« 東京都小金井市女性アイドル刺傷事件その2(続報) | トップページ | 埼玉県入間市4ヶ月長女殴打事件 »

2016/05/23

沖縄県うるま市女性強姦殺人事件

沖縄県うるま市大田の女性会社員(20)が4月下旬から行方不明となっていた事件で、県警は5月19日、同県与那原(よなばる)町与那原、米国籍の軍属で元米兵、男性容疑者(32)を死体遺棄容疑で緊急逮捕する事件が起きている。

県警は同日、容疑者の供述に基づき、女性とみられる遺体を沖縄本島の恩納(おんな)村安富祖の雑木林で発見した。歯型などから遺体は女性と確認したとの事。

逮捕容疑は4月28日午後8時15分~29日午前2時40分の間、恩納村安富祖の雑木林で遺体を遺棄したとしている。
容疑者は殺害をほのめかす供述もしており、「動かなくなった女性を雑木林に捨てた」と容疑を認めているとの事。

県警によると、女性は4月28日午後8時ごろ、同居中の交際相手の男性に「ウオーキングしてくる」とスマートフォンから無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って連絡した後、行方が分からなくなり、29日午前に交際相手の男性がうるま署に届け出た。同署は今月12日に写真などを公開して捜索していたとの事。

女性は自宅に財布や車を残したままで、県警は事件や事故に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査。
自宅近くのうるま市州崎の工場地帯で女性のスマートフォンの位置情報が最後に確認され、周辺の通行車両の記録などを調べたところ、米軍関係者の車両を示す「Yナンバー」の車が確認され容疑者が浮上したとの事。
県警は容疑者から車の任意提出を受け、車内の遺留物などを調べていた。

 米軍属は米国籍を持ち米軍に雇われた民間人。県警などによると、容疑者は元米兵で、嘉手納基地(嘉手納町など)でインターネット関連の仕事に就いていた。
日米地位協定は、米兵や米軍属が基地の外で起こした公務外の犯罪で、米側が先に容疑者の身柄を拘束した場合は、日本側が起訴するまで米側の拘束を認めている。今回は公務外の犯罪で米側の拘束もなかったため、捜査に支障はなかったとの事。

女性の遺体は県道から約10メートル入った雑木林に置かれるようにして遺棄されていて、部分的に白骨化しているとの事。
県警は20日に琉球大学病院で司法解剖をし、死因などを特定する方針。

遺体は上着と短パンのような服を身に着けているが、靴は発見されていない。
県警は女性の失踪した時間帯に周辺を通行していた車約300台を1台1台照合する捜査を実施した。
16日に容疑者に捜査員が接触した際、失踪への関与を否認したが震えるような動揺した様子を示したことから、重要参考人として任意で事情を聞いていたとの事。

捜査関係者によると、16日に事情聴取した後に睡眠剤を過剰に摂取し救急搬送されたという。
18日に容疑者が任意で提出した車両の内部から女性のDNAが検出され、19日に関与を認める供述を始め、遺棄現場に捜査員を案内したとの事。

容疑者は4月28日夜に、女性の自宅があるうるま市大田周辺から金武町方面へ走行し、その後29日午前2時ごろにうるま市州崎に立ち寄っている。
県警によると、女性と容疑者の接点は確認されていないという。
県警は、どこで女性と接触したかや殺害の具体的な手段などについて「今後の捜査で解明する」としている。

容疑者は「1人でやった」と供述。被害者と面識はなかったとみられるとの事。

容疑者はこれまでの調べに対し「首を絞めた」などと供述。被害者を刃物で襲撃した可能性もあるとの事。

沖縄県警が死体遺棄容疑で逮捕した米軍属の容疑者(32)が「女性を暴行し、刃物で刺した」と供述していることが20日、分かったとの事。

女性の胴体部分の骨には刃物による複数の傷があり、県警は殺人容疑でも調べを進めている。
県警は同日、死体遺棄容疑で那覇地検に送致したとの事。
捜査関係者によると、容疑者は「わいせつ目的で女性を狙った」などと供述している。県警は同日、女性の遺体を司法解剖したが、遺体は白骨化しており、死因は不明としたとの事。
一方、女性の骨には下腹部など胴体部分に複数の刃物傷があり、死因との関連も調べている。

