« 兵庫県神戸市高2男子殺害事件その7(続報) | トップページ | 大阪府大阪市住吉区3ヶ月長男虐待事件? »

2016/10/04

神奈川県横浜市大口病院連続殺人事件その2(続報)

1)捜査本部が、2人が入院していた4階のナースステーションに残されていた使用済み注射器数本を押収していた。捜査本部は、注射器が異物の混入に使われた可能性が高いとみて注射器に残された薬液などの分析を急ぐとの事。

2)その後の調べで、死亡した2人は点滴を交換してから5時間以上たってから体調の変化があったことがわかり、警察は、何者かが消毒液の量を調整したうえで、点滴の中に混入した疑いもあるとみて、混入された量などもくわしく分析している。

別の報道では
死亡した2人は、いずれも最後の点滴を交換した後、心拍数が低下し、容体の悪化が分かるまで、6時間以上経っていたことが分かりました。

 界面活性剤は、体内に入ると血液の循環に異常をきたすおそれがあり、警察は、医療の知識を持った人物が、点滴の交換直後に容態が急変しないよう、混入する異物の量を調節して犯行に及んだ可能性もあるとみています。

捜査本部は、注射器の取り扱いに習熟した何者かが、滴下速度を調整することで患者の体内の血中濃度を徐々に高めて死因を病死と誤診させようとした疑いもあるとみており、病院関係者から慎重に聞き取りを進めている。

3)この病院では、平日の日中は看護師が5人以上いるということだが、この3連休は日中も3人態勢だったということで、警察は職員の態勢が手薄な3連休を狙った犯行の可能性もあるとみて調べている。

4)大口病院の4階では、ことし7月から事件が発覚するまでのおよそ3カ月間に、中毒死した2人を含む48人の入院患者が死亡。最も多い日で5人が死亡していたことが分かりました。県警によりますと遺体のほとんどはすでに火葬されていて、事件との関連を調べるのは困難だということです。また9月20日に県警が捜査のため病院に入って以降は、30日午前に1人が死亡していて、県警は遺体を司法解剖して調べています。

5)捜査関係者によると、混入が疑われているのは、院内で空のボトル3本が見つかった消毒液「ヂアミトール」の高濃度タイプ。10%以上の濃度の「ベンザルコニウム塩化物液」で、強い殺菌効果がある界面活性剤が含まれ、通常は0・01~0・025%程度に薄めたうえで、手指や傷の消毒などに使われるという。

6)最初に被害者と判明したHさん(88)の容体が急変した際、女性看護師が投与中の点滴袋をベッドに落とし、袋内の輸液が急激に泡立ったとの事。
偶発的なこの出来事が事件発覚のきっかけとなり、後にこの袋から消毒液に使われる「界面活性剤」の成分が検出された。

こんなところですね。
点滴開始から容態悪化するまでの時間が6時間ほど掛かっている点をどう考えるか?
犯人が疑われない為に点滴速度を調節した?

しかし、ナースステーションに針の痕跡のある点滴袋が複数残っていたけど、犯人だけがが界面活性剤(以下界面剤と記載します)入りの点滴袋を選んで使うなんて事は無いでしょ?

つまり、界面剤入りの点滴袋さえ仕込めば、あとはどの看護師が点滴しても患者は死亡するようにしていたのではないのかな?

まー、特定の看護師が点滴した時だけ、患者が死亡するなんて、それが続けば流石に誰かが気付きますよね。
なので、犯人もそれを予測した上で、疑われない為のある種の偽装をしたんでしょうね。

そして、もう一つ、死亡した2人とも、点滴後、同じぐらいの時間で容態悪化している事をどう考えるか?
偶然?

私は一つの可能性として、もう一つの偽装の可能性を疑っています。
これは、誰が点滴しても死亡する。と言う事とは別に、犯人がその場に不在になるケースを作ると言う意味もあるのかな?と疑っています。

これも、特定の看護師(医師)がいる時だけ、患者が死亡する。と言うのもやはり不自然でしょ?

なので、時間がある程度経過して、犯人自身が現場から離れる時間を作る為の偽装だろうと考えています。

しかし、この場合、一つの問題があります。それは、その時間の調整をどうやってしたのか?
つまり、界面剤の致死量なんて調べても出てこないと思うんですよね。
(調べて無いけど、もしかしたらあるのかな?と思って調べた出てきますね)

しかし、いずれにせよ、その数字は推定でしかないし、今回の点滴による投与で実際に死亡するまでの時間は調べようもないでしょう。

つまり、犯人は事前に人体実験を重ねて、点滴後6時間ぐらいで死亡する量を調べていたのではないか?と疑っているわけです。

3ヶ月で48人も死亡してる。その内、2割ぐらいが犯人の犯行によると仮定すると約10人ぐらいはこれまでに殺害されている事になり、データを集める機会は十分だと思いますね。

もし、実際に大半の死亡者が犯人の犯行によるものだとすると、もうちょっと違う見方もできますね。
その場合、犯人は多数の成功体験を続けていて、もうゲーム感覚だと思うわけです。

そうすると、もっと大胆な犯行も行っていた可能性があると思うのですが、他に不審な死亡患者はいないのか?
気になりますね。

多数の人間を殺害している事で快楽殺人も疑われるのですが・・・
死亡するまでの時間を調節することで、犯人が現場に居合わせる事を避けているなら、現場での性的興奮に結びつくことは無いでしょうから、もっと違う形での精神的報酬を得ているのかもしれませんね。
まーそのあたりは、逮捕後の動機の供述を待つしかないかな。

