« 世田谷一家殺害事件再考その162(2016年年末情報) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その75 (情報提供者の条件) »

2017/01/03

真犯人に告ぐ!

ASKAの事件簿のコメントでもこの本を推す声がありましたし、他にも世田谷事件を追う方がこの本を推してまして、一度は読んでみようと今回読んでみました。
実はこの本は世田谷事件についてのみ書かれた本ではなく取り上げている事件としては
1)世田谷一家殺害事件
2)金大中拉致事件
3)八王子スーパー3人射殺事件
4)「悪魔の詩」惨殺事件
5)3億円事件
6)井の頭公園バラバラ殺人事件
7)三陸ミステリー
8)徳島・自衛官変死事件
9)和歌山毒カレー事件
10)足利幼女連続殺人事件
11)国松長官狙撃事件
12)婚活不審死疑惑

と12の事件が扱われています。

で、世田谷事件については22ページが割かれています。
更に世田谷事件は2部構成で
第一章はみきおさんの両親の手記と言う感じですが、事件当日のみきおさんの父親の体験した記録となっていて、これは意外に興味深いです。
おなじように当日の体験を記録している入り江さんの本と併せて読むと、当日の警察の動きが相当、慌ただしかったのが読み取れますね。

第一章の最後に作家さんの事件の見立てが2ページほど書かれています。

第二章がこの本のメインイベントです。
他の世田谷事件の本との大きな違いは、この本ではニュースソースが明らかな点です。
この第二章では捜査本部が作成して全国の警察署に配布した「捜査資料」を下敷きにして書かれています。

これまで、私が世田谷事件を考える上で参考にした情報を信頼度順に分類すると
Sクラス:警視庁のHPに公開されている内容やビラ(PDF)ですね。
Aクラス:入り江さんの本(遺族としての記憶や事件当日の情報など)
Bクラス:その他の報道情報(ここが玉石混合なんですよね)

で今回のこの「真犯人に告ぐ!」が「捜査資料」を元に書かれているなら、Sクラスの情報と言えます。
遺体の発見時の状態のイラストなど大変参考になります。

一応ここに書かれた情報が警察の捜査資料である事のクロスチェックですが、この本に掲載されている2枚の写真(引き出しと浴槽の2枚)は別の報道チャネルからも報道されています。
2012年の年末情報でも捜査資料の流出情報として報道されていましたので、流出した捜査資料がある事は間違いなさそうですね。

この本の発行は2010年1月25日です。

今、話題の進入経路の断定された経緯などもありますので、世田谷一家殺害事件を考えてみようという方にはお勧めの一冊です。
世田谷事件以外でも、井の頭公園バラバラ事件、足利幼女連続殺人事件(北関東幼女連続誘拐殺人事件)、八王子スーパー3人射殺事件(八王子スーパーナンペイ事件)などASKAの事件簿で取り上げている事件も記載されています。

|

« 世田谷一家殺害事件再考その162(2016年年末情報) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その75 (情報提供者の条件) »

コメント

ASKAさん、こんにちは!
去年、こちらで入江さんの本を紹介されており、
読みましたが、被害者側の動向がよく分かり
とてもよかったので、今回も非常に興味を引く
本ですので、近々読んでみます。

さて、私はこの年末、古い本になりますが
田宮栄一さんの未解決事件ファイルを読みました。
主に90年代発生の事件で構成されてますが、
この本にのっている
・高崎男児誘拐殺人事件(時効)
・柴又女子大生殺人事件
・名古屋市妊婦腹切り裂き殺人事件(時効)
・名古屋市西区主婦殺人事件
・香川女子高生殺人事件
などが、特に気にしている事件だったので、
事件の起きた経緯、田宮さんの考察が
とても分かりやすかったです。
ASKAさんもすでに読まれているかも
しれませんね。
この中の名古屋市西区主婦殺人事件は
韓国人の犯行も囁かれており、世田谷の
事件と重ねて妄想しています。
重要参考人の中年女性と被害者の
結び付きが分からないとされていますが、
私は個人的にご主人の過去の女性がらみ
(別れた奥さん含め)の依頼殺人だったのでは、
と勝手に推理しています。
こちらのサイトでは取り上げておられない
ようですが、いつかお時間あるときに
ご意見聞かせてもらえたら嬉しく思います。

投稿: ラスク | 2017/01/05 13:23

『真相開封』世田谷事件より抜粋(森下香枝記者)
2006に浮上した日仏混血男性。当時は20代、
175、A型。父は国際ボランティア機構スタッフ。
にいなちゃんが出入りしていた児童施設の指導員
で面識があった可能性が高かった。世田谷事件
直後、フランスに渡航したまま日本に帰国した形跡なし。
世田谷犯人は科捜研によると母親、祖父母の代で混血した
可能性が高い。
容疑者の母を尾行し髪の毛を入手しミトコンドリアを
抽出した結果世田谷犯のミトコンドリアとは違った。
容疑者男性は2011年末まで帰国歴なし。続きます。

