« 東京都小金井市女性アイドル刺傷事件その5(公判開始) | トップページ | 東京都小金井市女性アイドル刺傷事件その6(一審判決) »

2017/02/23

群馬県前橋市駒形町悪魔払い赤ちゃん虐待死事件

2011年5月に前橋市の女児(当時1歳)の頭部などに暴行を加えて死亡させた疑いが強まったとして、群馬県警は2月23日、女児の母親の知人で前橋市駒形町、自称コンサルタント業、女性容疑者(63)を傷害致死容疑で逮捕する事件が起きている。

容疑者は「あやしているうちに、頭をぶつけているかもしれません」と容疑を否認しているとの事。
容疑者は自宅で「おはらい行為」をしており、母親(43)が通っていた。県警はおはらいと称して暴行があったとみているとの事。

女児の死亡から約6年。群馬県警が立件までに時間がかかった背景には、当初、女児の母親から「虐待」の証言が得られなかったことがある。「先生」と慕っていた容疑者をかばうため、医師や警察に対し、「転んで頭を打った」などと説明していたとみられ、群馬県警幹部は「マインドコントロール(洗脳)されていた」と指摘しているとの事。

関係者によると、女児の母親は、女児への暴行の現場にいたとみられる。
女児は暴行を受けた後、全身けいれんを起こし、母親が病院に運んだ。
その際、医師に「1週間前に階段から転落したが、けいれんを起こすまで何ごともなかった」と説明。
一方、県警や周囲には「玄関の上がりかまちに頭を打った」などと別の説明もしていたとの事。
女児が倒れた場所についても「容疑者の娘宅で倒れた」と説明していたとの事。

母親は女児の死亡後、周囲に「私が悪い。私のせいで娘が悪魔にやられてしまったからだ」などと話していたとの事。

しかし、県警は昨年以降、カルテの再鑑定や関係者の聴取を進めた。
改めて母親に事情を聴いたところ、虐待があったことを認める証言を始めたとの事。

県警の発表では、亡くなったのは、同市西片貝町3丁目の当時1歳4カ月の女児。容疑者は2011年5月2日午後5時ごろ、自宅で女児を暴行し、4日後、搬送先の病院で死亡させた疑いがある。
司法解剖の結果、女児の死因は急性硬膜下血腫だったとの事。

県警によると、女児が搬送された病院から「虐待の疑いのある女児を手術中」と通報があった。母親は「転倒した」「転びやすい子だった」などと説明したが、女児の頭や背中から複数のあざが確認されたことなどから、県警は虐待死の可能性があるとみて捜査していた。

捜査1課によると、容疑者は「中島順聖(せいしょう)」の名前で、おはらいなどをしていた。女児は生後間もない頃から、両親に連れられ、容疑者の自宅に通っていたとの事。頭や背中には複数のあざがあり、日常的に虐待をしていなかったかも調べている。

容疑者は自宅アパートで体の不調を訴えた人の相談を受け、治療目的で体を触るなどして金銭を得ていた。

両親には他に長女(15)と長男(13)がおり、女児は末っ子だった。

女児は生後間もない頃から、「体の中から悪魔が出ていかない」「悪魔にやられている」などとして、暴力をふるわれていたという。
女児の通っていた保育園は10年以降、女児の体に複数のあざを確認し、市に通報していたとの事。

女児は、児童相談所や警察で見守りが必要な児童の情報などを共有する「前橋市要保護児童対策地域協議会」で、要保護児童となっていたとの事。
県警は「被害者が亡くなったことは重く受け止めている」としている。

時系列(かなりざっくりしてます)
2002年 長女を出産と推定、母親当時29歳と推定
2004年 長男を出産と推定、母親当時31歳と推定
2010年 女児誕生(と思われる)母親当時37歳と推定、保育園が虐待の疑いで通報。
2011年
05月02日 暴行、全身けいれんを起こして搬送されるが4日後に死亡。

現在、母親が43歳なので、当時は37歳かな。
長女と長男の間が2歳なので、このあたりは普通かなと思いますが、死亡した女児が長男から13年も離れている。
そして出産時の年齢も37歳(と推定)で高齢出産となり、それなりにリスクが高いですね。

そして、保育園が2010年に虐待の疑いを通報していると言う事は、ゼロ歳児保育で保育園に預けていたと言う事ですね。
なぜ、なんでしょうね。報道では両親で容疑者宅へ子供を連れて行ったとあるので、シングルマザーでは無いようです。
母親が仕事をしなければならないような状況でもなければ、ゼロ歳児保育と言うのは、あまり聞かないと思うのですが・・・・

