« 2017年11月 | トップページ

2017/12/12

大阪府堺市エアガン猫虐待事件

12月12日、他人の飼い猫に向けてエアガンを撃ったとして、大阪府警は堺市西区の会社員の男(38)を動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検し、発表する事件が起きている。

「以前にエサをやったときに猫に指を引っかかれ、仕返しするためにエアガンで撃った」と容疑を認めているとの事。

住之江署によると、男は11月24日午後1時半ごろ、大阪市住之江区の住宅の駐車場で放し飼いにされていた猫にエアガンを発射し、虐待した疑いがある。男は「びっくりして逃げていくのが楽しかった」と供述しているとの事。
命中したかどうかは不明で、猫にけがは確認されていないとの事。

飼い主の男性が先月、車の運転席から男が猫に向けてエアガンを撃つ様子が映った防犯カメラ映像をツイッターに投稿し、批判が広がっていたとの事。
映像には、黒色の乗用車に乗った男が運転席からエサのようなものを投げ、その後、猫が寄ってきたところでエアガンを発射する様子が映っていたとの事。

こんな事件ですね。
犯行の様子が防犯カメラに写っていたので、警察としても捜査しやすかったのかもしれませんね。

動機が「以前にエサをやったときに猫に指を引っかかれ、仕返しするためにエアガンで撃った」と言う事のようですが・・・額面通りに受け取って良いのか?は微妙なところです。

猫に引っかかれた事のある人間なんて沢山いますが、それの仕返しを考える人と言うのは私は初めて聞きましたね。

このあたりはただの言い訳で、実際には憂さ晴らし、ストレス解消、娯楽の一部と言うあたりではないか?と感じますけどね。
このあたりは、本人にしか分からない事なので、断定はできません。

38歳と言うと、仕事ではベテランの領域でしょ?結婚していれば子供の一人ぐらいいてもおかしくない年齢です。

こんな事していても、自分にとって何も得になる事はありませんから、まともなストレス解消方法でも見つけて、こんな事が起きないように反省してほしいですね。

で、撃たれた猫が駐車場で「放し飼い」の猫と言うのがちょっと気になる部分ではありますが・・・

| | コメント (0)

2017/12/11

東京都富岡八幡宮女性宮司殺害事件

12月7日(木)20時25分ごろ、東京都江東区富岡2で「刃物を持った女がいる」との通報有り。

警視庁深川署員が駆けつけると、近くの富岡八幡宮の敷地内やその周辺で、男女4人が刃物で切られるなどしているのが見つかり、病院に搬送された。このうち3人が死亡し、男性1人が重傷を負った事件が発生している。

死亡したのは富岡八幡宮宮司の女性(58)と弟で住所職業不詳の男性容疑者(56)、一緒にいた容疑者の妻(49)。

捜査関係者によると、宮司の女性が運転手の男性と車で帰ったところ、男性容疑者と一緒にいた容疑者の妻に切りられたとの事。

女性宮司は意識不明の状態で病院に搬送されたが、死亡が確認されたとの事。
運転手の男性も右腕を負傷したが命に別条はないとの事。

男性容疑者は直後に妻の腹などを刺して殺害し、自身の胸と腹を刺して自殺したとの事。現場には血液のついたサバイバルナイフと日本刀が落ちていたとの事。

神社の氏子らによると、宮司職をめぐって姉弟間でトラブルがあった。女性宮司は2010年ごろに宮司を名乗ったものの、怪文書をまかれるなど嫌がらせを受けていたとの事。

富岡八幡宮の神輿の巡行を取り仕切る神輿総代の男性は今年8月男性容疑者から電話を受けたとの事。

男性容疑者は泣きながら女性宮司の悪口を言うなど精神的に不安定な様子だったという。これを聞いた女性宮司は「ごめんなさいね」と謝っていた。男性は「宮司は氏子や街のことを一生懸命に考えてくれる人だった。八幡宮の運営がどうなってしまうのか心配だ」と話したとの事。

捜査関係者によると、男性容疑者は2001年に宮司を解任され、女性宮司は02年、警視庁に「宮司の地位を巡る親族間のトラブルがある」と相談していたとの事。
男性容疑者は06年1月、女性宮司を脅すような内容のはがき2枚を送りつけたとして脅迫容疑で逮捕、起訴されていたとの事。

