« 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その14(殺人容疑で送検) | トップページ | 東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その3(公判開始) »

2017/05/08

愛媛県今治市連続高齢者殺人事件?

/--第一の事件--/
4月26日(水)13時10分ごろ、愛媛県今治市別宮町6丁目の無職OSさん(81)方で、訪れた女性ヘルパーから「高齢の女性が倒れている」と119番通報があった。今治署員が駆けつけたところ、OSさんは自宅1階の居間に倒れ、既に死亡していた。腹部には幅数センチの刺し傷があり、出血していたとの事。

署によると、OSさんは一人暮らし。部屋が荒らされた形跡は確認されていない、遺書などは見つかっていないとの事。

警察は事件と自殺の両面で捜査していましたが、OSさんは腹以外に背中にも長さ数センチの刺し傷があったことがわかりました。警察は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、付近の防犯カメラの映像を調べるなど捜査しているとの事。

県警は5月3日、司法解剖の結果などからこの事件も殺人と断定し、捜査本部を設置。関連を視野に調べている。

OSさんの友人女性(74)によると、OSさんは交通事故で入院、事件の数日前に退院して自宅に戻ったばかりだったとの事。

/--第二の事件--/
5月3日(水)午前9時ごろ、愛媛県今治市室屋町7丁目の市営住宅で、「切られた人がいる」と通行人から110番通報があった。今治署員が駆けつけると、1階の1室で、この部屋に住む男性OHさん(70)と男性の母親OUさん(92)が背中などから血を流していたとの事。
いずれも重傷だが意識はあるという。けがをした男性は「見知らぬ女に刺された」と話しており、今治署は傷害事件とみて捜査しているとの事。

署によると、男女は2人暮らし。室内に刃物1本が見つかった。通行人は住宅そばにいて通報を頼まれたとの事。現場は今治市役所の北側約1キロ。
OUさんは胸を刺され、搬送先の病院で約8時間後に死亡。OHさんも背中を切られ、重傷を負った。女は刃物を残して逃走しており、県警は殺人容疑などで今治署に捜査本部を設置し、行方を追っている。

市営団地の南西約370メートルの民家では4月26日、一人暮らしの無職OSさん(81)が腹部に刺し傷を負って死亡しているのが見つかっている。
県警は5月3日、OSさんも何者かに殺害されたと断定し、殺人容疑で同署に捜査本部を設置した。
OSさん方にも凶器とみられる刃物が残されていたといい、県警は両事件の関連を捜査するとの事。

県警によると、OHさん方は2人暮らし。発見時、OHさんが玄関前で、OUさんが室内で倒れていたとの事。
室内から凶器とみられる血の付いた刃物が見つかった。OHさんは部屋に侵入してきた女に切られた後いったん外に出て、市営住宅のそばを通りかかった男性に110番通報を依頼したという。その後、室内に戻ろうとして玄関で倒れたとみられる。
女は中年だったという。顔にタオルを巻いていたとの情報もあるとの事。

インターホンが鳴ってドアを開けたところ、いきなり切りつけられたとの事。

OUさんは約8時間後に出血性ショックで死亡。胸の傷は肺を貫通していたとの事。

今治市などによると、事件のあった市営住宅は2015年に完成した鉄筋コンクリート5階建てで、30世帯が入居できる。市営住宅の入り口はオートロックではなく誰でも入れる。親子は市営住宅の建設前からこの土地にあった市営の民家に住んでいたとの事。

近くの住民によると、OUは車椅子生活でデイサービスを利用していた。住民は「お母さんはにこやかな人。息子さんもおとなしい人で車椅子を押して散歩する姿をよく見かけた」と話したとの事。

4月26日に遺体で見つかった無職OSさん(81)について、県警が司法解剖した結果、これまで明らかになっていた腹部に加え、背中にも刃物による傷があったことが分かった。

/--------------/
愛媛県警は5月4日、近くに住む女が事件に関与した疑いがあるとして任意で事情聴取を始め、女の自宅を家宅捜索したとの事。
県警は、逃げた女について、OHさんが「見知らぬ女だった」「小柄だった」などと話したことから、事件があった前後の目撃情報を集めるとともに、付近の防犯カメラの映像を分析。この結果、現場から約600メートル南側のマンションに住む女が浮上したとの事。

