« 福井大准教授院生女性殺人事件その5(一審判決) | トップページ | 神奈川県横浜市大口病院連続殺人事件その2(続報) »

2016/10/03

兵庫県神戸市高2男子殺害事件その7(続報)

神戸市北区の路上で2010年10月、高校2年の男性=当時(16)=が刺殺された事件で、兵庫県警神戸北署捜査本部が、現場近くの量販店で凶器と同型のナイフを最後に購入した客のズボンを特定した。

事件は4日で発生から丸6年。購入客と事件との関連は不明だが、捜査本部は新たな資料として公開に踏み切り、証言の掘り起こしにつなげるとの事。

捜査関係者によると、ズボンは水色のジャージー。左右側面に白のラインが入り、左もも付近にメーカーのロゴがあるという。客は男性とみられ、上着は不明。

捜査本部は店内の防犯カメラ画像を基に、購入客のイメージ画も新たに作成した。ジャージーの写真と合わせ、4日に現場周辺などで配るチラシに掲載することを検討しているとの事。

凶器のナイフは、調理用で刃渡り約10センチ。事件発生の6日後、現場から南西100メートルの側溝で見つかり、男性のDNA型と一致する血液成分が検出された。

同型のナイフは09年夏以降、この量販店で約20本販売され、最後にこの客が購入したのは事件8日前の9月26日だった。当時、現場周辺で同型ナイフを販売していた店は他に無いとの事。

捜査本部は、既に凶器と同型のナイフを購入した約半数の客を特定したが、いずれも事件との関連は薄いとみており、周辺の防犯カメラの精査や遺留品の再鑑定などを続けている。

こんなところですね。
事件から6年、地道に捜査は継続していたんですね。
今回の続報は、現場近くで犯行に使われたナイフと同型のナイフが売られていたお店で最後にナイフを購入した客の「ズボン」が特定されたと言う事ですね。

それが事件の8日前なんですね。
水色のジャージを普段、着ていると言うと、イメージとしては10代後半から20代前半ぐらいなのかな?

現場周辺で事件前にナイフを持ち歩く、水色のジャージを着た、不審な男性に心当たりのある方は捜査本部に連絡されるのがよろしいかと思います。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
兵庫県神戸市高2男子殺害事件その6(犯人はいつ逃走したのか)

|

« 福井大准教授院生女性殺人事件その5(一審判決) | トップページ | 神奈川県横浜市大口病院連続殺人事件その2(続報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福井大准教授院生女性殺人事件その5(一審判決) | トップページ | 神奈川県横浜市大口病院連続殺人事件その2(続報) »