« 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その9(送検) | トップページ | 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その11(矛盾と沈黙と妄想) »

2017/04/17

千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その10(境界線)

続報です。
1)県警が収集したカメラの映像に、女児に似た女児が容疑者(46)(死体遺棄容疑で逮捕)のキャンピングカーに乗る姿が映っていたとの事。

女児が行方不明になった3月24日朝に撮られたとの事。県警は車両が事件で使われたとみて、押収して調べている。

容疑者はキャンピングカーと軽自動車を所有。地元住民によると、普段は軽自動車を自宅に、キャンピングカーを約140メートル離れた駐車場に止めていた。駐車場と女児の自宅は直線距離で約340メートル離れているとの事。

2)捜査関係者によると、容疑者の軽乗用車が24日昼ごろ、女児のランドセルなどが見つかった茨城県坂東市の利根川河川敷付近を何度も行き来する様子が防犯カメラに映っていたとの事。さらに軽乗用車は同日夜に、千葉県我孫子市の遺体遺棄現場付近の防犯カメラにも映っていたという。途中、ガソリンスタンドで給油した映像もあったとの事。

別の報道では
軽乗用車は各現場の周辺で同じ場所を何度も走ったり、どこを目指しているのか分からないような走り方をしたりしていた。また、あるカメラの前を通ってから次の地点のカメラの前を通るまで、通常より大幅に時間がかかっていた区間もあったとの事。捜査本部は、容疑者が女児の遺体や所持品を遺棄する場所を探しながら走行し、遺棄していった可能性があるとみて調べているとの事。

松戸市教委によると、容疑者は女児が行方不明になった24日朝、それまでほぼ毎日参加していた通学路の見守り活動に参加しなかった。周辺住民によると、その日の夜、容疑者の軽乗用車は駐車場になく、住民らが女児を捜した際も容疑者の姿はなかったとの事。

3)容疑者が以前、運送業に携わっていたとの事。

4)女児が失踪した朝、容疑者がキャンピングカーを止めた駐車場に軽乗用車で向かう姿が防犯カメラに映っていたとの事。
別の報道では
容疑者は24日朝、軽乗用車で自分の子どもを同校まで送った。捜査本部が周辺の防犯カメラの映像を解析したところ、この軽乗用車が容疑者宅から約150メートル離れたキャンピングカーのある駐車場周辺を走っていたことが確認できた。複数の防犯カメラに駐車場に向かって走る様子が映っていたとの事。

5)女児が失踪した当日、容疑者のものとみられる軽自動車が、女児の自宅近くの防犯カメラに映っていることがわかったとの事。
別の報道では
女児が自宅を出た後、容疑者の軽乗用車が女児宅周辺を走っている映像が、複数の防犯カメラに記録されていたとの事。

6)容疑者は、自分の子供を女児と同じ小学校に通わせているが、ふだんは歩いて送り届けていた。しかし、女児が行方不明になった3月24日はシルバーの軽自動車で送る様子が目撃されていた。

7)近所の住民は事件前、容疑者が複数の児童に「車で送っていこうか」などと声かけをしていたと証言したとの事。

8)容疑者は、女児が行方不明になった日の夜、近隣住民らによる捜索に参加していなかったことがすでにわかっているが、このとき、保護者の会のメンバーが容疑者に連絡しようとしても電話に出なかったとの事。

また容疑者は、3月27日の保護者の会の中で、事件に関わっていないかたずねられ「アリバイがありますから、やめてください」などと話していたとの事。

9)容疑者の軽乗用車が女の子の行方不明当日、昼すぎ(13時頃)には市内を離れてランドセルなどの遺棄現場の方に向かっていたとの事。

10)捜査関係者によると、女児の首に残された痕は1~2センチほどの幅があり、ひもは荷物梱包などに使われているものの可能性があるとの事。

11)容疑者は3月24日朝、いつも参加していた通学路の見守り活動を休んでいた。捜査関係者によると、容疑者は逮捕前、「インフルエンザにかかっていた。子どもを小学校に送った後、帰宅し、家にいた」との説明をしたが、その日の軽乗用車の動きと矛盾するため、捜査本部が詳しく調べていたとの事。

