« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その69 (推定される時系列) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その71 (二重人格?) »

2016/12/22

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その70 (殺害した場所と目的)

続報もでなくなりましたね。今回は被害者を殺害した場所について考えます。
この事件の骨格を考える上で非常に重要な部分になります。

まずは、いつものように場合分けします。
1)拉致直後に車の中。
2)容疑者の益田の自宅と車中以外の場所。
3)容疑者の益田の自宅。

死亡した(殺害された)場所はおよそこの3カ所ぐらいでしょね。
では考える前に前提条件を考えます。

容疑者は5年前にも刃物を使って女性を襲う事件を起こして懲役3年6ヶ月の刑を受けている。
性犯罪者だから怪しいと言う事では無く、一度、逮捕されて懲役刑を受けていると言うのが重要です。

容疑者は就職もして、仕事も順調でした。なので、自暴自棄になって、破滅するような事件を起こすとは思えないのです。
つまり、容疑者は例え事件を起こしても「逮捕されたくない」と考えていたと私は考えています。

A)容疑者は逮捕されたくないと考えている。
B)犯行の目的は性的暴行。
C)車で被害者を拉致、あるいは同意の上で乗せて移動。
D)少なくとも、被害者は容疑者の事を知らない。
E)解体は容疑者の益田市の自宅で行われた。

と言うのが前提条件です。
(まー出たとこ勝負の衝動的な事件だった可能性もありますけどね。)

では、各場合について考えます。
1)拉致直後に車の中。
被害者を車で拉致したが、騒がれたので車内で扼殺と言うのは良くあるケースですね。
しかし、この場合、基本的な疑問があります。
遺体を解体する必要がありません。被害者との接点が無いので、遺体をそのまま、運搬して遺棄すれば良いわけです。

遺体を自宅に運ぶ理由、解体する理由が無いと思うわけです。
しかも、遺体の頭部には暴行された跡(顔を踏まれている)があるので車内で暴行するのは難しいかもしれませんね。

2)容疑者の益田の自宅と車中以外の場所。
どういう経緯かわからないけど、容疑者と被害者が偶然、ある場所で会い、その場で襲うが、これも騒がれて扼殺。
この場合も車内と同様に被害者との接点が無いのであれば、遺体を解体する理由もなく、そのまま放置してもよかったのでは?
仮に、容疑者に関係の深い場所だったので、他の場所に遺棄するにせよ、解体する理由は無いでしょ?

3)容疑者の益田の自宅。
この場合も実は問題がある。被害者を拉致あるいは、同意の上で自宅につれてきたとしても、その後に行うのが犯罪行為であるのであれば、わざわざ、接点の無い被害者を選択しているにも関わらず、容疑者の自宅を被害者に教えてしまう事になる。
それでは、身元を明かしているのと同じですよね。

逮捕されたく無いと考えている、容疑者ならば、氏名などはわからなくても、住所を被害者に知られてしまう事は避けたいのではないか?
と思うわけです。

しかし、一つだけ方法がある。住所や身元が被害者に知られても、被害者を脅して警察に被害を訴えさせなければ良いわけです。
だけど、それでも、被害者がいつ心変わりして、警察に届けるかわかりませんから、確実とはいえないかもしれませんね。

話を進めると、この段階で被害者を殺害する理由が無いんですよね。
1)2)3)の全ての場合に共通するけど、前の事件で刃物を使っていた容疑者は、今回の事件でも刃物を使って、被害者を脅したのだろうと思うわけです。
だとすると、抵抗できるのか?と言うのも疑問のあるところですよね。

だとすると、容疑者が目的を達成した後に、被害者が「警察に訴える」と話した場合ですね。
で口封じの為に扼殺したと言うあたりかと思います。

しかし、この場合でも、運搬の為に遺体を解体する理由がありませんね。

なので解体する理由は運搬以外にあると思うわけです・・・その理由は何か?

