« 滋賀県守山市女性バラバラ事件 | トップページ | 兵庫県三田市知的障害者長男25年監禁事件 »

2018/03/19

東京都多摩市諏訪交際トラブル女性殺人事件

3月16日(金)20時15分ごろ、東京都多摩市諏訪2丁目のマンション住人から「女性の叫び声が聞こえ、人が倒れている」と110番通報する事件が起きている。

警視庁によると、マンションの外階段付近で20代くらいの女性が顔付近から血を流して倒れており、約1時間半後に搬送先の病院で死亡が確認された。

女性の首のあたりには刃物で切られたような傷があり、警視庁は殺人事件と断定して捜査を始めたとの事。

現場は京王永山駅から南に約560メートルの団地やマンションが立ち並ぶ地域。

捜査1課などによると、防犯カメラに女性の後ろを歩く上下黒っぽい服の男が映っていたといい、事件と何らかの関係があるとみて調べているとの事。

女性の近くには傘とバッグ、運転免許証などが落ちていたが、凶器は見つかっていないとの事。

女性が倒れていた建物は11階建てとの事。

17日2時頃(事件約6時間後)に自称29歳の男が神奈川県警に出頭したとの事。
男は女性の元交際相手だと説明し、女性を刃物で殺害したと述べているとの事。

警視庁は同日、女性の身元について、現場と別棟のマンションに住む派遣社員の女性(26)と確認したと発表した。現場から見つかった運転免許証などから判明したとの事。

被害者の首付近には鋭利な刃物で切りつけられたような傷があり、遺体を17日に司法解剖して詳しい死因などを調べるとの事。

捜査1課などによると、出頭してきた男は自称神奈川県在住で、17日午前2時ごろ、県警港北署の菊名駅前交番を訪れて「刃物で切りつけた」などと説明したとの事。

警視庁が男が所持していた刃物を調べたが、血液反応は検出されなかったとの事。
現場から凶器は見つかっておらず、慎重に裏付けを進めている。被害者や親族らから、この男とのトラブルなどの相談は、警視庁管内では確認されていないとの事。

被害者が殺害された場所に凶器は残されていなかったが、被害者のイヤホンが付いた携帯電話やバッグなどが落ちていた。現場は住人以外も出入りできる場所で、敷地内の防犯カメラには被害者の後を追うように歩く黒っぽい服を着た男が映っていたとの事。

警視庁は17日、出頭してきた職業不詳の男性容疑者(29)=横浜市鶴見区上の宮1丁目=を殺人の疑いで逮捕し、発表したとの事。

司法解剖の結果、首の傷は長さ約10センチで、死因は失血死との事。

捜査関係者によると、容疑者は「4、5年ほど前、短期間被害者と交際していた」と説明。昨年2月には神奈川県警に交際を巡ってトラブルになっているという内容の相談をしていたという。警視庁は容疑者が何らかの恨みから被害者を襲った疑いがあるとみているとの事。一方、被害者や親族らから、容疑者とのトラブルなどの相談は、警視庁管内では確認されていないとの事。

容疑者は交番に出頭した際に着ていたコートには真新しいしみが付着しており、DNA型鑑定の結果、被害者の血液と判明。容疑者は、袋に入れた包丁と被害者の携帯電話も所持していたとの事。

容疑者は妻と子供の4人暮らしとの事。被害者は母親と2人暮らしだったとの事。

捜査本部は17日、容疑者の自宅マンションを家宅捜索した。

被害者は昨年、容疑者に対する損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こしており、同課は2人の間に交際を巡るトラブルがあったとみているとの事。

捜査関係者によると、2人の間では訴訟のほかにもトラブルがあったとの事。容疑者は昨年2月、被害者との関係を神奈川県警に相談。「(何かあったら)110番するので対応してほしい」などと話していたとの事。

16日19時45分ごろ、現場最寄りの京王永山駅の防犯カメラに容疑者とみられる男が現場方向に歩く姿が映っていたとの事。

また、現場付近の防犯カメラには被害者の後を追うように歩く姿が映っていたほか、倒れている被害者の首をつかむ姿が住人に目撃されていた。同課は、容疑者が被害者の帰宅を待ち伏せして襲撃したとみているとの事。

