« 東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その3(公判開始) | トップページ | 千葉県松戸市金ヶ作公園通り魔事件 »

2017/05/17

東京都台東区女子高生殺人放火事件

5月4日午前8時35分ごろ、東京都台東区上野桜木のマンションを訪れた住民の知人から「火事です」と110番通報する火災があった。
消防が駆けつけ、火はおよそ50分後に消し止められたが、4階建てマンションの2階の一室が全焼。焼け跡から女性が発見され、搬送先の病院で死亡が確認されたとの事。

死亡したのは住人で都立高3年の女性(17)。
警視庁少年事件課は殺人容疑で、東京都墨田区の高校3年の少年(18)を逮捕する事件となっている。

捜査関係者によると「布団に火をつけた」などと話し、容疑を認めている。
少年は女性と同じ高校の同学年で、「交際関係にある」と説明。同課は事件以前の2人のトラブルは把握していないといい、動機や事件の経緯を慎重に調べるとの事。

火災は4日午前8時半ごろ発生。2階の一室から出火し、女性が搬送先の病院で死亡した。
捜査関係者によると、女性は救出時、母親の部屋の焼けた布団の横で倒れており、この部屋が最も激しく燃えていたとの事。
目立った外傷はなく、同課は死因の特定を進めているとの事。

女性は3人暮らしだが、女性の家族は3日夕から関西方面へ出掛けていたとの事。

少年の逮捕容疑は5月3日午後8時半から4日午前8時35分までの間、女性の自宅かその周辺で手段不明の暴行を加えた上、女性の自宅を出火させるなどして死亡させたとしているとの事。

捜査関係者によると、少年の供述はあいまいな点もあるというが、「手で首を絞めた」といった趣旨の説明もしているとの事。
また、3日は女性と2人で映画に出掛けた後にマンションまで送り届け、4日朝に改めて女性宅を訪れてたとの事。

出火後は少年が110番通報し、「マンションを訪れたら煙が出ていて女性を助けようと中に入った」などと話していたとの事。
少年も煙を吸って病院に搬送されたが、説明に不自然な点があったことなどから、退院後の13日に事情を聴いたところ、認める供述をしたとの事。

別の報道では
駆けつけた警察官らに「女性の家を訪ねたら、焦げ臭いにおいがした。開いていたベランダの窓から中に入ろうとしたら煙が出てきた」などと説明。自らも煙を吸っており、病院に搬送されたとの事。

通報時、少年は駆け付けた警察官らに「訪ねて行ったら玄関の鍵が閉まっていた。開いていたベランダから入った」と話したとの事。

同じマンションに住む60歳代の女性は「火災直後、少年が泣きながら、消防隊員に『中に人がいる』と訴えていたと話したとの事。

当初の供述では、首を手で締めたと話していた。

司法解剖で死因は特定できなかった。

遺体にはすすを吸い込んだ跡が見られないとの事。

捜査関係者によると、少年は「布団に火を付けた」と供述。女性は自宅マンション一番奥の部屋で布団の横であおむけに倒れていた。
遺体の背中には、やけどの痕が少ないことも判明。少年は「首を絞めた」とも話しており、同庁は放火した際に女性が既に死亡していた可能性もあるとみているとの事。

少年は4日の午前8時半ごろに女性の家に向かう姿が確認されていて、その直後に火事が起きていたとの事。

少年は事件前に、「油での火のつけ方」「油燃える」「道に生えている毒草」などと携帯電話でインターネット検索していたことが分かったとの事。

少年はこの通報の約25分前の午前8時過ぎに、女性の自宅の最寄り駅で電車を降りていたことが分かった。
さらに、その後、通報の15分ほど前の午前8時15分ごろには、女性のアルバイト先のコンビニに立ち寄っていたとの事。

警視庁で少年のスマートフォンを解析したところ、交際上の悩みに関するメッセージのやり取りのほか、「油での火の付け方」など放火をうかがわせる文言の検索履歴や、「道に生えている毒草」などの検索履歴も確認されたとの事。

少年が動機について「交際上のトラブルがあった」などと供述していたとの事。
現在は黙秘しているとの事。警視庁によりますと、司法解剖の結果、女性の肺に水が入っていたことも分かりました。
目立った外傷がないことなどから、溺死させた可能性もあるとの事。
部屋の浴槽には水が張ってあったということで、警視庁が慎重に捜査しているとの事。

少年は逮捕前、「(3日に)送って帰る途中、LINEを送ったが既読にならず、心配になり女性の自宅に戻った」などと話していたことが分かった。
少年は「およそ1時間後の午後9時40分頃、再び女性の自宅を訪れたものの、インターホンも鳴らさずに帰宅した」と話していたとの事。
午後11時ごろに自宅に戻っていたとみられ、空白の3時間の状況を調べているとの事。

