« 京都府八幡市内里砂畠子猫斬首事件 | トップページ | 福岡県北九州市29歳女性バラバラ白骨事件 »

2018/01/30

大阪府堺市5歳男児洗濯機窒息事故

大阪府警堺署は1月28日(日)、堺市堺区の会社員男性(32)方で、5歳の男児がドラム式洗濯機の中でぐったりしているのが見つかり、病院で死亡が確認される事故が起きている。

窒息死とみられ、同署は男児が自分で洗濯機に入り、閉じ込められたとみて調べているとの事。

発表では、27日(土)午後3時頃、男性が「息子が洗濯機の中で意識がない」と119番。男性は男児、妻(32)の3人暮らしで、妻は外出中だったとの事。
発見当時、洗濯機は動いておらず、蓋は閉じていたという。男性は「2人で2階の部屋で昼寝していた。目を覚ますと姿がなかった」と説明しているとの事。

洗濯機は1階にあり、高さ1メートル、幅73センチ、奥行き61センチ。

大阪府警堺署は29日、司法解剖の結果、死因は窒息死だったと明らかにした。

堺署によると、男児は27日正午ごろ、父親と一緒に昼寝。午後3時前、目を覚ました父親が洗濯機の中でぐったりしている男児を見つけた。死亡推定時刻は、発見される1時間程度前だったとみられるとの事。

洗濯機には、子どもが入らないよう扉を開かなくする「チャイルドロック機能」がついていたが、使われていなかったとの事。大阪府警堺署は男児が自分で入って閉じ込められたとみているとの事。

捜査関係者によると、男児の身長は約120センチで、前面の扉は直径46センチ。チャイルドロック機能は、特定のボタンを3秒間長押しすると、閉まっている扉が開かなくなる仕組みで、当時は使われていなかった。一方、扉が閉まると中からは開けられない構造だったとの事。

時系列
1月27日
12:00頃 父親と昼食後に一緒に昼寝
14:00頃 死亡推定時刻(窒息死)
15:00前 洗濯機の中の男児を発見。

こんなところですね。
安全と思える家庭の中にも、危険はあるんですよね。
浴室での溺死とか、車でも放置されて熱中症で死亡、高層マンションからの転落など、いろいろありますね。
その中でも、ドラム式洗濯機での事故と言うのは比較的新しいタイプの事故なんでしょうね。

2005年にも同様の事故があって、メーカーは対策をしていたし、今回事故の機種にもチャイルドロックがあったけど、使われていなかった。

やはり、また危険性が認知されていないんでしょうね。
あるいは、危険性を知っていても、つい油断してしまうのかもしれません。
うっかりミスと言う可能性もありますね。

洗濯が終わった後にチャイルドロックを手動でするわけだから、忙しい時など、そのままロックをし忘れてしまってもおかしくないと思います。

チャイルドロックは記憶式にして、設定オンの時には、開ける時に特定の操作が常時必要と言う方式の方が、うっかりミスをなくす事ができるでしょうね。
このあたりはメーカーの改善を期待したいですね。

時系列を考えると、男児は昼寝後1時間程度で目を覚ましていたんじゃないかな?
閉じ込められて、窒息するまでに少し時間があると思うんですよね。
目を覚まして、家の中で一人遊びをしていて、かくれんぼのつもりで洗濯機の中に入ってしまったのかもしれませんね。

家庭の中でも危険は有るので、夫婦や家庭の中で話合って、どんな危険があるのか、一度、棚卸しておくとよいかもしれませんね。

亡くなった男児のご冥福をお祈りします。

|

« 京都府八幡市内里砂畠子猫斬首事件 | トップページ | 福岡県北九州市29歳女性バラバラ白骨事件 »

コメント

悲しい胸が痛む事件です。
閉じ込められた男の子は開けようと必死にもがいたでしょう。
怖かったでしょうね…
どんなに暴れてもドアは開かないし、お母さん、お父さんも助けに来てくれない。
窒息するまで恐らく10数分はあったのかな。もしかしたら30分くらいかな。
その間の絶望感や苦痛を考えると大人でもたまりません。
気が狂いそうになります。
こういったある種のヒューマンエラーを撲滅するようにメーカーには頑張ってほしい。

投稿: たから | 2018/01/30 21:12

過去には廃車トラックの荷台から取り外した保冷庫の中に入って遊んでた男児が、出られなくなり死亡するケースが何件がありました。
それ以降各メーカーでは中から扉を開けれる(中から押すと外レバーに連動して扉が開くように改善)物しか製造販売は許可されないようになりました

スクラップ置き場も見た目の問題も踏まえ、囲い壁で場所も住宅街は許可されません。(以前は、ほったらかしでした)

そのお陰で街は随分住みやすくなりましたが、家庭内までは外部から指摘する事はできません。

タンブラー式の洗濯機は、いたずら坊主には、うって付けの高さにあります。日頃母親の側で見てて、いつか入りたいと感じてたかも知れません。寒い時期で暖かさや子宮に戻る居心地よさを感じたのかも知れません、子供は何をしでかすかはわからないものです。

先に述べた保冷庫のような扉式なら脱出できた可能性はありましたが、家庭用洗濯機では中の物が洗濯中に扉を開けてしまう率が高いようで致し返しのようです。

投稿: TS | 2018/01/31 22:05

たからさん、TSさん、こんばんは

たからさんへ
技術で防げる事は防げるように努力してほしいですね。
ただ、販売経路などで、古い商品が値引き販売される場合や中古品などと言う事はあるでしょうから、購入する側はもそれなりの意識が要求されるかもしれませんね。

TSさんへ
大人でも、大型冷蔵庫に閉じ込められて凍死した事故などもありますね。

子供の頃、狭いところに入ると言うのは、結構あったような気がしますね。

小さい子供を持つ家庭向けの商品の規格みたいな物があっても良いかもしれませんね。
服とか玩具にはあるようですね。業界別にはチャイルドシートやベビーカーにはSG基準があるようですね。

家電品にも家電用品安全法があるようですね。
もっと子供向けの安全性をアピールした商品があっても良いと思いますね。
もっとも、その解答が「チャイルドロック」だったのかもしれませんね。

このあたりはメーカーの努力に期待したいですね。
もっともコストの問題があるので、やはり、購入する側の意識も必要なのかな。

投稿: ASKA | 2018/02/04 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都府八幡市内里砂畠子猫斬首事件 | トップページ | 福岡県北九州市29歳女性バラバラ白骨事件 »