« 香川県三豊市新生児虐待事件 | トップページ | 愛知県名古屋市北区受験勉強長男殺人事件 »

2016/08/17

群馬サファリパーク熊に襲われ女性従業員死亡事故

8月16日午後1時10分ごろ、群馬県富岡市岡本の「群馬サファリパーク」で、専用の軽乗用車で動物を監視していた女性従業員(46)=同市上小林=が、ツキノワグマに襲われる事故が起きている。

女性は左脇腹や胸をかまれ、ドクターヘリで前橋市の前橋赤十字病院に運ばれたが、午後3時半すぎに出血性ショックで死亡した。富岡署が詳しい状況や原因を調べている。

同署や同パークによると、襲ったのは放し飼いにされている5歳の雄で、体重約110キロ、体長約1.7メートル。事故が起きたのはツキノワグマとシカ、サルを展示飼育する「日本ゾーン」。事故当時、同区域にはクマ4頭がいて、女性は軽乗用車で見学客の安全確認などをする業務に1人で当たっていたとの事。

同署によると、監視車両の運転席側の窓中央部に横向きに取り付けられていた1本のステンレス製パイプ(直径2センチ)が外れていた。窓は開いており、クマがパイプを壊し、車内に入ったとみられるとの事。

約20分間隔で運転していた園内の見学バス運転手が、女性の監視車にクマが侵入しているのを発見し、緊急通報。駆け付けた従業員がクマを追い払い、女性を管理事務所まで運び、119番通報したとの事。

事故を受け、サファリパークは午後3時ごろの見学バスを最後に閉園した。17日も臨時休園している。

女性は宮崎県の高校から石川県内の動物飼育専門学校に進学。在学中に飼育員を志し、卒業後、群馬サファリパークに就職した。25年余り勤務し、2014年12月から日本ゾーンの監視を担当していたとの事。

園長(63)は「(女性は)安全管理に慎重だったので、『なぜ』という思い。従業員に危険はつきものだが、言葉にならない。一層の安全対策を講じていきたい」と肩を落とした。

富岡甘楽広域消防本部によると、救急隊員が到着した時、女性は心肺停止状態。救急車でパーク第2駐車場まで運び、午後2時すぎ、ドクターヘリで病院に搬送したとの事。

同パークは1979年開園。約100種、1000頭を飼育し、園内を客がマイカーやバスで巡り見学する。97年8月には車外に出た夫婦がトラに全身をかまれ死亡した。2010年12月にはバス運転手が水牛に襲われ重傷を負ったとの事。

今回の事故について栃木県でツキノワグマ2頭を飼育する動物園の担当者は「園にいるクマは人に慣れており、襲うことはほとんどない」と話したとの事。その上で、クマが強い力を持っていることに注意し、「鍵や格子の細かい点検が重要だ」と指摘したとの事。

安全対策として従業員が乗っていた巡回車の車窓に取り付けられていたパイプの防護力が、不十分だった可能性の高いことが分かった。パークはクマに襲われてもパイプで車内の安全は確保されるとしていたが、事故ではクマが押して外してしまったとみられ、県警は対策に問題がなかったかなど調べている。

パークによると、パイプ(直径2センチ)は運転席と助手席の車窓に各1本、車窓の真ん中を横切る形で設置。クマの口の部分までしか入らず、仮にクマがパイプに触れた場合、習性から引っ込むと想定していたとの事。

一方、同種施設の姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)は、巡回車にパイプを2本設置。担当者は「1本だと多少の時間稼ぎになるが、防護用として十分とはいえない」と指摘したとの事。

これについて、群馬サファリパークは「窓からえさをやるため、金網だと窓から投げられないし、視界も悪くなる。(1本は)安全性と利便性の妥協点だった」と説明し、「専門家の意見も取り入れながら最善策を模索したい」と話したとの事。

女性を襲ったのは5歳になるオスのツキノワグマ。客が園内を自家用車で回る場合、窓ガラスを閉めて、ドアの鍵をかけることが求められているとの事。

襲われた当時、女性は運転席側のドアの窓を開けていた。その理由は「演出のためにエサを投げたり、客に注意喚起を促すため、窓を開けて『すみません、窓を閉めてください』と」(群馬サファリパーク動物課 課長)

窓を開けているときの安全対策として「ドアに格子をつけている」(群馬サファリパーク動物課 課長)

車の高さは160センチ強。ツキノワグマは立ち上がった状態で170センチ程度。クマは運転席側から女性に襲いかかり、左脇腹から胸にかみついたのです。ほかの従業員が発見したときには、車内に乗り込んでいたとの事。

「8月はクマの繁殖期の終わりの頃。繁殖期に当たっていた場合は非常に攻撃的になっていた可能性もある」(東京農工大学大学院 教授)

立ち入り調査を行った労働基準監督署も不備を指摘しているとの事。

「クマの力で有効に機能していない状態になっていたのを確認した。あらゆることを想定して万全の対策をとってもらうことが必要」(高崎労働基準監督署  安全衛生課長)

こんな事件ですね。
事故の原因は窓の防護用のパイプの強度不足と言う事になりそうですね。

ASKAの事件簿の記録を読み返すとこれまでにも動物園関係での事故は結構ありますね。
2012年の秋田県秋田市動物園チンパンジー指噛み千切り事故
2012年の富士サファリパークゾウ飼育員死亡事故
2012年の秋田県鹿角市クマ牧場女性従業員死亡事故
2008年の京都動物園トラ飼育員死亡事故