少年は、逮捕翌日から「黙秘します」と供述を拒んでいるとの事。

警視庁によりますと、少年は当初、「手で首を絞めて殺した」と話していが、通常、首を絞められた場合、首の骨が折れたり痕が残る。司法解剖の結果、女性の首には損傷がなかったことが分かったとの事。

時系列
数日前  少年がスマホで「油での火の付け方」の検索履歴が残っていた。
05月03日
昼間? 女性と少年が二人で映画に出かけた。
夕方 女性の家族が関西方面に旅行に出かける。
20:30頃 少年と女性が一緒に女性のマンションに戻り、少年が帰宅(と証言している)
21:40頃 再び女性の自宅を訪れたが、インターホンも鳴らさずに帰宅(と証言している)
23:00頃 少年が自宅に戻っていたと見られる。
05月04日
08:10頃 少年が女性宅の最寄り駅に電車を降りる。
08:15頃 少年が女性のアルバイト先のコンビニに立ち寄る。
08:30頃 出火
08:35頃 少年が女性宅から110番通報。(ベランダから入ろうと窓を開けたら煙が出てきた)
09:25頃 鎮火(通報から50分に鎮火と推定)
その後  焼け跡から女性が発見、搬送先の病院で死亡が確認された。少年も煙を吸って入院。
05月10日 少年が退院。
05月13日 少年が退院後、事情を聞いたところ、犯行を認める供述をした。
05月14日 少年を逮捕したと発表(14日までに逮捕との報道なので、13日に逮捕の可能性もある)
逮捕後 少年は黙秘している。
05月15日 少年を送検。

こんなところですね。
色々と謎と言うか疑問が多いですね。
疑問点
1)女性はゴールデンウィークの家族旅行になぜ参加しなかったのか?家族にどんな理由を説明したのか?
2)女性の死亡推定時刻は?(現在までに報道されていないようです)
3)扼殺にしろ、溺死にしろ女性が抵抗しない理由が無いけど、どうして防御創や抵抗の痕跡がないのか?
 (遺体からアルコールや薬物は検出されていないのか?)
4)女性のマンションのエントランスには防犯カメラは無いのか?
5)女性の自宅から放火の痕跡は出ているのか?灯油など検出されたのか?
6)ベランダの窓が施錠されていない事をなぜ少年は知っていたのか?
7)少年はなぜ、通報したのか?(通報しない方が少年に有利だったのではないか?)

特に死亡推定時刻が事件の時系列を決定する決め手になると思うのですが・・・
もし、3日の夜に死亡していたのなら、翌朝8時までに死後7時間以上経過しており、遺体に死斑が出ているはず・・・しかも、この段階では体位を変えても死斑は消えない。
だから、搬送された病院でも背中の死斑が確認されたと思うけど・・・(背中に火傷が少なかったとの報道があります)

もし、4日朝の犯行だとすると、出火までの短時間で殺害から放火を行うのは、被害者が意識のある状態では難しいと思います。
かと言って、目立った外傷が無い、どうして女性は無抵抗だったのか?

少年の犯行かどうかはちょっと今の段階では決め手が無いですね。
マンションのエントランスに防犯カメラがあれば、出入りの時刻から不自然な点が浮かび上がるかもしれません。
交通手段に電車を使っているようなので、交通カードの記録なども手がかりになるかもしれません。

他に逮捕前の証言があるので、このあたりがどうなるか?
しかし、逮捕前なので録画はしてないんでしょうね。

捜査の行方に注目しましょう。

最後に亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

|

« 東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その3(公判開始) | トップページ | 千葉県松戸市金ヶ作公園通り魔事件 »

コメント

東京地検は10月20日、嘱託殺人と現住建造物等放火などの疑いで、交際相手だった同級生の少年(18)を東京家裁に送致したとの事。地検は殺人容疑などで逮捕していたが、少年が被害者に依頼されて殺害したと認定。約3カ月の鑑定留置の結果、刑事責任能力を問えると判断したとの事。

少年は5月3日夜から4日朝までの間、被害者の自宅マンションかその周辺で暴行を加えた上、室内に火を付けるなどして殺害したとして逮捕されていたとの事。

さて、ちょっと驚きですね。
少年事件の為か、ほとんど続報が無い状態でいきなり、嘱託殺人の言葉が出てきて驚きました。

「遺体に抵抗の痕跡が無い(防御創が無い」が嘱託殺人の裏付けを補強する情報にはなるけど・・・
嘱託した事実がメールなどに残っていたのだろうか?それなら、嘱託殺人の直接的な証拠になりますからね。

しかし、一方で、精神鑑定をした理由はなんだったのだろう?
逮捕当時の報道では、通院歴などは無かったと思うのですが・・・
供述で意味不明の事でも言っていたのか?

