帰った妻に長男の異変を知らせ、自ら119番した。妻とは事件後に離婚しているとの事。

長男の頭には激しく揺さぶられたことがうかがえる硬膜下血腫が複数見つかり、虐待を疑った病院が府警に通報した。司法解剖の結果、死因は外傷性脳浮腫だったとの事。

容疑者は当初、府警の任意聴取に「泣き出した子供の機嫌を取ろうと持ち上げた際に布団に落としてしまった」と説明。しかし、複数の鑑定医が調べた結果、長男は何度も頭を揺さぶられるなどの暴行を受けた疑いが強まったとの事。

こんな事件ですね。
若い男性が一人で子守をしている時に、泣き声にイライラして事件が起きると言うのは、多いパターンですね。
生後2か月では、母親に買い物に連れて行けと言うのは、無理でしょうね。
どうする?と言われれば、長男は夫に子守をさせて、買い物に行く方が自然かもしれませんね。

まさか、夫が虐待するとは思わないですからね・・・
でも、「昼寝中に起こされて」と言う事だから、母親は夫に黙って、2か月の長男を置いて買い物に出てしまったのかな?

それでも、ベビーベッドに寝かせてとかなら、有りかもしれませんね。
それにしても、上に2歳の長女が居るのに、夫は子育てに参加してなかったのかな?
泣いたら、おむつ代えるとか、ミルク飲ませるとか、出来たと思うけど???

単純に昼寝中に起こされて、頭に来てやったのなら、ただの「おバカさん」としか言いようがないですね。

若い男性に子守を頼む時には、「この人は大丈夫だろうか?」「この人に子守ができるだろうか?」と一度考えてから、頼んだ方が良さそうですね。
しかし、父親ならそのぐらい出来て欲しいと思いたいところはありますね。

亡くなった男児のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

福岡県久留米市荒木町16歳長女金魚食虐待地獄事件

16歳の娘に金魚の死骸を食べさせたとして福岡県警は2月16日、母親の福岡県久留米市荒木町荒木、無職女性容疑者(46)と同居する自営業(自動車板金業)男性容疑者(46)=いずれも逮捕監禁致傷罪などで公判中=を強要の疑いで再逮捕し、発表する事件が起きている。

久留米署によると、2人は昨年6月初旬ごろ、自宅アパートで娘に「全部食べて」などと言い、30匹以上の金魚の死骸を1匹ずつすくって無理やり食べさせた疑いがある。
飼っていた金魚のえさのやり方に文句をつけ、水槽に洗剤を入れて金魚を死なせた上で、食べさせたという。
女性容疑者は容疑を認め、男性容疑者は「そんな事実はありません」と否認しているとの事。

両容疑者は昨年、娘をロープでベッドの柵に縛り付けて監禁して顔を殴るなどの暴行を加えたほか、舌にたばこの火を押し付けたなどとして逮捕され、起訴された。昨秋以降、両容疑者の逮捕は5回目との事。

娘に、健康被害はなかったとの事。
2人は、日常的に虐待を繰り返していたとみられ、たばこの火を押しつける行為などで、すでに起訴されている。

長女は、「しつけ」として日常的に虐待されていて、拒否すればまた殴られると思い、金魚の死骸を自ら口にしていたとの事。

2人は、長女をベッドに縛りつけたなどとしてこれまでに4回逮捕され、すでに監禁傷害などの罪で起訴されている。

娘への虐待で2人が逮捕されるのはこれで5回目。火のついたタバコを舌に押し付けたり、食べ物を無理やり食べさせたり、吐いたものをまた食べさせたりなど、「猟奇的な虐待」は日常的に繰り返されていたとの事。

最初は15年9月25日に監禁致傷と傷害の両容疑で逮捕された。
その後、同10月29日に強要罪容疑で、同12月3日に暴行罪の容疑で、そして16年1月14日には監禁と暴行の両容疑で逮捕していて、今回の逮捕は5度目になる。

どのような虐待を受けていたのか。報道によれば自宅のベッドの柵にロープで縛り付け監禁し顔を何度も殴った。娘が冷蔵庫を開けたことで「食べ足りないなら、食べさせてやる」などと腹を立て、アイスクリームなどを無理やり食べさせた。
娘が嘔吐するとその嘔吐物も無理やり食べさせた。
自宅のリビングで火の付いたたばこを長女の舌に複数回押しつけた。
軽乗用車に監禁し車内で顔を数回殴ったなどと報じられている。