運転手の男性(33)を男性容疑者の妻が約100メートル追いかけて別の日本刀で切りつけた。

この後、男性容疑者は女性宮司の自宅前で妻を刺し、その後自殺したとみられるという。女性宮司は胸などを刺され、男性容疑者も左胸3カ所に刺し傷があった。妻も胸や腹などを刺されていた。

女性宮司が襲われた場所には真ん中から折れた刀が落ちていた。
男性容疑者が自殺したとみられる現場にも、別の短い日本刀とサバイバルナイフ2本があった。警視庁は、男性容疑者と女が計画的に女性宮司を襲った疑いがあるとみている。

付近の防犯カメラには、男性容疑者と妻が物陰に隠れている姿が映っていた。2人は神社前の路上で車を降りた女性宮司を日本刀(刃渡り約80センチ)で襲撃したとの事。

富岡八幡宮の関係者によると、男性容疑者は父親に代わって宮司になった(1995)が2001年5月ごろ、金銭問題などを理由に職を追われた。父親が再び宮司に就き、10年ごろから女性宮司が宮司の代務者として跡を継いだ。しかし全国の神社を統括する宗教法人「神社本庁」が宮司就任を承認しなかったため、八幡宮は今年9月に同庁を離脱。女性宮司は正式に宮司に就任したとの事。

男性容疑者は、神社が離脱の手続きを進めていた7月ごろ、50代の氏子の男性に「離脱すれば神社がおかしくなる」などと言い、危機感を持っている様子だったという。男性は「女性宮司が宮司に就任したことで、復帰の道が閉ざされたと考えるようになったのではないか」と話したとの事。

司法解剖の結果、女性宮司の死因は首や腹を深く刺されたことによる失血死と判明。警視庁は男性容疑者らが強い殺意を抱き、複数の刃物を準備したとみているとの事。

捜査関係者によると、周辺の防犯カメラ映像などから、男性容疑者らは神社敷地内の女性宮司の自宅付近で、1時間ほど建物の陰に隠れて女性宮司の帰りを待っていたとみられるとの事。

容疑者(56)=犯行後に死亡=が犯行直前に投函したとみられる手紙が、全国の複数の神社に届いていたとの事。女性宮司への恨み言が書き連ねられており、「死んでもこの世に残り、たたり続ける」などと死を覚悟したような記述もあったとの事。

手紙は、A4の紙にパソコンなどで書いたとみられる文章8枚。手紙の最後には男性容疑者の自筆とみられる署名があり、血判のようなものが押印されていた。消印は今月で、関東や関西を含む複数の神社に12月9日、郵送で届いたとの事。

男性容疑者は手紙で「約30年にわたる家の内紛について、真相をお伝えします」などとして、神社の運営や相続をめぐる親族間のトラブルを告白。自らが宮司の座を追われたことについて「クーデターが画策された」などとし、関係者に対して女性宮司を神社から追放し、自分の息子を宮司に迎えることなどを要求。「実行されなかったときは、死後においてもこの世に残り、たたり続ける」などと記していたとの事。

司法解剖の結果、男性容疑者(56)の妻(49)の死因は、左胸を刺されたことによる出血性ショックだったとの事。

同庁幹部によると、男性容疑者と妻(49)は7日夜、同八幡宮敷地内にある富岡さん宅近くの物陰で待ち伏せし、帰宅した女性宮司が車から降りた直後に襲いかかった。

女性宮司は車の助手席に逃げ込んだが、男性容疑者がドアを開けて車外に引きずり出した。その後、路上に倒れた女性宮司に日本刀を振り下ろしたとの事。襲撃の一部が防犯カメラに映っていたとの事。

容疑者名の手紙が、地元の深川警察署長宛てにも届いていたとの事。届いたのは事件後の9日。同庁は、内容が詳細なことなどから、男性容疑者が事件直前に郵送したものとみて、鑑定を進める。

捜査1課によると、これまでの捜査で、手紙は深川署長や総代の自宅など23カ所に郵送されていたことが確認された。いずれもA4で8枚だったとの事。

こんな事件ですね。
八幡宮と言う有名な神社が舞台となった事件の為にマスコミが大きく取り上げていますが、冷静にみれば、家庭内のトラブル、どちらかと言うと相続トラブルに近いのかもしれませんね。

ここまで問題がこじれてしまったのは、容疑者側の狭量が原因なのだろうか?と妄想するわけです。

狭量と言うのも語弊があるかもしれません。
なんていうか、身内同士でいがみ合わずに、例え宮司にならずとも、No.2の立場で十分においしいところはいただけたのではないか?と思うんですよね。
No.2ではダメだったのかな?と言うのが疑問な部分です。

No.2あるいはNo.3を許容できれば、自分の息子もそのチームの中に入って、将来が約束されるわけで、結局、宮司と言うNo.1の座に拘った為に起きた事件なのでは?と思うわけです。

そもそも、宮司職を実質的に剥奪された理由が本当なら、身から出たサビと言うあたりですよね。

それでも、宮司を退いた後も、八幡宮内部で実績、実力を示せば、将来的に復帰する事も可能だったかもしれませんよね?

