« 和歌山県田辺市女児スプレー通り魔事件 | トップページ | 大阪府寝屋川市16年監禁死亡事件 »

2017/12/28

大阪府箕面市4歳児虐待死事件

12月25日(月)未明、大阪府箕面市で4歳の男児が死亡する事件が起きている。
全身にアザがあり、警察は殺人容疑で3人を逮捕した。

逮捕されたのは母親(26)と交際相手の無職男性M容疑者(24)、知人の無職O容疑者(20)を殺人容疑で逮捕したとの事。

男児には全身に数十カ所のあざがあり、3人は「日頃から暴力を振るっていた」と供述。府警は激しい虐待が繰り返されたとみている。

殺人の疑いで逮捕されたのは、母親の女性容疑者と交際相手で無職の男性容疑者ら3人。警察などによると、3人は24日(日)夜から25日(月)午前2時までの間にかけて、箕面市粟生間谷(あおまたに)西2丁目の「UR都市機構箕面粟生第3団地」で、女性容疑者の長男(4)を殴るなどの暴行を加えて、殺害した疑いがもたれているとの事。

長男の全身からは、打撲の痕が多数見つかっているとの事。

女性容疑者は「以前は殴ったりしたことはあるが、今回は暴力を振るっていない」と容疑を否認。

長男は、目の周りや腹に強く殴打されたあざがあり、司法解剖の結果、外傷性の腹内出血が死因だった。女性容疑者は「(今回の事件では)私は暴力を振るっていない」と容疑を否認。男性容疑者ら2人は暴行を認め、「しつけで素手で殴った。もしかしたら死ぬかも知れないと思った」と話しているとの事。

男性M容疑者は1カ月ほど前から、知人の男性O容疑者とともに、現場の一室で女性容疑者と長男、次男(2)と5人で暮らすようになったとの事。

弟にもあざができていたという。女性容疑者は、男性容疑者Mらが教育だとして息子2人に暴力を振るっていたと説明。今回の暴行について、「いつもよりきつかった」と話しているとの事。

 大阪府池田子ども家庭センター(児童相談所)は、2016年5~6月に2回、当時は同府池田市に住んでいた長男と弟(2)についてネグレクト(育児放棄)の疑いで通報を受けた。兄弟を一時保護し、親族の支援が得られるとして母親の女性容疑者(26)のもとに帰したという。

 同府箕面市に転居した後の今年1月にも「子どもの泣き声や母親の怒る声がする」と通報があった。センターの職員が自宅を訪ねて麻衣容疑者と話をし、その後、「一定の改善がみられた」として主な対応を箕面市に委ねたという。

箕面市教育委員会は12月25日、記者会見し、長男は5月に弟と市立保育所に入ったが、当初は1週間ほど通ってこなかったため、自宅を訪問したと明らかにしたとの事。

7月ごろには、兄弟が風呂に入らず、あまり服も着替えていないことに保育所職員が気づき、8月には本格的に家庭訪問を開始。11月中旬から兄弟が姿を見せなくなり、12月9日に職員が兄弟に自宅で面会すると、弟のほおにあざがあったとの事。

女性容疑者は「階段から落ちた」と説明し、弟も「落ちた」と話したとの事。

箕面市は12月9日に次男(2)の顔に青アザがあるのを(保育所の職員が)確認していましたが虐待の疑いを通報しなかったとの事。

女性容疑者には長男のほかに2歳の次男がいて去年、「夜間に子供を連れ回している」「電気が止まっている」など育児放棄が疑われると児童相談所に通告があったとの事。

箕面市の担当者は、「ネグレクト(育児放棄)は、箕面市の方に要請があり、『中度』と記載をしている」と会見で述べたとの事。

箕面市は、去年9月に女性容疑者が育児放棄をしている疑いを把握し、家庭訪問を10回繰り返して対応を協議していたとの事。

長男の全身にあったあざが30か所以上にのぼるとの事。
(その後の報道では50か所との報道あり)
捜査関係者によると、あざは顔や腹、背中、手足など全身に残っていた。1か月以内に殴られたことで出来たとみられている。骨折の痕はなかったとの事。

府警が保育所の職員らに事情を聴いたところ、連絡なく休み始めた11月中旬までは目立ったけがは確認されなかったとの事。

府警は26日午後、3人を殺人容疑で送検するとの事。

警察によりますと、容疑者の1人は「長男がおもらしをしたから殴った」と話しているとの事。

こんな事件ですね。
この手の事件は以前からありました。
母親が子供に無関心で同居の男性が虐待しても、それを黙認してしまう。
お腹を痛めて生んだ子供に無関心に成ってしまう理由が何なのか?知りたいですね。

経済的な問題なのかな?

続報を待ちましょう。

|

« 和歌山県田辺市女児スプレー通り魔事件 | トップページ | 大阪府寝屋川市16年監禁死亡事件 »

コメント

大阪府箕面市の男児(4)が死亡した事件で、男児は死亡する直前まで約8時間にわたり断続的に激しい暴行を受けたとみられることが分かった。

男児が食事をこぼしたことがきっかけだったとの事。
大阪地検は同日、殺人容疑で逮捕された母親の女性容疑者(26)ら3人を傷害致死罪に切り替えて起訴したとの事。

ほかに起訴されたのは、
女性容疑者の交際相手の男性M(24)
男性M容疑者の知人の男性O(20)

の2被告。
起訴内容は昨年12月24日午後5時25分ごろ~翌25日午前2時10分ごろ、箕面市粟生間谷(あおまたに)西2の集合住宅の女性被告の自宅で、同居する男児の腹部に強い衝撃を与える暴行を加え、搬送先で腹腔内出血で死亡させたとされる。

地検は認否を明らかにしていない。殺意の立証が困難だったとみられ、地検は「捜査の結果、証拠内容を評価した」としているとの事。

捜査関係者によると、3被告は24日の暴行のきっかけについて大阪府警の調べに「食事をこぼしたため」と供述しているとの事。

男児の全身には約50カ所のあざが見つかっており、11月中旬に始まった同居後約1カ月間暴行が続き、死亡直前までエスカレートしていったとみられるとの事。

こんなところですね。
大の大人が二人で4歳時を袋叩きにした、きっかけが、食事をこぼしたから・・・
大人の幼児化と言うべきなんでしょうか?
それとも、子供のまま、体だけ成長してしまったと言う事かな?

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2018/01/16 21:08

続報です。

男の子は死亡する前日にも「しつけ」として一晩中立ったまま寝させられていたとの事。

去年12月、大阪府箕面市で男児(4)に暴行を加え死亡させたとして、母親の女性被告(26)と交際相手の男性M被告(24)ら3人が逮捕、起訴されました。捜査関係者によりますと、男児は死亡する前日にも「しつけ」として一晩中立ったままの状態で寝させられていたということです。女性容疑者は「M容疑者らが男児を片手で腕立て伏せをさせ、倒れこむと殴ったり蹴ったりしていた」とも供述しているとの事。

こんなところですね。
4歳の子供相手に何をやっているんだろう?と唖然としてしまいますね。
単純に暴力を楽しんでいますね。
立ったまま寝るなんて最初から無理な話だし、4歳児に片手で腕立て伏せと言うのも無茶な話でしょう。

それを分かっていてやっているのだから、単純に暴力で支配する事を楽しんでいるんでしょうね。

しかも、居合わせた母親がそれを黙認しているのではね。
何かもう、言葉もありません。
ただただ、ご冥福を祈るばかりです。

投稿: ASKA | 2018/01/25 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和歌山県田辺市女児スプレー通り魔事件 | トップページ | 大阪府寝屋川市16年監禁死亡事件 »