« 石川県能登町女子高生殺人事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その78 (情報提供者は3人) »

2017/03/15

岡山県倉敷市酒津公園猫惨殺事件

岡山県倉敷市酒津の酒津公園付近の路上で、皮がはがれるなど人為的に傷つけられたとみられるネコの死骸が見つかる事件が起きている。
同公園付近では以前から不審なネコの死骸が相次いで発見されており、倉敷署が器物損壊などの疑いで調べているとの事。

同署などによると、3月5日(日)午前8時前、近所の女性が同公園北側の路上で、腹から血を流して死んでいるネコを発見。通報した。

ネコは腹部の表皮がはがされており、腹膜から内臓が透けてみえる状態だったという。現場の状況などから別の場所で殺され、現場で遺棄された可能性もあるとみられているとの事。

地元の動物愛護団体に所属し、付近で野生ネコの保護活動にあたってきた市内の女性(46)は同様の事例が「昨年も数件あった」と証言しているとの事。

同公園付近では野生ネコの繁殖が問題となっており、同市保健所の記録では平成18年春には1カ月余の間にネコ十数匹の死骸が見つかるなど、数や状況から不審死だとして騒ぎになっていた。保健所では「公園管理者に監視強化などを促したい」としているとの事。

こんな事件ですね。
発見された現場が路上なので、犯人は死骸を隠す意図は無いのでしょうね。
発見が5日、日曜日の朝なので、犯行は土曜の夜から未明にかけてなのかな?

虐待としては、ちょっとどうなのかな?と言う印象もありますね。
虐待自体は結構地味な印象です。

皮を剥ぐのに、刃物を使ったと思いますが、腹部以外に傷の情報が無いし・・・
腹部も皮を剥いだだけで終わっている。

なんとなく、皮が目的で、皮を剥いだ猫をそのまま、公園に放してから、猫が公園で死亡した可能性もあるし。
皮を剥いだ結果、死亡したので死骸を公園に放置した可能性もありますね。

もし、猫の皮が目的だとすると、それに商業的価値は無いと思うわけです。
もし、換金できるのであれば、皮を剥がれた猫がもっと沢山、発見されると思うんですよね。

ただ、同様の事例が「昨年も数件あった」との証言もあるので、同一人物が猫の皮を狙って犯行を行っている可能性は有ると思います。

その場合、何か変質的な物を感じますね。

とりあえず、周辺の方(特に女性と子供)は注意が必要ですね。

続報を待ちましょう。

|

« 石川県能登町女子高生殺人事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その78 (情報提供者は3人) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石川県能登町女子高生殺人事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その78 (情報提供者は3人) »