容疑者は最初の事情聴取を受けた翌日の今月17日に多量の睡眠薬を服用して救急搬送され、翌18日にも700ミリリットルのウイスキーを2本飲んで搬送されていたとの事。

容疑者(32)が「強姦し、発覚を恐れて殺害した」という趣旨の供述をしていることが分かった。
事件の2、3時間前からわいせつ目的で相手を物色し、面識のない被害者の女性を見つけて後方から棒で頭を殴ったという。
女性の骨には刃物の傷が残っており、県警は、容疑者が女性に騒がれないよう背後から襲撃し、性的暴行を加えた上で強い殺意を持って刺殺した計画的な事件の可能性があるとみて殺人容疑なども念頭に追及するとの事。

警察が、インターネット上に保存されている、女性の携帯電話の通信記録を解析したところ、6,000歩歩いた記録が残されていたとの事。
警察では、4月28日午後8時ごろにウオーキングに出かけた女性が、およそ1時間後に、自宅の周辺で襲われた可能性が高いとみている。
現在は、取り調べに対し、黙秘している容疑者だが、当初は、「女性を暴行して刃物で刺した」と供述していて、警察は、殺人容疑での立件も視野に捜査を続けているとの事。

近所の住民らによると、同容疑者は日本人の妻と生後数カ月の子供の3人暮らしとの事。
数カ月前、義父がリフォームした住宅に引っ越して来たばかりだった。
自宅前には米軍人や軍属らが使用するYナンバーの乗用車があり、最近はこいのぼりが飾られていたとの事。

こんな事件ですね。
まずは時系列
04月28日18:00から21:00まで容疑者がターゲットを物色、21:00頃被害者を襲ったと推定。
04月28日20:00頃 被害者がウォーキングに出るとLINEして外出。
04月28日21:00頃 この頃、被害者が襲われた可能性が高いと推定。
04月28日夜    容疑者が女性の自宅があるうるま市大田周辺から金武町方面へ走行
04月29日02:00頃 容疑者がうるま市州崎に立ち寄る。
04月29日午前   交際相手の男性が警察に届ける。
05月16日     容疑者が最初の事情聴取を受ける。
05月17日     容疑者が睡眠薬を大量に飲んで緊急搬送される。
05月18日     容疑者がウィスキーを飲んで搬送される。容疑者の車から被害者のDNAが検出される。
05月19日     遺体遺棄容疑で容疑者を緊急逮捕。関与を認める供述を始める。

遺体の状況
恩納(おんな)村安富祖の雑木林で発見。女性の遺体は県道から約10メートル入った雑木林に置かれるようにして遺棄されていて、部分的に白骨化していた。

遺体は上着と短パンのような服を身に着けているが、靴は発見されていない。
女性の骨には下腹部など胴体部分に複数の刃物傷がある。

容疑者の供述
・「動かなくなった女性を雑木林に捨てた」
・「1人でやった」
・「首を絞めた」
・「女性を暴行し、刃物で刺した」
・「わいせつ目的で女性を狙った」
・「強姦し、発覚を恐れて殺害した」
・事件の2、3時間前からわいせつ目的で相手を物色し、面識のない被害者の女性を見つけて後方から棒で頭を殴った。

今のところ、逮捕容疑は遺体遺棄なので、最終的に起訴される時の罪状がどうなるかはなんとも言えないかな。
殺人になるのか、強姦殺人になるのか?
ただ、強姦については今のところ、裏付ける情報が無いですね。
検察が立証できないとみれば、殺人と遺体遺棄と言うあたりに落ち着くかもしれませんね。
ただ、状況としては強く推定できるし、容疑者の供述もあるので、強姦殺人となってもおかしくは無いでしょうね。

ただ、容疑者の供述が少しおかしいような気もするので、裏付けが欲しいですね。
頭を殴った痕跡、首を絞めた痕跡など・・・首を絞めたのに、刃物で刺す必要があったの?とかね。
首を絞めて気絶させ、暴行後に発覚を恐れて、刃物で刺したのかな?