しかし、途中から黙秘しているので、精神鑑定の理由も分かりませんね。

それから、犯行の流れもちょっと、違和感がある点があります。
殺人を依頼されて、嘱託殺人を実行、その後に事件を隠蔽する為に放火したと言うのは、まー良くある話だとは思うのですが・・・
出火の現場に居て通報、消防隊員に泣きながら「中に人がいる」と言う理由がね・・・
第一発見者を偽装した方が疑われないと言う判断だったのかもしれないけど・・・それ以前に自分の行動が不自然すぎるので、冷静では無かったのかもしれない。

嘱託殺人なら、被害者自身が犯行に協力してくれるわけだから、犯行場所も、どこでも良かったはずですよね?
カップルなら思い出の場所で、と言うのも選択子だったと思うのですが・・・そうで無くても、他に遺体を処理したり、隠したりするのに都合の良い場所はあったと思うんですよ。

それが、自宅ですからね・・・犯行を隠すために、結局、放火する事になっている。
死にたいと思う事と、家族や同じマンションの住人に迷惑をかけたいと思う事は別だと思うんですよ。

死後に部屋に放火すると言うのは、ホントに被害者が望んでいた事なのかな?

まー、これから死のうと思っている人間だから、そういった部分も投げやりになっていたのかもしれないけど・・・

そして、嘱託殺人後に事件を火災による事故死に偽装しようとしたのも、ちょっと微妙な印象ですね。
本当に好きな相手を嘱託とは言え殺害してしまった後、それを隠す事ができるのか?
おなじような事件で、2015年の三重県伊勢市の虎尾山の女子高生嘱託殺人事件では、殺害した同級生は犯行現場から動けなかったんですよね。放心状態で発見されています。

家裁の少年審判はこれからなので、判決に注目ですね。

投稿: ASKA | 2017/10/20 20:00

***初公判 8月29日***

1)嘱託殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた、同級生で交際相手だった少年(19、当時17)は29日、東京地裁で開かれた裁判員裁判の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めたとのこと。

2)検察側は冒頭陳述で、女性(17)が3日夜に自宅で少年に妊娠していることを告げ「耐えられない。殺してほしい」と依頼したと指摘。少年は女性の両手をバンダナで縛って殺害し、翌朝、火事で死亡したように見せかけようと放火したと主張した。
別の報道では
検察側は冒頭陳述で、2人は2016年夏頃から交際を始め、女子生徒は事件当時、妊娠していたと指摘。少年は女子生徒から「(妊娠が発覚して)少年が怒られるのが耐えられない。殺してほしい」と頼まれて殺害したとした。部屋に放火したのは、女子生徒が火事で死亡したと見せかけるためだったと主張したとのこと。


3)弁護側は「少年は死にきれなかった」と述べ、自身も一緒に死のうとしたと説明した。その上で「刑事処分ではなく、保護処分の少年院送致がふさわしい」として、事件を家裁へ移送するよう求めたとのこと。

別の報道では
弁護側は冒頭陳述で、少年が女子生徒から妊娠を打ち明けられ、「もう耐えられない」「死なせて」と頼まれたと主張。「(少年は)突然、経験のないことに直面した。殺してほしいと頼まれ、その重みに耐えられなかったから起きた事件だ」と述べとのこと。

放火については、「自分も死のうとしたが、煙などに我慢できず死にきれなかった」と述べたとのこと。

4)裁判長は、女子生徒の特定につながる氏名などを公判で伏せる秘匿決定をした。

こんなところですね。
事件が起きたのが2017年5月ですね。
で2016年の夏に交際を始めて、ざっと10ヶ月で妊娠したと・・・
ここまでは、よくある話です。

問題はそこから嘱託殺人になる理由ですね。冒頭陳述で出ているのが
「(妊娠が発覚して)少年が怒られるのが耐えられない。」

そこなのかな?
若くして妊娠して、死のうと思う人も中にはいると思うんですが・・・
大多数は生きる方を選ぶ事が多いと思うんですよね。
その結果、嬰児遺棄事件とか起きてしまうわけです。

普通に考えれば、これからどうする?赤ちゃんどうする?と言うあたりが当面の問題になるはずだと思うんですよ。

まず、そこから話し合いが始まると思うんです。それに今なら高校生でもスマホを持っているから、情報はネットで収集できたはずですよね。

ここまでの情報だと、女生徒が妊娠を告白している事になるので、女生徒は妊娠に気付いていたんですよね。それで、死にたいとまで思い詰めているのに、昼間に映画を見に行ったりできるのかな?