手段が目的になってしまったなんて事もあるかもしれませんが・・・

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
神奈川県横浜市大口病院連続殺人事件

|

« 兵庫県神戸市高2男子殺害事件その7(続報) | トップページ | 大阪府大阪市住吉区3ヶ月長男虐待事件? »

コメント

抜けてましたが、看護師、医師以外でも犯行は可能ですね。
犯行の条件としては、現場に違和感なく出入りできる人間ということになりますね。

投稿: ASKA | 2016/10/05 05:22

漫画か推理小説のような信じられない事件です。
殺されたのは2人どころか、10人とかそれ以上の可能性まである。
捜査の進展が全く聞こえて来ないので難航しているのか?
動機は何なのでしょう?
まったくの憶測ですが、快楽殺人の類ではなく、相当な偏執者に思えますな。病院への怨恨もあり得ますが、大量殺人につながるかな?

投稿: 空き地 | 2016/10/11 21:34

事件発覚からだいぶ経ちましたが、犯人への手がかりはやはり警察でも掴めていないのかまったく報道されませんね。
このまま適当に現場付近の通院していた障害者宅に注射器でも忍ばせて、いきなり逮捕とかやらないか心配ですね…

投稿: 戯言遣い | 2016/10/21 07:48

お久しぶりでございます。
個人的な意見を言うと犯人は医師や看護師以外の奴らだと思います。
つか医師や看護師だったらとっくの昔に逮捕されてると思います(神奈川県警はとかく言われてますがそのへんはおいといて)。
犯人が看護師だったら仕事のシフト表を調べたらわかるだろうし、医師だとしても動機が無さすぎる気がします。

そうなると病棟に定期的に出入りしてる人たちという事になるんでしょうか……。

投稿: 大高忠敬 | 2016/10/26 01:24

大雨やら松本死刑囚らの死刑執行やらの影に隠れていましたが逮捕の報道が出ましたね
看護師の女性が容疑者で、最初に発覚したHさんの件は認めているとのこと
動機や他の人への犯行については目にしていませんが、後々出てくるでしょうか

投稿: つれづれ | 2018/07/08 01:54

やっぱり看護師でした。自供しているようですね。
しかし、殺人の動機と言うのもイロイロあるものだと思いました。自分が担当している時間に死なれると遺族に説明せねばならず、それが嫌だったと。だから次の看護師に引き継ぐ直前に点滴に入れていたとのこと。
世の中には、犯罪にはならないレベルで面倒な事を人に押し付けたりズルしたりする人がけっこういますが、そういう感覚ですね。
頭の中にもう1人の自分が出てきて、ちょっと待ってよ!コレは人殺しだよーって囁いてくれなかったんですね。せっかく看護師という大変だけどやり甲斐のある仕事に就いているのに。彼女自身の人生も終わらせてしまった。

投稿: まーぷる | 2018/07/08 13:37

まーぷるさんの見方で正解なんですが、
人の命を救う事に働き甲斐を感ずべくなった若手の看護士さんに 終末病棟担当させた病院側にも問題あると思います。(病院自体が最終治療医院のようですが)

特に逮捕まで長引いた事、類似死亡例が20人を越してる事、(本人も認めてる人数)把握すべき管理責任は充分問えます。
暗黙の了解では済まず、病院グルミだったと言われても仕方ないでしょう。

相模原障害者施設を襲った介護士は、まだ憐れみ半分の動機でしたが、これは完全に自分本意の都合で殺害してますから、極刑は避けられないですね。

投稿: テキスタイル | 2018/07/08 22:31

たいへんな事件ですね。もしかすると被害者数はテロ並の大量殺人かもしれない。おどろいたのは身勝手過ぎる動機。相当な偏執者を憶測していましたが、このパターンとは。近年犯罪の理由が超個人的とか利己的になりつつあると言われていますが、説明が面倒だとか言語道断ですな。殺意を持った犯行なため、殺人罪は免れないですな。

投稿: 空き地 | 2018/07/09 07:12

みなさん、こんにちは
事件から2年で逮捕ですね。(記事は後で書きますね)
死刑が見えているだけに、逆に難しい事件になったかもしれませんね。

やはり、死刑と言うのが目の前に突きつけられると、やはり死にたく無いとなって、公判では否認するかもしれません。
そうなると、証拠が自供だけの場合、今市事件と同じように難しい公判になるかもしれませんね。

検察としては、決定的な秘密の暴露が必要だと思いますが・・・後で誘導とか言われないように、しっかりやって欲しいですね。

投稿: ASKA | 2018/07/09 18:04

続報がありました。被疑者は3人目の投与を供述。70代女性とのこと。
あさはらでもなし得なかった単独での大量殺害の可能性がでています。
また、ここまでは界面活性剤の投与の嫌疑でしたが、あらたにインスリンを持ち出して巡回する様子を防犯カメラが捉えていたそうです。その日に投与する予定がなかったそうです。インスリンの方がバレにくいのか?相手により投与するものをかえたのか?その姿を想像すると恐ろしい。悪魔が廊下を歩く。いや、人だ。極めて偏った考えをもち、超自己中、反社会的な悪事をやらかす人。極刑以外はあり得なさそうだ。

投稿: 空き地 | 2018/07/12 07:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県神戸市高2男子殺害事件その7(続報) | トップページ | 大阪府大阪市住吉区3ヶ月長男虐待事件? »