さて、この手の事件は別に沖縄だからと言うわけでは無く、日本全国どこでも起きてました。
今回は沖縄で容疑者がアメリカ軍属だったと言う事もあり、過去何度も起きた沖縄でのこの手の事件を考えると、ただの女性殺人事件として落ち着くような事件では無いでしょうね。
地位協定や在日アメリカ軍の問題など含めて政治的な問題は専門家に任せる事にします。

ASKAの事件簿としては、いつものように容疑者の行動に注目して考えます。
国民性とか民族性などとは関係なく、欲望に囚われた人間と言うのは見境が無いと言う事なんでしょうね。
一番の驚きは、容疑者は妻が居てなぜこうなっちゃの?と言うあたりかな。
性欲の処理が出来ない環境じゃ無いわけだし、妻の他にも、合法的にというか、ビジネス的に処理する方法はあったと思うわけです。

それが、ターゲットを3時間も物色して、後ろから棒で頭を殴って暴行して発覚を恐れて殺害して遺棄というのはあまりにもお粗末なんですよね。32歳なので、計画的な犯行ならもう少しマシな計画を立てそうなんですが・・・

それから、事情聴取後に2回にわたり、搬送されてますね。
これも、アメリカなら良くある事なのか?分かりませんが・・・
日本人の感覚だと、ちょっと違和感がありますね。
普段から薬物を使っていて、その影響があった可能性はあるのだろうか?

容疑者は黙秘に転じているようですが、車から被害者のDNAも出ているし、遺体の遺棄場所の秘密の暴露もあるので、遺体遺棄容疑はカタイと思います。状況としては殺人もカタそうあけど、証言の裏付けが必要ですね。
頭を殴った棒、刺した刃物などの発見押収できるか、捜査に期待したいですね。

視点を変えて、今回の報道なのですが・・・
通常この手の事件と言うのは、暴行、性的暴行、わいせつ目的などの言葉を使うのが日本の事件報道の慣例かと思いますが、毎日新聞さんが今回、「強姦」の言葉を今の段階で使ったのは何か意味があるんでしょうか?
これは、非難しているわけではなく、純粋な興味です。
もしかして、容疑者の供述内容の単語をそのまま、日本語にしただけなんでしょうか?
それとも、警察発表そのままなんでしょうか?

それから、今回の事件、タイトルは「沖縄県うるま市女性強姦殺人事件」としてます。
容疑者の供述からこのタイトルとしましたが、検察の起訴の罪状によっては、強姦の文字は削除するかもしれません。

また、この事件にコメントするにあたり、こちらを一読した上で、適切なコメントをお願いします。
レイプ事件を考える時の注意点

最後に亡くなられた女性のご冥福をお祈りします。

続報を待ちましょう。

参考リンク
沖縄県うるま市女性強姦殺人事件その2(沖縄県における犯罪抑止対策推進チーム)

|

« 東京都小金井市女性アイドル刺傷事件その2(続報) | トップページ | 埼玉県入間市4ヶ月長女殴打事件 »

コメント

絶対に許されざる者
被害者の無念を思えば、死刑にできないなら一生苦しみながら後悔してもらいたいですな。

投稿: 空地 | 2016/05/24 07:00

然り!>空地さん

 どう考えても、一番悪いのは、犯人(容疑者)であり、如何なる言い訳も、情状酌量など論外。
 被害者以上の苦痛をもって、償うしかない。

 ただ、いつも思うのは、償うのは…反省するのは、犯人だけで良いのだろうか?
 本当の意味の反省をしなくては、また、繰り返されるのではないか?
 例え小さなことでも、例え、触れにくいことでも、キチンと目をそらさず、見て、考えて、反省して…
 でないと、また。

 被害者の方の冥福を心から願うのなら、目をそらさず、同じような被害者が、再びでない様にするべきでは…と、私は、考えます。

投稿: 、 | 2016/05/24 17:58

こんばんは。容疑者が早々に逮捕されたこと、その職業から大々的に報道されていますね。
米軍人が犯人と目される場合、渦中の人物が本国に帰ってしまったり異動となったりしてなかなか逮捕されなかった例があることも、今回の報道に影響しているかと思われます。

ASKAさんが疑問を呈している2度の搬送については自暴自棄のパフォーマンスだと感じます。やけ酒の一種と言いますか。
今の苦しい状態から逃げ出すための逃避行動でしかなく、もし死んでしまってもそれ以上死者に鞭打つことはしないだろうと考えたとか。