ヒントは「写真」かもしれません。
容疑者を特定する鍵となったのが、浴室にある遺体の写真でしょ?
そもそも、この写真は何の目的で撮影されたのか?

例えば、意図せずして被害者を殺害してしまったとして、もしパニック状態だったのなら、写真を撮るような余裕は無いでしょうね。
なので、この部分も不自然さを感じる部分です。
一度逮捕されているので、落ち着いていたと言うのもあるかもしれませんが、強制わいせつで3年半の事件とはレベルが違います。
罪状に殺人と他に強の字が二つぐらいつくわけで、死亡者が一人でも死刑判決が出る可能性がありますからね。

以前の事件で遺体の写真やビデオを撮影していたので思い出すのは「宮崎勤」事件ですね。彼は遺体のビデオを撮影していました。
宮崎勤は日本で数少ない快楽殺人者のうちの一人です。

なので、容疑者の目的がそもそも、殺人、解体が目的の快楽殺人だとしたら、落ち着いて写真を撮っている理由も説明できますね。
被害者に住所を知られても殺害するのだから、支障が無いと言う判断があるかもしれませんし、何より邪魔がはいらない場所は自宅だったと言う判断かもしれません。

その場合、計画的な犯行で拉致も遺棄も目撃者がいないと言うのも説明できますね。

しかし、それでも、疑問なのは「遺体の解体速度が異常に早い事」なんですよね。
実際に報道されたのは写真を撮影していた時間が「1時間半」と言うだけど、遺体の解体が1時間半で終わっていたのか?はわかりません。
しかし、せっかく写真を撮るなら、最初から最後まで撮りたいと思うのが人情じゃないかな?

で、これも快楽殺人で説明できる可能性があります。容疑者は解体方法をあらかじめ予習したり練習していたりしたのではないか?と言う事です。
容疑者が死亡して7年の経過しているので、容疑者の遺品も残っていないかもしれませんが、遺品の中にそれらしい物は無かったのか?
今となってはもう、わからないかもしれませんね・・・・

あとは、動物などで練習していたのなら、周辺で動物虐待事件などは起きていなかったのか?と言うのは気になりますね。

そうなると、共犯者の存在が微妙になってきます。
解体速度が容疑者の熟練による物だとすると、共犯者がいなくても犯行が可能となります。
そして、田舎の一軒家としても、風呂場はそれほど広くないでしょう?
洗い場で複数で遺体を解体していたら、写真に共犯者の体の一部が写っても不思議じゃないと思いますね。

・・・だけど、共犯者の可能性は否定できないところは別の部分であります。
例えば、写真は撮影したけどビデオは撮影していなかったのか?とかね。共犯者が解体には参加せずに、解体の様子をビデオ撮影していた場合は浴室の写真に共犯者は写らないかもしれませんね。

他にも、例の白いセダンの男女がどうも気になります。もし事件に無関係だとすると、被害者がアルバイト先を出た直後に、同じドアから出た人物が被害者を見ていない事が説明できないですよね。

だけど、日本の過去の快楽殺人事件で共犯者がいた事件はなかったと思います。
なので、共犯者と言うより、脅されて協力させられた場合はあるかもしれません。

前提条件の下で自宅で殺害、解体したのだとしたら、「快楽殺人」説が有力なのかな?
(前提条件の中の性的暴行が目的と言うところが変わりますけどね)
(交通事故隠滅説も可能性は残るけど、遺体の写真を撮る理由は無いですよね)
しかし、その場合、これが最初で最後の犯行だったのか?と言うのも気になります。
快楽殺人者は比較的短期間に犯行を重ねる傾向があるんですよね。

その答えは「大変な事をしてしまった」と言う言葉かな?
もし、以前にも同じような事をしていれば、こんな言葉は出てこないでしょうね。

まてよ・・・もし快楽殺人だとしたら、1)2)の場合でも成立しますね。
殺害の場所がどこでも、解体する事も目的の一つなので、車で遺体を自宅に運搬して解体と言うのもあり得ますね。