12)容疑者の軽自動車は24日夜、容疑者の自宅がある松戸市六実(むつみ)の周辺に戻って来ていたことも判明。女児の遺体は我孫子市内で見つかっており、県警は、容疑者が24日夕から夜の間に、遺体を遺棄した可能性があるとみているとの事。

13)松戸市教育委員会の会見によると、2016年度はほぼ毎日、登校の見守り活動をしていたとの事。

14)容疑者の9年前の履歴書には、趣味は「模型製作」、スポーツの欄には「柔道、ソフトボール」と記載されているとの事。
高校卒業後に入学した専門学校は途中で退学し、その後は何度か転職。この時は調理技術の向上を目指し、志望したとつづっていたとの事。

15)容疑者は逮捕時に否認し、その後、黙秘しているとの事。

時系列を更新
03月
22日(水)     母親がベトナムへ帰省。(普段は母親が通学に付き添っていたので以後は一人で通学)
24日(金)朝:   容疑者が自分の子供を車で学校に送る。
     08:00頃 通学の為、女児が自宅を出発、容疑者がいつも参加する見守り活動に参加せず。
          女児の自宅周辺、キャンピングカー周辺の防犯カメラにで容疑者の軽自動車が写っていた。
     08:20  女児が登校しない為、学校が8:37頃父親に連絡
     09:00頃から教員と父親で女児を捜索
     13:00頃 容疑者の軽自動車が松戸市を離れて、ランドセル遺棄現場方面に移動する映像が防犯カメラに写る。
     夜:容疑者は保護者の捜索に参加せず、この時、電話にも出なかった。
     夜:容疑者の軽自動車が松戸市周辺に戻る。
25日(土)10:48  松戸市が防災メールで女児が行方不明になっていることを住民に知らせる
     昼    女児の母親と見られる人物がFBに「戻ってきて」との書き込み。(ベトナム語)
     遺体発見現場に遺体は無かった。(誤報の可能性ありますね)
26日(日)06:45頃 釣りに来た男性が遺体を発見。死後硬直がかなり進んでいた。
26日にランドセルの発見された河川敷で不審な軽自動車の目撃情報あり。
27日(月)保護者会で事件に関わっていないかたずねられ「アリバイがありますから、やめてください」などと否定した。

容疑者が24日朝の見守り活動に参加しなかった理由(アリバイ)は「インフルエンザにかかっていた。子どもを小学校に送った後、帰宅し、家にいた」との事。

こんなところですね。
アリバイと言っても、「家に居た」ではアリバイになりませんね。その上、防犯カメラの映像で事実関係に矛盾がでてしまったのでは、警察も疑うでしょうね。
「なぜそんな嘘を言うの?」って話になりますよね。ガソリンスタンドで給油しているので、セルフでなければ、従業員から確認が取れるでしょうね。セルフでも人物が確認できるぐらいの映像はありそうな気がします。

ただ、驚いたのは、不明3日後の3月27日の保護者会で容疑者を疑う声が出ている事ですね。
児童が行方不明になっている、その当日にPTA会長として当然、参加すべき捜索に参加せず、電話にも出ない。失踪当日の朝も、いつもの見守り活動にも参加していないと言うあたりで、違和感を感じたのかもしれませんね。

とは言え、未だに決定的な証拠は無い(DNAは判断が微妙ですね)状況だし、なにより、判決が出たわけでも無いので、そのあたりを踏まえて、あえて書きます。

容疑者の犯行と仮定して
どうも、ワイドショーのコメンテーターなどから、今回の事件が最初から計画的に行われたような印象を感じる発言が多いような気がするのですが・・・
私は必ずしも、積極的に犯行を行おうとしたとは考えていません。

理由は簡単、容疑者が今の生活を棄てて破滅を選ぶような、自暴自棄になるような状況では無いと思うからです。
つまり、全てを棄てて行うような犯行じゃ無いでしょ?って事ですね。

容疑者は経済的に不自由な生活をしていたわけではないし、経済的に欲望を処理するだけの経済力もあったと思うわけです。
犯行をしなければならないような理由は無かったと思います。

以前から犯行を計画していたとか、女児に目を付けていたとか、そんな事は無いだろうと思います。
その根拠は、PTA会長になったのが昨年度で既に1年続けていたんですよね。
その間にも、犯行を行おうとすれば、行う機会はあったと思います。