どうも、嘱託殺人に至る経緯に飛躍と言うか、不自然さを感じますね。

そして、嘱託殺人後に一緒に死のうとしたのに、それが翌朝だった理由も不明です。
つまりは心中ですよね?心中なら一緒に死のうと考えるのではないのかな?
そこは、同じ場所だったと妥協したとしても、実際に死のうとしたには、ちょっと説得力が無い気がします。

焼死を選んだなら、自ら全身に灯油をかぶっていたとか、ありそうなんですけど・・・

まー、公判の行方に注目しましょう。

投稿: ASKA | 2018/08/29 18:58

***論告求刑公判 9月3日***

1)検察側は「犯行は安易で短絡的」として懲役5年以上10年以下の不定期刑を求刑したとのこと。
検察側は論告で「殺害以外の手段はいくらでもあったのに、被害者がなぜ死にたいかよく聞きもせず、依頼を受けて安易に殺害した」と指摘したとのこと。被害者参加人の代理人弁護士は「被害者の命は戻らない。被告には刑務所で罰を科すべきだ」と述べたとのこと。

2)弁護側は最終弁論で「動機や経緯は強く非難できない」として少年院で更生させるべきだと主張したとのこと。最終意見陳述で少年は「少しでも変わって償っていきたい」と話したとのこと。

こんなところですね。
どうも検察側の方に道理があると言う印象ですね。
過去にある女子高生の嘱託殺人では、三重県伊勢市尾上町虎尾山女子高生殺人事件がありましたが、虎尾山事件では女子高生自身が最初から死にたいが希望なので、回避するにはその死にたい理由を解決する以外に方法がありませんでした。それはかなわなかったと言う事なんでしょうが・・・

こちらの場合は、経緯をみると望まない妊娠が原因で死にたいと言う事になっているように見えます。
なので、妊娠に対して解決方法を考えれば検察側の指摘した「殺害以外の手段はいくらでもあったのに、被害者がなぜ死にたいかよく聞きもせず、依頼を受けて安易に殺害した」と言うのも、うなずけると思うわけです。

虎尾山事件では、名古屋高裁の段階で、嘱託殺人で「第1種少年院」送致の保護処分。となっています。刑はこれで確定したのかな?最高裁まで争っているのかな?

虎尾山事件とは簡単に比較はできないけど・・・こちらの事件では、容疑者少年の身勝手が過ぎるような印象がありますよね。

判決に注目しましょう。

投稿: ASKA | 2018/09/03 17:08

***判決公判 9月7日***
一審判決は懲役4年以上7年以下(求刑・懲役5年以上10年以下)の不定期刑

1)嘱託殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた元同級生の少年(19)の裁判員裁判の判決が9月7日、東京地裁であった。裁判長は懲役4年以上7年以下(求刑・懲役5年以上10年以下)の不定期刑を言い渡したとのこと。

2)起訴状によると、少年は2017年5月3日夜、台東区の女子生徒の自宅マンション一室で、女子生徒から頼まれて首を絞めて殺害。いったん帰宅した後の翌朝、女子生徒宅に戻って侵入し、遺体があった部屋の布団にライターで火を付けるなどしたとされるとのこと。

3)裁判長は判決で、少年は事件当日に初めて殺害を依頼され、「回避手段があったのに手を尽くさなかった。命の重さを軽視している」と非難。放火についても、嘱託殺人の責任から逃れるためだったとしたとのこと。

4)弁護側は家裁で少年審判を開くよう求めていたが、「犯行には少年としての未熟さが影響しているが、動機は悪質で、刑事処分で臨むほかない」と退けたとのこと。

こんなところですね。
虎尾山事件では第一種少年院送致でしたから、それに比べると、重い判決なんだろうと思いますが・・・しかし、懲役4年以上7年以下と言うのはちょっと軽いのでは?
と言う印象ですね。

「放火についても、嘱託殺人の責任から逃れるため・・・」と言う事は事件の隠蔽行為だったと認めたわけですね。
つまり、死人に口なしを地で行くような事件なわけで、自分に都合の悪い事を全て灰にするつもりだったんでしょうね。

そのあたりを考えると、悪質性とか身勝手は未成年としては群を抜いていると思いますね。

まー、19歳なので更生に期待して軽めにしたと言う事なのかな?

亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

例え望まない妊娠だったとしても、現実的な解決方法を考えるべきなんですよね。

投稿: ASKA | 2018/09/07 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その3(公判開始) | トップページ | 千葉県松戸市金ヶ作公園通り魔事件 »