容疑者が、被害者の帰宅を現場付近で待ち伏せしていたことがわかった。容疑者に気づいた被害者ぎ足で逃げたということだが、容疑者はおよそ1分間にわたって追いかけ、最終的には階段の上から押し倒し、転げ落ちた被害者の包丁で刺したとみられるとの事。

別の報道では
容疑者が被害者の自宅マンションのエントランス付近で待ち伏せし、逃げようとした被害者を、隣接するマンション別棟の外階段まで約60メートル追いかけて犯行に及んでいたとの事。容疑者は「(被害者に)声をかけたが振り向かず、足早になったので階段で後ろから押した」などと説明しているとの事。

また動機については、容疑者は、過去の交際をめぐるトラブルで被害者から民事訴訟を起こされていて、「数日後に判決がある訴訟の取り下げを説得しようと思った」と話しているとの事。容疑者は「訴訟を取り下げてもらうため会いに行った。刃物は脅すつもりで持っていた」などと話しているとの事。

18日、多摩中央署から東京地検立川支部に送検された。

現場付近の防犯カメラには、事件の30分ほど前から被害者を待ち伏せする容疑者の姿が映っていたとの事。

被害者は、容疑者と交際を巡って3年ほど前から数回、裁判を起こしていたとの事。

容疑者が「事件後、包丁は洗って自宅マンションのゴミ置き場に捨てた」と話しているとの事。容疑者が自首した際に所持していた包丁からは血液反応は検出されていないとの事。

さらに、「被害者が死亡したことを知り、妻に犯行を打ち明けたところ『自首しなさい』と言われたので、包丁を持って自首した」と話しているとの事。

容疑者が「声をかけたが無視されたので、ここで全てを終わらせるしかないと思った」と供述しているとの事。

時系列
数年前に短期間、容疑者と被害者が交際していた。
2015年頃から数回、被害者が民事裁判を起こしたいた。
2017年02月 容疑者が神奈川県警に被害者との関係を相談
2018年
03月16日
19:45頃 最寄り駅の防犯カメラに容疑者が写る。
その後エントランスで30分間待ち伏せ
20:15頃 女性が倒れていると110番通報
03月17日
02:00頃 容疑者の男性が包丁、被害者の携帯電話を持参して出頭(携帯電話が2台?)出頭時に着ていたコードから被害者の血痕が検出される。
その後、殺人容疑で逮捕。
03月18日 送検

容疑者は既婚で妻と子供との4人ぐらし。

こんなところですね。
一報を聞いた時に、男性ストーカーによる犯行か?とも思ったのですが・・・
どうも、様子が違うようですね。

警察に相談していたのは、容疑者の方だったようです。
被害者は容疑者を損害賠償請求訴訟を数件おこしていたようですね。
このあたりの詳細はまだ、わかりません。

ただ、「今回で終わりにしたい」と決意しているあたり、これまでの裁判では被害者側の損害賠償請求が成功していると言う事なんでしょうね。

それで、また負けると思って、被害者に訴訟を取り下げるように頼みに行ったと・・・
まー、しかし、裁判になるほど事態がこじれていては、被害者に聞く耳は無かったでしょうね。

問題はそんな事になった原因が何だったのか?と言う事ですよね。

このあたりは続報を待つしかないのですが・・・

互いに良い思い出になるような、歌詞のような男女交際はめったに無いかもしれないけど、でも、こんな男女交際はしてはいけませんね。

その結果、一人の命を奪い、二つの家族を不幸にしてしまった。

訴訟だけなら、お金で解決できたかもしれないけど・・・
他にも容疑者が追い詰められる理由があったのかな?