県警が現場周辺の防犯カメラを調べたところ、襲われたOHさんの証言内容などと特徴が似た女が、自転車で走っている様子が映っていたとの事。

県警は5月5日、参考人として任意で事情聴取した30代の女性が自殺したと発表したとの事。
県警によると、現場近くの複数の防犯カメラには、OHさんが目撃した女と服装が似た人物が事件時間帯に自転車に乗っている様子が映っていた。
県警は、自殺した女性と姿が似ているうえ、自転車も女性のものと酷似しているとして、4日午後1時半から午後10時半まで女性から任意で事情を聴いたとの事。女性はその後家族に引き渡され、今治市内の実家に戻ったとの事。

県警の捜査員は5日も引き続き任意の事情聴取をするため、午前9時ごろ実家を訪れたが、呼びに行った家族が室内で自殺している女性を見つけたという。
遺書があったが、県警は内容や自殺の方法などについて「プライバシーの関係」を理由に明らかにせず、「聴取は適正だった」としているとの事。

自殺の経緯については「あくまで参考人として聴いており、(自殺は女性を)家族に引き渡した後のこと。警察は介在できない」と、任意での事情聴取だったと強調。女性の心理状態については「一般的にいうと疲れはあったと思う」とし、「帰りたければ帰れる」として適正な聴取だったと話したとの事。
女性に自殺をほのめかす言動があったかについては「把握していない」と述べたとの事。

県警が任意捜査を実施した計約9時間のうち、休憩時間が計約20分だったとの事。
県警によると、今治署で県警が参考人として女性から事情聴取を始めたのは4日午後1時半ごろ。同10時半ごろまでに計約5時間事情を聴き、その他の時間で「鑑識の捜査をした」などとしているとの事。休憩は約9時間のうち、4回で計20分だったとの事。県警は午後11時ごろ女性を家族へ引き渡した。

県警は5日、「(任意の)事情聴取なので本人が嫌と言ったら帰ることも可能」としたうえで、トイレ休憩などは適宜あり、「危ない状況ではなかった」と説明したとの事。

県警の任意聴取後に自殺した30歳代の女性が、県警に対し自らの関与を否定していたことがわかった。
女性が残した遺書にも自身の潔白を主張する内容の記述があったことも判明したとの事。

/--------------/
愛媛県今治市内で4月末以降、2人の高齢女性が相次いで殺害された事件で、現場に残された刃物からいずれも指紋が検出されず、室内の足跡も残っていないことが分かったとの事。

現場には血が付いた刃物が残されていたが、その後の鑑識作業では指紋が検出されず、室内や玄関周辺から足跡も検出されなかったとの事。

県警の任意聴取後に自殺した30歳代の女性の自宅から押収された運動靴に、被害者の血痕が付着していたことが県警への取材でわかった。

県警によると、押収した運動靴には血が付いており、鑑定したところ、OUさんのDNA型と一致したとの事。

4月26日、1人暮らしのOSさん(81)が刺殺体で見つかった事件で、家の手すりなど数カ所から採取された血痕のDNA型が、自殺した女性のものと一致したとの事。
/--------------/

こんなところですね。
まずは、時系列
04月26日(水)13:10頃 OSさん(81)女性の遺体が自宅で発見される。腹と背中に刃物による傷。
05月03日(水)09:00頃 男性OH(70)さん宅を知らない女が訪問、ドアを開けた直後に襲われた。女性OU(92)さんが刺され8時間後に死亡、OHさんも重傷。小柄な女が自転車で逃亡するのがOHさんに目撃されている。

2件の現場は400メートルしか離れてない。

まー、犯人が誰か?は警察の捜査を待つとして、この二つの事件が同一人物による犯行だと考えると・・・

どちらも、被害者宅で犯行を行っている。腹と背中に刺し傷があり、逃げた被害者を後ろから刺したと見て良いでしょう。
強い殺意があったんでしょうね。

2件の現場からは血のついた包丁が発見されており、凶器と思われる。
しかし、凶器からは指紋は検出されなかった。・・・手袋とかしていたんでしょうね。

更にどちらの現場からも、足跡が発見されていないと言うのは謎ですね。
1件目については、情報が少ないので、なんとも言えないけど・・・
2件目は生存者が居るので、そんな状態で玄関で靴を脱いで襲撃なんて事は無いだろうね。

なので、靴底には「泥」が付着してなかったと言う事なのかな?
これは狙ったのか?偶然か?は今のところ判断する材料がありません。

そして、2件目での事件で注目したいのは、玄関を開けたOH(70)さんを追わずに、家の中に入って、OU(92)さんを襲っている事なんですよね。
これは、家の中にOUさんが居る事を犯人は知っていたと言う事でしょう?