今回の虐待を良く知る久留米市の男性に話を聞くと、近所の人が2人の虐待に気がついて行動し、娘を母親の親族の家に避難させたとの事。
その親族が警察に通報したことで事件が発覚したという。 2人は5回逮捕されているものの、出所する度に虐待を繰り返したわけではなく、1回目の逮捕から娘への虐待の「余罪」はないかの捜査が始まり、再逮捕が繰り返されているとの事。。

こんな事件ですね。
時々想像を絶するような、文字通り「事実は小説より奇なり」を地で行くような事件が起きますね。
ただ、あまりにも常軌を逸した行動なので、メンタルに問題があるのではないか?と疑いたくなります。
まー、親子関係と言うか、親が子に持つような愛情は既にに無いし、いつか生命の危険に直面するような虐待に発展しかねない事を考えると、この親とは引き離して、長女には別の環境で生活するのが良いと思います。

虐待事件では、起こりがちなんですが、夫婦とか男女のパートナーがそれぞれ、同調して虐待してしまう事が起きます。今回の事件でも、46歳の母親と46歳の内縁の夫が、普通じゃ考えられない虐待行為をしているようですね。

どちらかが先に虐待を初めて、それを容認する形で虐待に参加していると思うのですが・・・
内縁の夫の方はどうして、そんなある意味、無意味な虐待に加担してしまったのかが不思議です。

小さい子供だと、躾の延長でエスカレートしてしまう事もあるでしょうが、今回は16歳ですからね。
それに、些細な事がきっかけで虐待してますし、普通に考えれば、それで家庭内が円満になるはずが無いんだけど・・・

母親が46歳ですから、これから内縁の夫の子供を出産するのも難しいでしょう。
内縁の夫は将来的にどうするつもりだったのかわかりませんが、このまま同居生活を続けていけば、将来、自分達夫婦の面倒を見てくれるのがこの長女になる事ぐらい想像できたと思いますが・・・

一方で娘が結婚して他の家に嫁に行けば、もう、そこで縁が切れると言う割り切りか?
でも、嫁に出ても、息子より娘の方が面倒は見てくれると思いますけどね・・・

将来の事を考えれば、義理の娘になるかもしれない(事実婚ならそうなるね)娘にこんな、酷い虐待をする理由は内縁の夫には無いだろうね。

むしろ、妻を止めて、カウンセリングを受けさせるとか同居がうまくいかないなら、親族に預けるとかそういった、方法を考えるべき立場なんだけど・・・

「類は友を呼ぶ」と言う事なのでしょうか?
ただの「おバカさん」なんでしょうか?

しかし、救いのないこの事件で、唯一の救いは近所の良識ある人たちが、娘を救出した事ですね。
もし、このまま、放置していたら、最悪の事態も考えられる、恐ろしい事件でした。

娘にはとにかく、生き残って良かったと言いたいです。文字通りサバイバーです。
辛かった事は忘れて、人生を前向きに生きてもらいたいです。
児童相談所は娘のメンタル面でのケアが必要だと思いますので、支援して欲しいと思います。

| | コメント (6)

2016/02/16

香川県観音寺市運動公園猫惨殺事件

香川県観音寺市のスポーツ施設が集まる公園で2月11日(祝木)朝、腹に傷を負って死んでいる猫が見つかる事件が起きている。
人為的に切り裂かれた可能性もあり、警察が調べを進めている。

猫が見つかったのは観音寺市総合運動公園で、11日午前8時頃、公園内で開催されたイベントの関係者から「駐車場で猫が死んでいる」と管理者に連絡があったとの事。

猫は腹に傷を負っていて、警察が動物病院に運び込み、獣医師が傷口を見たところ、刃物のようなもので腰骨まで切られていて、交通事故や野犬によるものとは考えられないとの事。

この公園では、数十匹にも増えた野良猫が問題となっていて、先月からボランティアによる避妊・去勢が行われていた。

4日には、遊具の近くでしっぽの先をケガした猫が保護されていて、ほかにも同じような猫が目撃されていた。11日に死んでいた猫も避妊手術をした大人の雌だったとの事。

現場の公園は香川県西部の中核となるスポーツ施設が集まっていて、警察では動物愛護法違反の疑いでも調べを進めることにしているとの事。

こんな事件ですね。
香川県での動物虐待事件は報道された物(ASKAの事件簿の記録)では2009年のさぬき市のウサギ殺し事件、(小学校のウサギの首を切断する事件)があったぐらいなので、それほど、動物虐待事件が多い地域ではないと思います。