続報を待ちましょう。

|

« 滋賀県守山市女性バラバラ事件 | トップページ | 兵庫県三田市知的障害者長男25年監禁事件 »

コメント

婚約中の不倫を嫁に訴えられ慰謝料50万請求され、婚約解消と後から自分が支払うからと言葉巧みに被害者を騙して支払わさせ 自分は結婚と子供に恵まれ幸せな日々を過ごしてたようですね。

その理不尽さを訴えた裁判沙汰で被害者が勝つ予定だったみたいです。

嫁が妊娠中の火遊びなら 金で解決すべきでしたね。

二人の子を妊娠中に結婚をチラつかせ慰め者にされてた被害者の無念さもわかります

勤務中に子供が狙われるかも?と早合点しての警察相談でしょうな(古い事件で不倫の果てにマンションにガソリン放火し子供二人焼死させた女性がいましたね)

投稿: テキスタイル | 2018/03/20 12:28

続報です。

殺人容疑で逮捕された横浜市鶴見区上の宮1、保険会社員、男性容疑者(29)が、別の女性と婚約していることを隠して被害者と交際したために訴訟になっていたとの事。

訴訟資料によると、容疑者と被害者は2014年4月、保険会社に同期として入社し、交際に発展した。しかし容疑者には当時、婚約者がいた。
2人の交際の事実を知った婚約者は被害者に、慰謝料約50万円を支払わせたとの事。

被害者は昨年7月、「(自分が支払った)慰謝料は容疑者が立て替える約束だった」として容疑者を提訴。東京地裁は3月19日、被害者の訴えを認め、容疑者に約50万円の支払いを命じたとの事。

別の報道では
被害者は容疑者の二股交際をめぐって55万円の損害賠償を求める裁判を起こしていて、容疑者は「裁判を取り下げてほしかった」と供述している。
東京地裁は3月19日、被害者の訴えをほぼ認める判決を言い渡したとの事。

被害者が26歳、容疑者が29歳
時系列を更新
2014年04月 保険会社に同期として入社。
その後、短期間交際していた。しかし、この時、容疑者には婚約者が居た。
この時、婚約者が被害者に慰謝料50万を支払わせた。
2015年頃から数回、被害者が民事裁判を起こしたいた。
2017年02月 容疑者が神奈川県警に被害者との関係を相談
2018年
03月16日
19:45頃 最寄り駅の防犯カメラに容疑者が写る。
その後エントランスで30分間待ち伏せ
20:15頃 女性が倒れていると110番通報
03月17日
02:00頃 容疑者の男性が包丁、被害者の携帯電話を持参して出頭(携帯電話が2台?)出頭時に着ていたコードから被害者の血痕が検出される。
その後、殺人容疑で逮捕。
03月18日 送検
03月19日 東京地裁は被害者の訴えを認め、容疑者に約50万円の支払いを命じた

こんな感じですね。
4月に同期入社と言うのは、被害者女性は22歳なので、大卒の新卒採用だったと思うのですが、容疑者が25歳なのが、微妙ですね。
しかもこの頃には既に婚約者が居た・・・学生結婚なのか?
大卒の新卒だと、留年なのか?それとも、薬学部のような6年制の学部なのか?
でも、それで保険会社?
あとは、大学院卒なのかな?、第二新卒と言う可能性もあるか?

あまり、本質には関係が無いところなので、このあたりは続報を待つとして・・・

賠償金は50万円なので、それぐらいなら、なんとかなりそうな金額ですよね。
容疑者の生活レベルがわかりませんが、殺害しなければならないほど、追い詰められるような金額では無いような気がします。

なので、殺害した理由、訴訟を取り下げて欲しい理由は他にありそうな気がしますね。

妻が真実を知るのを恐れたのかな?
被害者がこの慰謝料は容疑者が立て替えると言われて、支払っています。
つまり、被害者は自分が慰謝料を支払う理由は無いと考えたいたのではないかな?
(容疑者が婚約者がいる事を隠して交際していたと言う事なんでしょう)

その一方で、婚約者には被害者が言い寄ってきたとか言う作り話をしたんでしょうね。(だから被害者に慰謝料を請求したんでしょう?)

テキスタイルさんのコメントにもありましたが、私も日野市の不倫放火事件を思い出しました。

日野市の事件と同じように、相手に合わせて、自分に都合の良いその場しのぎの言い訳をしていたのではないのかな?

だとしても・・・立て替えると言った50万円ぐらいは、立て替えておけば良かったのに?と思わなくもないですね。そうすれば少なくとも、今回問題の訴訟は起きなったと言う事でしょ?

