« 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件 | トップページ | 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その3(目撃情報) »

2017/03/29

千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その2(ランドセル発見)

続報です。
1)遺体の発見現場から数十キロ離れた場所(茨城県坂東市の河川敷)で女の子のものとみられるランドセルが見つかりました。
ランドセルが見つかったのは、遺体発見現場から、およそ12km北西に離れた茨城県側。
これが女児のものと特定された。父親が確認したとの事。
事件発覚後、捜査本部には持ち主が不明のランドセルに関する情報が複数寄せられていた。

2)司法解剖の結果、手足に傷があったものの、橋の上から落とされたような痕はなく、何者かが車で遺体を運んだ後、斜面を下りて遺棄したとみられています。

3)インターネットの掲示板には、女児が行方不明になった当日の24日夜に、不審な書き込みが投稿されていた。
「暖かくなったら用水路に女児の死体がないか見て回ろう」、遺体がある状況を示唆するかのような書き込みとの事。
ほかにも、誘拐などの言葉を並べ、女の子への強い執着をうかがわせる内容が書き込まれていた。
この時点では、まだ事件は報道されておらず、女児が遺体となって発見されたのは、その2日後のことだった。

4)ランドセルの発見場所から約500メートル離れた河川敷では女児用の複数の衣類が見つかり、捜査本部が所有者の確認を進めているとの事。
ただ、帽子や靴などはまだ見つかっていないとの事。

5)遺体の両手首に縛られたような痕があったことが分かった。県警捜査本部は、抵抗する女児が無理やり押さえつけられた可能性があるとみて調べている。
捜査関係者によると、両手首に縛られたような痕があったほか、手には何かにこすれたり引っかかれたりしたような小さな傷が複数あり、土などの汚れも付着していたとの事。

6)遺体は排水路にかかる橋の下のくぼみに遺棄されていた。現場は排水路にかかる小さな橋の下の草むらで、周囲より低くくぼんだ場所だったとの事。

7)女児はひものようなもので首を絞められて殺害された可能性が高いことも判明。殺害から一定程度の時間が経過していたとみられ、死後硬直が進んでいたとの事。司法解剖の結果、死後数日経っていると推定され、行方不明になった当日の24日に殺害された可能性が高いとの事。

8)捜査関係者によると、女児は24日午前8時ごろ、登校のため自宅を出てすぐ事件に巻き込まれた可能性が高い。通学路は狭く、地元住民以外の利用は少ないとの事。

また、26日朝に遺体が見つかった我孫子市北新田(きたしんでん)の排水路脇の草むらは自宅から約12キロ離れていて、27日に女児のランドセルが見つかった茨城県坂東市の利根川河川敷は遺体発見場所から約18キロ離れているが、いずれも外部の人が頻繁に行き来する場所ではないとの事。

9)女児の遺体が見つかったおよそ40分前、インターネットの掲示板に「用水路にいるから探せ」という投稿があったとの事。女児が行方不明になった24日にも掲示板に投稿があったことがわかっていますが、警察はこれらの投稿について関連を慎重に調べているとの事。

10)ランドセルが発見された現場の河川敷周辺で、近隣の住民がピンクの筆箱を発見したとの事。女児のものかどうかはまだ分かっていませんが、警察が関連を調べているとの事。

時系列を更新
時系列
03月
24日(金)08:00頃 通学の為、女児が自宅を出発
     08:20  女児が登校しない為、学校が8:30頃父親に連絡
     09:00頃から教員と父親で女児を捜索
     夜    「暖かくなったら用水路に女児の死体がないか見て回ろう」との掲示板への書き込み。
25日(土)遺体は無かった。
26日(日)06:05頃 インターネットの掲示板に「用水路にいるから探せ」との書き込み。
     06:45頃 釣りに来た男性が遺体を発見。死後硬直がかなり進んでいた。

死後硬直
死後2,3時間後に硬直が始まる。死後30時間から40時間程度で徐々に硬直は解け始め、死後90時間後には完全に解ける。

遺体の傷の状況
・顔に殴られた痕。
・両手手首に縛られた痕。
・首にヒモで絞められたような痕。

位置関係
・遺体発見現場は失踪地点(自宅)から12km離れた橋の下。
・遺体発見現場から更に18km離れた場所(茨城県側)でランドセルを発見
・ランドセルから500mの地点で女児用の衣服を発見(被害女児の物とは断定されていない)