犯行が容疑者の供述通りのものだとしたら、妻に出来ない、さらに商業的な所でも満たしにくい欲求があったのだろうと思います。「人の苦しむ顔で興奮する」人はいるそうですから。
合法的に発散しずらい性的欲求を犯罪で満たそうとする犯人側への防犯のアプローチとしては、性癖のチェックくらいしかないんですかね。
例えば風俗業の客が度を過ぎたことをして出禁を申し渡されたとか、そんな情報。・・誰がそれを収集し、どうやって該当人物の異常性を判定し、他害の可能性が高いならどうやって治療するか、全く想像も付かないことばかりですが。

被害者側への防犯のアプローチもまた、一歩間違えれば外出制限を強いることになるため難しい所です。
ちなみに今回の被害者の行動を妄想を交えて挙げてみますと以下のようになります。
・若い女性が夏に向けて運動をする。
・お金のかかるものは避け、かつ長続きしそうなウォーキング。
・会社員という職業、日焼けを避け、時間は夜間。だが、そこまで遅くない時間帯に夕食前後の腹ごなしもかねて。
・ウォーキングに行く時は同居相手に出掛けることとその目的を告げる。
・・誰でもしていそうな行動です。むしろ時間帯は日没が19時であったことを踏まえて良識的に見えます。

投稿: つれづれ | 2016/05/25 00:11

許される事件ではありません、ただ残念ながら無くなる事件ではありません、日本全国、いや世界中あるでしょう。未然に防ぐことが難しいですから、パトロール強化とか、そういったことで「防ぐ」しかない
新聞社がそういった言葉を使うと言うのは、「基地撤退」とか、そういった関連を扇動させる意味合いがあるからでしょう、「基地があるから、こういった事件があとを絶たない」でもその背後にある、いろんな政治事項を全く無視している行為で、実際「反基地派」の犯罪的行為がもっと恐ろしいですよ、しかも「新聞社」とグルになっている。だからその新聞社のやった行為のほうが
もっと汚いと思いますね。

投稿: 荒木 | 2016/05/25 08:03

何かがおかしい、このケース。

投稿: コメント | 2016/05/26 20:34

みなさん、おはようございます。

空地さん、□、さんへ
酷い事件ですよね。

つれづれさんへ
2度の搬送は逃避ですね。ただ、どうもパフォーマンスに見えなくもないですよね。
睡眠薬やアルコールは苦しまない方法ですし、結局、発見されて搬送されてますよね。本当に死ぬつもりだったのか?と疑問もできてきます。

性癖だとしたら、急に出てきたわけではないでしょうから、余罪の可能性も考えられますね。

橋本さんが風俗産業の活用を言ってますが、特殊な場合ではそれでも、効果がないかもしれませんね。

荒木さんへ
真意はわかりませんが、事件報道とは別の目撃があったのかもしれませんね。

名無しさんへ
どのあたりがおかしいと思いますか?

投稿: ASKA | 2016/05/27 07:01

□、さん…って、ほぉぅ。

投稿: 、 | 2016/05/28 01:51

 荒木さんの言われる『ただ残念ながら無くなる事件ではありません』というのは、まさに残念ながら、事実でしょう。
 ただ、中には、防げるものもあるはずです。
 にもかかわらず、防げない場合もある。
 それはなぜか?
 俗にいうところの『タブー』にして、必要な事実を議論しない、周知しないからだと思う。
 被害者が傷付く?
 fullmoon性の自由を奪う?
 何が防ぐべきことなのですかね?…被害者が傷付くこと、自由を奪うことと、新たな被害者がでること。
 あと、容疑者(犯人)の擁護ばかり考えるのも問題だと考えます。
 事件を推理するためには、犯人の思考に近づかなくてはならないのだろうが、やり過ぎて、犯人を身近に感じすぎてはいませんか?
 レクターに意見を求めるのは良い、が、彼を信じたり、身近な存在と感じてはいけないし、あなたが、レクターになってはいけない。