で、ゼロ歳児で保育園で虐待が疑われたと言う事は、出産直後から虐待が行われていたと言う事なんですよね。
誰が暴行したのか?は分かりませんが・・・

問題はここからなんですが・・・
霊能力者とか「お祓い」とか「除霊」とか言う話は、現代の日本でも珍しい話じゃないんですよね。
まー、数年に一度はこの手の話が出てきます。

だけど、誰でもそれを信用すると言う話でも無い事はみなさんも想像できますよね。
なので、何かそういった、非科学的な物にすがるような精神状態だった可能性はあります。

特に赤ちゃんに悪魔着きが起きると言う事は、生まれた赤ちゃんに現代医学では治療できないような障害などがあった場合などですね。
高齢出産なので、そのあたりのリスクは高かったかもしれませんが、ここは情報がありません。

で、結果的に、治療方法を独自に探す中で容疑者に出会ってしまったのかな?
ただ、障害の話はこれまで出ていないので、赤ちゃんは健常児だった可能性もあります。

その場合、死亡した女児が生まれる前から、容疑者と知り合っていて、心酔と言うか傾倒していた可能性がありますね。

容疑者はお祓いをして報酬を得ていた、プロの霊能者なので、頼まれれば、お祓いもするでしょう。
しかし、問題はプロの霊能者でも霊能力がある人ばかりじゃないって事ですね。

もし、容疑者に霊能力がなければ、お祓いの効果はなく、赤ちゃんは回復や治癒しないと言う事になります。
しかし、報酬を受け取っているので、治癒しないと霊能者は立場上、困るわけですね。
その為、効果が出るまでお祓いがエスカレートしていく事になります。

それで、「暴力によって悪魔を体から出ていかせる」と言うお祓いが行われてしまうわけですね。

大人なら、周囲に迎合して「治癒した」とか「悪魔は退散した」と偽り、お祓いから脱出する事もできるかもしれません。

しかし、言葉も話せない赤ちゃんでは、もう悲しい結果へ向かってまっしぐらと言う感じですね。
その上、それが、愛する子供の幸せを望む両親によって行われているのがなんとも、皮肉です。

父親はこのお祓いに対して、どう考えていたのだろうか?
どちらかと言うと、男性の方が女性よりも理系の割合が多いような気がしますし、会社で仕事などしていれば、合理的な判断が要求される事も多いわけで、そういった非科学的な話は避けそうな気がしますけどね。

いずれにせよ、人が絶望してしまうと、最後は「神頼み」になってしまうのは仕方が無い事なんだと思います。
大切なのはそれを、悪用されない事ですね。

今回の場合も、医学的な治療などを平行して行っていれば、医学面での効果が「お祓い」の効果として認識され、霊能力者のメンツも立った場合も有ると思います。
それなら、それで、お祓いがエスカレートする事も無かったかもしれませんね。

問題は医学的に治療可能な状態だったのか?は情報がありませんね。

まー、当事者は、一縷の希望にすがっているわけで、冷静に考えられるような状態では無いかもしれません。
なので、周囲の人がそのあたりを察して、非科学的な治療で生命に危険が及ぶような事がないように、うまく誘導していければ良いですね。

他には、母親かあるいは両親にメンタルの問題があって、容疑者に傾倒していたなんて可能性も考えられますが、そのあたりは情報がありませんね。

続報を待ちましょう。

|

« 東京都小金井市女性アイドル刺傷事件その5(公判開始) | トップページ | 東京都小金井市女性アイドル刺傷事件その6(一審判決) »

コメント

子供の年齢差の部分が間違ってますね。長男が現在13歳でしょうから、女児が生まれた時は7年前で6歳前後かな。それでも、ちょっと離れている感じですね。

投稿: ASKA | 2017/02/23 21:50

続報です。

1)市によると、市は10年9月6日、保育園からの通報を受け、女児の顔にあざがあることを職員が確認。女児の母親は「転んでけがをした」と説明した。

 翌10月にも、ひじにあざのようなものがあるとの連絡が保育園からあり、市職員が確認した。

 最初のあざ確認後、警察署や児童相談所などで組織し見守りが必要な児童の情報を共有する市要保護児童対策地域協議会で、女児は「要保護児童」に登録された。10年11月には、毎月定例で開かれる協議会の実務者会議でひじの点が報告されたが、軽度だったため特別な対応は必要ないと判断されたとの事。

