« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その61 (再検証-分割方法) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その62 (再検証-切断方法) »

2016/04/08

栃木小1殺害事件再考その32(一審判決 無期懲役)

一審判決、無期懲役です。

裁判員裁判で、宇都宮地裁は4月8日、殺人罪に問われた無職男性被告(33)に対し、検察側の求刑通り無期懲役の判決を言い渡したとの事。被告は無罪を主張していた。

宇都宮地裁で判決を言い渡された被告は、有罪の宣告にも、表情を変えることはなかったとの事。

裁判では、捜査段階での被告の自白が信用できるかが主な争点になっていた。

判決は自白の内容について「想像に基づくものとしては特異ともいえる内容が含まれている。実際に体験した者でなければ語ることのできない具体的で迫真性に富んだ内容だ」と指摘。
「殺害状況など根幹部分は客観的な事実と矛盾せず、信用できる」と結論づけたとの事。

その上で、「身勝手極まりない、残虐な犯行だ。わずか7歳で命を奪われた被害者が受けた恐怖や苦しみは計りしれない」などと量刑の理由を述べたとの事。

判決によると、被告は茨城県常陸大宮市内の林道で2005年12月2日午前4時ごろ、女児の胸などをナイフで多数回刺して殺害した。

偽ブランド品を譲渡目的で所持していた商標法違反と、ナイフを所持していた銃刀法違反の罪については、すでに裁判官のみで審理され、有罪の判決が出ていた。
殺人罪については裁判員も加わって審理し、すべての事件を含めて判決が言い渡されたとの事。
すでに有罪の部分判決が出ている商標法違反と銃刀法違反を含めた量刑となる。

検察側は「自白は具体的で迫真性がある」と主張。
自宅方面と遺体発見現場方面を往復した車の走行記録や、遺体に付着した猫の毛の鑑定結果が被告の当時の飼い猫と矛盾しないことなどから「被告と犯人を結びつける客観的事実が多数存在する」としていたとの事。

弁護側は「被告が犯人であることを示す証拠は、自白を除くとないに等しい」とし、殺害時刻など自白の重要な部分が客観的事実と矛盾すると主張した。
また、長時間の取り調べや警察官に「刑が軽くなる」と利益誘導された末の自白には任意性がないと争い、公判では取り調べの録音・録画が7時間超再生されたが、地裁は3月18日、自白調書を証拠採用していたとの事。

こんなところですね。
正直なところ、自白映像が証拠としてどう評価されるのか?その結果、無罪もあるのではないか?
と少し、心配していました。

実際の自白内容も犯人しか知らない内容ですから、証拠として採用されれば、被告側にとっては致命的だとは思っていました。
とは言えそこは法律の問題なので、どちらに転ぶのか?と思ってましたが、求刑通りの無期懲役ですね。

神戸市長田区の事件も似たような事件でしたが、あちらは死刑でこちらは無期懲役でした。
神戸の事件はわいせつ目的で誘拐、監禁、殺害、遺体損壊し、遺体をゴミ同然に扱うなど、救いようの無い事件でしたが、栃木の事件ではわいせつ目的で誘拐、監禁、殺害とここまでで、遺体はそのまま遠方に遺棄しただけだったので、特別に罪が重くなるような要素は無かったんでしょうね。

1人殺害では、重くても無期懲役なんでしょうね。

弁護側の主張した、自白の「誘導」についてですが、私は逆に誘導は無かったと考えています。
もし、誘導するなら、取調官は当時考えられていた可能性の自白を誘導するはずです。
ところが、今回、自白した内容は当時考えられていた可能性に無い物です。
なので、自白の誘導は無かったと考えています。

多分、弁護側は控訴するでしょうから、まだまだ、決着はもう少し先になりますね。
上級審で差し戻しになる事もありますから、気が抜けません。
特に今回の自白映像が上級審でどう判断されるか?が問題ですね。

今回、判決が1週間ほど伸びたので、もしかして、上級審とそのあたりの調整を行っていたのかな?と思ったりしていますが、どうなんでしょう?

あとは、実際の詳細な供述内容が知りたいですね。
裁判記録を読まないとダメかな?