今回の事件も、どうも、増えすぎた野良猫を迷惑と思った人物の犯行のようにも見えますが・・・
そういう場合は、毒入りの餌を撒いてしまうような事件になるので、一匹だけを刃物で殺害すると言うような手間をかける事を嫌うと思うけど・・・しかし、目を引くほどの残忍さではない・・・

とにかく、周辺の方は注意が必要ですね。

| | コメント (4)

静岡県高校生出産嬰児遺体遺棄事件

生まれたばかりの乳児の遺体を遺棄したとして、静岡県警富士署は2月15日、県東部に住む10代の高校生の男女を死体遺棄容疑で逮捕したと発表する事件が起きている。

容疑は、今年1月下旬ごろ、生まれて間もなく死亡した男児を、少年の自宅の部屋に遺棄したとしている。
2人は容疑を認めているとの事。

県警捜査1課によると、2人は交際中で、少女は1月下旬、自宅の浴室で男児を出産。
男児の父親の少年が自宅に男児を持ち帰り、放置していた。県警は男児の死因を調べている。

少女は2月10日、体調不良で同県内の病院を受診。医師が出産に気付き、少年が病院に男児の遺体を持参した。遺体はタオルにくるまれた状態でバッグに入れられ、腐敗が始まっていたとの事。

少女は、少年に妊娠を打ち明けていたが、親などには相談していなかったとみられるとの事。

こんな事件ですね。
まー大人が起こす事件とは少し事情は違うのだけど・・・こんな事件は数年に1度ぐらいの頻度で起きますね。

自宅で出産と言うのも、ある種、凄いと言うか、向こう見ずと言うか・・・
ちゃんとした病院で出産するのも危険が伴うと言うのに、もし、何か異常な事態となったら、どうするつもりだったのか?
生まれてくる子供はもう、育てるつもりはなかったのかもしれないが、母体の方も危険だと言う事を理解していたのかな?

出来てしまってどうする?って二人で相談したけど、結局、それがどんな悪い事かを当事者の二人が理解していたから、結局、誰にも相談出来なかったんだろうね。
親に話せば、どういう事になるかは想像できたんだろう。

だけど、相談していれば、違う解決策は見つかっただろうね。
生む前の段階での対応もできたかもしれないし、生むなら安全な方法などもあっただろう。
少なくとも、無意味な殺生をする事は無かったんじゃないかな。

以前にも、生まれた子供の遺体を当時の高校生だったか?大学生だったか?が埋めて、数年後に自首した事件があったけど、今の目先の問題が解決できたからと言って、自分たちの心の傷は隠す事はできないんだよね。

一生、背負い続けていかなければならい心の傷になる。

今後はこんな事件が起きなければ良いと思うけど、それには具体的な方策が必要なんですよね。
中高校生なら避妊は教えなければならないのでしょうね。

| | コメント (2)

2016/02/15

福岡県久留米市城島町カセットボンベ爆発事故

2月14日(日)午後2時半ごろ、今年の新酒を披露するイベントが開かれていた福岡県久留米市城島町の「城島町民の森」で、焼き鳥の露店にあったカセットコンロ用ガスボンベが破裂し、4歳の男児を含む11人がやけどなどのけがをする事故が起きている。

県警久留米署によると、うち10人のけがは軽く、残る男性1人の負傷の程度は不明だが、命に別条はないとの事。

イベントは市や城島・三潴両地区などの事業者でつくる「久留米南部商工会」などの実行委員会が13、14日に開いた「城島酒蔵びらき」。
同署などによると、事故は同商工会の青年部の露店で発生。
焼き鳥に使うため着火した木炭のそばに置かれていたカセットコンロ用ガスボンベが過熱し、破裂したとみられる。同署が管理態勢などを調べているとの事。

負傷したのは4~68歳の男性9人と女性2人。このうち、青年部の3人と来場者5人の計8人が、顔にやけどを負うなどして病院に運ばれたとの事。

近くの露店の女性(43)によると、午後2時半ごろ「バンッ」という爆発音が響き、ボンベが青年部のテントを突き破り男性客に当たった。
隣で焼き鳥を売っていた男性(52)は「頭髪が焦げた男性が店から走ってきた」、客の30代男性は「熱風が後ろから来た。振り返るとテントの内側が真っ赤だった」と話したとの事。