2)容疑者(63)が、自宅アパートの室内で女児を抱き抱えて床に落とす様子を母親に目撃されていた。
現場にいた女児の母親(43)が県警に「娘を放り投げ、頭から落とすのを見た」という趣旨で証言し、遺体について医師が鑑定した結果とも合致したとの事。

捜査関係者によると、目撃証言は事件当日のもの。県警が昨年以降、女児が運ばれた病院のカルテや画像を再鑑定した結果、脳が大きく腫れて多くの出血がみられ、「乳幼児揺さぶられ症候群」に類似した症状が確認された。背中にあざもあり、床にたたきつけられた時にできたものとみられる。女児は暴行を受けた直後に全身のけいれんを起こして病院に運ばれ、4日後に急性硬膜下血腫で死亡した。

3)容疑者と出会った経緯は不明だが、母親は女児の生まれる約1年前から父親(42)とともに容疑者宅へ通うようになったとの事。
関係者によると、容疑者宅を訪問する際、決まって焦げ茶色の和服を着ていたという。容疑者の和服姿も度々目撃されているとの事。

4)現在、女児の両親は容疑者の元へは通っていないとの事。
父親は「いろいろなことがきっかけで信じるようになった。(逮捕されて)いい結果にはなりましたが、娘はもう帰らない…」と話したとの事。

5)関係者によると、容疑者は自宅アパートで「おはらい」などの活動をしており、女児の両親も通って容疑者の身の回りの世話などをしていた。
女児への暴行は10年1月の生後間もないころから始まったとの事。
その後、容疑者の高圧的な態度などに疑問を抱き始めた父親が疎遠になっていった時も「旦那の霊にやられている」などと言って女児の胸を突き飛ばすなどしたとの事。

10年9月には女児の保育園が顔にあざを確認して、市に通告したことがあった。しかし、容疑者は母親に対し「きょう保育園に連れて行くお前がおかしい」「アザはお前がつけた」「私は神の手だからアザはつかない」などと叱りつけたという。母親は、女児が死亡した当初も、医師や警察に虐待を否定し、周囲には「自分が悪い」と説明していたとの事。

こんなところですね。
最初は両親ともに、信者状態だったようですね。途中から父親は疎遠になったようですが、それでも、母親の行動は止めなかったんですね。

一度は信じた事だし、母親がそれに心酔してしまっているので、あえて波風を立てたくなかったのかもしれません。

しかし、父親は一応、疎遠になったように懐疑的な目を持っていたわけで、もし、母親に同行していたら、虐待を止めたかもしれませんね。

普通に考えれば、絶対おかしいですからね、一歳児を頭から床にたたき付けるなんて。。。

マインドコントロールされていたのかわかりませんが、「自分の頭で考えないとね」、誰かの言うとおりにしていれば、人生幸せになれるって事では無いですから。

それに、頭からたたき付けた女児が全身けいれんした時、どうして、その「神の手」で治療しなかったんですか?
「神の手」で治療できるなら、病院に運ぶ必要なんてなかったでしょ?

もし、本当に容疑者自身が「神の手」を信じていたなら、その場で、「神の手」で治療しようとしたはずですよね。

つまりは、そういう事なんじゃないのかな?

まー、お祓いの過程で、一歳児を頭から床にたたきつけるような事になってしまった経緯はこれからの取り調べをまつしかないですね。
この手の事件だと、密室で行われていて、集団催眠のような状態になり、エスカレートしていく場合が多いです。
効果が無いので、次第に暴力的になってしまったのかもしれませんが・・・

しかし「悪魔が憑いている」と言うのは、どんな状態でそう、判断したんでしょうね?
そこが、はっきりしないと、「悪魔が退散した」事を確認する事ができないと思うけど・・・

投稿: ASKA | 2017/02/24 20:24

初公判(2月26日)

被告は罪状認否で「暴力を行ったことはありません。私は無実です」と述べ、無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で、被告が以前から女児の母親の相談に乗っていたと指摘。
「悪魔が取りついている」などと言って女児の顔をたたいたり、口の中に指を入れたりする「おはらい」を行っていたと主張したとの事。
検察側は、「被告は霊視能力があると称して、自宅に人を集めていた。被害者には、『悪魔が取りついている』と言って、お払い行為と称し、連日、暴行を繰り返していた」と指摘したとの事。

弁護側は事件前後、おはらいは行われていないと反論。
被告は当時、現場の部屋にいなかったと訴えたとの事。
「頭の上まで抱きかかえる腕力を持ち合わせていない。別の者の暴行の可能性がある」などと全面的に争う姿勢との事。