それでも、犯行をしていないのは、犯行をする必要が無かったからじゃないのかな?
それに、他の余罪についても、それらしい報道は出てないですよね。

仕事をしてないからと言って、毎朝の見守り活動を1年も続けるのは大変な事ですよ。
雨の日も風の日もありますからね。だから、それはそれなりの思いがあっての事だと思うのです。

仮に幼児性愛の傾向があって、児童に近づく為と言う目的が多少あったとしても、それだけで、毎朝、街頭に立つのは難しいと思います。

それに、この事件がイレギュラーだった証拠は、遺体や遺留品の処理が杜撰だった事や、それこそアリバイ工作もできていない事など、事件後の対応がドタバタですよね。

なので、容疑者が望んで今回の犯行を行ったと言うのでは無く、犯罪者にならないように、うまくバランスを取って生活していたのに、この日の朝に限って、境界線の向こう側に落ちてしまうような、条件があったのではないかな?と考えています。

それが何なのかが分かれば、今後の同種の事件の防犯の手がかりになるかもしれませんね。

まさか、「車に乗ってしまったから」「2人になる事ができたから」と言う理由だけでは無いと思うので、何か、もう一つ、悪魔の囁きになるような条件があったのかな?と思います。

逆に言うと、「容疑者の犯行ではありませんでした」と言う事になっても、それほど違和感は無いのかもしれません。
幾つか、容疑者にとって不利な情報が重なっただけと言う説明もできますね。
しかし、それなら、黙秘せずに、そのあたりの事情を話しても良いとは思いますが、話せない事情でもあるのか?とも考える事が出来るわけですね。
その場合、真犯人がいると言う事になってしまうのですが・・・

最後に書きますが、裁判で有罪判決出るまでは容疑者の犯行と断定できません。疑わしきは罰せずが推定無罪の原則です。
今のところ、容疑者に不利な情報が多いと言うところですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その9(送検)
千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その11(矛盾と沈黙と妄想)

|

« 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その9(送検) | トップページ | 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その11(矛盾と沈黙と妄想) »

コメント

遺留品からのDNAは髪の毛と言う報道もありました。

見守り隊をしていれば、何かの拍子で付く可能性は高いですね。

被害者とは通学路でハイタッチするような仲だったと言われてます。
学校まで車で送っただけかも知れません。

行方不明一ヶ月前に梨園の道路で不審者に付け狙われた(毎日顔合わせてる会長なら判るはず)

雨の河川敷で目撃した車は、古い型のシルバーのワゴンR(容疑者の軽は新しい目のダイハツ、ムーブ)

どうなるんでしょうこの事件?

多くの犯罪者が生まれる土壌でもあるんでしょうか?

投稿: テキスタイル | 2017/04/17 22:03

みなさん、おはようございます。

情報収集に時間がとられて、コメント返信が遅れています。ごめんなさい。

テキスタイルさんへ
殺人容疑の証拠が出てこない場合、遺棄容疑の証拠が重要になってくると思いますね。

つまり、「他に殺害できる人物はいない」と言う論法で有罪となる可能性が出てくると思います。

>多くの犯罪者が生まれる土壌でもあるんでしょうか?
1989年宮崎勤事件と同時期に、北関東連続幼女誘拐殺人事件が起きてますから、複数の犯罪者が同時に犯行を行っている可能性もあると思います。

もともと、全国的に性犯罪は発生率が意外に高いのかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2017/04/18 05:39

現時点(4/18)でキャンピングカーから遺留物が出たという報道はないので、キャンピングカーが犯行に使われた可能性は低くなってきている印象です。
この方が犯人だとすると、拉致してから遺体を遺棄するまでの間どこに隠しておいたのかという話になります。自宅ということはなさそうなので。
非常に不利な証言が多く出ているようですが、報道等による印象操作の匂いも漂ってくる感じが否めないような気がします。

投稿: Red | 2017/04/18 12:02

続報です。

1)容疑者(46)は、保護者会の会長として知られる存在だったものの、他の保護者との交流は少なかったとの事。
生まれ育った地元で暮らしながら、小中学校時代の同級生とも疎遠だったとの事。

