« 福岡県福岡市西区19歳女性予備校生殺人事件その4(一審判決) | トップページ | 千葉県市川市大野町子猫斬首事件 »

2017/11/02

神奈川県座間市9名バラバラ事件その2(続報)

続報です。

1)近所に住む主婦(83)は10月中旬、同容疑者が男性2人とともに、大型の収納ボックス二つを部屋に運び込むところを目撃したとの事。アパートの前にワンボックス車が止まっていたといい、「引っ越しの手伝いかと思った」と話したとの事。

2)同主婦は容疑者がごみを出す姿もたびたび見かけた。午前7時ごろ、自転車からごみ袋を置き場に放り投げ、駅方向に向かったとの事。アパート近くに住む無職女性(83)は、「(白石容疑者は)週2回の生ごみの日には、いつも午前7時頃に袋に入れたごみをごみ捨て場に出していた」と証言する。

3)近隣住民らによると、容疑者は学生時代(小中学校時代)、現場となったアパートから2、3キロほど離れた座間市内の実家で父親ら家族と暮らしていたが、成人してからはほとんど姿を見せることはなかったとの事。
中学時代、野球部と陸上部に所属。

地元の中学校を卒業後、県内の高校に進学した。部活はせず、2008年1月下旬から約1年2か月間、スーパーの総菜コーナーで週に2回、アルバイトをしていたとの事。

容疑者は、かつて電子機器販売会社に勤務していたとの事。同僚の女性は仕事ぶりを「普通にやっていた」と証言したが、その一方で「ちょっと変わったところがあって」とし、副業として「男性と添い寝する副業をしているって同僚が話していた」と証言したとの事。

この会社は半年ほどで辞め、その後、職を転々とし24歳ごろからパチンコ店で勤務していたとの事。

4)関係者によると、容疑者は一時、風俗店などに女性を派遣する東京都内の職業紹介会社に、アルバイトとして勤務していたとの事。東京・歌舞伎町界隈で女性のスカウトをしていたとの情報もある。今年2月、売春に関与したとして職業安定法違反の疑いで茨城県警に逮捕され、水戸地方裁判所土浦支部で今年5月29日、懲役1年2カ月、執行猶予3年の判決が確定しているとの事。

5)「9人とはツイッターを通じて知り合い、会ったその日に自宅に連れて行き、殺害した」と供述。
「自殺を手伝うという名目で誘い出していた」「同意がないまま殺した」という内容の供述をしている。

6)まず首を絞めて気絶させていたといい、殺害後に金品も奪っていた。多いケースで約50万円を持っている被害者もいたと説明しているとの事。
「いずれも首を絞めて気を失わせた後で殺害し、遺体を切断した」と供述したとの事。

7)10月24日から行方不明になっている東京都八王子市の女性(23)については、女性の「一緒に死んでくれる人を探している」というツイートに対し、「1人で死ぬのが嫌なら一緒に死にましょう」などとメッセージを送って誘い出していたとの事。

8)遺体は自宅の浴室で解体したという。室内からはのこぎりが見つかっている。「最初の遺体の処理には3日かかったが、次からはもっと早くできるようになった」という供述もしているとの事。

9)頭部をクーラーボックスに入れていた理由については「捨てにくく、処置に困ったから」などと供述しているとの事。

10)警視庁捜査1課によると、24日から行方不明になっている東京都八王子市の女性(23)の兄が、ツイッターなどで情報提供を呼びかけたところ、別の女性が「相手の男に心当たりがある」と兄に名乗り出たとの事。ツイッターで自殺を持ちかける手口などが男と酷似していたとの事。

兄から「こんな情報提供をしてくれた女性がいる」と相談を受けた高尾署の捜査員は30日、この女性の協力を得て男をおびき寄せることにした。男は待ち合わせ場所に現れた。その人物が同容疑者だったとの事。

