« 兵庫県姫路市宮上町1歳次男殺人未遂事件 | トップページ | 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その15(起訴) »

2017/05/24

東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その4(一審判決)

一審判決は無期懲役です。
5月23日、東京地裁で、裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡したとの事。

裁判長は「首を絞められて苦しむ女性に興奮する性癖があることから、犯行の目的は、被害者の首を絞めて暴行することにあり、身勝手極まりない」と指摘した。
「執拗(しつよう)で残忍、動機は身勝手極まりない」と批判したとの事。

被告は最終意見陳述で、「有期刑か遺族の求める死刑ならよいが、無期懲役だけはいやです」などと述べていたとの事。

東京地裁は「心臓音を確認しつつ、さらに首を絞めていて、執拗で残忍な犯行」「将来を絶たれた無念の思いは察するに余りある」と指摘したとの事。
また、遺族が死刑を望んでいることに理解を示したうえで、「被害者が複数ではなく、自首が成立している」、「死刑の適用は慎重に行わなければならない」、「公平性の確保にも留意が必要」として、無期懲役を言い渡したとの事。

判決後、審理に参加した裁判員のうち3人が会見した。30代の女性は「被害者に気持ちが寄り添ってしまうのが正直なところだが、公平に見るよう自分に言い聞かせた」と話したとの事。
別の報道では
30代の男性裁判員は「(被害者名が)実名であることで人が亡くなったとより重く感じた」と語った。また、30代の女性補充裁判員は「名前が呼ばれるたびにその子がどんな子だったかと思い、感情移入した」と振り返った。

父親(48歳)と、母親(49歳)と姉(23歳)が判決後に記者会見したとの事。

父は「(※死刑基準の)永山基準が一つの大きな壁になったかなと率直に思いました」と語ったとの事。

「他の事件との公平性といいますが、こういう犯行が行われて、犯人が裁判中にこういう態度を取っている…同じ事件ってないはずなんですよ」「被害者が1人でも死刑になったケースはあります。じゃあ、被害者の場合、どんな事情があれば死刑になったのかを逆に聞いてみたいです」

被告人は初公判で起訴内容を認め、「申し訳ございません」と謝罪したが、その言葉をどう受け止めたのか。

遺族は「反省は感じられなかった」と声を揃えたとの事。
最も気になったのが、捜査段階での調書と、法廷での証言が食い違っていたことだという。「ウソだろと声を大にして言いたかった」と裕見子さん。

実名での裁判について記者会見で母親はこう話した。
「事件が起きたとき、実名も年齢も、住んでる地域も、警察発表以上に報道されました。ところが、実名で裁判すると、なぜ騒ぎ立てるのか。マスコミからの質問が多いことに驚いています」

古い情報ですが、5月16日の被告人質問での情報
弁護側の被告人質問に対し、被告は「人生で友人は1人しかいなかった。彼はアニメやゲームに相当傾斜していたので気が合った」などと話したとの事。
また、中学生時代には同級生から無視される“いじめ”を受けたとした。
両親が別居して母親と同居したが、母親からは愛されず、高校卒業後に専門学校に入学後に独り暮らしを始めたとの事。

「バイトでは生活費などが足りず、消費者金融から100万円以上の借金があった。高血圧や、それによる心筋梗塞などの病気もあったとの事。
自暴自棄になり、自殺か連続殺人をして死刑になろうと考えた」と事件までの経緯を語ったとの事。
被害者を狙った経緯については、「たまたまバイト先の同僚の中で一番話しやすかったためで、恋愛感情などはなかった。次の事件までの生活費として金品を盗んだ。しかし、事件を起こして“すっきり”したので、(自殺も別事件も起こさず)自首した」などと述べたとの事。

こんなところですね。
裁判では、検察側の主張する動機は認められていますね。
「首を絞められて苦しむ女性に興奮する性癖があることから、犯行の目的は、被害者の首を絞めて暴行することにあり、身勝手極まりない」
なので、強盗殺人+強姦未遂だったと言う事ですね。