これらの事故は人間側が檻の中に誤って入ってしまったり、柵の間から指を入れたりして起きた事故なんですが・・・

今回の事故はちょっと違いますね。
安全対策は行っていたが、それ自体が不十分だったと言う事なんですよね。
現場の作業者自身は「これで大丈夫」と言われれば、その信頼性や安全性に疑問を抱かなかったかもしれません。

なので、「パイプ1本で大丈夫」と言う判断には、今後、批判や責任追及の目が向けられるかもしれませんね。

同種の園では1本では不安として2本にしてるわけで、そのあたり、同業他社はどうやってるのか?とか気にはならなかったのかな?

あとは、巡回を1人ではなく、2人一組でおこなっていれば、襲われた時にすぐに助けを呼ぶことも出来たかもしれませんね。

とは言え、2人分の経費を考えると、パイプを2本にした方がコストは安かったと思うけど・・・
まー園側の説明だと、「餌やり」や「声かけ」の為の1本だったとの事だけど、声かけなら2本でも良かったでしょうし、マイクや拡声器なども使えたと思います。そもそも、「直接餌をやる必要があったのか?」と言うのも疑問ですが・・・

餌で熊を集める為なら、直接手で餌を与える必要は無いでしょ?

それから、危険予知トレーング(KYT)なども実施していたのかな?
あるいは、過去に同種のヒヤリ・ハット事例は無かったのか?

今まで従業員の車が襲われたことはないとの事ですね。
「開園当時に海外から指導員が来て指導を受けている。今回の事故は想定外だった」と言うのが園の見解ですね。

ただ、リスクアセスメントなどしたら、餌を積んで動物に近づく車が動物に襲われると言うのは十分想定できるような項目にも思いますが・・・・

いずれにせよ、原因が分かっているなら、対策をする必要がありますね。
最大の問題は事件が起きる前にその事に気づけなかった事なのかもしれませんね。

殉職された女性のご冥福をお祈りします。

|

« 香川県三豊市新生児虐待事件 | トップページ | 愛知県名古屋市北区受験勉強長男殺人事件 »

コメント

「安心は最大の敵」そう思いますね。いかなる準備をしてもそういった事態は起きますよ。それ自体は何らかの
「原因」があるのは当然だけど、相手は「自然」ですから、本能で動いたんでしょう。たまたま居たから、そういった事態になった。動物もストレスがありますから、それが爆発しただけ。いくら「安心」に取ろうと、それが抜けられることがある。「気」は引き締めないと、ですね。

投稿: 荒木 | 2016/08/19 12:38

富岡市の群馬サファリパークで、8月16日に女性従業員が熊に襲われ死亡した事故で、同園は19日、県動物愛護センターの立ち入り調査を受け、同センターに17日に提出した改善計画書に沿った対応が行われているかの調査を行ったとの事。

その結果、考えられる対策を講じていると判断し、事故後に臨時休業していた営業を20日から再開することを決定したとの事。

改善計画書では、
(1)事故が起きた「日本ゾーン」とトラ・ライオンエリアを巡回する車6台の窓ガラスに動物の侵入を防ぐ、より強度の高い鉄格子を設置する

(2)監視車両を基本的に2台態勢とする

(3)当面の間、熊を電柵内のみで展示する

などの安全対策を行うというもの。

同園は「今回の事故でご迷惑をおかけし大変申し訳ありません。考えうる対策を講じ営業を再開します」とコメントしたとの事。

さて、再発防止策を実施して営業再開となりましたね。
営業再開をするなら、再発防止策を実施するのは当然なので、それ自体は当たり前の事ですよね。
問題は「本当に危険な部分や作業はこれで無くなったのか?」と言う素朴な疑問です。

そもそも、今回の事故の原因は
「窓からえさをやるため、金網だと窓から投げられないし、視界も悪くなる。(1本は)安全性と利便性の妥協点だった」と言う事だと、他にも、営業や運営、経済性を優先し安全面を軽視した部分は無いのか?
と言うのが疑問ですね。

立ち入り検査は必要だし、経営上、営業再開を急ぎたいと言う事情もあるでしょうが・・・
本当に園が安全なのか?安全作業をしているのか?と言う視点での検査も必要なのではないか?と思いますが・・・
OHSAS 18001でもやっていれば、今回の事故は防げたような気がしますね。

もっとも、現場のレベルで現状で安全と言う思い込みがあれば、リスクアセスメントにも記載されないかもしれないので、微妙なところではありますね。

荒木さん、こんばんは
動物相手なので、想定できない事もあるかもしれませんね。
園側のコメントでも、餌も十分なのでなぜ襲われた分からない。とコメントあったようです。

でも、なぜ襲われたか分からなくても、襲われたのは確かなので、襲われても安全な状態にしておくべきだったと言うのは間違いありませんね。

これまで事故もなく行われていた作業だったので、慣れはあったのかもしれませんね。
それが油断になってしまったのかはわかりませんが・・・

投稿: ASKA | 2016/08/23 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香川県三豊市新生児虐待事件 | トップページ | 愛知県名古屋市北区受験勉強長男殺人事件 »