そして、婚約中だけど、実質的に不倫ですよね?
それが、社内の女性と言うのも、ちょっと後先考えてないよね?と思いますね。

入社直後なので学生気分だったのかもしれないけど・・・

テキスタイルさん、こんにちは
なんていうか、お金にルーズで女性にルーズで、容疑者の自業自得感が山盛りですね。

投稿: ASKA | 2018/03/20 16:55

50万円…社会人の30代以上からすれば、払えば?そんな程度の額です。しかし学生にしてみれば大金です、そんなとこを見ても学生気分が抜けてなかったのでしょう。

結婚、妊娠、将来も含めば色々物入りのハズで不倫する暇あればバイトでもすべきですね。

その50万欲しさに刑務所行きを選択したのは、ある意味その被害者女性を本気で好きだったのかも知れません。

少なくとも心の拠り所で、失いたくないストーカー気質も伺えます。

裁判の争点は嫁の小言や指示があったかに注目集まりそうですね。被害者(死人)に脅されてたとか?

少なくとも被害者親族が加害者親族に賠償請求する額は50万程度の話では済まない話です。

投稿: テキスタイル | 2018/03/20 19:57

婚約者が相当に気性の激しい女性なのではないでしょうか。容疑者は婚約中も、結婚後も妻の言いなりで、訴訟を取り下げるというのも、妻に強く迫られてのことだったのではないかという気がします。
「なんで私が訴えられなきゃいけないの、私は被害者よ!あなたその女のところに行って訴訟を取り下げさせてよ。さもなければ離婚よ、そうなれば当然親権は私のものだからね。」
容疑者は小心者であるにも関わらず、恋愛にはルーズなタイプ。ずるずると2人の女性の間を行ったり来たりしていたのではないでしょうか。

投稿: koby | 2018/03/20 21:49

続報です。

時系列を更新
2014年04月 保険会社に同期として入社。
その後、短期間交際していた。しかし、この時、容疑者には婚約者が居た。
その事実を被害者には伝えていなかった。
その後、被害者が容疑者の婚約者に直接謝罪した。
その後、容疑者が破談を臭わせ、慰謝料を請求されたら自分が払うと被害者に告げる
その後、容疑者が被害者に50万の慰謝料を払うとの示談書の作成を求めた。
容疑者の求めに応じて被害者が示談書を作成。
数ヶ月後、婚約者が慰謝料を請求する訴訟を起こす。
その結果、被害者が敗訴、銀行口座を差し押さえられた。
慰謝料50万を肩代わりする事も、破談になる事もなく、容疑者は結婚してしまう。

2017年02月 容疑者が神奈川県警に被害者との関係を相談

2017年07月 被害者が損害賠償請求の民事裁判を起こす。

2018年
03月16日
19:45頃 最寄り駅の防犯カメラに容疑者が写る。
その後エントランスで30分間待ち伏せ
20:15頃 女性が倒れていると110番通報
03月17日
02:00頃 容疑者の男性が包丁、被害者の携帯電話を持参して出頭(携帯電話が2台?)出頭時に着ていたコードから被害者の血痕が検出される。
その後、殺人容疑で逮捕。
03月18日 送検
03月19日 東京地裁は被害者の訴えを認め、容疑者に約50万円の支払いを命じた

こんな感じですね。
まー、予想通りの展開でしたね。
2017年2月の段階で容疑者が警察に相談しているので、この時期には、被害者が支払った50万について、一騒動あったんでしょうね。

でも、結局、容疑者が支払う意思を示さない為、被害者が業を煮やして7月に訴訟を起こしたんでしょうね。

しかしね・・・50万なんですよね。
月1万円ずつの返済でもしていれば、4年2ヶ月で返済できたでしょう?
月1万円なら、奥さんに知られずに小遣いから返済する事が出来たと思うんですけど・・・
月賦で1万円でも支払っていれば、被害者も訴訟を起こすような事は無かったんじゃないかな?

最初から支払うつもりは無かったのかな?
被害者は年下だし、時間を引き延ばしていれば、いずれ、うやむやになると言う計算だったのか?