で、判決理由は
1)被害者が1人。
2)自首が成立している。
3)公平性。

ご遺族の記者会見でも出ていますが、永山基準が最初のハードルです。
ただ、今回は罪状に強の字が一つ、未遂分も含めると、二つあるので、極刑の可能性はゼロでは無かったかもしれません。
一方で自首が成立している点で減刑されたとすると、未遂分の強の字が一つ消えるぐらいは減刑されたのかもしれませんね。

公平性は難しいところですね。
過去の事件で被害者1人で死刑判決が出ているのは、私の記憶にあるのでは
A)2008年の三島女子大生強姦殺人事件(拉致、強姦、生きたまま焼殺)
B)2009年の千葉大女子大生殺害放火事件(強盗殺人、出所後に強盗事件、強盗強姦未遂事件3件などを起こしている)

一方で一審で死刑、二審で無期懲役になったのが
C)有名な愛知闇サイト女性殺人事件(強盗殺人、性的暴行については未遂)
一審では2人に死刑判決が出たのですが、1人は控訴を取り下げ死刑執行、もう1人は控訴して無期懲役になっています。

で最初から無期懲役なのが
D)こちらも有名な江東区神隠し事件(性奴隷にしようと拉致したが殺害、解体して下水に遺棄した)
判決理由は
「被害者が1人の事案では、ほかの判断要素で強度の悪質性が必要」。
(1)犯行態様は残虐極まりないとまではいえない
(2)事前に殺害のための凶器を用意しておらず、殺害は計画的ではない
(3)拉致後、当初の目的だったわいせつ行為はしていない
(4)前科もなく、謝罪の態度を見せている

こんな感じです。
何とも言えませんが、強姦が既遂だったら極刑になった可能性はあると思います。
その場合でも、自首の減刑分があるので、やはり、自首が成立してしまうと極刑は難しい気がしますね。

さて、一審判決を受けて控訴するのか?が次のポイントですね。
元々、連続殺人で死刑になりたかったと話していたようですが、自殺も事件も起こさずに自首してますね。
死刑になる為に起こした事件で判決は無期懲役です。

死刑にならないから控訴と言うのは無いでしょうが、ちょっと、最後の意見陳述と矛盾すると思う。
「有期刑か遺族の求める死刑ならよいが、無期懲役だけはいやです」

自首した段階で「死ぬ事」を放棄したんでしょうね。
理由は「すっきりしたから」その理由もちょっと理解不能ですが・・・
いずれにせよ、無期懲役なら社会に復帰するわけで、それまでに、更生できるのか?が問題ですね。

最後に亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

参考リンク
東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その3(公判開始)

|

« 兵庫県姫路市宮上町1歳次男殺人未遂事件 | トップページ | 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その15(起訴) »

コメント

「すっきりした」については達成感じゃないかと思います。
被告は事件まで負け組人生で、先行不透明で不安が大きい状態だったわけです。自殺もそのストレスから考えていたと思われます。
しかし事件により自分より若く未来がある、価値ある人間からそれを奪うことに成功してしまいました。同時に遵守すべき法律や倫理を破り価値観の転換という困難なことを成し遂げました。
結果、ストレスは一時的には解消され「すっきり」し、自殺による社会からの逃走と攻撃はしなくてもいいかと易きへ流れたのでしょう。

無期懲役を嫌がるのは上記の先行不透明な日々を連想するからだと思います。
今は周囲が自分の言動を気にかけ、スケジュールを決めてくれますからね。死刑囚は働かずに済むし有期刑は先が決まっていると考えているなら、その2択がいいと思うでしょう。

上記は私の妄想です。この通りでなく、ただ反省しているだけであってほしいものです。

投稿: つれづれ | 2017/06/04 02:39

つれづれさん、おはようございます。

なるほど「達成感」ですか、確かにそれまで、思うようにいかない人生の中で、希望した結果を出したわけですから、それが達成感につながったのかもしれませんね。

そして、将来の不安がストレスで事件を起こしたなら、無期懲役が未来の決まらない不安を連想したと言う事ですね。

言葉が少ないけど、正直なところを話しているのかもしれませんね。

それだけ、ある意味で素直な性格だったからこそ、破滅を選択してしまったのか?
周囲に頼れる人がいたら、もしかしたら、事件を起こす事は無かったのかもしれませんね。

かと言って依存的な性格では人生は難しいかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2017/06/13 05:10