2)容疑者を知る人は「実家は地主。家賃収入で生活しているようだ」と話したとの事。

3)4月15日以降、同県松戸市六実4丁目にある容疑者の自宅マンションを同容疑で家宅捜索した。押収した段ボールの総数は、15日だけで約20箱になる。また、所有していたキャンピングカーや軽乗用車も同容疑で検証していたとの事。

捜査関係者によると、マンションの一室から多数のわいせつなDVDや書籍を押収。外国の女性を扱った作品のほか、児童ポルノとみられるものもあった。いずれも購入したものとみられるとの事。

4)捜査関係者によると、容疑者の軽乗用車は24日午前8時半すぎ、キャンピングカーを止めた駐車場付近の防犯カメラに映っていたとの事。女児は午前8時3分ごろに自宅を出ており、捜査本部は女児の行方不明との関連を調べているとの事。

5)リンさんのランドセルは、リンさんが行方不明になった3月24日の翌25日の日中に、茨城県の河川敷で見つかっていたとの事。

6)3月18日、小学校とリンさんの自宅の間に軽自動車が止まっていたという証言もあったとの事。(容疑者の車とは断定されていない)

7)容疑者の自宅など関係先から複数のひもなどが押収された。女児の死因は幅が広く、柔らかい布のようなもので首を絞められた窒息死とみられているが、警察は押収したひもなどが凶器となった可能性もあるとみて慎重に調べているとの事。

こんなところですね。
猥褻なDVDや書籍があるのは、正常な男性ならそれほど不思議な事では無いと思うのですが・・・
結婚とか女性と同居したりしたら、処分する物なのではないか?と言うあたりが疑問ではありますね。

凶器は「ひも」と言われてますが、「タオル」かもしれませんね。
秋田小1殺害事件で女性被告が隣家の男児を殺害した時の凶器が「タオル」でした。

この事件、多分、計画的な犯行では無いので、絞殺用のヒモやロープなどは用意していないでしょう。
日常生活の中で使う物としては、タオルやネクタイと言ったところでしょうか。

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2017/04/18 20:43

家賃収入が月80万程、固定資産その他、税金でいくらかは持って行かれるでしょうが、割りと裕福ではありますね。

それが趣味に拍車をかけたのでしょう。

自分で稼いだ金じゃない場合、その価値観に有り難みを置き去りにする傾向は、バブル世代の方なら多少身に覚えがあると思われます。
と同時に、より手に入りにくい物に嗜好の価値観を見いだすものなんですね人は。
欲が深いと言うか、限定品みたいな。
欲望は限りないものなんです。

人としての境界線を越えたあたり、その欲求を押さえられなかったのでしょう。

いつも母親と一緒の時のリンちゃんがハイタッチで接してくれて、密かに心惹かれてた子が、たまたま一人で登校する姿が、
千載一遇のチャンスに思えたんでしょうね、今やらなければ的に…

精神年齢が幼子と同じ位置にないと、その思考にはなれない気がします。

PTAの仕事がそうさせたのか?
趣味が高じて立候補まで登り詰めたのか?そう考えると、雨の日の苦労も苦にならないのでは?

投稿: テキスタイル | 2017/04/18 22:06

まだ報道されていなくてもキャンピングカーその他から既にいろいろ見つかっているかもしれません。容疑者がまだ黙秘している状態では、どんなに細かいコトでも報道されていない事実というのが より重要になってきますから。

投稿: まーぷる | 2017/04/19 10:29

容疑者のキャンピングカーの中から、複数の毛髪と指紋が検出されたとの報道が、テレビ朝日系列のワイドスクランブルにてありました。

容疑者や容疑者のお子さんや同居女性のものの可能性もありますし、リンちゃんや他のお子さんを事件前にキャンピングカーに誘った(お菓子をあげるなどして)ものの可能性もあるかなとは思いますが、複数という点が複数の人物のものとも解釈できますし、いろいろ憶測してしまいます。

私は、容疑者の言動や行動から、幼児性愛傾向が非常に強いと思っていますが、所謂ロリコン傾向もあったのだろうなと思います。

毎朝の見守りも、いろいろな意味で子どもが好きな人物からすれば、とても幸せな時間だったのではないかなと思いました。

容疑者にとっての境界線、とても気になります。

投稿: 熊紋 | 2017/04/19 15:43

キャンピングカーって、普段は使わないと思います。
休日使用にしても長い連休じゃなきゃ 用は無い。

PTA会長ならキャンプに使う機会も多いし、宿泊に使用する事もあり、またキャンプでケガする事も踏まえたり、擦り傷などの出血もあるから、ルミノール反応も当てにならないでしょう、覆されます。