それが一転、訴訟となって慌てて「訴訟の取り下げ」を願いでても、そりゃあ、あんな酷い事をしておいて、今更何を言っているの?って事になるでしょうね。

なんとも、2時間ドラマを地で行くような話ですよね。

テキスタイルさんへ
経緯をみると、まったく被害者に落ち度は無いですよね。
婚約中を知らずに誘われて、交際したのは被害者には責任は無いでしょうし、その上、だまされて慰謝料を支払わされたと言う状況なので、それを取り戻す為の訴訟もやむを得ない事だったと思います。

kobyさんへ
妻の存在がどのように事件に関わっているのか?と言うのは今のところわかりませんが・・・婚約者の浮気に慰謝料50万を請求するぐらいなので、少し気の強いタイプの女性かもしれませんね。

優柔不断で八方美人的な振る舞いを続けて、自分で周囲から追い詰められてしまったのかもしれませんね。

しかし、そんな事で命を奪われた被害者女性がかわいそうですね。
かわいそうと言えば、事件の経緯に関わらない、容疑者の子供達もかわいそうです。

もう少し、容疑者が男性としてしっかりしていれば、この事件は起きなかったのではないか?と思うと何か、むなしいと言うか切ないというか・・・・複雑な気持ちになりますね。

投稿: ASKA | 2018/03/21 21:12

被害者に落ち度どころか 全く非難される事は皆無ですね。そんなクズ男と知り合えさえなければ事は起きなかった。

思いどうりに引っ掛けたつもりが逆襲にあって開き直った押し込み強盗と同じ心理ですね。

示談書の手口は保険会社に勤務してた知恵でしょうか?だとすると会社にも道義的責任は問えますね。その会社に勤めなければ娘さんは死なずに済んだ。

ひとりきりになった被害者の母親には是非とも娘さんの無念を晴らす訴訟を加害者親族と会社相手に起こして貰いたい。

投稿: テキスタイル | 2018/03/21 23:43

連投すいません。

経緯を見ると単なる性欲の交際ではなく、はじめから搾取するつもりだったようですね。交際期間の短さからしても金を騙し盗るのが目的で婚約者の意思も曖昧な印象(容疑者に唆され訴訟に踏み切ったのかな?)だとすると嫁さんも被害者ですかね?
それとも教唆か? その辺が裁判の争点になりそうな 当初の予想通りですね。
(日野の不倫事件よりおれおれ詐欺に近いような)

何の落ち度もない被害者を言葉巧みに搾取したまではいいが、逆襲に遭い(恐らく保険会社上司がフォローしたかも?)裁判に負ければ会社は解雇でしょう、路頭に迷う先々を悲観した自暴自棄からの殺害、自業自得で策士 策に溺れると まぁ幼稚ですな。

投稿: テキスタイル | 2018/03/22 21:10

テキスタイルさん、こんばんは

そうですね・・・私としては、そこまで根からの悪人では無い印象ですね。

被害者との交際の切っ掛けは、飲み会の帰りに深い仲となったそうなので、酒の勢いだったのかもしれませんね。

で、妻(当時の婚約者)に浮気が発覚したのは、メールを見られたようです。
多分、携帯のメールだったんじゃないかな?
このあたりも、浮気をしているのに警戒してませんよね。

最初から騙すつもりなら、社内の子は狙わないと思うんですよね。後でトラブったら、社内に居づらくなりますからね。
まー、退職を覚悟してなら別ですが、入社して直ぐなので、そんな事は無いでしょう。

学生のノリで人間関係を深く考えなかったのかもしれませんね・・・ところが、現実は厳しく、婚約者や親族から追求されて、場当たり的な言い訳をしてしまったと言うのが事の発端のような気がしますね。

もっとも、これも私の妄想なので、詳しい経緯は取り調べとか公判で出てくると思いますので、続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2018/03/24 18:31

続報です。

警視庁はこれまで、被害者からトラブルの相談はなかったと説明していたが、2014年10月、多摩中央署に相談があったとの事。

警視庁などによると、被害者は当時(2014年10月)、容疑者の婚約者だった現在の妻から示談金の支払いを求められていて、対応した警察官は、民事の問題のため弁護士に相談するよう助言していた。被害者は納得して帰ったということだが、相談を受けた記録は残っていなかったとの事。