捜査員が追尾を続けると座間市内のアパートに行き着いた。捜査員は同日午後4時半ごろに任意の事情聴取を求めた。同容疑者のアパートの室内を捜索すると、遺体が見つかったとの事。
捜査員は、容疑者が、座間市の自宅の部屋に入った直後に、行方不明の女性について尋ねたところ、容疑者は、「殺しました」と犯行を認めたうえ、「クーラーボックスの中」と話し始め、今回の事件が発覚したとの事。

11)実家近くの住民らによると、容疑者は両親と妹と4人家族。数年前に母親と妹が別居し、実家には父親が1人で暮らしていたとの事。近所の男性(83)は「父親は自動車関連の自営業で(容疑者が)時々戻って手伝いをしており、2カ月ほど前にも帰ってきていた。」と話したとの事。

10年ぐらい前に母親が都内の学校に進学した妹と一緒に座間の自宅を離れ、母と妹は都内で暮らしたとの事。
その頃、容疑者も実家を出たとの事。

12)元同級生の女性によると、容疑者は高校時代、周囲に「自殺するために睡眠薬を大量に飲んだ」と話したこともあったとの事。

13)10月26日には女性の兄を名乗る人物が投稿。10月23日に「とあるユーザーに妹がDMで連絡した」という。その相手を「妹が希望する練炭自殺を未遂になる可能性があるからと首つりを提案した人でした。妹はその時もやはり怖くなり会話を切り上げた」とし「トントン拍子で話は進み、その4時間後に駅で合流してしまったみたいです」としたとの事。

14)9人のうち7人はインターネットなどで知り合った女性で、2人は知人のカップルだったと説明しているとの事
15)容疑者の部屋のクーラーボックスなどに入れられていた骨は肉をそぎ落とされていたが、頭部は切断されただけの状態で保管されていた。容疑者は「肉などと同様、頭部も捨てたかったが、発覚を恐れて捨てられなかった」などと説明しているとの事。

16)容疑者は、2017年8月に現場のアパートに引っ越してきたが、容疑者は、「引っ越してきてから、初めて殺した」と供述しているとの事。

17)兄が24日、同庁高尾署に捜索願を提出。警視庁が捜査を進めると、妹が男(後に容疑者と判明)と一緒に歩いている姿が防犯カメラに映っていたが、同庁は、この男を特定することはできなかったとの事。

18)容疑者と2、3ヶ月同居していた女性の証言、当時、池袋、新宿などで女性を水商売に斡旋するスカウトマンの仕事をしており、女性は同容疑者と「池袋駅西口駅前でスカウトされた」ことから知り合ったとの事。

女性によると容疑者は「お金持ちだよ。金にも困っていない」と言っていたとの事。
さらに「学校の教員になりたいと言っていて、教師の資格を取ったとか勉強していた」という。
性格は「温厚で優しい。ずっとニコニコしていた」と明かし「普通の人より異常に優しい。優しすぎて怖かった」と証言していたとの事。

別の知人女性は性格を「すごい固い」と明かし「あごを整形したって言っていた」と告白していたとの事。

19)実家近隣の住民は1カ月ほど前、容疑者の父が「息子に彼女ができたんだ」とうれしそうに話していたと話したとの事

20)容疑者(27)は東京の新宿・歌舞伎町で風俗店のスカウトをしていたこともあったというが、街頭でのスカウトよりも、“ネットスカウト”を中心に行っていたとの事。現在、各地の条例により、路上でのスカウトが禁止になっている。

21)事件のあった部屋からは「異臭を感じた」との声が近隣住民から上がっているが、保健衛生を担当する健康づくり課の職員は「苦情や情報は市には寄せられていなかった」としたとの事。

22)捜査関係者によると、容疑者は今年6月ごろ、自身の父親に「生きていても意味がない」「何のために生きているのか分からない」などと打ち明けていたとの事。
精神的に不安定な様子がうかがえるようになり、周囲に「死にたい」「生きていても意味がない」などと語っていた。実際に飛び降り自殺をしようとしたこともあったとの事。