たとえ、リンちゃんのDNAが出ても今の段階では、決定打に程遠いと立場的に見て取れます。

先に書いた余罪にも当てはまるなら、死刑か?黙秘かの選択は当人には絶対的な事になります。

間に入る弁護士が妥協点として 無期懲役辺りを目指すなら、余罪の一件くらい 出しそうですね。

投稿: テキスタイル | 2017/04/19 19:49

みなさん、こんばんは

テキスタイルさん、熊紋さんへ
キャンピングカーは自走できる状態ではないとの事なので、学校行事などに使用した事はなさそうです。

ただ、熊紋さんの言うように、事件前にキャンピングカーに女児を入れた可能性が否定できないので、毛髪や指紋などが発見されても、決め手にはならないかもしれませんね。

まーぷるさんへ
捜査の過程で入手した情報を全て報道する事はありませんから、何か決め手を掴んだ上で伏せている可能性はありますね。

投稿: ASKA | 2017/04/19 20:09

差し出がましいようですが、テキスタイルさんに少しお願いがあります。
こういう場ではハンドルネームや文面から其々の方のキャラクターをイメージしているだけで、本当はどんな人物なのかお互いにわかりませんが(まーぷるさんが実はお爺さんでした…なんてコトはありませんけど)、しかし文面から男男したキャラクターの方が、早熟な女児の初潮云々と書かれると、女性の側からするとかなり気持ち悪いです。子供が出血することは他にも沢山あるのでそちらにして頂ければ良かったなと。
こんなコトを書くのは、黙っていると他にもそういった表現をする人がやって来てロリコンやペドフェリアが大喜びするやり取りが始まるのではと危惧する、あるいは其処までは心配し過ぎだとしても、女性の読者に嫌われてしまうからです。ココでもっと女性の意見を読みたいと思っている私としてはとても残念です。

もちろん、私は1参加者に過ぎません。こんなコト書く立場ではないかもしれません。でもまたアスカさんが男か女かと言い出す人がいるとそれも嫌なので、直接お願いする事にしました。
宜しくお願いします。

投稿: まーぷる | 2017/04/20 08:48

みなさん、こんばんは

まーぷるさんへ
すいません、私も忙しかったのか、気にせず、承認公開してしまいました。

テキスタイルさんへ
とりあえず、問題の部分は、「擦り傷などの出血」に修正しておきますね。
もっと早く気付くべきでした、ごめんなさい。

投稿: ASKA | 2017/04/20 20:45

まーぷるさん、気を配らなかった事謝ります、少し医学的見地でクールに成りすぎました。

まーぷるさんが女性なのは、随分前からわかってましたよ…。

投稿: テキスタイル | 2017/04/20 22:38

Askaさん、テキスタイルさん、御理解頂けて感謝します。今後ともよろしくお願いします。

投稿: まーぷる | 2017/04/21 17:37

みなさん、遅レスごめんなさい。

Redさんへ
報道は他にネタがない為か?、ショッキングな事件で数字を取りたいのか?ちょっと過熱気味の報道のように思いますね。

テキスタイルさん、熊紋さんへ
月収80万を自動的に入手できるなんて、羨ましいぐらいの環境です。
とは言え、仕事をしていないと言う事だと、「人生のハリ」とか「生きがい」って何だったのだろう?と思う面はありますね。

時間とお金は十分にあるので、普段はどんな生活をしていたのか?と言うのは知りたいですね。

まーぷるさんへ
いつもの事ですが、情報が小出しにされて、逐次でてくる感じですね。

こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: ASKA | 2017/04/22 07:55

シルバーのムーヴはどう見ても古いだろうが。
どこをどう見たら新し目なんや?

投稿: | 2017/04/23 22:09

名無しさんへ

車に関心の無い人だと、年式などではなく、車体の凹みや傷、ツヤなどで判断していたのかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2017/05/05 06:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その9(送検) | トップページ | 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その11(矛盾と沈黙と妄想) »