« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その59 (妄想と捜査状況) | トップページ | 埼玉県朝霞市中1女子誘拐監禁事件その2(続報) »

2016/04/01

19年前のO157感染が原因で死亡

堺市で1996年、学校給食が原因で児童らが病原性大腸菌O157に感染し、女児3人が死亡した集団食中毒で、市教委は3月30日、後遺症が原因で当時1年生だった同市北区の女性(25)が後遺症による脳出血で亡くなったと発表した。後遺症による死亡は初めてとの事。

市教委によると、女性は1996年の集団食中毒の発生時にベロ毒素による溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症して60日間入院。入院をへて回復したとされていた。
ところが、2004年にHUSを原因とする後遺症の腎血管性高血圧と診断された。
腎臓動脈の異常から高血圧になる疾患で、年に数回通院を続け、薬も服用。容体は落ち着いていたとの事。
ここ数年は年3~8回通院していた。2015年10月10日、自宅で容体が急変、翌日に搬送先の病院で亡くなった。死因は腎性高血圧による脳出血だったとの事。

市は2014年度に後遺症の経過観察のために、発症者20人に検診を受けるよう通知。このうち死亡した女性を含む4人が同年度中に高血圧や慢性腎炎などで治療が必要とされていたとの事。

こんな事案ですね。
発端は19年前に感染したO157だった、感染時に入院治療を経て完治したはずだったのに・・・
それが8年後に後遺症の腎血管性高血圧と診断されて、さらに11年後にその後遺症が原因で死亡です。

O157の感染で何人かが亡くなる事があって、O157は怖い病気なんだとは思っていましたが、一度完治したにも関わらず、その後遺症で19年後に亡くなってしまうほど、危険な病気との認識はありませんでした。

O157が危険な食中毒だと言うのは間違いないのですが、もう一段、危険度の高い病気だと考えた方がよさそうですね。

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その59 (妄想と捜査状況) | トップページ | 埼玉県朝霞市中1女子誘拐監禁事件その2(続報) »

コメント

私も全くO157による食中毒に後遺症が残るとは知りませんでした。もしかしたら、他の原因菌による食中毒(特に激しいもの)においても、何らかの後遺症が残る可能性もあるのかも知れませね。

実は私と私の兄が通っていた小学校で、兄が小学4年生の頃に学校内の水道の蛇口(飲料水として可)の水に配管工事のミスかなにかでトイレの汚水が流れ込むという事件(事故と当時は言われた事件)がありました。で、兄と他数名の生徒が運悪くその蛇口からの水道水を口にしており、後日、大腸菌による激しい腹痛や下痢などで何ヵ月も学校を休む事になり苦しみました。体調が回復し、学校に復帰後も時々まだ激しく臭うガス(オナラ)が出ることもあり、クラスで臭い臭いと毛嫌いされ、いじめにもあったりで大変でした。

このO157の後遺症の記事を読んでいて、兄のその後について、やや気になることがあります。兄はこの激しい下痢の中毒に遭う以前は、学力に特に問題は無く、寧ろ良くできていた方だったと記憶しているのですが…、その後、記憶障害(簡単な漢字を覚えたり書いたりが出来ない、それ以外の記憶力には問題はなし)が長年にも渡り、今も何十年も経ってもあります。大腸菌による中毒による後遺症だった可能性も、もしかしたらあったのかな?と思いました。

当然、当時から今まで、そのような可能性を疑ったことはありませんでしたし、兄もずっと今も記憶障害で苦労をしていますが、今更その可能性を調べ直したからと言って、何がどう変わるわけでもないし…、何かアクションを起こす気も全く無いのですが…、「もしかしたら、そういう原因があったのかもね…」と、少しは慰めになるかもしれないなと思いました。自己満足ですけどね(笑)

ASKAさん、記事にしていただいたことで、1つ知識が増えました。ありがとうございます。

投稿: ロジポ | 2016/04/02 13:56

記事の内容から時系列で書いてみます。
6歳の時にO-157感染、HUSとなるも軽快
14際の時に高血圧を指摘、HUSの影響で腎動脈が狭窄していることが原因であることが判明し腎血管性高血圧と診断
内服薬での治療開始
25歳の時に高血圧が要因となる脳出血で永眠

14歳で高血圧となるのは珍しい上にHUSの既往もあったので詳しい検査をして腎血管性高血圧と判明したのでしょうね。
裏を返せば、HUSの既往がわからない中高年が高血圧となっても生活習慣病とされてしまう危険性もあるということで(食中毒で入院したという情報だけだと見逃されてしまうかもしれませんし本人から申告しないかもしれませんし)。後遺症で高血圧になっている人は実はもっと多いのかもしれません。

蛇足ながら、「高血圧」も怖い病気だと併せて再認識していただきたいと思うのです。
ネットで探しただけでも高血圧が危険因子となる病気(合併症)は脳内出血、脳動脈瘤・くも膜下出血、脳梗塞、狭心症・心筋梗塞、心肥大、心不全、腎機能低下・腎不全など枚挙に暇がありません。
この方の場合は発端が小学校の給食で感染したO-157であり、25歳という若い年齢で亡くなられたために報道されましたが、他の原因で高血圧となり上記の合併症で亡くなる方も多くいます。

投稿: つれづれ | 2016/04/02 15:28

連投になってしまいますがお許し下さい。

ロジポさんへ
お兄さん、大変な目に遭いましたね。お見舞い申し上げます。
横からですが、「漢字を覚えたり書いたりができない記憶障害」に関しまして思い当たることを書かせて頂きたく思います。
調べたところお兄さんの症状は記憶障害の中でも失語症の一種の症状のようで、脳に何らかの障害が起こるとなってしまうことが多いようです。
事件による体調不良を契機とするならば、考えられるのは「高熱」や「脳そのものへの感染」や「微小血栓」や「血圧低下」による脳への損傷です。その場合、CTやMRIなどで脳を撮影すると脳梗塞の痕のようなものが脳にある可能性があります。
しかし、イジメなどによるストレスで失語症となる方もいらっしゃるようですので、原因をはっきりとは断定できないと思います。
余計なお節介でしたら申し訳ありませんが、もしお兄さんが状況の改善を望まれているようでしたら、言語聴覚士さんがいるお近くの病院の脳外科に一度相談されてみてもいいかもしれません。

投稿: つれづれ | 2016/04/03 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その59 (妄想と捜査状況) | トップページ | 埼玉県朝霞市中1女子誘拐監禁事件その2(続報) »