「母親が虐待した際に起きた事件だ」などと主張したとの事。

起訴状などによると、被告は11年5月、前橋市内の自宅アパートで女児(当時1歳4ヶ月)を両脇から抱えて頭上に振り上げ、床に投げ付けて死なせたとされる。

被告は逮捕直後から一貫して犯行を否認しており、争点は
(1)被告が犯行に及んだのか
(2)どのような暴行を加えたのか

の2点となっている。

被告は「先生」と呼ばれ、おはらいなどで報酬を受け取っていたとみられている。

判決は3月9日の予定。

こんなところですね。
難しい裁判になりそうです。

まずは主張の裏付けが双方必要ですね。
現場に立ち会った第三者の証言でもあれば良いのですが・・・立場によっては、その証言の信憑性も問題になるかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2018/02/26 20:09

-------第2回公判(2月27日)---------

この日行われた証人尋問では、児童虐待を専門とする前橋赤十字病院の医師、女児の父親と被告の「元信者」の男性がそれぞれ証言した。

女児の死後、鑑定を行った医師は、けがの状況などから、検察側の主張に沿った形で被告が犯行に及んだ可能性について言及したとの事。

女児の母親の証言を基に作成した、被告が行ったとされる暴行の再現動画を検察側が提示。動画をみた医師は、被告が両脇から女児を抱え、頭上から床に投げつけたとされる暴行について、「(急性硬膜下血腫をまねくほどの傷害を負わせるのは)十分に可能」と指摘。死に至る女児の外傷についても「十分に説明がつく」と主張したとの事。

弁護側は事件直前に母親が行った女児を逆さにつるし前後に揺らした行為を「虐待」とし、死亡した可能性を指摘するも傷害の程度から否定的な見解を示したとの事。

女児の父親は事件後、被告に、自分の名前を警察に出さないよう、“口裏合わせ”を指示されたと証言。事件後、被告をかばうため沈黙し続けた母親とは対照的に、父親は女児の死に疑問を感じ、事件の調査を始めたと話したとの事。

--------第3回公判(2月28日)--------
この日は証人尋問が行われ、検察側が事件現場となった被告の自宅アパート2階に居合わせたとする被告の次女のほか、長女、「信者」の男性が出廷。

いずれも、被告が他人に暴力を振るうのを見たことがないとし、女児への暴行もなかったと主張したとの事。

次女は、女児が前橋市内の病院に搬送された後、虐待を受けていた可能性を調べていた県警に対し、「(事件当日の5月2日に)女児が自宅で倒れた」と話していた。

被告が逮捕された昨年2月には、事件当日は自分と被告、女児とその母親とともに被告の自宅アパートにいたと話していたが、証人尋問では「(被告は)現場にいなかった」と証言を撤回したとの事。

当日はアパート1階の居室スペースにいたとし、2階にあった被告の仕事場に入った際、女児が数歩歩いてから倒れるのを目撃したと証言。机の上にあったもちをのどに詰まらせたと考え、自ら車を運転して前橋市内の小児科へ連れて行ったと話したとの事。

裁判員の「なぜ事件現場を仕事場ではなく、自宅と偽ったのか」との質問に対し、次女は「(仕事場が事件現場と発表されると)相談客を不安にさせ、ママ(被告)が不審に思われると考えた」と説明したとの事。

こんなところですね。
証人は検察側、弁護側ともに、家族や信者と言う事ですから身内ですよね。
唯一の第三者は、鑑定を行った医師だけですね。

ただ、この医師も検察側の主張に矛盾が無いと言う事と、弁護側の主張に否定的な見解をしたと言う事だけなので、それで、被告の犯行を立証できるような物ではありませんね。

なので、検察側、弁護側ともに、決め手が無いと言う状態でしょうか?

検察側としては、犯行を立証するような物証や弁護側証言の矛盾などがあれば、強力な証拠となるでしょうね。

弁護側としては、「疑わしきは罰せず」と言う事でしょうね。

ただ・・・そもそも、死亡した女児とその母親は、何を目的にして、現場を訪れたのでしょうか?

誰も居ない、被告の仕事場を見学するなんて事はあり得ないでしょうね。
そして、被告の次女が証言していますね
「(仕事場が事件現場と発表されると)相談客を不安にさせ、ママ(被告)が不審に思われると考えた」

これは、この仕事場が「客と被告が相談する場所」と言う事なんじゃないですか?

