« 静岡県7歳女児監護者わいせつ事件 | トップページ | 埼玉県東松山市16歳集団暴行死事件その2(18歳少年一審判決) »

2017/08/18

大阪府門真市女性バラバラ事件その3(一審無期懲役)

第1回公判 6月14日
被告は、「わたしは強盗殺人をしていません」と、声を震わせながら否認した。
一方、検察側は、「被告は事件前に、殺害方法をインターネットで検索していた」と指摘したとの事。

第2回公判 6月15日
被害者の母親が、被害者が突然死するような病気は無く、遺体から検出された睡眠薬を飲んでいなかったと証言したとの事。

第3回公判 6月16日
遺体を解剖した解剖医が証言、死因は頸部圧迫による窒息死。
遺体から検出された睡眠導入剤の濃度から被害者は死亡時、睡眠状態か傾眠状態で首を絞められても、強く抵抗できなかったと推定される。
精神鑑定医の証言、強殺については関係していないと思われるが、関係しているなら解離性障害の可能性がある。

第4回公判 6月21日
弁護側は、被告は被害者が死んでいるのを見つけ周りを悲しませたくないと考え遺体を切断し遺棄しただけだと主張し、強盗殺人罪について否認しているとの事。
被告人質問が行われ、被告は幼少期に義父から性的虐待を受けていたのに母を悲しませると思い事実を言えなかった経験を述べ、証人の医師が被告について「辛いことをなかったことにする特性がある」と指摘している点について問われると「その通りだと思う」と答えたとの事。

事件当時、借金が220万あったが、その内の半分は奨学金だった。

義父からの性的虐待の結果、高校1年の夏に妊娠。義父からは「堕ろしてくれ」と言われたが、すでに中絶できる時期を過ぎていた。
結局、家族にばれないように自宅で出産した。死産だった、としている。赤ちゃんの遺体は養父がダムに捨てたとの事。

事件前に「生ゴミ処理機」とネットで検索した件について「母親が生ゴミの処理に困っていたから調べた」と証言。

以前(岡山県)に窃盗での前科がある。
友人名義で借金をしたが、返済していた為に5年間発覚しなかったとの事。

第5回公判 6月22日
被害者の両親が証言台に立ち、父親は声を震わせながらこう述べたとの事。

「娘は殺されるほど憎まれることをしたのですか?裁判で本当のことを話してください。
いまでも1日に何十回と娘のことを思い出す」(父親)
被告に対して「不遇な境遇だったかもしれないが、環境は自分で作り上げていくもの。変えようと思うなら本当のことを話して」と訴えたとの事。

被害者の母親も「犯人には最高の刑を望みます」と述べたとの事。

第6回公判 6月23日
検察は「完全犯罪を計画し実行した極めて悪質な犯行」として無期懲役を求めた。
論告で「被告は借金を抱えていて、財産目的で殺害したのは明らかだ」と指摘。
その上で「他人になりすまして借り入れをする方法などをインターネットで調べて行動していて、計画性もあった」として、無期懲役を求刑した。

一方、弁護側は「突発的な病死や第三者による犯行の可能性を否定できない」と強盗殺人罪については無罪を主張、死体遺棄罪などは認めて有期懲役刑が妥当と主張したとの事。

最後に被告は「被害者の不幸を願ったことは一度もない。それだけは信じてほしい」と涙ながらに述べたとの事。

判決公判 6月30日
裁判長は「遺体を徹底的に損壊し、極めて執拗で残虐だ」と述べ、求刑通り無期懲役を言い渡したとの事。
被告側は強盗殺人罪を否認していた。
裁判長は、被告が被害者の失踪工作を行っていたことなどから、殺害したことは明らかだと判断したとの事。

さらに当時、金銭に困窮しており、金品を強奪する目的だったと認定。
「一連の犯行を相応の期間をかけて計画した。遺体の解体・隠匿方法まで事前に調べ、悪質と言う他ない」と非難したとの事。
判決後、被害者の父は「予想通りだ。遺体が帰ってこないのが耐えられない」と話したとの事。

判決によると、被告は24日午後7時52分から同25日午後0時55分ごろまでの間に、自室で被害者の首を絞め、窒息死させたとの事。

被告側は、自宅に戻ると被害者が倒れていたと主張。シェアハウスまで行って戻ってくるまでの「空白の15分間」に第三者が殺害したか、もしくは病死だった可能性を主張した。

25日午後、被告は近くの大型量販店で冷凍庫、においを取る砂、トイレ用洗剤、ペティナイフ、折りたたみ式のこぎり、まな板、バケツ、ごみ袋、生ごみ処理機、フードプロセッサーを購入。

その後、3日かけて、遺体を解体した。一部は生ごみ処理機にかけ、マンション敷地内のごみ置き場に捨てた。圧力鍋でゆでたりもした。遺体を消滅させ、失踪に見せかけようとしたとの事。

