« 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その6(容疑者逮捕) | トップページ | 愛知県名古屋市漫画喫茶殺人事件 »

2018/05/16

新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その7(供述)

1)容疑者(23)が「事故を装うために遺体を線路に置いた」と供述しているとの事。

2)殺害についても認め、「(遺体を運ぶのに)車を使った」とも供述しているとの事。

3)住民らによると、容疑者は5人家族で、女児宅から約100メートル離れた自宅で暮らしていた。女児と同じ小針小出身で、県内の工業高校に進学。卒業後は市内の電気工事会社に就職したとの事。

小学校では、おとなしい性格で、卒業アルバムに書いた将来の夢は「ゲームデザイナー」。中学で在籍した科学技術部はロボットコンテストの全国大会に出場し、優秀な成績を収めたとの事。

高校卒業後の就職先では、電気の配線や照明器具の設置などを担当。男性経営者によると、入社6年目の中堅社員で、職場内でのトラブルもなかったとの事。

4)容疑者(23)が、線路をまたぐように遺体を寝かせたという趣旨の供述をしているとの事。「証拠隠滅になると思った」などとして遺棄について詳細に供述しており、遺体発見時の状況とも合致しているとの事。

5)容疑者は「運転中に女児にぶつかり、事故を起こし、動揺して車に乗せた」と供述していたが、女児の遺体に車と激しくぶつかったような痕がないとの事。

6)容疑者は14日朝、遺体発見現場や自宅のある地区から約4キロ離れた道の駅の駐車場で、県警に任意同行を求められ、同日夜に逮捕された。捜査関係者によると、その際に乗っていた黒っぽい軽乗用車の中から、七輪と段ボールに入った練炭が見つかったとの事。

7)捜査関係者によると、容疑者は数時間にわたり車に遺体を載せて市内を走行していたが、その理由について「時間をつぶした」という趣旨の供述をしているとの事。

遺棄されたのは7日午後10時19分~同30分ごろ。、午後9時台は遺棄された青山-小針間を7本の電車が走るが、同10時台は4本に減る。
電車の本数が減る時間帯を待ったとみられるとの事。

8)捜査関係者によりますと、女児を連れ去ったとみられる下校時間から遺体を遺棄するまでの空白の7時間について、「遺体を乗せたまま、新潟市内をあちこち移動していた」と供述しているとの事。自宅には一度も戻っていないとの事。

9)遺体の近くからは、女児のランドセルが見つかっていますが、容疑者が「線路に投げ捨てた」と供述しているとの事。
捜査本部の調べでは、ランドセルを身に付けていない状態で電車にはねられた可能性が高く、容疑者の供述とも矛盾しないとの事。

時系列を更新
昨年 容疑者が少女を連れ回す事件を起こす。

2018年
04月   容疑者が未成年に対する県青少年健全育成条例違反容疑で書類送検。

04月28日から05月06日まで容疑者は9連休
05月01日 女児の登校日(平日)
05月02日 女児の登校日(平日)

05月07日
朝    女児が小学校に一人で登校、登校中に不審な男性に声を掛けられた。
     容疑者はこの日、出勤しなかった。(無断欠勤)以後1週間欠勤。
08:00  容疑者の普段の始業時間。(この日は欠勤)
     勤務先から本人の携帯に電話するがつながらず。
     その後、総務担当者がメールで問い合わせる「今日はどうした?」

13:00頃 勤務先から本人の携帯に電話するがつながらず。(時刻はASKAの推測)

15:15頃 女児が複数の友人と下校

16:20頃 母親が学校に娘が帰宅しないと連絡
その後、学校関係者が帰宅経路を捜索するが発見できず。

17:00過 警察に母親から小2の娘が不明の相談。
その後、警察が100人体制で付近を捜索。

18:00頃 勤務先から容疑者の母親に電話、「今日は出勤しているはず」

22:20頃 現場を通過した別の電車は異常に気付かなかった。

22:30頃 新潟市西区青山水道のJR越後線で線路の女児をはねる。

05月08日 容疑者の勤務先に警察から問い合わせ。
夕方   容疑者が勤務先にメールの返信「体調不良で行けなかった」
     欠勤連絡メールは11日まで続く(ASKAの推測)

05月10日頃 勤務先の男性経営者と電話、声に張りが無かった。
05月14日 朝、身柄を確保したと警察から勤務先に連絡。
     夜、容疑者逮捕(遺体遺棄、遺体損壊容疑)
05月15日 容疑者送検
05月16日朝 容疑者宅の家宅捜索が始まる。