控訴審です。

1)控訴審第1回公判が25日、東京高裁であった。

2)弁護側は刑が重いとして有期刑の適用を主張。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は12月1日との事。

3)被告は、「有期刑であれば、出所に向けて更生意欲が強くなるが、無期懲役だと開き直ってしまう」などと身勝手な主張を繰り返したとの事。

こんなところですね。
まーある意味では、正直な人なんでしょう。
「有期刑であれば、出所に向けて更生意欲が強くなるが、無期懲役だと開き直ってしまう」
これを言い換えれば、「無期懲役だと反省しないけど、有期刑なら更生しますよ」
「反省して欲しかったら、有期刑にしてください」と言う事ですね。

もしかして・・・出所すると借金の返済が待っているので、刑期を延ばす為の方便なのか?とも思いましたが・・・
それなら、一審の無期懲役を受け入れれば良い話なので、刑が重いと控訴する理由がありません。

やはり、単純に刑を軽くして欲しいと言う事なんでしょうね。

ただ・・・この被告人は生きる事に挫折して、死刑になるつもりで事件を起こしてるんですよね。
犯行後に自殺しようとしたけど、「すっきり」して、自殺を断念、自首してます。

有期刑になって、早く出所したとして、果たしてちゃんと生活する事ができるのだろうか?
と言うのが素朴な疑問なんですよね。

結局、出所しても、生きる事に挫折して、再度、事件を起こしてしまうのではないか?
と言う不安は有りますね。

これまでの経緯をみると、目前の困難から目をそらして、どこかに逃げ込もうとしているようにしかみえないんですよね・・・

今も、刑務所が嫌だから刑を軽くして欲しいと言うような、消極的な理由なら、一審同様、無期懲役にしてあげるのが、被告本人の為のような気がしますけどね。

裁判長はどう判断するのか?
判決に注目しましょう。

投稿: ASKA | 2017/10/25 18:20

12月1日控訴審判決です。一審判決を支持し、控訴棄却です。

裁判長は「身勝手極まりない悪質な犯行だ」と述べ、無期懲役とした一審東京地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却したとの事。

裁判長は「被害者をだまして自宅に誘い入れており、確定的な犯行計画だった」と指摘し、突発的な犯行だったとする弁護側の主張を退けたとの事。

判決によると、被告は2015年11月、自宅アパートで被害者の首を絞めて殺害。性的暴行は未遂に終わり、現金約7500円などを奪った。

判決後に記者会見した被害者の母(49)は「被告は全く反省しておらず、もっと重い判決を下してほしかった」と述べたとの事。

こんなところですね。
本人は正直に思うところを話したんでしょう。
「有期刑であれば、出所に向けて更生意欲が強くなるが、無期懲役だと開き直ってしまう」
これを言い換えれば、「無期懲役だと反省しないけど、有期刑なら更生しますよ」
「反省して欲しかったら、有期刑にしてください」と言う事ですね。

こんな事を言って、減刑する裁判官はいないでしょうね。

まー、結局は事件に向き合っていないと言う事なんでしょう。
時間はありますから、じっくりと事件と向き合ってほしいですね。

その前に上告するでしょうが、新しい証拠でも出なければ、結果は変わらないと思いますね。

投稿: ASKA | 2017/12/01 20:18

被告(31)は、無期懲役とした2審東京高裁判決を不服として最高裁に上告した。13日付との事。

予想通り、上告しましたね。
新しい証拠でもなければ、結果は変わらないと思いますが・・・
罪と向き合う為のプロセスと言う事なのかな。

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2017/12/14 19:42

最高裁第2小法廷は3月27日付で、強盗殺人などの罪に問われた無職男性被告(31)の上告を棄却する決定をしたとの事。

求刑通り無期懲役とした一、二審判決が確定する。

はい、予想通りの判決ですね。
判決の無期懲役が正しいかどうかわからないけど、被告はこれで、罪と向き合うしかありませんね。時間を掛けて罪と向き合って欲しいと思います。

亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

投稿: ASKA | 2018/03/28 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県姫路市宮上町1歳次男殺人未遂事件 | トップページ | 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その15(起訴) »