23)11月1日容疑者の身柄を東京地検立川支部に送検した

24)捜査関係者によると、容疑者は8月22日にアパートに入居した。そのころ1人の女性とツイッターを通じて知り合ったという。容疑者は女性を誘い出して殺害しようとしたが、女性の交際相手の男性も一緒に付いてきたため、断念。その日は3人で酒を飲みに行った。数日後、容疑者は女性だけを呼び出して殺害。この女性が最初の犠牲者との事。その後、男性が女性の所在を確かめに来たため、アパートに招き入れて殺害した。「(女性が)行方不明であることを警察に届けられたら、自分が疑われると思ったので殺害した」と供述しているとの事。

25)れまでの調べで、容疑者がツイッターを使って自殺志願者を探し、誘い出していたことが分かっている。容疑者はツイッターで複数の匿名アカウントを使っていたとの事。被害者の中にも匿名のアカウントを使っていた人もおり、「名前を知らないまま殺害した人もいた」「全員会ったその日に殺害した」などと供述しているとの事。

捜査関係者によると、容疑者が事件後、使用していたアカウントを削除していた形跡があり、証拠隠滅のためとみられるとの事。

26)東京・歌舞伎町(新宿区)。この街で容疑者を見かけると書き込んだ人は、容疑者の実名と顔写真を投稿し、「色々な人を裏切ってます」「裏でいろいろやってます」などと非難。今年1月から5月まで、同じ内容を繰り返し書き込んでいたとの事。

27)容疑者は茨城県警に逮捕された当時、東京・池袋の繁華街に近い賃貸マンションに暮らしていた。深夜に近くのラーメン店に一人で立ち寄る姿も数回目撃されていたとの事。

28)捜査本部などによると、同容疑者は9人を殺害した後、衣類や所持品を廃棄。財布は現金だけを抜き、被害者の名前が刻印されているカード類には手を付けなかったとの事。容疑者が、現金以外の被害者の所持品を家庭ゴミとして捨てたと話しているとの事。

29)「9人のうち、10代後半が4人、20歳くらいが4人、20代後半が1人」と供述している。
容疑者は、「8月に1人、9月に4人、10月に4人を殺害した」と供述している、女性8人全員に対して「暴行した」と話しているとの事。

30)室内から、ロープと結束バンド、千枚通しが押収されていた。捜査関係者によると、包丁2本、キッチンばさみ、のこぎり、キリが押収された。いずれも血痕がついていたとの事。

31)立川簡裁は11月1日、死体遺棄容疑で逮捕された無職容疑者(27)について、10日まで10日間の勾留を認める決定をした。

32)司法解剖の結果、2人の首に絞められたような痕があることも判明した。このうち1人はのどの骨が折れ、もう1人は首を絞められた際に出現する目の出血が確認されたとの事。ただ、いずれも窒息死とは断定できないとの事。司法解剖の結果、2人が死後1週間から2週間程度、7人が死後1か月から数か月たっていたことがわかった。

33)容疑者は、9人全員を殺害したと供述する一方で、「1人目と2人目、9人目は殺したが、3人目から8人目は、よく覚えていない」などと、あいまいなことも話しているとの事。
容疑者が、「3~4人目以降は殺すことに慣れて、どんな人か覚えていない」と供述しているとの事。

34)容疑者(27)と、2016年の夏まで交際していたという女性の話。
2人が交際していた期間は、およそ半年間。元交際相手は「わたしが掃除をするときに、一部分だけ掃除をしてなかったときがあって、それを、彼が帰ってきたときに、『してないんだ』みたいな。最初は優しかったけど、あとから無視されたり、部屋のすみでずっと下向いて携帯いじってて、話しかけても、ずっと1日中無視されてました」と話したとの事。
「別れる前くらいに、スカウトなのに女の子の悪口とか、1日中悪口ばかりで、イライラしてましたね。ちょっと怖くなって、嫌だなと思って、別れたいと言いました」との事。