こんなところですね。
交通事故の供述については、遺体に交通事故によると思われる傷が無いようですから・・・少し時間が必要かもしれませんね。

容疑者はどちらかと言うと「小心なタイプ」なんでしょうね。
事件後、逮捕されるまで1週間、仕事を休んでます。
本人もメールで勤務先に打ち明けているようですが、仕事ができるような心境ではなかったんでしょうね。

過去の事例だと、事件後に平然と出勤して仕事をしている犯人もいるので、あからさまに異変が起きた事を隠せないのはメンタル的に未熟な部分が出たのかもしれませんね。未熟と言うか、人間的な部分と言うべきかもしれませんね。

しかし、家族には仕事へ行くと言って、家を出ているので一人で一週間、悩んでいたんでしょうね。

容疑者の車には七輪と練炭が載っていたようです。
容疑者自身が事件を事故に偽装したのは、事件になると疑われる事を強く自覚していたんでしょう。

疑われていないか?逮捕されるのか?自首しようか?それなら自殺しようか?と繰り返し自問したんでしょうが、結局、決断はできず。
最後は任意同行、その後、逮捕されましたね。

本人も逮捕されてホッとしているかもしれませんね。

今回の情報でオヤと思ったのは、遺体を乗せて、遺棄時間まで新潟市内を車で徘徊していたと言う点ですね。

私はてっきり、遺棄現場周囲の人気が無くなるまで待っていたと考えていましたが、電車の通過間隔が広くなるまで待っていた可能性があるようです。

この点は、以外に冷静なんだな?と驚きました。

そして、計画性が疑われているようなんですが・・・
ゴールデンウィーク中に事件を計画したとしたら?それは、5月3日から6日までの間なのかな?と思いますね。

なぜなら、連休の前半で計画したのなら、連休中の平日である5月1日と2日が女児の登校日だったはずで、ここで実行すれば、仕事を休む必要がないわけです。

もしかすると、1日、2日に女児が一人で下校するところを見て、犯行を思い立った可能性があるかもしれません・・・

しかし、その一方で、もし、計画的なら、7日は朝の始業前に勤務先に病欠を連絡できたと思うんですよね。

私はこの点で、計画的な犯行では無いだろうと考えています。
では、事件の為に欠勤したのでは無いのだとしたら、なぜ欠勤したのか?

これは容疑者の勤務先へのメールがホントの事を書いているのかもしれないと思っています。

昨年に起こした未成年の連れ回し事件について、勤務先など周囲の人達には知られていなかったのでしょうが、4月に書類送検された事で、勤務先や周囲の人間に知られてしまうのでは?と言う、不安が大きかったのではないかな?と勝手に妄想しています。

結果、9連休も一人で悩んで、少しメンタル的に不安定な状態だったのかもしれません。
で、7日朝に出勤できず、家にも帰れずに、ふらふらして15時過ぎに自宅に戻ろうとしたところで、偶然、一人で下校する女児を見つけて、衝動的に拉致してしまったのかな?

無計画なので、当然、女児に騒がれて、車に乗せて殺害してしまったって感じかな?と妄想しています。

このあたりは、もう少し時間がたてば、供述が出てくるかもしれません。
「落としの宮さん」みたいな人が新潟県警にいれば良いのですけどね・・・

まーしかし、今回の捜査指揮は見事だったと思います。
容疑者は事件翌日に捜査線上に浮かんでいるが、車は黒い車。事件後も出勤できずにいるような容疑者が、報道情報に追い詰められて、逃亡や自殺する事を防ぐ為に、あえて「白い車の不審車情報」とか「黒い服の不審者情報」を流していたのでは?と勝手に推測しています。

真為は分からないけど、結果的に容疑者が自殺する前に確保できたのは良かったと思いますね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その6(容疑者逮捕)
新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その8(衝突)

|

« 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その6(容疑者逮捕) | トップページ | 愛知県名古屋市漫画喫茶殺人事件 »

コメント

明日発売の週刊新潮によれば、どうやら犯人は今回の殺害事件を起こす前に、昨年の女子中学生連れ回しだけでなく、隣の山形県でも時系列は不明ですが、やはり児童に対して同じような事件を起こしていたようですね。

この山形の事件が、女子中学生連れ回し事件より前に検挙されていたとしたら、犯人の家族もしくは勤務先の両者ともに全く知らなかったというのはあり得るんですかねぇ・・・。

投稿: J.J. Lehto | 2018/05/16 22:46

はじめまして。
いつも拝読させていただいております。
今回の犯人、車で女児にぶつかったという供述が現段階で真偽不明ですが、ASKA様の見解を読んで、実際はぶつかっていなかったが、距離としてはニアミスで、犯人としてはひいてしまった!と思い込み、女児もびっくりして泣いてしまった、という可能性は考えられないかやと思いました。
犯人としてはこれで4月の件も職場や友人たちにばれてしまうという焦りや恐怖が一気に立ち上がってきて、気が動転して手にかけてしまったのでは…と想像しました。
ニュースのコメンテーターは減刑のために嘘をついていると言っている人もいましたが、犯人像としてはASKA様のおっしゃる小心者というのがしっくりきて、ならば上記のような経緯もあり得るのかなと。

投稿: 満タン | 2018/05/17 00:04

死体を乗せて新潟市内を何時間もドライブしたならそのまま山なり海なりに隠して行方不明にした方が良さそうに思うのですが犯人からしたら電車に轢かせることで完全に証拠隠滅できると思ったんでしょうか。
人身事故でもせいぜいばらばらになるくらいで証拠が残ることが想像できそうですし、数時間考えた結果が線路に死体運ぶリスク犯してでも事故死に見せかけるというのがよく分からないです。

投稿: 海月 | 2018/05/17 00:44

管理人様すみません。先程の投稿の追記という形になりますが、どうやら犯人が殺害事件を犯す前に引き起こしたとされる山形と新潟の両事件は、日テレの情報によると被害者が同一人物(女子中学生)のようです。

犯人が所謂ロリコンとよばれる性癖の持ち主であることは確かみたいですが、一方で山形・新潟の両事件は20歳以上の成人が夜な夜な親戚縁者でもない未成年の子を連れ回す正当な理由ではないにせよ、女子中学生の同意の上だったという情報もあり、この情報が事実なら管理人様のご指摘どおり、今回の殺害事件は計画性がなく小心者の犯人が両事件を理由に心がドン底に落ち込み、アテもなく車でフラフラ運転してところに…、という可能性が高いと考えてよさそうですね。

最後にこれは個人的なファンタジーになりますが、犯人がアニメ好きだったことを考えると、例の女子中学生とはアニメショップやコミケのような所で知り合い意気投合したのではと思っています。女子中学生はひょっとすると自分が両親や社会(警察)によって犯人と引き離されてしまった、さらには犯人が殺害事件を犯すまでに至ったのも自分と犯人を引き離した両親と警察のせいだと思っているかもしれません。

投稿: J.J. Lehto | 2018/05/17 01:41

皆様の分析を興味深く読ませていただきました。犯人は一度警察沙汰の同系列の事件を経験済みなら、少しは自己保身のための策も心得ているのでしょうな。悪人だし常人の考えない言い訳や取り繕いをするものです。
今回の犯人の傾向ですが、最後は中途半端ながら列車事故に見せかけ、逮捕後は車で当たったと言い訳。もし本当に当たっていたなら、故意にあてたのではないか?気絶させて拉致しようと企んだのです。しかし、流石に罰当たりな奴です。被害者が恐怖のあまり泣き叫び、予想外で犯人はあわてた。目的を果たす前に遺体の遺棄を考えねばならなくなった。人生を失い家族を壊すことも厭わずに行動するアンポンタンですから、不明から時間が空いて列車事故の不自然さなど頭が回っていません。

投稿: 空き地 | 2018/05/17 07:01

はじめまして
いつも拝見しています
女子中学生の2件が同一人物だったとは!ということは、ある意味相思相愛だったのかも。中学生の親が通報して、引き裂いた(当たり前ですけど)のでしょうが、こちらの恋愛が上手くいってたら、今回の犠牲者は出なかったのか、とも思います。
また、書類送検で小心者の犯人が連休前から鬱々としていたと想像できます。母親は事件前後の挙動不審に、絶対気付いていたはず。
母親は、間違いなく、「気が小さくて優しい子なんです」というと思います。兄弟構成知りたいですね、三人兄弟?なら、1番目が行き届かない真ん中かな。

投稿: ゆうです | 2018/05/17 09:05

みなさん、こんばんは

J.J. Lehtoさんへ
勤務先の社長さんのコメントでは「信じられない」と言う言葉が出ているので、もし、以前の事件の事を知っていたら、以前の事件についてのコメントも出たと思うんですよね。
以前に似た事件を起こしていたから・・・とか、以前に事件を起こしていても・・・とか

そのあたりが、無いので、少なくとも勤務先の上層部は知らないと思うんですよね。

追記の件、情報ありがとうございます。
今の時代、ネットやメールで誰とでもつながれる時代なので、どこで知り合ったのか?はわからないですね。まー普通に考えれば、同じ趣味でつながると言うケースが多いような気がしますね。

当の二人がどんな経緯で交際していたのかわかりませんが、節度を持った交際ならば、両親もおおめに見た可能性はありますよね。
夜に連れ出すなんて事をする相手だから、親も心配になって警察に相談したんじゃないかな?
もし、恋愛感情があるなら、正に思春期まっただ中なので、ちょっとかわいそうな気もします。この事件が切っ掛けで男性不信などにならなければ良いのですが・・・

満タンさんへ
確かに、車を運転していて、車の近くで人が倒れたら、「ぶつかった?」と反射的に考えると思うので、その可能性は十分あると思います。

事故の件がホントの場合もあると思いますし、減刑の為と言うのも、ありそうな話ではありますね。他には自分の家族への批判を緩める為の方便と言う可能性もあるかもしれません。事件の動機によって、事件の印象が大きく変わりますからね。

海月さんへ
今回の場合、容疑者は前歴があって、女児の近所に住んでいるから、事件になれば、自分が疑われる事を強く意識していたんだと思います。
女児不明事件とか、変死事件とかにはしたくなかったんでしょうね。
首を絞めた傷を隠して、事故に偽装するには、列車事故しか方法がなくて、しかも事故となると、女児の自宅から徒歩で移動できる範囲と言う事になると言う判断だろうと思いますね。

空き地さんへ
事故の話がホントなら、容疑者には他に選択子が無かったんでしょうね。

前歴の件も、恋愛感情からの同意による物なら、悪質というよりは、大人の節度を守れなかった点で未熟と言う事なんでしょうね。
前歴の件は、経緯によっては、見方がかなり変わりますね。

私の印象では、容疑者はそんなに悪い人間では無さそうな印象なんですよね。
小心で優柔不断で、頼まれると断れないようなタイプなのかな?と・・・

だからと言って、許される事では無いんですけどね。

ゆうですさんへ
2番目みたいですよ、社会人の姉と大学生の弟がいるようです。
前の事件が恋愛感情による物なら、結構、ショックだったと思います。
ただ、親に通報されると言うのは、本人達に節度が無かったと言う事なんじゃないかと思いますけどね。

とはいえ、確かに、破局がなければ、この事件は起きなかったかもしれませんね。
母親は仕事をしているとの事なので、家ではあまり容疑者と話す時間は無かったかもしれませんね。

就職して5年で23歳なので、仕事をしているなら、放任というかあまり気に掛ける事はなかったんじゃないかな?と思いますね。

投稿: ASKA | 2018/05/17 20:14

ASKAさん、こんばんは。
ブログ、いつも拝読しております。

この容疑者の行動から、精神的な未熟さと、命を尊ぶ気持ちが皆無だと感じました。
殺害した女の子のご遺体を列車にひかせるなんて、女の子を二度殺しているようなものです。
いつも思いますが、子どもを狙う犯罪者は特に許せません。

あまりに残忍かつ稚拙な行動に、私は犯人が逮捕されるまで、知能的に低い人物か年少者の犯行ではないかと思っていました。

車がぶつかったというのも、私は容疑者のストーリーだと思っています。
四月に起こした別の女の子に対する連れ回し等の件で鬱積したものを解消するべく、朝から仕事を休んで女の子を誘拐しようと物色していたのではないかと、私は思っています。

投稿: 熊紋 | 2018/05/18 01:11

わたしも熊紋殿に同感です。抵抗できない子供を狙う時点で卑怯者ですが、供述からもさらに極悪さを感じます。この点はASKAさんとは違う意見で、思った以上の凶悪さです。今朝、拉致後の車は海岸方面に向かったことが防犯カメラなどから判明しました。供述では子供を引いてしまってパニックになり車に乗せて首を絞めたらしいですが、推理すると。

まず、歩いている女の子に車で近づき軽く当てます。付近の住民が物音を聞いているくらいだから、衝撃で気絶したかもしれません。既に殺人未遂か。素早く車に乗せて走り去りました。その場に長居している状況ではないため、すぐに車を走らせ少しでも遠ざかります。その後は人気ない場所に車を止めて、殺害。この時猥褻行為があったかどうかは明らかではないですが、人生や家族を犠牲にしてまで起こした衝動を抑えられるでしょうか?さらに凶悪な犯行は続きます。証拠隠滅と事故の偽装です。
このように考えると、パニックになり犯した行動ではなく、初めから計画していた流れにも思えます。ですから、卑怯で人の命を軽んじる極悪人にしか思えません。被害者の命を粗末にしたのだから、天罰地獄ゆきしかない。

投稿: 空き地 | 2018/05/18 07:08

追伸失敬
犯人は車に練炭を積んでいたが、あれも計画的ではないのか。もちろん自殺するためではなく、被害者を殺すためと思われる。練炭をいつ購入したのかよく調べてほしい。子供を狙い殺めるような卑劣な人間が自殺などしないと思いますね。

投稿: 空き地 | 2018/05/18 08:07

こんにちは。
犯人は無事捕まりましたが気になることがあります。
見つかっていない傘のことです。
当初、犯人は車を持っていなかったので近場に遺体を遺棄したのだと考えていましたが、実際は車持ち。
7時間もあればもっと遠くに、わかりにくい場所に遺体を隠せるはずなのに。そして傘だけが見つからない不自然さ。もしかして遺体を遺棄するより傘を隠すことの方に時間がかかったのかも。性犯罪を裏付ける証拠が残ってるかもですね。

投稿: ねここ | 2018/05/19 09:07

みなさん、こんにちは

熊紋さんへ
そうですね、未熟は間違いないですね。本人の供述通りに交通事故が原因なら、泣かれてパニックというのは未熟というか、人命軽視ともとれますし。

一方で事故に偽装する為、列車に轢かせたのは、偽装するにはそれしか本人に選択子が無かったんだと思います。結局は遺体を冒涜しても、自分が逮捕されない事を優先したんでしょうね。

動機については、当日の容疑者の朝からの行動を確認してみないと、なんとも言えないかもしれないですね。計画性はこのあたりでわかると思います。

空き地さんへ
計画性はなかなか、判断が難しいですね。
計画的だとすると、容疑者の自宅近くで、被害者宅の近所の犯行と言うのが、疑問なところです。

容疑者は女児との面識はないと供述しているようですが、逆に女児の側が近所のお兄さんと言う情報を持っている可能性がありますよね。
近所なので、お祭りとか地域のイベントなどで顔を見ている可能性とか、普通に道ですれ違っているなんて事もあるかもしれません。

もし、そうなら、顔を見られた女児を解放する事ができなくなりますよね。

このあたりは、容疑者側が自分の視点で考えている物なので、未熟だから気づかないとか、犯行を焦っていて、忘れていたなんて事もあるかもしれないですけどね。

練炭については、やはり自殺用だと思います。
さすがに小学2年生を練炭自殺に偽装するのは無理があると思うんですよね。

この事件の容疑者は事件後1週間、仕事へ出てないですよね。
図太い人間なら平然と仕事をして平静を装ったでしょう。
それができないあたりで、人間的な葛藤が多少はあったのかな?と思うんですよね。
ただ、それが、逮捕されないか?疑われていないか?と言う部分だけだったのかはわかりませんけど・・・

ねここさんへ
私は容疑者が、以前の未成年の連れ回し事件で書類送検されている事がよほど、心理的にプレッシャーと言うか、トラウマ的な物になっていたのではないか?と考えています。

つまり、例え遺体が見つからない、行方不明事件であっても、容疑者の自宅近くの子供が不明になれば、容疑者は必ず警察から疑われると言う強い自覚があったんだと思います。

その結果、遺体を隠しても、自分が疑われてしまうので、残された方法は事件にしない事だったのだろうと思うわけです。

ただ、問題の傘は列車事故に偽装するには、当然、被害者の持ち物として、遺体と一緒に発見されないとおかしい物ですから、列車事故に偽装する事を思いつく前に傘だけを捨てたのか?

それとも、列車事故に偽装した後、遺体と一緒に遺棄するのを忘れて、残ってしまった傘を別の場所に捨てたのか?
そのどちらか?だろうと思うのですが・・・しかし、何か容疑者に都合の悪い事があって、別に処分した可能性はありますね。

投稿: ASKA | 2018/05/19 11:06

計画性としては、最初から被害者をターゲットにしていだケースでしょうか?車でぶつけること、海岸方面につれさることや、最後に殺すこと全てシナリオを描いていた。可能性は高くないでしょうが憶測です。被害女児が下校時に一人で歩いていることを過去に見かけて知っていたのかもしれません。この子はもう戻りません。可能な限り思いお裁きを願います。

投稿: 空き地 | 2018/05/21 07:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その6(容疑者逮捕) | トップページ | 愛知県名古屋市漫画喫茶殺人事件 »