そして、相談に来た母親と次女が会いたい人間は一人しかいないと思いますけどね。

しかし、仮にそうだとしても、被告が仕事場に現れる前に、女児が倒れたと言う可能性は否定できませんね。

その場合は、医学的に女児にそのような症状で倒れたり、死亡したりする可能性があったのか?と言う事になりそうです。

で、医学的にその可能性が否定されるのであれば、現場に居た人物による暴行以外に原因が無いだろうと言う論法になるのかな?

検察側がどのような論法で犯行を立証するのかに注目ですね。

続報を待ちましょう。
第4回公判は3月1日の予定。

投稿: ASKA | 2018/03/01 10:57

-------第4回公判(3月1日)-------

被告人質問が行われた。
被告は、女児に暴力を振るったことは「一切ない」と改めて強調したとの事。

1)事件が発生した23年5月2日夕方は「いつもなら(自宅アパート1階で)夕食の支度をしていたはず」とし、事件現場となった2階の仕事場にいなかったと改めて主張したとの事。

2)相談者らの病気を治すなどと称し、注入していたという「パワー」について質問されると「『気』のようなもの」と説明したが、「霊的なものかはわからない」と曖昧な回答をしたとの事。

3)押収された「悪魔払い」と呼ばれる行為を示唆するメモについても「覚えていない」「わからない」と繰り返したとの事。

4)被告の次女は約1年前の被告の逮捕時には、前橋地検に対し、事件当日は被告と自分、女児とその母親の4人が被告の仕事場に居合わせたと供述していたとの事。

しかし、2月28日に行われた証人尋問では「現場にママ(被告)はいなかった」などと捜査段階と大きく異なる内容の証言をしたことから、検察側が調書を証拠として提出したとの事。

5)裁判長は「(次女が)被告をかばっている様子がある」と指摘。「(検察の)捜査段階の供述のほうが信用できる」と調書を証拠として採用したとの事。

--------論告求刑公判(3月2日)----------

検察側は「女児の母親の信仰心につけ込み、一人で何もできない女児に暴行を加えた、殺害行為に近い極めて悪質な行為」として懲役12年を求刑したとの事。

6)検察側は論告で、「被告が暴行した」などとする女児の母親の目撃証言について、詳細であることや、女児のけがの鑑定結果と矛盾しない点などから「十分に信用でき、被告が加害者と立証できた」と主張したとの事。

7)弁護側は母親の証言の信頼性に疑問を示した。「母親は事件発生から5年半以上がたってから警察の捜査を受けた。(母親の記憶は)警察の再現実験に誘導されて不当に書き換えられたと考えられる」と指摘したとの事。

「母親は、自分が加害者として扱われる可能性を理解しており、被告が暴行したとうそをつく動機がある」と、加害者は女児の母親だと主張したとの事。

7)検察側は論告で「女児の母親の被告への信仰心は強かった。女児が『悪魔の子』と言って母親の不安をあおり『お払い行為』を繰り返した」と主張した。
その上で「母親の信仰心につけ込んだことこそが事件の核心」と位置づけ、「従来の虐待事件と異なり、より悪質」との考えを示したとの事。

8)弁護側は「5年半以上にわたり、女児の母親に真実を述べさせないほどの影響力があったとするのは不自然」と反論したとの事。
被告が事件後も現場アパートの一室で「相談業務」を続けた点を挙げ「逃げも隠れもしなかった」と述べ、事件との関連を否定したとの事。

9)暴行の態様について、検察側は「被告が女児を両手でつかんで頭上に振り上げ、床に投げつけた」とする。2月27日の第2回公判で、鑑定医が証人尋問の中で、検察側の主張する暴行の方が傷痕により合致するとの見方を示したことから、「弁護側の主張する『母親の暴行』を示す証拠が一切ない。被告側の主張は根拠のない作り話」と指摘したとの事。

10)弁護側は「被告は一般の人より腕力が劣っていた。暴力を振るう動機もない」と改めて暴行を否定したとの事。

11)被告は最終意見陳述で、「私は本当にしておりません。分かってください。それだけです」と涙ながらに語ったとの事。

こんなところですね。
結局、被告が犯行を行ったとする物証は無いんですね。
で、検察側の論法は、「母親の証言が信用できる」から、被告の犯行に間違いないと言う事でしょうか?