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その69 (推定される時系列) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その71 (二重人格?) »

コメント

迷宮入りになりかねない事件でしたが、
「警察の威信にかけて解決させる。」
今年の報道でも述べられ、長年の地道な捜査が実を結んだ、言わば刑事冥利に尽きますね、本当良く頑張られた。

さて 当初は周辺空き家を探索など言われてたんですが、考えてみれば、知らない廃墟など落ち着きませんね、いつ誰が侵入してくるかわからないですから。

性的目的に違いは無いのですが、単純なSEXだけでない、屈折した 性癖が前科にも表れてます。

その観点で見ると「大変な事をした」と言ってたのは、遺体解体翌日には平然と出勤してたようで、明確な多重人格者であると思えます。
昼の常識人と交遊関係の顔と、素顔が極端に別れてると思えば納得です。

早期に遺体が発見された焦りから、上司に代休の電話を落ち着いてしてます。

また敏速丁寧な捌きの割に杜撰な投棄も
ジキル&ハイド的ですね。

投稿: テキスタイル | 2016/12/22 23:16

快楽殺人だったならば事件後の「大変なことをした」という言葉がしっくり来ませんし、何らかの理由で誤って殺害してしまったのなら遺体の写真を撮るという行動に矛盾を感じますね…

テキスタイルさんのコメントにあるように多重人格者だったのか、あるいは共犯がいたのか。
個人的には女性1人といえど人1人拉致をするのに単独犯ではリスキーでは?と思うのです。

投稿: ミッシェル | 2016/12/23 01:15

しかし、殺害後バラバラにして尚且つ撮影とは・・・。単なる性犯罪者とは違いますよね・・・。

私もASKAさんと同じく車についての疑問が晴れません。そもそも女性とはいえ人を強引に拉致するとしたら1人で可能なのかどうか。(性犯罪目的なら当然面識もなく拉致という形になる筈です)

その際、事故を起こした小型車で拉致というのもできるのかどうか。脱げていた靴についても被害者のものであれば小型車で拉致して靴が脱げるのかどうか。

もしかしたら会社の社用車の線もあるかもしれません。となると当初目撃されたセダンと男女の目撃情報でしょうか。これだけの知名度で名乗り出る人間がいないとなると犯人の関係者の可能性も否定できないですよね・・・。

警察も中々情報を発表できない状況なのかもしれませんね・・・。

投稿: 裏銭 | 2016/12/23 01:26

解体場所が自宅の風呂場だとしたら、切断に使われたとされる斧や鉈の跡が残るような気がしますよね。

実物の斧や鉈を見たことないですが、タオルやまな板みたいなのを敷こうが、床がタダでは済まされない気が…音も凄そうですし。でもやはり解体場所は自宅なんですかね。

それと、個人的に一番不可解なのが、犯人は最終的に母親と無理心中を図った(とされている)ということ。

快楽殺人って、自分が好きだからやるわけで、過去の事件からも、バラバラにしたあとも図太く生きてることが多いような。

それに、百歩譲って自殺するにしても、母親を巻き込む必要はなくない?と。

証拠隠滅のためにいろいろやってて、実際、警察も今回の偶然がなければ七年間も犯人が、わからなかった。なのに遺体が見つかった報道を見ただけで死を選んでしまう?うーん…

犯人の母親は、なんらかの形でこのことを知ってしまったんでしょうかね。で、自首しなさいと言われ、逃げ場を失って無理心中を選んだ、と。

あと、頭のいいとされる犯人が、カメラやUSBを(データ消去ではなく)破壊せずに自宅に残したまま死ぬってのも、よくわかりませんね。。

投稿: ワカメ | 2016/12/23 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その69 (推定される時系列) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その71 (二重人格?) »