こんなところですね。
手首に縛られた痕があったとの事ですが・・・
9歳女児ですから、成人男性なら暴力で支配する事ができるでしょう。しかし、それでも、手を縛らなければならなかったと言うのは、女児に暴れられたりすると困る状況があったんでしょうね。
そして、発見された遺体は手を縛られてはいなかった。

女児が縛られていた時間は一時的な物だったのか?あるいは、女児の死亡後に犯人が拘束を解いたのか?
動かない遺体の拘束を解く必要は、それが犯人にとって不利な証拠とならない場合以外は無いだろうね。
この犯人はそこまで、気を遣うような慎重なタイプではなさそうなので、縛られた時間は一時的な物なんだろう。

その意味では、車で拉致する時に車内で暴れられたりしないように、一時的に拘束したと言うあたりなのかな?
その場合は、単独犯と言う事になりますね。

次に遺留品のランドセルが問題ですね。
なぜ、遺体、ランドセル、衣服が別々の離れた場所から発見されたのだろうか?

そして、それぞれが、隠されてはいなかった。
発見される事が想定内であるなら、別に一カ所でよかったはずですよね。
特に、ランドセルと衣服(発見された衣服が被害女児の物と仮定しています)が別と言うのが違和感です。

もし、衣服やランドセルの発見場所が殺害場所なら、そのまま、遺体もその場所に放置で良いですよね。
あえて、遺体だけ別の場所に遺棄する理由は無いような気がしますが・・・・

可能性としては「遺体の身元を隠す為」と言うのは有るかもしれませんね。
小学校に入学するとき、新入生は持ち物に全て名前を書きますね。ランドセルにも名前が書いてあったでしょう。

そこで、名前が書かれた物を遺体から離して遺棄した可能性はあるかもしれません。

しかし、同じ千葉県内で小学生女児が失踪していて、女児の遺体が同じ千葉県内で発見されれば、同一人物か?と思うのが人情だから、遺体を放置した時点で身元を隠す意味が無いのでは?と言う疑問はありますね。
ただ、ここは、犯人の知能が未熟であれば、十分可能性はあるかもしれませんね。

他には、捜査の攪乱と言うのも、可能性としてはあるかもしれないけど・・・
捜査が茨城県警と千葉県警の合同捜査になるぐらいで、攪乱になるか?と言うと微妙な気がしますね。
犯人の住所、監禁場所が茨城側ですよって偽装の可能性はあるのかな?

最後にコピーキャット・・・北関東連続幼女誘拐殺人事件では発見された4件の遺体の内、3件が河川敷から発見されています。
しかし、それなら、河川敷に遺体が無いのが不自然だすよね。それに、20年以上前の事件をこの犯人が知っているのか?と言うのも疑問です。
共通しているのは、利根川だけですね。87年の3件目が利根川河川敷でした。

まー、身元を隠す為と言うあたりかな?(それも確率は低そうだけど・・・)
どちらかと言うと、気まぐれとか、ちょっとしたいたずら的な面の方が強いかもしれませんね。

最後にネットの書き込みは微妙だね。
あの、元名古屋大生による老女殺人事件の時、同時期にネットに遺体写真と思われるような写真がアップされて、一時騒ぎになったけど、結局、事件と無関係でしたから・・・ただの偶然と言う可能性はあります。

しかし、もし、犯人による書き込みだとしたら、宮崎勤的な未熟なメンタルの現れなのかな?
それは、ネットの書き込みだけでなく、事件全体の流れかも感じますね。

失踪が朝の8時です。車で拉致ったとして、遺体の遺棄はさすがに夜、暗くなって、人気が無くなってからでしょうから、その間、どうしていたの?
ってのも、疑問ですね。
車内で暴行、殺害したとして、犯人は時間が空くでしょう?
その間、遺体とドライブと言うのも現実的じゃないでしょ?もし、そうなら、もっと遠方に遺棄してるんじゃないかな?

