« 千葉県印西市女性殺人放火事件 | トップページ | 東京都目黒区5歳女児虐待死事件 »

2018/02/27

神奈川県横浜市ウサギ虐待事件

横浜市港北区の2つの幼稚園で今年1月、園児たちが飼っていたウサギ計3匹が相次いでいなくなり、区内の公園で刃物で切り刻まれるなどしたウサギとみられる死骸が見つかる事件が起きている。

神奈川県警が窃盗容疑で捜査するとともに、虐待され殺された疑いもあるとみて、動物愛護法違反の疑いなどでも調べているとの事。

捜査関係者らによると、1月17日、区内の幼稚園でウサギ小屋の扉が外され、1匹がいなくなっているのを園の職員が見つけたとの事。

同25日には、近くの別の幼稚園でも2匹の姿が見えなくなり、付近の防犯カメラには前夜、不審な人物がウサギを持ち去る様子が映っていたとの事。

同30日には両幼稚園から数キロ離れた2か所の公園で、小動物2匹の死骸が見つかった。県警は幼稚園から盗まれたウサギの可能性があるとみているとの事。

別の報道では
ウサギのような小動物の死骸が1体ずつ見つかった。刃物のようなもので切り裂かれたり、焼け焦げたりしたような跡があったとの事。
更に別の報道では
いずれも死骸は焼け焦げ、刃物で切られた跡もあったとの事。

時系列
01月17日(水) 港北区の幼稚園でウサギ小屋から1匹のウサギが不明となる。
01月25日(木) 近くの別の幼稚園でウサギ2匹が不明となり、防犯カメラに映像が残る。
01月30日(火) 両幼稚園から数キロの2カ所の公園で小動物2匹の死骸が発見。

こんなところですね。
まず、ウサギですね。
別々の2カ所の幼稚園からウサギを3匹盗み出しているので、ウサギを狙ったと言うのは明らかですね。

今回の犯行は、ノラ猫のように、糞をまき散らしたり、犬のように吠えたりしない、飼われているウサギを狙っているので、ノラ猫や町猫、ノラ犬に腹を立てて、駆除目的や八つ当たり的な犯行と言う事ではありませんね。

なので、始めから虐待を意図した犯行の可能性が高いのではないか?と思います。

そして、詳細が分かりませんが、刃物で切り刻み、火で焼いたと言う事なんでしょか?

火を使っているあたり、ちょっと深刻な状態かもしれないと思いますね。

で、死骸は公園に放置しているので、発覚しても構わないと言う事なんでしょう。

未発見の1匹がどうなっているのか?気になりますね。

ASKAの事件簿の記録では横浜市の虐待事件は2件です。
2015年8月以降に中区で8匹の猫が毒殺
2015年5月都筑区の歳勝土遺跡公園で、切断された猫の死骸を発見。

この2015年と言うのは東京都内で連続した動物虐待事件が起きた年です。
の2015年以降は横浜市での虐待事件の報道は無かったようですね。

なので、今回、新規に起きた事件と言う事なのかな?
時期的には入試に重なるかもしれませんね。
ただ、入試のストレス発散にしては、ちょっと手が込んでいるので、純粋に虐待を楽しんでいるのかな?と思います。

だとすると、逆に危険水位に達している可能性もあるので、横浜市にお住まいの方は注意された方が良いと思います。

特に子供、女性、老人など体力的に弱い人は要注意ですね。

続報を待ちましょう。

|

« 千葉県印西市女性殺人放火事件 | トップページ | 東京都目黒区5歳女児虐待死事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉県印西市女性殺人放火事件 | トップページ | 東京都目黒区5歳女児虐待死事件 »