こんな事故ですね。
日常生活で焼き鳥を炭火で焼くような事はしていなかったんでしょうね。
それで、注意がカセット用のガスボンベに向かなかったと言う事なんでしょうが・・・

2013年夏の京都府福知山市花火大会露天商爆発事故があってから、こういったイベントなどでの屋台、出店では火の取り扱いには注意していると思っていたのですが、どうも、そうでもなさそうですね。

福知山の花火大会の事故では、携行缶のガソリンが発電機の排気で熱せられてしまったのが原因でした。

今回の事故の原因もカセット用のガスボンベが火の近くで熱せられてしまった事が原因なら、似た事故に見えますね。

ただ、実際にその場に居て作業していた、担当者が危険を意識できなかったのも、問題だとは思うのですが、ある程度、事故や火災に危機感を持った人間が見れば、危険な状況と言うのは見て取れたと思うのですが、そのあたり、巡回パトロールとかはしてなかったのかな?

夏場のバーベキューや冬の鍋などで、カセットコンロで事故があるので、それなりに、関係者の中にも注意している人はいたと思うのですが、カセットコンロを使う人を集めて、事前に注意するなんて事は無かったのかな?

今後は、イベントなどでカセットコンロや携行缶を使うような人は事前に集めて、取扱を注意するなど必要でしょうね。(福知山の事故以来、どこの会場でもやっていると思っていましたが、風化してしまったのかな?)

| | コメント (3)

大阪府枚方市パチンコ男児監禁事件

大阪・枚方市に住む男女が、自宅の浴室に6歳の次男を全裸のまま閉じ込めたとして、大阪府警枚方署は2月14日、同府枚方市内で同居するいずれも無職の母親(32)と内縁の夫(28)を監禁の疑いで逮捕したと発表する事件が起きている。
「パチンコに行くために邪魔になるので、外に出られないようにした。過去にも数回やった」と認めているとの事。

逮捕容疑は2月13日(土)午前9時ごろから約2時間、浴室外側のドアノブを結束バンドで縛って固定し、全裸の次男を監禁したとされる。次男は体温が下がっていたため病院に運ばれたが、命に別条はないとの事。

枚方署によると、近所の女性が13日午前10時ごろ、「男の子が『寒い、寒い』と泣き叫ぶ声が聞こえる」と110番通報したとの事。

署員が駆け付けた際、次男はぬるま湯につかり、体が震えていた。母親は「風呂場にいたらお菓子をあげると言っていた」と話しているとの事。

母親は子供3人、内縁の夫の計5人で2階建ての借家で暮らしている。
事件当時、2階和室では長女(9)と次女(1)がこたつの中で座っていたが、ふすまの外側には同様に結束バンドを使って内側から開けられないようになっていたとの事。

次男の両肩にはあざが見つかった。「普段から腕や体をたたかれていた」と話しているとの事。
枚方署は母親らが日常的に虐待をしていた疑いもあるとみて詳しい経緯を調べるとの事。
大家によると、一家は昨年12月から住み、母親は「子供3人と一緒に暮らす」と説明していたとの事。

こんな事件ですね。
もし、通報されなければ、次男は低体温症で亡くなる可能性もあったし、何かの事故で火災にでもなれば、閉じ込められていた子供達が逃げられずに、焼け死んだかもしれない。

そんな危険な行動だったのですが、そんな事は考えもしなかったのだろうね。

パチンコへ行く為に子供をないがしろにしてしまうような事が行われてしまう。
これがパチンコの害悪なんでしょうね。

ギャンブル依存症の可能性もあるので、一度、医師に相談してみた方が良いと思います。

| | コメント (3)

2016/02/11

神奈川県川崎市中1少年殺人事件その15(一審判決)

殺人罪などに問われたリーダー格の無職少年(19)=事件当時18歳=の裁判員裁判の判決で、横浜地裁は2月10日、懲役9年以上13年以下の不定期刑(求刑・懲役10年以上15年以下)を言い渡したとの事。

裁判長は「手口の残虐性は際立っている」としつつ「成育環境から生じた年齢不相応の未熟さが殺意の形成に影響している」「主導者として最も重い責任があるのは明らか」と述べたとの事。