最後に亡くなった女児のご冥福をお祈りします。

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その61 (再検証-分割方法) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その62 (再検証-切断方法) »

コメント

出ましたね。無期判決。
一部のいわゆる人権屋と呼ばれる方達からは批判が出ているようですが、私もASKAさんの考えに同意です。

無期刑といったら何年位なんでしょうね?心情的には100年くらい出して欲しくないな…

でも何年経とうが、亡くなった被害者の方は戻ってこないし、失った悲しみは癒えませんね…

当然のように被告側は控訴しています。

この先の動向が気になります。

投稿: たんま | 2016/04/08 21:06

一法律家ですが
原則を重きを置く立場を
すべて人権屋と呼ぶのはやめていただきたい

人権屋というからには
それで利益を得るということになりますが
今回不備をしている人物のなかで
どなたがそういった益に与っているのでしょうか

自白が録画されたことについては
自白のみでの証拠能力に寄与するとは思っていませんが
一歩前進だとは思っています

投稿: | 2016/04/09 06:17

一法律家さん、誤解を招く表現をしまして失礼しました。

実際に人権屋と言われる種類の人間は存在します。

私が表現したのは、法律家さんが言われている方々ではもちろんありません。

きちんと区別して考えております。

今回の裁判員裁判の結果が賛否両論であることも理解しております。

私がASKAさんのブログを見て考えるのは、どうしたらこうした犯罪を少しでも無くしていけるのかという切実な一点のみです。

私は周囲をできるだけ巻き込んだ犯罪抑止の啓蒙活動をし続けます。

ASKAさん、これからも宜しくお願い致します。

投稿: たんま | 2016/04/09 19:13

物証がなくて無罪となった舞鶴女子高生殺害事件のようなことにならなくてよかった、と思う一方で、本当に冤罪なら真犯人がまだうろついていることになるのでそれも怖い。
ASKAさんのおっしゃる「今回、自白した内容は当時考えられていた可能性に無い物」というのは、どのあたりでしょうか?
当時考えられていた可能性という比較対象自体があやふやで思い出せませんので、お時間がありましたらご教示ください。

投稿: FA | 2016/04/10 09:25

FAさん、こんにちは

「今回、自白した内容は当時考えられていた可能性に無い物」
としては、
「殺害は遺棄現場で行った」と言う点ですね。
当時は遺体を運んで遺棄現場に遺棄したと言う見方が大勢だったと思います。

他には、「立った状態で刺された」これも、即死だった事と複数の傷がある事から「寝た状態で刺された」が当時の見方だったと思います。

投稿: ASKA | 2016/04/10 13:15

ASKAさん、ありがとうございました。
たしかに「立ったまま」というのは意外でしたね。実際にそうだったかは確かめようがないのが確証の持てないところですが、実際にやった人でなければ思いつかない方法で事実と矛盾しないのであれば、証言の信用性に寄与するということですね。
ただ、殺害場所については、血液量が矛盾しないか気になっています。

投稿: FA | 2016/04/10 17:18

自白の誘導は確かになかっただろうと思います。それをしちゃうと 今までの冤罪事件に有り勝ちな"警察と検察のでっち上げ"になり 裁判員にバレたら終わり。無罪になってしまうかもしれない。
それは避けたいから ある意味自由に話をさせたんでしょう。"僕はやっていない。" コレ以外の話なら何でもOKな雰囲気で、検事さんは優しく話を聞いてくれる。でも"やってない" なんて言おうものなら恫喝される。(録画も恫喝等の部分はかなりカットされているか始めから撮影されてなかったかも。) とにかく被疑者の話を修正するようなコトはあまりしなかった。
だから、自白内容と現場の状況や遺体の状況に一致しない部分がこんなにあるんでしょう。この矛盾を無視して判決を下せる法廷が、私は怖い。
(もし彼が本当に犯人なら 、
私がそう確信できれば、無茶苦茶な裁判でも有罪に出来て良かった〜と思いますが。)
この矛盾は何故に生じたのか?単に記憶が錯綜したのか?ヤケクソになって何でもいい適当に自白しよと思ったのか?
映画の中なら、狡猾な容疑者(真犯人)がわざと微妙に事実と異なる自白をして 有能な弁護士に裁判で自白と現場状況、遺体状況との矛盾を突かせて無罪を勝ち取るというストーリーを見たことがありますが、、(日本の法廷じゃソレも無理ね) 今回の事件の被告はそんな悪知恵の回るタイプかなぁ⁇
彼がどんな人かわからないから何とも言えないけど.....。今までの情報からは、この人 高圧的な態度の人に弱い、自分の頭で考えるコトに慣れてない流されるタイプに見えるんですけど。それを装おっているとしたら凄い演技力!まぁその可能性もゼロではないか…。