理由が分かりませんが、宮司剥奪から実質的な追放となってしまった為に、自暴自棄になってしまったんでしょうが・・・

事件の表面だけを見れば、恨みを晴らして、夫婦が無理心中をした事件ですよね。

ただ、容疑者の妻は犯行に積極的に参加しているんですけど・・・自分の意志だったのかな?と言うのも疑問だったりします。

まー長い間、夫婦生活をしていたのだから、ここまでの経緯は知っているし、なんて言うか落ちぶれていく夫の姿や夫婦の生活も見ていたので、そこには共感や同情などはあったかもしれませんが・・・冷静になればまったく意味が無いと言う事に気付いたと思うんですけどね。

夫の方は当人だから、頭に血が昇って感情的になっていたかもしれないけど、妻は、直接そのトラブルに関係しているわけでは無いと思うんですが・・・冷静でいる事はできなかったんでしょうね。

あと、驚いたのが「祟ってやる」が脅し文句になるんですね。
まーもともと、そういう仕事なので、やはり超常的な体験などあるのかな?

実際、成田空港の祟りの鳥居など有名な祟りの話はあるので、信心深い人には効果があるのかもしれませんね。

「人を呪わば穴二つ」と言う言葉を地で行くような事件です。

| | コメント (0)

2017/12/08

奈良県生駒市小2息子の同級生女児殺人未遂事件

自宅に来ていた息子の同級生の小学2年女児(8)を包丁で刺したとして、奈良県警生駒署は12月7日(木)、同県生駒市鹿ノ台南2、パート従業員、女性容疑者(41)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕する事件が起きている。

女児は胸など数カ所を刺され、重傷の模様。救急車で運ばれる際には受け答えが可能な状態だったとの事。

逮捕容疑は7日(木)午後4時10分ごろ、自宅で女児を複数回、包丁で刺したとされる。
同署によると、この家から「包丁で刺した」と119番通報があり、同署員が駆け付けたとの事。
現場にいた容疑者が刺したことを認めたとの事。

別の報道では
容疑者本人から、「子どもが、けがをしている」と119番通報があったとの事。

現場は近鉄けいはんな線・学研奈良登美ケ丘駅から北西約1キロの新興住宅地の中の民家。

事件当時、家には、2人のほかに、容疑者の息子がいたが、女の子が刺された当時、息子は現場にはおらず、犯行の様子は見ていなかったとの事。

救急隊が到着した際、女の子は1階の台所で倒れていて、そばには血だまりがあったとの事。

現場からは、血のついた包丁が見つかっていて、警察の調べに対し、容疑者は「刺したことは間違いありません」と話しているとの事。

近所の住民の話によると、容疑者は、最近引っ越してきたとの事。
「(容疑者は)最近ここ1か月くらい前に、あの家に引っ越してきたばかり。あいさつとかもなかった」(近所の人の証言)

こんなところですね。
事件から1日しか経過していないので仕方が無いのかもしれませんが、情報が少ないですね。
とりあえず整理すると

1)自宅に遊びに来ていた息子の同級生の女児(小2、8歳)を息子の母親が包丁で刺した。
2)刺した母親本人が119番通報し、刺した、怪我をしていると通報している。
3)刺されたのは台所と思われる(救急隊が駆けつけた時の状況から推定)
4)犯行当時、息子は別の場所にいた。
5)母親はパート従業員(41歳)

知りたい情報は
A)家族構成、父親が居るのか?それともシングルマザーか?
B)精神科への通院歴などがあるのか?
C)なぜ、この日、女児が遊びにに来ていたのか?近所なの?
D)女児と息子は仲が良いのか?一緒に遊ぶ頻度はどの程度なのか?
E)引っ越してきた理由は何か?