投稿: 事件解決を望む者 | 2017/01/11 16:32

赤系の蛍光染料について
原料はドイツに本社のあるメーカーで流通ルート
を調べたが中国の工場などで大量生産されたもの
なので絞り混みは難しいがこれこそ捜査の鍵になる
だろう(警視庁元幹部)
これと同じ染料が宮沢家車庫にあった棚から検出
されていた。入江さん『この棚は1980年代に私が購入
したもの。いつ妹に譲ったか記憶はないがその棚を
廃物利用する形で妹は使っていたようだ。染料は棚に
ベッタリとついている訳ではなく引出しの奥に薄く朱肉
が色移りする感じですーと付いてた』車庫の天井は低く
棚を縦にすると入らないので横倒しのままで使用され
子供のおもちゃ、自動車オイル等の缶が置かれていたと
いう。 続きます

投稿: 事件解決を望む者 | 2017/01/11 16:46

犯人ラグランシャツからは染料の色ムラをなくす
ために用いられるシリコンオイルが検出された。
台所床上の犯人黒手袋左手内側にも血液と
一緒にスピンドルオイルが検出された。検出された
のは微量でオイルをついた手を犯人は落としきれず
皮膚に残って付着した。犯人は塗装業のような仕事を
していた可能性がある。宮沢家車庫の棚と犯人に付着
していた染料にどんな接点があったか捜査本部はまだ
解いていない。続きます

投稿: 事件解決を望む者 | 2017/01/11 16:55

宮沢家の転居先は同じ世田谷区内に決まっていたが、
住宅を仲介したのは何故か足立区の不動産業者だった。
住宅購入代金を年明けに業者に支払う約束になっていた。

2010年から事件の懸賞金の内700万円は『上祖師谷
3丁目一家4人殺人事件の捜査に協力する会』という謎の
団体から寄付されている。

大まかに以上です。ミトコンドリア等の検出技術について
の担当者についてや宮沢良行さんや入江さんの
インタビューは省略しています。

投稿: 事件解決を望む者 | 2017/01/12 15:12

2009年酒井法子覚醒剤事件も真相開封に記事が
あったのですが、彼女の居場所は携帯電話の発信地から
分かったそうですね。
世田谷事件の夜の携帯の調査は行われているはずですが。

投稿: 事件解決を望む者 | 2017/01/12 15:44

「事件解決を望む者」様、ご苦労です。

私も文春文庫の「真相開封」を読みました。
内容的には、過去の報道と大差ないように感じました。

ただし、私も「上祖師谷3丁目一家4人殺人事件の捜査に協力する会」という謎の団体から寄付されているーーその中の「謎の団体」という項目だけが特に引っかかりました。

警視庁の「上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件」のページにも懸賞金の実施者として名を連ねているのに「謎」とはいったいどういうことなのでしょうか?

おそらくは、団体の構成員などは文春に対しても身分を明かしていないのでしょう。
そうした「秘密主義」に文春側は疑問を呈したともいえます。

仮に、その団体のメンバー内に犯人もしくは犯人に通じている人物がいたとすると一般から情報提供された内容が犯人側に筒抜けであった可能性が高いのです。

私も、警察の情報がどこからか犯人側に漏れているのではないかーーそうした疑念を抱いている一人でもあります。

投稿: ベビールース | 2017/01/13 18:32

日仏混血男性は指導員が仕事だったようですが、突然
仕事を辞めたのでしょうか?普通辞めるなら一月前には
通達するはずです。 
混血男性の両親は何故捜査に非協力だったのでしょうか?
混血男性は多分日本国籍かも知れませんが在仏大使館は
この男性の動向すら把握していないのでしょうか?

投稿: 事件解決を望む者 | 2017/01/14 16:48

みなさん、こんにちは

ラスクさんへ
名古屋市西区主婦殺人事件ですね、本は読んでないですが、一昨年の特番で世田谷事件と一緒に取り上げられていて、見た記憶があります。
wikiなどでも情報が出ているので、そのうちに取り上げてみましょう。

事件解決を望む者さんへ
レポートお疲れ様です。

ハーフ青年の件は、一昨年の報道特番では「白」の結論だったと思いますので、その後は捜査はしてないでしょうね。国内なら定期的に話しを聞くぐらいはあるかもしれませんが。

蛍光染料の件は、一昨年に警視庁のビラからも消えているので、証拠としてはもう広く世間に情報提供を求めるような状況では無いと言う事なんでしょうね。

ベビールースさんへ
捜査に協力する会が有って、そこから懸賞金の一部の支払いがあったとしても、そこが事件に関係しているとは思えないですね。遺族が個人的に懸賞金を掛けるケースがありますが、周囲の人間がそれに協力したのではないかと考えています。

事件が事件なので、名前を出したく無い人も多いでしょう。ただでさえ、未解決事件は登場人物が全て疑われてしまうような状況ですからね。

投稿: ASKA | 2017/01/15 10:29

スピンドルオイルが何に使われるかよくわからないので
調べてみました。
http://www.juntsu.co.jp/qa/qa0205.php

投稿: 事件解決を望む者 | 2017/01/19 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その162(2016年年末情報) | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その75 (情報提供者の条件) »