長くなるけど ついでに、pcのデータを復元して被害者の遺体らしき画像が発見出来た筈なのに!の件ですが、、聞くところによるとアレは被害者の画像ではなかったそうな。
でも、どこかの女児の裸の遺体の写真を保存していたというコトですよ。相当変態、ペドフェリアの中でも相当重症ですよね。それで私は、やっぱりこの男がやったに違いないとその時は思いました。
ところがところが、調べてみるとペドフェリアというのは私が思っているよりケタ違いに沢山いるそうなんです。なので、ウジャウジャいる中から一匹捕まえてコレが犯人!というコトにすれば警察の仕事は簡単。 なんて言ってしまうと警察に失礼ですが。そんなコトはくれぐれもないようにして頂きたいです。今後とも。

この人が女児を殺害したか否か私にはわからない。だから本当に会って話が聞きたいです。


投稿: まーぷる | 2016/04/10 17:56

2016-05-24 12:16
◎盗撮容疑で弁護士逮捕=小1女児殺害公判を担当―栃木県警
 小型カメラで女性のスカート内を盗撮したとして、栃木県警は24日、県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で、弁護士の男性容疑者(43)=宇都宮市大和=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。
 容疑者は、2005年に起きた同県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件の裁判員裁判で、被告の弁護人を務めていた。
 逮捕容疑は15年12月ごろと16年4月30日、宇都宮市池上町のバス停付近やJR小山駅東口エスカレーターで、県内在住の当時17歳と同31歳の女性のスカートの下に小型カメラ様の器具を差し込み、盗撮した疑い。 
[時事通信社]

一部編集 by ASKA

投稿: | 2016/05/24 17:27

一審で無期懲役とされた男性被告(35)の控訴審第1回公判が10月18日、東京高裁であった。

弁護側は、遺体から検出されたDNA型が被告と一致しないとして改めて無罪を主張し、検察側は控訴棄却を求めたとの事。

1)弁護側は、被告や警察関係者と異なるDNA型が遺体から検出されていたと指摘。
事件に関与した第三者がいる可能性があると訴えたとの事。

2)自白の信用性についても争った。長期間にわたる取り調べで自白しており、供述内容も殺害現場や遺体の状況など客観的な証拠と矛盾していると主張。
裁判長は、弁護側が求めた法医学者らの証人尋問を決めたとの事。

こんなところですね。
1)のDNAの件は、遺体の髪に付着した粘着テープから検出された物ですね。
粘着テープが、家庭や職場で使用中の物だったとしたら、第三者のDNAが検出されても不思議では無いですよね。
新品の場合は無いと思うけど・・・このあたりどうなんでしょうね。

2)の自白の信憑性については、一審でも、認定されているので、厳しいかもしれないけど。
一審でも、専門家の意見が割れているので、今回はどうなるのか?と言うところではありますね。

他には、母親に当てた手紙を書き直させた件の証言がどうも、実際の警察(看守)の対応と異なっているのが矛盾のようにも見えます。
看守の証言だと実際は「切り抜く」と証言しましたが、被告の証言は「黒塗り」となっていて、どちらかが嘘を言ってる?と言う印象です。

そして、手紙の内容もちょっとなーと言うところで、まー人によって、そうなのか?と言うあたりの疑問はありますね。
それから、偽ブランド品を海外に単独で買い付けにいって、それを母子で販売して、母子で逮捕されていると言う事なんですが・・・
海外の渡航費用や買い付ける費用など、被告単独でできる物なのだろうか?その費用はどうやって用意したのだろうか?
と言うのも気になる所ですね。

裁判員裁判の判決が控訴審で否定される事も時々あるので、この事件ではどうなのか?
公判の行方に注目しましょう。

投稿: ASKA | 2017/10/18 19:02

栃木県警・・・またまた冤罪では?

投稿: 中世のような裁判ですね | 2017/10/22 07:50

控訴審第2回公判(10月30日)

1)殺害現場や遺体の状況が被告の自白と矛盾するかどうかについて、弁護側と検察側の証人が異なる見解を示したとの事。

被告が捜査段階で「被害者を林道に立たせ、右肩を押さえて胸などを6~7秒で10回刺した」などと述べた自白の信用性について

2)弁護側証人の東京医科大Y教授は「遺体の傷のつき方や深さからすると、被害者を立たせた状態で短い時間に何度も刺したとは考えにくい」などと指摘した。
解剖結果では被害者が大量に出血しているはずなのに、殺害現場とされる場所で検出された血液はわずかだったと主張したとの事。

Y教授は法廷で、別の医師が司法解剖の際に記録した傷の状況を1つ1つ説明。「刃物の向きが傷ごとに異なっており、凶器を持ち替えて刺した可能性がある」などと述べた。弁護側は、短時間で連続して刺したとする自白と整合しないと主張したとの事。

