« 千葉県松戸市金ヶ作公園通り魔事件 | トップページ | 東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その4(一審判決) »

2017/05/24

兵庫県姫路市宮上町1歳次男殺人未遂事件

次男(1)を床に落とすなどして殺害しようとしたとして、兵庫県警姫路署は5月24日、殺人未遂容疑で同県姫路市宮上町、自称建設作業員、男性容疑者(30)と妻の女性容疑者(24)を逮捕する事件が起きている。

次男は頭を強く打ち、意識不明の重体。両容疑者は「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しており、女性容疑者は「泣きやまなかったので腹が立った」と供述しているとの事。

逮捕容疑は共謀し、23日午後5時半ごろ、自宅アパートの居間で次男を床に落とし、足で蹴るなどして硬膜下血腫の傷害を負わせたとしているとの事。

同署によると、両容疑者は次男との3人暮らし。平成27年4月に当時4歳だった長男に暴行したとして逮捕され、不起訴処分となった。長男はその後、児童養護施設が保護。姫路市は両容疑者が転入してきた後の今年2月以降、次男への虐待予防も含め養育支援を提案したとの事。

県姫路こども家庭センター(児童相談所)も4月に両容疑者宅を訪問調査したが、虐待の兆候は見られなかったとの事。
両容疑者は暴行の約1時間後に次男の容体が急変したため、近くの小児科医を受診。診察した医師が虐待の疑いがあるとして119番したとの事。

さて、こんな事件ですね。
「泣きやまなかったので腹が立った」ので床に落とした。
この落としたと言うあたりの状況が不明です。どの程度の高さから落としたのか?
その上、更に、足で蹴るなどして硬膜下血腫の傷害を負わせたと・・・
アパートの居間なので、畳か、フローリングでしょうね。

殺すつもりは無かったと言う事だけど、1歳児だから、普通に受け身もとれずに落下したでしょ?
打ち所が悪ければ、最悪の事態だって想定できますよね。

それが想定できないのは、未熟と言う事かもしれないけど・・・30歳、24歳になって分からない方がどうかしてるんだけど・・・
ただ、健常者と言う決めつけもできないので、何か正常な判断ができないような人達なのかもしれないと言う可能性は残りますね。

とは言え、日常の社会生活を送っているわけで、特別におかしな人達と言う事では無いと思います。

それで、話を戻すと・・・子育てをしていると、1度や2度は、原因不明で泣き止まない事もあるでしょう。
それは、多分、ほとんどの育児家庭で起きている事だと思います。

その時、どうするか?って事なんですよね。
人によっては、車に乗せてドライブとか、近くの公園に行ったとか色々な事を試しているようです。
それでも泣き止まず、途方に暮れたなんてコメントも過去に頂いたと思います。

蹴っても、殴っても、それで泣き止む事は無いわけで(それで泣き止む時は意識が無いのでしょう)・・・
どうやって、その時をやり過ごすのか?と言う事になるんでしょうね。

なので、視点を変えて、どうやったら泣き止むのか方法を見つけるチャンスと捉えて、あれこれ試してみるのが良いのかもしれません。
ネットで検索すれば、あれこれ、方法が出てきますね。

それに、親だって自分が赤ちゃんの時はそうだったのだから、今度は自分が面倒を見る番だと思って、根気よく向き合うしかないのでしょうね。

とりあえず、暴力を振るいたくなったら、誰かに相談してみると言うのが良いかもしれませんね。
誰かに悩みを話すだけでも、心が軽くなると思いますよ。

|

« 千葉県松戸市金ヶ作公園通り魔事件 | トップページ | 東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その4(一審判決) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉県松戸市金ヶ作公園通り魔事件 | トップページ | 東京都江戸川区高3女子高生殺人事件その4(一審判決) »