警視庁は、「相談への対応に問題はなかったが、記録に残さなかったのは不適切だった」と話しているとの事。

容疑者の逮捕後に被害者の知人女性から相談していたと指摘があり、判明したとの事。

時系列を更新
2014年04月 保険会社に同期として入社。
その後、短期間交際していた。しかし、この時、容疑者には婚約者が居た。
その事実を被害者には伝えていなかった。
その後、被害者が容疑者の婚約者に直接謝罪した。
その後、容疑者が破談を臭わせ、慰謝料を請求されたら自分が払うと被害者に告げる
その後、容疑者が被害者に50万の慰謝料を払うとの示談書の作成を求めた。
容疑者の求めに応じて被害者が示談書を作成。
2014年10月 婚約者が慰謝料を請求する訴訟を起こす。
(推定:訴訟を起こしたのが10月なのか?敗訴したのが10月なのか?は不明)
その結果、被害者が敗訴、銀行口座を差し押さえられた。
慰謝料50万を肩代わりする事も、破談になる事もなく、容疑者は結婚してしまう。

2017年02月 容疑者が神奈川県警に被害者との関係を相談

2017年07月 被害者が損害賠償請求の民事裁判を起こす。

2018年
03月16日
19:45頃 最寄り駅の防犯カメラに容疑者が写る。
その後エントランスで30分間待ち伏せ
20:15頃 女性が倒れていると110番通報
03月17日
02:00頃 容疑者の男性が包丁、被害者の携帯電話を持参して出頭(携帯電話が2台?)出頭時に着ていたコードから被害者の血痕が検出される。
その後、殺人容疑で逮捕。
03月18日 送検
03月19日 東京地裁は被害者の訴えを認め、容疑者に約50万円の支払いを命じた

それから、ふと気付きましたが、被害者の職業が「派遣社員」と報道されてますね。
これを見ると、新卒で入社した保険会社は退職して、派遣社員となったようですね。
まー、退職した経緯は分からないけど・・・訴訟沙汰になって、口座が差し押さえられていると言う事は、給与の振り込み口座だったと思うんですよね。
これは、給与を差し押さえると言う意味でしょ?

だとすると、被害者が別口座に給与の振り込み先を変えられないように、弁護士あたりから会社に申し入れがあったと思います。
そうでなくても、警察に相談しているぐらいだから、周辺の友人や知人には相談しているでしょうね。

つまりは、会社には事情は把握されてたと思います。
そうなると、会社にはいろいろと居づらくなってしまいますよね。

理由はどうあれ、容疑者にしてみれば、社内から目の上のコブのような存在がいなくなって、内心ホッとしていたのかもしれませんが・・・

今度は被害者側が経済的な問題などもあり、訴訟を起こしたんでしょう。

・・・容疑者が被害者に訴訟の取り下げをお願いしたのは、妻に知れるのを恐れたと考えてましたが・・・もしかすると、被害者が退職した時の事を連想して、会社に事の顛末を知られるのを恐れたのかもしれませんね。

実際、社内では酒の上での一次の迷いと言う話で通していたかもしれませんが・・・
その後の慰謝料のやり取りのホントの事は知られていなかった可能性がありますよね。
29歳で中堅社員なら昇進なども気になる時期ですからね。

その意味では、会社人、家庭人として被害者の存在は容疑者にとって、かなりのストレスになっていたのかもしれませんね。
それは、50万と言う金額以上の物があったのかもしれません・・・

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2018/03/30 08:46

う〜ん 根っからの悪人の要素高いと思いますよ私は。
被害者と何らかのコンタクト取れてたらきっと今ごろバラバラに捨てられたんじゃないかな?計画的に。
それらを予期してたから 一切裁判所以外では会いたくないから 唐突の押し掛けに逃げたと思います。
脅すつもりじゃなくて、殺す事を視野に入れての凶器準備でしょうし。

投稿: テキスタイル | 2018/04/01 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 滋賀県守山市女性バラバラ事件 | トップページ | 兵庫県三田市知的障害者長男25年監禁事件 »