弁護側は母親が自分の罪を逃れる為に、被告の犯行とする嘘を言っていると言う事なんでしょうね。

で、検察側はそれに併せて、弁護側の次女の証言が嘘だとして、弁護側の主張の全てが嘘であると言う事を主張したんですね。

一方の弁護側は、犯行が不可能とするアリバイを主張し、同様に女児を持ち上げる腕力が無い事、動機が無い事を主張した。
そして、女児の死亡の原因は母親が暴行した事による物と主張したわけですね。

私が思うに、弁護側の失点は次女のアリバイ証言なのかな?と思いますね。
逮捕時の供述で被告と次女、死亡した女児とその母親の4人がいたと証言しているのが、被告は現場に居なかったと証言を変えました。

その点を裁判長が疑念を持って、捜査段階の証言の方が信用できると判断されたのだとしたら、重大な失点でしょうね。

決め手になる物証がなくて、どちらの証言が信用できるのか?と言う判断になるとしたら、この証言の変更がなければ、「疑わしきは罰せず」あるいは「合理的な疑問が残る」が濃厚だったように思います。

とは言え、それでも、「疑わしきは罰せず」とか「合理的な疑問が残る」と判断される可能性も少なからずあると思います。難しい判断になりますね。

判決は3月9日の予定です。
他にも、いろいろと突っ込みどころはあるのですが、判決が出てからにしましょう。

投稿: ASKA | 2018/03/03 10:34

判決公判(3月9日)

判決は懲役9年(求刑懲役12年)です。

1)前橋地裁は3月9日、被告(65)=同市駒形町=の無罪主張を退け、懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡したとの事。
裁判長は「無抵抗の女児に危険な暴行を加え悪質」とし懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡した。

2)裁判長は、被告の犯行を立証する上で争点とされた女児の母親の証言を信用できると判断。犯行態様についても証言を採用したとの事。

3)裁判長は、母親の「(被告が)女児を両脇から抱え頭上から床に投げつけた」という目撃証言について、「具体的かつ詳細。実際に体験していなければ語れないほど臨場的で、迫真性に富んでいる」としたとの事。

その上で、母親は事件当日、自らも女児を逆さづりにし、揺らす暴行を加えたと不利な証言もしていることから、「真摯かつ誠実」と述べたとの事。

4)犯行態様についても、母親の証言に沿った形で、被告が女児を両脇から持ち上げ、床に投げつけたと認定。女児を鑑定した前橋赤十字病院(前橋市)の男性医師の供述とも合致しているとし、「信用性が高い」と結論づけたとの事。

裁判長は判決理由で「以前から、お払い行為と称して女児の足をすくって転ばせるなどの暴行を繰り返していた。行為をエスカレートさせた末の犯行」と指摘したとの事。

5)母親の証言は不自然で、被告に犯行動機はないとする弁護側の主張は全面的に退けた。
弁護側の無罪主張については「犯行不可能との疑いは生じない」と退けた。

6)事件から5年以上が経過した28年10月には、被告の影響力が弱まり、母親は「真実を述べる心境に至った」とし、事件は日常的に繰り返された虐待行為の流れで起きたことから、「被告に動機がないとはいえない」と断じたとの事。

7)裁判長は1歳4カ月だった女児の未来は犯行により理不尽にも絶たれ、「被害結果は極めて重大」と述べたとの事。
当時の特異な環境は被告だけで作り上げたものではなく、女児を守るべき母親など複数の大人がいたとして、「被告だけを非難すれば足りるものではない」とも指摘したとの事。

8)母親の証言は虚偽であるとして、弁護側は即日控訴したとの事。

こんなところですね。
検察側の主張がすべて認定されたと言う事かな。
逆に言うと、弁護側の主張は全て否定されたと言う事になりますね。

弁護側の最大の失点と言うか失策はやはり次女の証言の変化でしょうね。
逮捕が事件から5年後ですから、不意打ちに近い状態でつい「ホントの事」を言ってしまったのかな。

アリバイの主張もちょっと、不自然というか説得力がありませんね。
その時間は夕食の支度をしていたはずだから、現場にはいませんと言いわれても・・・
相談者の相談を受ける事を仕事にしている以上、相談者を放置して、夕食の支度をすると言うのは無理な主張ではないのかな?と言う印象ですね。

即日控訴と言う事ですが、控訴審でも無罪を主張するなら、新しい証拠が無いと、結局一審判決を覆すのは難しいと思いますね。

投稿: ASKA | 2018/03/11 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都小金井市女性アイドル刺傷事件その5(公判開始) | トップページ | 東京都小金井市女性アイドル刺傷事件その6(一審判決) »