« 神奈川県相模原市障害者施設虐殺事件その6(ヘイトクライム?妄想戦士?) | トップページ | 岩手県奥州市女性水道検針員殺人事件 »

2016/08/05

はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児

この本ですが、なにげに読んだ本としては、衝撃的でしたね。
障害にも重い軽いがあるのは知っていたのですが、現実にこんな問題があるとは思いませんでした。

健常児と障害児の境界に生まれた子供の中学入学までのドキュメンタリーですね。

日常生活に問題があるのに、療育手帳がもらえず、障害児として受け入れられないと言う子供と親の奮闘記です。

障害児に対する理解も必要だけど、この「はざまの子」にも理解が必要なんでしょうね。
社会の一員として誰もが知っておくべき問題だと思います。

読んでみて、教師なのに障害について理解してない人もいるんだなと言う事に気付かされました。あるいは、知っていて敢えてしらない振りをするポジショントークなのかもしれませんけど・・・

子供の教育や育児、障害児などに興味のある方にお勧めします。
それから、学校教育の関係者にもお勧めしたいですね。

|

« 神奈川県相模原市障害者施設虐殺事件その6(ヘイトクライム?妄想戦士?) | トップページ | 岩手県奥州市女性水道検針員殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川県相模原市障害者施設虐殺事件その6(ヘイトクライム?妄想戦士?) | トップページ | 岩手県奥州市女性水道検針員殺人事件 »