この点を考えると、計画的犯行と考えないと説明が難しいですね。
誰でも良いなら、まず、目の前の人間を襲うでしょうね。

そう考えると、1件目も交通事故で事件前に入院していて、事件の数日前に退院して自宅に戻った。
これも、自宅に戻った事を確認しての犯行だったとも考えられます。

計画的な犯行だとすると、実はなぜ?と疑問が出るのが、犯行時刻ですね。
どちらも、昼間に犯行をしているのは、ちょっと解せません。

それに、2件目は同居する70歳男性がいるんですよね。OU(92)さんを狙ったとして、OUさんが足が不自由な事を知っているなら、対応に同居する息子さんが出てくる事は予測できるでしょ?
刃物を持っていたとしても、70歳ぐらいならまだまだ元気だから、襲撃に失敗する可能性もあると思うのですが・・・昼間に自宅を訪問しての犯行と言うのはちょっと、短絡的過ぎないかな?

どうも、この事件が計画的とすると、かなり穴が多いように思います。
正常な判断力がある人間が計画したとはちょっと思えないかな。

かと言って、無計画な犯行にしては、OUさん殺害が説明できないですよね?

さて、話題を変えて、ちょっと妙な事にも気付きました。
二つの事件が同じ水曜日に行われていて、被害者の名字が「お」で始まる。死亡した二人は共に女性高齢者。
これって、偶然かな?

もしかして、1件目は人違いだったのでは?なんて事も脳裏をよぎります。
あるいは、2件とも人違いって事もあるのか?

しかし、2件の被害者の名字は「お」で始まるものの、間違えるほど似ているわけではなく、どちらかと言うとはっきり別の名字なんですよね。
だから、イニシャルの文字が「O(オー)」になる事が共通するぐらいです。
イニシャルなんて・・・新聞の投書やラジオのリクエストなどが怨恨の理由?
これは妄想ですね。

とにかく、この事件、一見、単純そうですが、謎の多い事件です。

続報を待ちましょう。

最後に亡くなったお二人のご冥福をお祈りいたします。

|

« 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その14(殺人容疑で送検) | トップページ | 東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その3(公判開始) »

コメント

昨日のニュースで、一人暮らしの女性が殺害された事件では、室内から自殺した女性のDNAが検出された。自殺した女性の手には治りかけの傷があった。母子が殺傷された事件では、自殺した女性の靴から、亡くなった母親の血痕が採取されたと報じていました。ほぼ確定ということで急に報じられなくなりましたね。警察が家宅捜査をする際は、裁判所から令状を取らないといけないわけで、それには裁判所に十分な証拠を提出しなきゃダメらしい。あくまでも予測ですが、どちらも被害者が高齢なので、自殺した女性は、ホームヘルパーかデイサービス関係者で、実は被害者と面識があり、お金を盗まれるなどのトラブルを警察かデイサービスに話していて、逆恨みしたか?その件と、防犯カメラにバッチリ写っていたから、裁判所は令状を出したのかな?確か、世田谷区のバラバラ殺人事件で、防犯カメラに不審者は写っていなかったと報じていたように、犯人逃亡を防ぐ為に、小柄な女性、面識ない、指紋や足跡は検出されなかったと嘘の報道をさせたのかもね。それにしても、自殺した女性の親族の話し方は、警察を挑発している感じでしたね。

投稿: 鬼神の翼 | 2017/05/09 06:31

追記です。
かなり以前ですが、熊谷連続殺人事件(主犯格の男は千葉法務大臣立ち会いで死刑執行)で、被害者の1人が重症を負いながらも一命をとりとめたとニュースで報じた為、男が完全に死亡させるよう、搬送先の病院に向かっていたという事例あった。この為、70代の息子さんを守る目的で嘘の報道をした可能性もありますね。写真など見せなくとも、息子さんは誰なのか知っていましたね。

投稿: 鬼神の翼 | 2017/05/09 09:32

確か被害者の男性は、犯人を中年女性とも言っていた気がするのですが、犯人らしき人は30代だったので、そこが何か違和感がありました。
その女性が犯人だったとして、70歳の人からみると若い感じには見えなかったのでしょうか?

投稿: | 2017/05/10 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件その14(殺人容疑で送検) | トップページ | 東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その3(公判開始) »