7月10日、被告は判決を不服として控訴したとの事。

こんなところですね。
殺害は否認するが、遺体損壊については認めると言う、少し変わった状態で始まった裁判でした。
殺害を裏付ける物証が無いので、検察側は状況証拠を積み上げると言う手法ですね。
まーそうでなくても、遺体を見つけたので解体して棄てたなんていうのは、常識的にみてちょっと信じられない話ですからね。
その上で、被害者に成りすまして借金をしていたり、過去にも同じような手口で借金をしたとか、決定的なのは事件前のネット検索の履歴の内容ですね。

「人間解体」「死体の廃棄方法 ゴミ業者ばれる?」「骨を粉々にできる」「気絶させる方法」「人の殺し方 完全犯罪」「失踪したら、口座は?」「睡眠薬大量に飲むと」

これでは、犯罪計画と思われてもしかたが無いでしょうね。

ただし、その一方で物証が無いのも事実なので、「第三者による犯行の可能性」が控訴審で争われるのかな?
被告の犯行として合理的に疑いがないぐらいに説明できるのか?と言う事になるのだけど・・・控訴審で逆転判決の可能性はゼロでは無いと思う。

遺体損壊も否認すれば、殺害の否認も不自然ではなくなるんだけど・・・しかし、被告の関係先から遺体の一部が発見されている事に矛盾してしまう。

つまり、遺体損壊を否認する事、すなわち、第三者による遺体損壊を主張するのは無理があったと言う事なんだろうね。
なにしろ、被告の自宅から遺体の一部が発見されてしまったわけだし。

しかし、殺害は認めたくなかったんでしょう、殺人罪と死体損壊罪では刑期が全然ちがうからね。

ただ、公判中、被告が殺害に関わっていないと証言した精神科医の証言が興味深いところです。
もし、殺害に関わっているなら解離性障害の可能性がある・・・2重人格だった可能性があるのかな?

実際、義父からの酷い虐待を受けていたようだし、その時に「苦痛を引き受けるもう一人の自分」を作り出したと言うなら、それはそれで、説得力があるかもしれない。

でも、結局、2重人格(解離性障害)については被告側は何も主張していないようですね。
まー、2重人格を主張しても、それが受け入れられるとは思えなかったのかな?
多重人格を主張した自称声優の事件でも、結局は多重人格は否定されましたしね。

だとすると、精神鑑定を行った精神科医をも騙すほどの演技力だったと言う事なのかな?

このあたりは、控訴審ではっきりするでしょう。

被告は若くから不幸な人生だったかもしれないけど・・・行動力は人並み以上にあるように見えるので、抜け出そうとすれば、抜け出せたんじゃないのかな?
借金の半分が奨学金だったと言う事だけど、何の奨学金だったのだろう?
高校かな?でも、高校卒業後にイラストレーターにすぐになったと言うのも、ちょっと難しいんじゃない?

19歳の時に母親が保険金殺人で逮捕されているから、その時には独立しているんだろーね。義父はさんざん虐待を受けているから、今更、同居なんてかんがえられないし。

やはり、高校卒業後にイラストの専門学校に進み、そこで奨学金を借りたと言うあたりなのかな?
でも、イラストの収入が月収8万円だもの、経済的には苦しいよね。
普通にフルタイムでアルバイトすれば、倍ぐらい稼げたのでは?
イラストに拘る理由があったのかな?
しかし29歳ですから、そろそろ現実と向き合うと言うのもあっても良いと思うけど・・・

ただ、この時には既に、逮捕歴もあるし、なかなか普通に就職するのは難しかったのかもしれないけどね。
このあたりの事情は分かりません。

借金については自己破産と言う方法もあったと思うけど・・・他人名義で作った借金は清算されないから、借金が残るんだよね。
イラストレーターとして自立できないような収入になった段階で、見切りを付けて、自己破産して、アルバイトでもフルタイムで働く事ができれば、この事件は防げたのかな?

家庭が崩壊しているから、身近に相談できる人がいなかったと言うのも、事件の遠因かもしれませんね。

何か、選択の結果が悪い方向へと転がってしまっているように見えますね。
どこかでボタンを掛け違ってしまったのかな?

やはり、家庭って大切だよねと思わせる事件ですね。
・・・でも、被告は高校卒業までには問題行動は起こしてないのかな?
(妊娠は虐待の結果だから、本人の問題ではないでしょ?)

だとしたら、独立してからの生活の方が原因なのかな?

参考リンク
少女たちの迷走-児童自立支援施設からの出発
大阪府門真市女性バラバラ事件その2(続報)

|

« 静岡県7歳女児監護者わいせつ事件 | トップページ | 埼玉県東松山市16歳集団暴行死事件その2(18歳少年一審判決) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡県7歳女児監護者わいせつ事件 | トップページ | 埼玉県東松山市16歳集団暴行死事件その2(18歳少年一審判決) »