そう考えると、殺害場所は別で、殺害後、暗くなるまで待ってから、遺体を遺棄したのではないか?と思うわけです。

未熟な犯人が今後、どんな行動にでるか分かりませんので、女児の自宅周辺はもちろん、千葉県内、隣県の方々も注意された方が良いと思います。

続報を待ちましょう。

参考リンク
千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件
千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その3(目撃情報)

|

« 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件 | トップページ | 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その3(目撃情報) »

コメント

殺し方が極めて残忍で、許しがたい。
弱者を縛っての殺害は残酷だ。
どれだけ弱い人間なんだろうか。
過去やこれからの余罪も匂います。
早期の逮捕と厳罰が必要。

投稿: 空き地 | 2017/03/29 20:15

やはり出ました、未解決の北関東誘拐事件。
ネットではモンスターが近辺に棲息したまま、野放し状態と懸念も。

当時未成年の犯人なら、同一犯とも思えます。

そうでなければ第二、第三の変質者が次々育つ土地柄なんでしょうか?

茨城、栃木、群馬、古くから幼児誘拐からの殺害、婦女暴行からの殺害、が定期的に起こってる印象があります。

今回の近隣でも近年に未解決誘拐があったようです。

投稿: テキスタイル | 2017/03/29 23:54

奈良女児誘拐殺人事件の犯人、
小林薫と似たようなにおいを感じます。
おそらく少し前から被害者に目をつけて
登下校時に連れ去るチャンスを
窺っていたのでしょう。
ところが、なかなかチャンスがなく
修了式になってしまった。
春休み中はしばらく会えないかもしれない、
犯人にとって修了式の朝は
休み前の最後のチャンスだった…。
焦りのようなものも感じます。
計画的に連れ去ったかと思いきや、
遺体や遺留品の遺棄の仕方が杜撰で
犯人の年齢が40代以上であっても
精神年齢はかなり低い人間なのでしょうね。

早期逮捕、重罰を切に願います。

投稿: ラスク | 2017/03/30 00:06

みなさん、おはようございます。

空き地さんへ
この手の事件は余罪があっても不思議では無いので、そのあたりは、警察も視野に入れて捜査していると思いますね。

テキスタイルさんへ
そう、北関東の未解決事件が多いのは、気になる点ではありますね。
ただ、拉致現場は千葉なので、微妙に違うかなとは思います。

ラスクさんへ
そう、何か幼いというか、未熟な印象があるんですよね。その意味では、日本の知識が少ない「外国人」と言うのも可能性はあるかもしれません。

いずれにせよ、逮捕して厳罰にしてほしいですね。

投稿: ASKA | 2017/04/01 09:35

北関東あるいは広めに言って関東で野放しになっている女児誘拐殺害犯は少なくとも二人いると思います。1人は清水潔氏が本に書いている通称ルパン 小柄な中年男。パチンコ屋で女児が行方不明になった事件で店内のカメラに映っていた男です。この男今は高齢でしょうが、可能性はあると思います。このような異常な情熱をたぎらせている人間は若い。老けにくい。(まぁ異常でなくても、一般的に恋愛や性的なコトに関心がある人は実年齢より若く見えたり活力があったりします)
もう1人は、栃木小1事件の時こちらに寄せられた目撃証言の男。血の匂いのする車の横に立ちニヤついていた中年男。この男の車 後部座席にUFOキャッチャーでとったような小ぶりなヌイグルミを並べるかぶら下げるかした白いワゴン車の目撃証言は、栃木小1事件発生から数年以内にも複数回ネットの記事で目にしました。
今回の事件はこれとは別の男の仕業かもしれませんが、こんな人間が何人もいて欲しくないと言う気持ちになり、この2人が気になります。

投稿: まーぷる | 2017/04/01 21:41

上記の2人のコトは一旦忘れて考えてみました。
時間の経過から 犯人は拉致した後被害者の自由を奪って車で自分の寝ぐらへ連れて帰ったかと思います。自宅は近所じゃありません。隣の県かもしれません。殺害現場はそこでしょう。日頃から中距離の運転にも夜中の運転にも慣れているのだと思います。自宅は人家が疎らな地域にあるか、塀や生垣に囲まれて入り口が外から見えない造
り。まだ生きている被害者を運び込むのですから。
おぞましいことですが、犯人にとってこの犯行は待ちに待った楽しみなので車の中でさっさと済ませることはないような気がします。

この数十年間このような酷い事件は2度と起きてほしくないと何度思ったことでしょう。でも、また起きてしまった。どうすればいいのか 私たち社会全体で真剣に考えねば、と思います。

投稿: まーぷる | 2017/04/02 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件 | トップページ | 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その3(目撃情報) »