裁判長は判決理由で、少年は年長者3人がかりで被害者に1時間余りもの間、カッターナイフで首などを切り付けたと認定。全身の傷痕は43カ所に及んだほか、被害者は命じられるまま真冬の川で2回も泳がされ、最後は放置されて自力で移動しながら絶命したとし、「凄惨というほかなく、手口の残虐さは際立っている」と非難した。被害者が味わわされた恐怖や苦痛は甚大で、「無念さは察するに余りある」と強調した。

裁判長は、被害者を真冬の川で2回泳がせ、岸に戻るとさらに切りつけることを繰り返した経緯から、「殺意が弱かったとか、殺害をためらったなどとは評価できない」とした。

また、「カッターナイフでほおを切るうちに、報復や逮捕を恐れて殺害を決意したとの動機は、通常では到底考えがたいほど極めて自己中心的で短絡的」と指摘したとの事。

別の少年からカッターナイフを差し出されたことが大きな契機となったとしつつ、「殺害は自身の判断で、少年自身の責任は大きい」とした。

犯行は「極めて自己中心的で短絡的な発想」とする一方、背景には少年に共感性の欠如や問題解決力の脆弱(ぜいじゃく)さがあったことも認めた。

少年の自己中心的な発想には、共感性の欠如や未熟さが表れているとしたうえで、父親から暴力を受けるなどした成育環境が「相当に大きな影響を与えている」と判断。
殺害に計画性がないことも踏まえ、「不定期刑を選択すべき事案で、その上限が相当とまでは言えない」と結論付けたとの事。

判決によると、少年は2015年1月17日午前2時ごろ、被害者のなれなれしい態度に腹を立て、横浜市内の駐車場で顔を殴って左目にけがをさせた。さらに、この暴行を被害者が告げ口したと邪推して怒りを募らせ、2月20日午前2時ごろ、職業不詳の少年(18)と別の無職少年(18)=いずれも傷害致死罪で起訴=とともに、河川敷で被害者の首をカッターナイフで何度も切るなどして出血性ショックにより死亡させて殺害したとの事。

少年の弁護人は閉廷後の記者会見で「成育環境の問題点を十分理解した上で判断してもらえた」と述べたとの事。

リーダー格の少年は主文を告げられた後、証言台前の椅子に座り、うつむいたまま判決理由の朗読に聴き入った。最後に裁判長から「分かりましたか」と問われると、消え入りそうな声で「はい」とだけ答えたとの事。

こんなところですね。
懲役9年以上13年以下の不定期刑(求刑・懲役10年以上15年以下)
遺族から刑が軽いとのコメントが出ていますが、少年事件だとなかなか重い刑にはならない事が多いですね。
比較的近い状況の広島県広島市東区16歳少女殺人事件
(16歳少女を拉致監禁、車中で凄惨な暴行後に殺害、遺体遺棄事件)
では、主犯の少女16歳が懲役13年です。

少年事件だと、殺人事件になる事がほとんど無いのも理由の一つですね。
暴行中に死亡したケースでは殆どの事件が傷害致死になってます。
暴行中にエスカレートして殺害してしまう為、殺意の立証が難しいのでしょうね。

今回の事件はその意味では、殺人罪として裁かれているので、似たような事件の中でも重い刑だと思います。

殺人事件でもおかしくない、大阪府河内長野市少年集団暴行死事件
(19歳少年を格闘技経験者の2人がたこ殴りにして死亡させた事件)も傷害致死罪でしたし。

刑についてはこのあたりにして、今回の場合は成育環境の問題点を十分理解した判決と言う事で、この成育環境の問題がなければ、不定期刑には成らなかったかもしれませんね。

しかし、逆に言うと、成育環境に問題がなければこの事件は起きなかったと言う事でしょうか?

神奈川県川崎市中1少年殺人事件その13(この事件を防ぐには2)
でこの事件を防ぐ方法も考えましたが、成育環境(つまりは、家庭環境)に問題があったとしたら、防ぐ為の鍵になる家庭自体が事件の原因になっていると言う事で、少年自身の仮定教育により事件を防ぐ事ができないと言う事なんですよね。

もし、この事件を防ぐのだとしたら、被告少年の両親の教育からやり直さないといけないと言う事になり、虐待の連鎖ではないけど、事件の連鎖が起きているのかもしれませんね。

だからこそ、子供の教育は注意しないといけませんね。

参考リンク
神奈川県川崎市中1少年殺人事件その14(家庭訪問)
神奈川県川崎市中1少年殺人事件その16(3人目の判決)

| | コメント (6)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »