« 兵庫県三田市知的障害者長男25年監禁事件 | トップページ | 広島廿日市市女子高生殺害事件その3(続報) »

2018/04/13

広島廿日市市女子高生殺害事件その2(容疑者逮捕)

続報です。容疑者(35)が逮捕されました。

4月13日午前6時半、山口県宇部市、警察に男性が任意同行され、その後逮捕。
警察の調べに対し、容疑を認め、素直に話をしているとの事。

逮捕された男性容疑者は独身で、現場の広島県廿日市市から直線距離でおよそ100キロ離れた山口県宇部市で、両親ら家族と暮らしていたとの事。

勤務先の建設会社によりますと、10年以上のベテランでいろいろ任される存在だったとの事。

「無断欠勤は全くなく、昨日も普通に勤務していた。広島に行った話は聞いたことない」(容疑者の勤務先の建設会社社長談)

逮捕につながったのは、容疑者が起こした別の事件で警察の調べを受けた際、指紋とDNA型が廿日市市の現場に残されていたものと一致した事だったとの事。

時系列
2004年10月05日15時頃 事件発生。当時、容疑者は21歳。
2005年 容疑者が現在の勤務先の建設会社に就職。
    実家は山口県宇部市だった?それとも引っ越した?
2018年04月13日 容疑者(35)が山口県宇部市で逮捕される。

こんなところですが・・・
まだ、情報が足りないですね。
容疑者の自宅と犯行現場が約100キロほど離れています。

実家が現在の住所(山口県宇部市)で事件当時、実家で生活していたのであれば、相当距離が離れているので、なぜ、廿日市市で事件を起こしたのか?が謎ですね。

21歳なので、廿日市市周辺に事件当時住んでいた可能性もあります。
ただ、その場合、事件直後に失踪したり、急に引っ越したりしたのであれば、警察の注意を引いたと思うんですよね。
似顔絵もあるし、それなら誰か怪しいと言う話をしそうなんですよね。

計画性なども気になりますよね。
平日の昼間、普段よりも早い帰宅時間。知っていたのか?

それは置いといても、DNAだけでなく、指紋も一致しているので、まー当確でしょうね。なので、容疑者自身も諦めて、素直に話しているんでしょう。

この13年間、いつか逮捕される時がくるかも?と思いながら生活していたのかもしれませんね。なので逮捕されたらこうしようとか、こう話そうとか決めていたのかもしれません。

ただ・・・そうなら、一方で逮捕されたく無いと思うのも人情ですから。
警察沙汰になるような事には相当に慎重だったと思うのですが・・・
容疑者の起こした「別の事件」とはどんな事件だったのだろうか?

13年の時間が容疑者の油断を誘ったのかもしれませんね。

その意味では、同様にDNAと指紋がある世田谷事件にも期待できそうです。

続報を待ちましょう。

参考リンク
広島廿日市市女子高生殺害事件
広島廿日市市女子高生殺害事件その3(続報)

|

« 兵庫県三田市知的障害者長男25年監禁事件 | トップページ | 広島廿日市市女子高生殺害事件その3(続報) »

コメント

今年4月上旬に現場で不真面目な会社同僚の態度に怒り、尻を蹴ったそうで、警察に事情聴取されたそうでうね。その際に指紋もとられて・・・という流れだそうです。

投稿: 裏銭 | 2018/04/13 23:47

去年からですが、私は、この事件の被害者のお父さんと、ずっと、お父さんのブログのコメント欄で、事件解決を願い、やり取りしていました。犯人が捕まって、本当に良かった!!!何故か、私は、この事件の犯人は、確実にもうすぐ捕まる予感がしてましたね。
地方は、東京と違い、車社会ですから、私たちとは距離感が違うような気がします。ですので、私たちからしたら遠いけど、その県の方たちからしたら、たいした距離じゃないのかも。運転好きの方ならなおさら。住んでなくても、例えば、たまたま何らかの用事で廿日市市を訪れた際、可愛い女子高生を見付けて一目惚れ、一方的に好意を寄せ、つきまとう...そんなケースは、十分考えられるかなと。
近くに住んでいなかったからこそ、見つからなかったのかもしれません。ずっと、陰に隠れてさとみさんを見ていたから、さとみさんのご友人などからの目撃談、証言もなかったのかも。

犯人の男の犯した他の罪のことですが、今朝、いろんなネットニュースをみていたら、「傷害」「暴行事件」と、載せていた所がありました。
すぐにカッとなる我慢のきかない性格の犯人です。その性格は、気をつけていても、やはり、隠しきれなかったのでしょうね。
似顔絵があったのに、つかまらなかったから、私は、犯人の顔を早く見たいです。似顔絵とどう違うのか。今後の参考になりそうな気がします。

投稿: ARI | 2018/04/14 01:29

追記すみません!今、北口のお父さんのブログの、「情報提供」で再確認してみましたら、事件当時は、犯人は北口さんの自宅から、車で5分のところに住んでいた可能性があったようです。母と妹と、と。父親はいないんですね。犯人の友達と思われる若い男性も一緒にいたかも、と書かれてました。

投稿: ARI | 2018/04/14 01:44

追記ばかりですみません!
そして、もしもうご存知でしたらすみません!

どうやら、同僚と揉めたみたいですね。その際、おそらく犯人の男は、相手に手を出してしまったのでしょう。それで、同僚が、被害届を警察に提出したのだ、とのこと。おそらくは、そこからの発覚でしょう。
同僚が、被害者出してくれて良かったですよね!よっぽど、むかついたんでしょうね。

投稿: ARIです | 2018/04/14 01:58

被害者との接点がみえないようですね。
まさか朝霞事件バリの流し?
でも相当刺されて怨恨を疑われてました。
当時のSNSはもうありましたかね?
mixiとか

投稿: 空き地 | 2018/04/14 09:51

裏銭さん、そうなんですね!最近の方は、何かあるとすぐ訴える傾向にあり、何だかなと思ってましたが、こう良い方向に転ぶ時もあるんですね。どのくらいの暴行だったかは分からないですが、犯人も、まさか尻を蹴ったくらいで警察に行かれるとは、まして警察も、相手にするとは思わなかったんでしょうね。
そう考えると、桶川ストーカー殺人などの警察の対応を思い出し、悔しくなります。

投稿: ARI | 2018/04/14 12:02

報道タイトル(14年前の広島での女子高生殺人事件)だけではどういう事件だったかわからないほど、自分の中で風化しかけていたことに衝撃を受けています
内容を読んで市名、被害者氏名でやっと思い出せました
お父様とやり取りを続けられてたARIさんはすごいです

容疑者が事件当時近所に住んでいたとしても、それまで学生か無職で就職に伴う転居を2005年にしたならば警察の目も免れた可能性があります
また当時から山口県宇部市に住んでいたとしても、車で約2時間の距離ですから日帰りは可能な距離です
どちらにしても、動機は気になるところです

裏銭さん、詳細なお話ありがとうございます
そういう経緯の事件で指紋までとられるなんてよっぽどですね
よほどの怪我だったか、事情聴取時の態度で怪しんだ警官がいたのかもしれません

投稿: つれづれ | 2018/04/14 14:42

犯人と被害者に接点は無く、空き巣目的の線が濃厚のようです。事件当時は被害者宅周辺で空き巣が頻発していたようです。 もしこの男が絡んでいたとすると、味をしめて同じ地域で空き巣を繰り返していた可能性が高いですね。 しかも遠方から来ていたので警察も気づかなかったんでしょう。 刃物を持っていたのは、もし住民に見つかったら殺してしまえと単純に考えていたかも。
自分はてっきり知り合いの線が強いと思っていましたが、誤算でした。 遠方から来ている面識のない空き巣なら捜査線上に上がらなくて当然ですね。この読みが完全に抜けていました。

投稿: ノンオイル油 | 2018/04/14 21:25

似顔絵と特徴がそっくりに驚きました。
人の印象って確かなんですね。

被害者宅は通りに面した大きな屋敷、その割に外壁等防御には気を配らなかったようですね。生活スタイルに合わせ 継ぎ足したような家でした。

前にも書きましたが、また 女性を乱暴目的で殺害した犯人の親族に妹ありですね。

恐らく統計とれば、かなりの確率で妹ありの加害者の多さに驚くと思われます。
家の中で我慢虐げられた鬱憤なのか 異常に多い気がします。

投稿: TS | 2018/04/14 23:06

会社の部下だか同僚だかはファインプレー
同時に自らの身を守ったのです
凶悪な殺人者に接し、暴力にさらされ、
次はかっとなり殺されるかもしれなかった

投稿: 空き地 | 2018/04/14 23:48

最新の報道によれば、バイクで広島へ出掛け、たまたま見かけた被害者をつけ騒がれたから刺したそうだ。面識はなし。
これはおそらくワイセツ目的であり、意図的に県外へ行き、物色していたのでしょう。計画性がないから良い訳ではなく無差別に己れの欲望のはけ口を探して殺害に及んだ悪質な犯行だ。刃物で脅してワイセツ行為に及ぶとは卑劣極まりない。重く裁かれるべき。

投稿: 空き地 | 2018/04/16 07:27

妹が居る男が女性を乱暴目的で殺害した犯人であるという話が出ていますが、2000年前後では一人っ子は今より少ないですし、2010年の調査でも一人っ子は全体の16%です。大まかで簡単な計算をしますと、大体男性の4人に1人は妹がいる計算になります。
つまり男性がほとんど何かを行えば4人に1人は妹がいる男性が行っている事になり、それを承知で仰られてるのかが気になるところです。
根拠としてはいまいちですがとあるまとめサイトのでは1997年の情報で妹のいる計算をしたところ32.1%だったそうです。

投稿: Mame | 2018/04/16 21:07

つれづれさん( ; ; )
あらっ!風化!?事件簿ファン?が、そんなことではダメでないですかwなんて!
こんな私の書き込みに目を止めて下さり、ありがとうございます( ; ; )。そんな、全然ですよ!北口さんのことを知ったら、とても、そのままスルーすることは、出来なかっただけです。それに、直感ですが、なんとなく、もうすぐ「終わる」と思ったので。。。
コメント欄だけでなく、個別にメールもしたのですが、私の、情報提供ではないメールにも、優しく大きな心で、紳士的な返信をすぐに下さった、本当に素敵なお人柄のお父様でした。ですから、私は、余計、あぁ、この事件の犯人は、やっぱり絶対に近いうち、捕まると確信しましたね。犯人が捕まったからといって、終わりでは、ないですけど。
実際の犯人の顔、静止画像、見ました。パーカーを着て、連行されてる写真。...10数年たってはいますが...面影、ありますかね...?私なら、顔だけ見たなら分からないと思います。似顔絵より、だいぶ顔の輪郭がシャープだし、パーカーから覗く髪は、ウェーブがかかり、ふわっとしているようにみえます。似顔絵では、ツンツンと剛毛のような印象。それよりも昔と思われる、真正面からのアップの写真も見ましたが、うーん...やはり、顔の輪郭は細いような...
でも、特徴そっくりとおっしゃってる方もいらっしゃるので、私の見方が悪いのかもしれません。特徴が出てるなら...親族は、気付いていたかもしれませんね。

投稿: ARI | 2018/04/18 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県三田市知的障害者長男25年監禁事件 | トップページ | 広島廿日市市女子高生殺害事件その3(続報) »