35)容疑者とSNSで交流していた女性によると。容疑者に何度も家に誘われ、「殺したい」と言われたと証言しています。
「私が本当に病んでいたとき、一緒に死にたい方を募集しますとツイッターに書き込んだら、彼から反応が来て、一緒にどうですかということと車と薬を持っていますというのが送られてきて話をするようになった」
「何度も何度も会いたいと言っていて『家に来る?』という話もあった。最初は一緒に死にたいとか言ってて、何度も早く死にたいと言っていたのだが、途中から急に“殺したい”みたいなことを言い始めた」

36)容疑者(27)が、ツイッターの投稿のうち古いものは削除したと話しているとのこと。

37)容疑者が使っていたのは「死にたい」と「首吊(つ)り士」というハンドルネームのアカウント。それぞれ8月と9月に開設された。同容疑者は複数のアカウントを使い分けていたとされ、その一部とみられるとの事。

投稿では「自殺する前に友人や家族へ連絡することはNG」などと書いていた。家族らと断絶させることで、志願者が自殺を思いとどまるのを防ぐ目的があったとみられるとの事。

38)関係者によると、容疑者は複数のアカウントを使用しており、八王子女性が閲覧していたとみられるのはそのうちの一つ。投稿は、現場アパートに引っ越してから3日後の8月25日に《消えてしまいたい 全部忘れたい》との内容で始まる。
その後、9月に入っても、《自殺募集》や《社会に適合出来る自信がない もう死ぬしか》などのほか、《過去を思い出して後悔して頭痛と腹痛 忘れたい 死にたい お願いします》と書き込みが続いていた。

同じような趣旨の書き込みが繰り返され、最後は9月22日の《もう少し》という内容で終わっているとの事。

39)捜査関係者によると、容疑者は当初「週に1度ほどのペースで殺害した」などと供述。

40)容疑者(27)の部屋からは、およそ240本の骨が見つかっているが、司法解剖の結果、これらは9人分の骨にあたるとの事。
また容疑者は、「9人全員を殺害した」と供述していて、10人目以降の被害者について言及していないことから、被害者は9人にとどまるものとみられているとの事。

時系列を更新
時系列
中学卒業まで   現場から2、3キロの座間市内の実家で家族と暮らしていた。
2006年中学卒業後 県内の高校に進学した。部活はせず
2008年01月下旬から
2009年03月まで(高校卒業) スーパーの総菜コーナーで週に2回、アルバイトをしていた。
2016年夏     ここまで半年間、女性と高裁していた
2017年(27歳)
02月       売春に関与したとして職業安定法違反の疑いで茨城県警に逮捕
05月29日     懲役1年2カ月、執行猶予3年の判決
06月13日     刑が確定
06月頃      容疑者の父親に「生きていても意味がない」「何のために生きているのか分からない」などと打ち明けたとの事。
08月22日     容疑者が遺体の発見された部屋に引っ越す
08月下旬     カップルを殺害
09月20日     「自殺募集」「死にたいけど一人だと怖い。だれか一緒に死んでくれる方いましたらdmください」。八王子市の女性(23)のツイッターに書込
10月始め頃    容疑者の父親が息子に彼女が出来たと話す。(9or8月の可能性も有り)
10月21日18:30頃 不明女性が自宅で職場の職員と面会
10月23日     八王子の女性がDMで容疑者に連絡
その4時間後合流 駅周辺の防犯カメラに不明女性が男と一緒にいる姿が映る
10月24日     女性の兄が警視庁高尾署に行方不明者届を出す
10月30日16:30頃 警視庁が男のアパートで2人分の頭部を発見。
その後      容疑者の身柄を確保、任意の事情聴取をする
10月31日     警視庁は男のアパートで計9人分の遺体を発見したと発表
10月31日     男性容疑者(27)を死体遺棄の疑いで逮捕
11月01日     送検

こんなところですね。
ごめんなさい、時間切れです。今回はここまでにします。

参考リンク
神奈川県座間市9名バラバラ事件
神奈川県座間市9名バラバラ事件その3(続報)

|

« 福岡県福岡市西区19歳女性予備校生殺人事件その4(一審判決) | トップページ | 千葉県市川市大野町子猫斬首事件 »