えーと、常識的に考えれば、他人の子供を刺したり暴行したりすれば、大きな問題になるので、よほどの理由が無いとそんな事は出来ないと思う。

で、自分で救急車を呼んでいるので、殺意があったわけでは無いと思います。
つまりは、一時的に感情的になって、咄嗟に刺してしまったとか、あるいは、自分を制御できない状態(メンタルや脳の問題)で刺してしまったが、正気に戻ってから、血まみれの女児を見て、通報した。みたいな感じなのかな?

いずれにせよ、真実を知るのは容疑者のみです、幸いにして女児は命に別状が無いようなので、回復後に話しを聞けるかもしれませんね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2017/12/04

沖縄県うるま市女性強姦殺人事件その3(一審判決)

一審判決は無期懲役(求刑無期懲役)です。

1)裁判長は、争点だった殺意を認定した上で、「動機は身勝手でおよそ酌量の余地はない」と述べ、求刑通り無期懲役を言い渡したとの事。

2)弁護側は、女性が首を刺されたことは、解剖結果などからも立証されていないと反論。殴ったのは1回だけで、首を絞めたことも「強姦目的で死ぬほど絞めるはずがない」と殺意を否定したとの事。
被告の逮捕後の供述については「動揺、混乱があり、不正確」とし、女性が被告と草むらに倒れた際、頭を打って死亡した可能性があると主張していたとの事。

3)裁判長は、被告が被害者が死亡する危険性が高いと知りながら、ナイフで複数回刺すなどしたと指摘。被害者は一連の行為の結果、死亡したとし、被告は女性を乱暴しようと考え殺人に及んだと認めたとの事。

4)「後頭部を殴打し、首を絞め、首の後ろ付近を刺すという危険な暴行を、死亡するまで続けた。人の命を大切に思う気持ちが少しでもあれば、途中でやめることができたはずだ」と批判。「被害者には何の落ち度もなく、無念さは計り知れない」として、刑事責任は重大だと指摘、無期懲役より軽い刑を科す理由はないとしたとの事。

5)検察側は被告が逮捕後に首付近を刺したと認めた点も「不利益な供述をしており、十分な信用性がある」と主張したとの事。

6)裁判長は「スラッパーと呼ばれる打撃棒で被害者の後頭部を殴り、首を絞め、首の後ろをナイフで数回刺したとする逮捕当日の自白は信用できる」としたうえで「殺害を積極的に意図していたとは認められないが、死亡させる危険性の高い行為を認識しながらあえて実行しており殺意は認められる」として殺人罪を適用したとの事。

7)量刑については「ウオーキングをしていた被害者に何の落ち度もない。成人式を終えたばかりで命を奪われ、ほぼ白骨化した状態で発見された。無念さは計り知れず、両親が極刑を求めるのは当然」と指摘。一方で「同種事案との公平の観点から死刑を科すべき特別な事情はない」として無期懲役が相当としたとの事。

8)「被告人を無期懲役に処する」。裁判長から主文を聞い被告は表情を変えることはなかった。その後、判決理由が説明される間は弁護人の横に座り、左手でほおづえをついたまま終始無表情だったとの事。

9)判決後、被害者の父親は代理人弁護士を通じてコメントを発表。
「私たちは極刑を願い、真実を知りたくて裁判に参加しましたが、願いがかなうことはできませんでした。娘は痛み、苦しみの中でこの世を去りました。娘の無念を思うと死刑しか考えられません。遺族には殺した人数や前科とかは関係ないのです」と悔しさをにじませたとの事。

また、被告人質問で黙秘を続けた被告には「被告は自分を守り、本当のことを話しませんでした。反省もみられず、平然としていました。被告には真実を述べてほしかった。私たちと娘に謝ってほしかった。被告を許すことはできません」と指摘。「私たちは日々悲しみ、苦しみの中にいます。それは生きている限り続くのでしょう。これからも娘を思い供養していきます」と記したとの事。

こんなところですね。
まー予想通りの判決と言うところでしょうか。

「頭を打って死にました」と言う主張は普通に不自然ですし、仮にそうだったとして、なぜ、救命措置をしないの?
って事ですよね。そこには死亡してもかまわないと言う未必の故意が伺えます。

多分、控訴するでしょう。それはそれで、今後の話ですが・・・
問題はこの事件の再発防止をどうするのか?と言う事ですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
沖縄県うるま市女性強姦殺人事件その2(沖縄県における犯罪抑止対策推進チーム)

| | コメント (1)

« 2017年11月 | トップページ