手足を縛られ立ったままの女児の右肩を左手だけで支えて刺したなどとする点は「力学的にあり得ない」と証言。肩に強くつかまれた圧迫痕がないことも疑問視したとの事。

3)検察側証人の東京医科歯科大U教授は「6~7秒という一瞬の出来事なので、被害者にまだ意識があり、立ったまま動かなかったことはあり得る」と反論した。
殺害現場とされる場所に血痕が少なかったのは、血液が胸腔内にたまったためだと述べたとの事。

U教授は「自白内容と遺体の状況に矛盾はない」とし、刃物の向きについて「断定はできない」と反論したとの事。

U教授は「右肩の圧迫痕はすぐに手を離せば残らない」と反論した。遺体発見現場に残っていた血液が少ないとの主張については、傷の状況から「体外にはあまり出ない。検視や司法解剖時に漏れることはある」と説明したとの事。

こんなところですね。
今回の公判での争点は自白の信用性が最大のポイントになるでしょう。
その意味ではここが弁護側検察側双方にとっての勝負所ですね。

弁護側としては、自白には矛盾があり、信用性が無いという論法で攻めたいところでしょうね。

今回は法医学者による遺体の状況と、自白内容の矛盾の有無がポイントになりました。

弁護側は矛盾があると主張し、検察側は矛盾は無いと主張する。
素人には、どちらも正しいように見えるのが難しいところですね。

双方の主張を裏付ける証拠って無いのかな?
まー主張の裏付けを法医学者の知見に求めているわけですけどね。

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2017/10/31 19:25

いろんなところ読むと疑わしきは罰せずになると思います。

投稿: 中世のような裁判ですね | 2017/11/02 00:32

検察側証人教授 " 6,7秒という一瞬の出来事なので、被害者にはまだ意識があり立ったまま動かなかった可能性がある" 本気で言ってるんですかね?自分はナイフで胸を刺されてもまっすぐ立っていられると思っているのか?意識があったら最初の一撃で痛くてまっすぐ立っていられないと思いますが。基本的な想像力の欠如?それとも、胃の痛みを堪えながら頼まれた通りの証言をこなしたのかしら…。

投稿: まーぷる | 2017/11/04 11:19

自白内容と現場の状況がこれだけかけ離れているのに有罪判決が出せてしまう裁判って何?今回も有罪になったら日本の司法に絶望します。
以前はこの事件、警察の杜撰な捜査(捜査員が素手で遺体に触れてDNAベタベタつける等、不注意過ぎるand ちょうどいい獲物、ペドフェリアを見つけたから、もう他の可能性をサッサと捨てて目撃情報等あっても捜査せず) と検察の無理矢理な主張と機能不全を起こしてる裁判官のせいで、真実が見えなくなった。私も彼がやったか否かがわからない!と思っていましたが、今は違います。 彼はやってない。

自白内容と現場の状況などの乖離で、一番ビックリしたのは「手で肩を掴んで立たせたまま何回か刺した」
立っていると言うことは意識があるわけで、凄く痛い。胸をナイフで刺されてまっすぐ立ち続けることは出来ないでしょう。そして、この事件が起きた当初 報道されていましたよね。“まるで定規で測ったかのように規則正しく傷口が並んでいる。” 立たせたままでそんな刺し方が出来るか?それどころか何回も刺し続けることさえ難しい。
これも当初報道されていました。“遺体には殆ど血が残っておらず、白かった。遺体は洗ったように綺麗だった。“ ハイ、洗ったんでしょうね。真犯人は。だから遺体にはDNAも付着してなかったでしょ。捜査員が触っちゃうまでは。今問題になっているDNAは髪に付いたガムテープに付着していたDNAですね。第三者の。
そして相当な大出血です。どうして現場にその痕跡がないのかしら?もちろん殺害現場は別の場所だからです。

第一審有罪の決め手は見事に編集されたvideoでしょ。(250時間ほどの取り調べのうち何時間録画していたのか知らないけど、裁判で裁判員が見たのは7時間ですね。)でも編集すると言っても そんなに細切れにカットするわけにはいかないから、容疑者にはある程度まとまった時間自由に喋って貰わないと困る。それで、現場の状況等と自白内容の乖離には目をつぶった。それでも勝てる と踏んだ。そしてその通りになった。videoの威力は絶大でした。
長くなり過ぎたので、自白内容を読んで私が、被告はやってない。との印象をますます強くした部分は後でまた書きます。

投稿: まーぷる | 2017/11/04 14:54

この事件の殺し方、血抜きは井の頭公園事件を連想。同じ犯人とは思えないが職業など何か共通点はないものか?

投稿: 他の事件との関連 | 2017/11/05 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その61 (再検証-分割方法) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その62 (再検証-切断方法) »