« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その76 (情報提供者の気になる点) | トップページ | 千葉県動物プロダクションでライオンに噛まれる事故 »

2017/01/18

紛失スマホで電子マネー窃盗事件

スマートフォンを紛失して電子マネー約290万円分を不正使用された千葉県の男性が、サービスを運営する「楽天Edy(エディ)」(東京)などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は1月18日、訴えを退けた一審東京地裁判決を変更し、約224万円の賠償を命じたとの事。

裁判長は同社について「紛失時に取るべき対応を利用者に周知していなかった」と指摘したとの事。

判決によると、男性は2012年、スマホの紛失に気付き、警察に届け出た上で携帯電話会社で通信サービスの停止手続きを行ったが、楽天Edyには連絡しなかった。このため何者かに電子マネーの利用額の設定を変更され、約2カ月にわたり不正使用されたとの事。

こんな事件なのですが・・・
スマホとか、電子マネーを使う人には怖い事件かなと思い取り上げました。
判決よりも、通信サービスの停止をしたスマホでエディーって使えるの?と言うのが素朴な疑問なんですよね。

この情報をそのまま解釈すると
スマホ側にはIDなどの個人認証のシステムだけあって、店舗の端末でスマホを使用すると、IDを認証して、エディー側サーバーで購入金額などを処理すると言う事なのかな?

それともう1点気になるのが「電子マネーの利用額の設定を変更され」と言う点、通信サービスが停止しているのに、変更できるの?
停止する前に変更したのかな?でも、その時にパスワード入力など無いの?と言うのも疑問ですね。

こういう事件を見ると、先払い式のスイカの方が安全と言うか、少なくとも被害額が拡大するような事は無いと思いますね。

スマホの電子マネー機能には自動ロック機能をつけて使っているけど、やはり取り扱いには注意が必要ですね。
通信会社への連絡とともに、電子マネー会社への連絡も忘れずに!って事ですね。

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その76 (情報提供者の気になる点) | トップページ | 千葉県動物プロダクションでライオンに噛まれる事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その76 (情報提供者の気になる点) | トップページ | 千葉県動物プロダクションでライオンに噛まれる事故 »