コメント

ここまでの情報だと、犯罪者的傾向は多少あるにしてもそれ程異常な人間に見えなかった人が、この秋いきなり殺人鬼に変身したかのように見えますね。
写真から伝わる雰囲気や報道される犯人の経歴から受け取れる人物像と、アパートの一室から9人分の頭部が発見されたという事実がどうもピッタリ合わない。しっくりこない。多分 そのせいで、組織犯罪ではないか?臓器売買と関係あるのでは?と言う説が出て来ているのだろうと思います。
この先何か彼が徐々に殺人鬼として目覚めて来てしまった軌跡が見えるような報道が出るのかもしれないです ね。
私が気になっている点は、彼の実家の一部に窓のカーテンが閉まったままで中が見えない部屋がある。という報道。そして父親が息子の引っ越しをやけに急いでいた という点。父親は何か見つけたんじゃないかと思うんです。もちろん、それが人の頭部だったりしたら流石に警察に通報するでしょうが、猫の一部だったり、何かゾッとする物を息子の部屋から発見したのかもしれない…と思っています。

投稿: まーぷる | 2017/11/03 14:20

流石常連のまーぷるさん良い線ついてます。

父親がカーテンで閉ざされた息子の部屋で見たものは、親子の縁を切るに相応しい物だったかも知れません。

独立後、逆に親に反抗する意味で加速したから短期間で多くの被害者出したのかも?
それか思いきり羽根伸ばした結果とも取れます。

それらの事から三人で運んだクーラーBOXは実家から持ち出したのかな?

津久井やまゆり園の加害者も一人暮らしでしたね、実家で。

投稿: テキスタイル | 2017/11/04 00:17

今年の2月に組織犯罪処罰法違反で逮捕された時の住居は東池袋になっています。そこから、一度座間市の実家に引っ越して、8月にこのアパートに慌てて?引っ越して来たようです。実家とアパートは2.5キロほどの距離だそうです。違法なコトをして逮捕された息子を実家に引き取ってやるような優しいと言うか甘いお父さんでも慌てて追い出したくなるような何かがあったんでしょうね。

投稿: まーぷる | 2017/11/04 12:26

皆さんにとってもシリアルキラーとは、最初は間隔を空けて事件を起こして(起)、段々と間隔が短くなり(承)、一旦事件を起こさなくなって(転)、その後無警戒に集中して事件を起こして発覚(結)、とゆうパターンのストーリーのイメージがありませんか?
その点この事件では、起承転を飛ばして結だけのストーリーのイメージがあることに違和感を持つ人が多いのではないでしょうか。その事が色々な憶測を呼んでいるのでしょう。
取り調べが進んで、その違和感が払拭されると良いのですが。

投稿: | 2017/11/05 03:29

報道される情報が増えるにつれてシリアルキラーの要素が薄まり、完全犯罪を狙った強盗殺人の可能性が濃くなっているように感じます。

機械的に殺害し金品を強奪し遺体を処理する…金品目的としては非常に効率の悪い方法ですが、逮捕のきっかけとなったTwitterでのやり取りの確認ができていなかったら、被疑者特定は困難となりもっと犠牲者が増えていたでしょう。たとえ身内でもアカウントのIDやパスワードを知っている例は非常に稀だと思いますので。

ただ金品目的にしてはどう見てもリスクリターンに見合わない年齢層の犠牲者がいるのと、逮捕後の被疑者の饒舌さ…彼は一体何がしたかったんだろう…

投稿: 犯罪史に残る事件 | 2017/11/05 10:33

当初9名が犠牲と聞いて、組織的犯罪をイメージしたものの、その後の報道からすると、理解しがたい犯罪のようです。父親も聴取されるのでしょうか?まだ未公開の事実がありそうです。これまでに聞いたことがない極めて珍しい事件に思えてしまいますが、被害者に女子高生が3名。これは金目当てなんかではない。

投稿: 極めて稀な犯罪 | 2017/11/05 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡県福岡市西区19歳女性予備校生殺人事件その4(一審判決) | トップページ | 千葉県市川市大野町子猫斬首事件 »