投稿: △、 | 2016/05/29 09:12

△、さんおはようございます。

タブーになったには、なった理由があるわけですよね。
私は正しいなら何をやっても良いとは考えていません。
事件を起こすのは犯人が悪いのはあたりまえの事ですが、逆転して、「被害者が襲われるのが悪い」となるのは間違いなんですよね。

でも、新たな被害を出さない事がその議論にすり替わってしまう事があるわけです。

このASKAの事件簿も地味なブログですが、我々が考えている以上に影響力が大きい物になっています。

この事件簿に書かれた内容で新たな犠牲者を作る事が無いようにしたいと考えています。
(新たな犠牲者とは、新たな婦女暴行事件の被害者の事ではなく、既に被害者になっている人を傷つける事です。新たな被害者を出さない為、現在の被害者を傷つけるのは本末転倒ですよね。「傷つける」と言っても、最悪の場合、命を奪う事にもなりかねません。)

投稿: ASKA | 2016/05/29 09:48

ASKAさんへ

 まず、感情的になり、話を飛躍させないで下さい。
(過去にも経験があり、ヘキヘキです。)

 次に、あなたの今回のコメントについてですが…

 「被害者が襲われるのが悪い」という言葉がどこから来るかわかりませんが、『ここを少し気を付ければ』ということが、ひとつでもわかり、ひとりでも新たな被害者を減らすことにつながれば、それは良いことですし、この積み重ねが大切です。
 議論をすり替えてるのは、あなたです。

 それから、既に被害者になっている人が傷付くことの方が、新たな被害者が出ることより大切だという考えの様ですが…なんというか、それは、明らかにおかしな考えです。
 これを指摘しなくてはいけないことが、不思議で、説明する気にもなりませんが。
(あなたの過去に特別な経験があり、その様な偏った考えになったのなら、申し訳無いが)
 新たな被害者を少しでも、減らすことが、一番大切なことです。

投稿: △、 | 2016/05/29 12:45

△、さんへ

新たな被害者を減らす事は現在の被害者を傷つけなくてもできますよね?

そこを注意していただければ、問題ありませんが、ここの線引きは難しいですのでご注意ください。

投稿: ASKA | 2016/05/29 13:19

米軍は何百回も繰り返して恥ずかしくないのか?
恥じて反省することがないのか?お国柄なんかい?恥じてるなら軍の内規を厳しくすれば良い。
今回の様な殺人には極刑で。大統領なんとか言ってくださいよ。もう帰ってしまったけど。

投稿: 空地 | 2016/05/30 00:37

ASKAさんへ

ほら、また、話をねじ曲げる。
それが出来るのなら、比較する必要もないし、あなたも、ムキにならないでしょう?
もちろん、程度問題ですが。

投稿: △、 | 2016/05/30 03:28

「元」海兵隊の現在軍属ということで
アメリカ軍人差別でもあり
また退役軍人差別でもあるという論調もあるのですが、
海兵隊員として正式採用されるまでの
過酷な訓練が犯罪のトリガーとして備わっちゃうんですよね

あと沖縄の諸問題については、
1974年まで侵略軍の軍政下に置かれて
その後も軍事的には占領されている状態なので
日本の中央政府はどうしても求心力も信頼も小さくなるのは当然ということは
頭の隅に入れておくと、理解が多面的になると思います。
いわばアメリカに朝貢してそれ以上の軍事力を貰っている状態なんですが
そのために大規模に軍事占領されてる様態の地域に対して
いくばくかの情が差し挟めないというのは
国家主義的な合理性に深入りしすぎかと思います。

話がそれて失礼しましたが、
沖縄の軍関係者(特に海兵隊)の横行についての
理解の一助になればと。

投稿: | 2016/05/30 03:46

△、さんへ

「新たな被害者を減らす事は現在の被害者を傷つけなくてもできますよね?」

これが出来ないコメントは表示されないのがASKAの事件簿のルールです。

投稿: ASKA | 2016/05/30 06:30

ASKAさんへ

なぜ、回りくどく言うのです?
自分は、新たな被害者を減らす気はないと言えば、このやりとりは終わる。
そして、ASKA信者が何かに気付くでしょう。

投稿: △、 | 2016/05/30 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都小金井市女性アイドル刺傷事件その2(続報) | トップページ | 埼玉県入間市4ヶ月長女殴打事件 »