« 神奈川県平塚市高3母乳児殺人未遂事件 | トップページ | 神奈川県湯河原町女性殺人放火事件その2(公開映像) »

2016/04/14

大阪府茨木市松下町高3女子死亡事件

4月14日(木)午前6時25分ごろ、大阪府茨木市松下町の工場跡地で、「学生風の女の子が倒れている」と110番する事件が起きている。
救急隊員らが駆けつけると、高校の制服を着た女性がうつぶせの状態で倒れており、既に死亡していたとの事。

持っていた学生証から市内に住む高校3年生(18)とみられるとの事。
府警茨木署は自殺の可能性があるとみているとの事。

女性の親が「13日夜から帰宅しない」と同署に相談していたとの事。

茨木署によると、現場は解体工事中で鉄板が敷き詰められており、女性はクレーン車の高さ約30メートルのアームの真下にうつぶせで倒れていた。
腰や腕に骨折したような痕があり、同署はクレーンの上から落ちた可能性も調べている。
遺書は見つかっていないとの事。

同署によると、女子生徒は腰付近を骨折しているとみられるが、刺し傷などはなく、着衣の乱れもなかった。建築資材の鉄板の上に倒れており、約8メートル先に高さ約30メートルのクレーン車があった。現場の北約150メートルには学生用かばんが置かれ、財布にカード類があったが、現金はなかった。

現場はJR茨木駅の北側約1・5キロの工場地帯。

こんな事件ですね。
まずは時系列
4月13日(水)     女性が夜から帰宅せず。親が警察に相談。
4月14日(木)6:25頃 遺体を発見

遺体の身元:学生証から市内に住む高校3年生(18)とみられる。

場所:JR茨木駅の北側約1・5キロの工場地帯。

遺体の損傷:腰や腕に骨折したような痕、目立った外傷はなし。

着衣:着衣に乱れは無い。

状況:建築資材の鉄板の上に倒れており、約8メートル先に高さ約30メートルのクレーン車があった。

持ち物:現場の北約150メートルには学生用かばんが置かれ、財布にカード類があったが、現金はなかった。

死因:? 司法解剖の結果待ち。
死亡推定時刻:? 司法解剖の結果待ち。

さてと、自殺の可能性?といっても、これで自殺できるの?と言うのが素朴な疑問です。
自殺と考えた場合、可能性としては
1)クレーンの操作ができる場合。
 これは、クレーンの操作が必要になるよね?高3の女子にクレーンの操作はできないと思うのですが・・・
 もし、クレーン操作ができるのであれば、可能性はあるかもしれない。
 例えば、フックをのばして、操縦席まで持って行き、そこでフックに足をかけて、巻き上げ操作をする。
 高所まで巻き上げたところで、投身自殺をする。

2)クレーンの操作ができない場合。
 普通に考えたら、クレーンの操作なんてできないと思うのですが・・・
 この場合は、クレーン自体は動かさずに、アームをよじ登って、アーム先端から投身自殺と言う事になるのかな。
 とは言え、アームを登る事ができるの?と言うのも疑問ですね。

その他、自殺と考えた場合の疑問点としては、自殺する動機があるの?と言うのも重要な気がします。
13日の夜から家に帰らなかった理由は何かあるのでしょうか?

それから、1)2)に共通するけど、死亡推定時刻が問題ですね。
死亡推定時刻は司法解剖の結果を待つしかないのですが・・・

例えば、夜の工事現場で明かりはあったのか?操作するにも、よじ登るにも暗闇の中で行うのはちょっと難しい気がする。

そして、カバンが150メートルも離れている理由が謎ですね。
自殺なら、カバンは最後まで持っていたのではないのかな?
逆に死ぬつもりだから、カバンは捨てたと言う説明も有りかな。

一方、他殺と考えると、これも問題があるんだよね。
クレーンのフックで女性を持ち上げた場合、もし、ベルトなどにフックを掛けたのなら、逆にフックから外すのが難しいと思いますね。

脅して、フックに掴まらせたとしたら、高くなる前に手を離しているような気もするし。
脅す過程で暴力的行為があると思うので、殴られたような痕が残りそうな気がしますよね。
他殺の場合、そういった傷が無い点が最大の謎です。

亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

|

« 神奈川県平塚市高3母乳児殺人未遂事件 | トップページ | 神奈川県湯河原町女性殺人放火事件その2(公開映像) »

コメント

こういった報道って、後追い報道出るのかな?
このまま出なそうな感じ。
週刊誌などで取材してくれれば後の情報がわかるけど。。。

普通に考えて、女の子がクレーン操作はできないだろうけれど、それ以前にクレーンを起動させる為のキー(鍵)は管理されているだろうから、そもそもクレーンは起動させられないでしょうね。

状況が不明確ですが、他殺の可能性もありそうな感じですよね。

投稿: たんま | 2016/04/14 21:31

腕と腰の骨折が転落時のものなら、バランスを崩して落ちたような体勢を連想しますね。尻餅と手をついた形です。
着地後、落下の勢いでうつぶせになったのかと。
自殺で飛び降りならば頭か足を下にするイメージがあります。
遺書もないことから、死ぬと決めての転落とは思えません。

もし自殺であるならば、「死んでしまいたいけれど、最後の一足が踏み出せない」という心情で高所に立っていたのかもしれません。
足を滑らせれば転落死、そうでなければ帰宅するだけ。
テレビでは登り降りすることは可能そうなアームに見えましたので。

蛇足ながら、事故も低い可能性ではありますが存在しています。
彼女がどういう女性であったのかわからないので全く根拠はない話ですが、高所からの景色を撮影する等といった趣味があったならばありえなくもないかと思います。
その場合、撮影道具となるスマホやカメラが鍵になりそうですが、地面に落ちていたら壊れていそうですね。

高層建築では転落死防止も目的として上層階への部外者立ち入りを制限したり窓をはめごろしにしたりすることが多いですが、工事現場でも厳重な警備が求められるようになるかもしれません。

投稿: つれづれ | 2016/04/14 23:28

たんまさん、つれづれさん、こんばんは

たんまさんへ
その後の報道はありませんね。
自殺事件はその結果の報道に時間が掛かりますね。

つれづれさんへ
事故の可能性もありますね。
最近の子は面白い画像を撮ろうして、予測できない行動をする事がありますからね。

投稿: ASKA | 2016/04/18 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川県平塚市高3母乳児殺人未遂事件 | トップページ | 神奈川県湯河原町女性殺人放火事件その2(公開映像) »