« 世田谷一家殺害事件再考その175 (警視庁犯人像発表) | トップページ | 千葉県酒々井町同居女性虐待事件 »

2018/05/27

愛知県名古屋市漫画喫茶殺人事件その2(経歴)

接見した弁護士によると、容疑者は幻覚や幻聴の症状があり、20歳の頃に統合失調症と診断された。

 

医師から毎日の薬の服用を指示されていたが、最近は飲んでいなかったとみられる。「自分は病気じゃない。親に薬を飲まされるのが嫌だった」と話したとの事。

 

事件直前、名古屋市のハローワークで紹介された会社の採用面接を受けたが不採用だったとの事。事件の際は「いらいらしていて、たばこを吸っても抑えられなかった。紙のページをめくる音がとても大きく聞こえた」と弁護士に語ったとの事。

 

容疑者は千葉県松戸市の小中学校に通った。中学校の同級生の女性(22)は「授業に出ず、やんちゃなグループと駅前でたむろし、担任の先生に反抗することもあった」と話したとの事。

 

中学卒業後、容疑者はラーメン店のアルバイトなどをしていた。昨年3月、父親(59)の実家の福島県に引っ越し、農業を手伝った。
今年4月19日、「板前になるので京都に行く」と家を出たが、岡山市のキャバクラで働いた。店員(21)によると、突然、行き先を告げずにいなくなったとの事。

 

その後、三重県四日市市のスナックの面接を受け、オーナーの男性(35)が紹介した同市内の別の店で働いたものの、すぐ辞めた。男性は「寮のある店で仕事がしたいと言っていた。視線を合わせようとせず、笑顔が無かった」と振り返ったとの事。

 

同県桑名市のキャバクラのオーナー(51)によると、4月27日に容疑者から応募があり、四日市市の漫画喫茶に迎えに行った。「福島の実家で農業をしていたけど嫌になった」と話したとの事。

 

捜査関係者によると、名古屋市に来たのは5月上旬とみられ、複数の漫画喫茶で寝泊まりしていたとの事。

 

弁護士によると、容疑者は「父親は関係ない」と語り、差し入れの受け取りを拒んでいるとの事。

 

時系列
千葉県松戸市で中学時代を過ごす。
卒業後、ラーメン店でアルバイトをする。
2016年頃  20歳頃に統合失調症を発症。
2017年03月 父親の実家の福島に引っ越す。(21歳と推定)
2018年
04月19日  板前になる為に京都に行くと、家を出る。
その後、岡山市のキャバクラで働く。
その後、三重県四日市市のスナック?で働く。
04月27日  三重県の桑名市のキャバクラに応募する。
05月上旬  名古屋市に入り、複数の漫画喫茶で寝泊まりする。
05月17日  事件発生。(22歳)

 

こんな感じですが・・・
20歳で統合失調症と診断されているようですが・・・その影響の情報が出ていませんね。
翌年に福島に引っ越したのが、その治療や療養の為だったのか?と推測しますが・・・

 

一方で、その翌年には、板前になると家を出る事を許しているのは、なぜなのか?
統合失調症の症状をご家族が知らないので、体が健康なら仕事をする事を止める理由が無いと言う事なのか?

 

でも、家庭の中でも統合失調症の発作が起きたと思うんですけど・・・

 

さらに言えば、家を出てから働いた、職場でも発作があったなんて情報も出てないですね。

 

殺害の動機についても、「イライラした」だけで、幻聴があったなどの症状の話は何もなさそうです。

 

なので、この「統合失調症」の話は裏付けを取る事が重要ですね。
とは言え、ここまでの情報を見る限り、統合失調症が事件に影響したとは思えないですね。

 

ただ、仕事が長続きしていないし、何しろ、当初の目的の京都で板前になると言う目的が早々に変わっている・・・これは、この目的自体が実は家を出る為の口実なのでは?
と思えるんですよね。

 

あるいは、最初にその目的の為、就活をしたが、どこからも声が掛からなかったので、仕方なく別の仕事を探したと言う可能性はありますね。

 

ただ、そこも職種としては「キャバクラ」と「スナック」しかないので、結局、特殊なスキルや技能が必要な仕事じゃないですよね。料理関係と言うわけでもない。

 

まだ、情報が少ないので推測になってしまいますが・・・
(中学時代にグレた(死語?)理由が知りたいですね)

22歳になって、自分のやりたい仕事をするには、それなりの準備とか資格とかが必要と言う事に気づいたと言う事なのかな?
結局は自分の思い描いた人生を送れない事に気づいた、それが我慢できなかったと言う事なんでしょうね。

 

もしかすると、これが初めての挫折なのかもしれないですね。

 

高校受験で失敗して挫折していれば、もう少し、自分の見方も変わったかもしれないけど・・・

 

まー、何度もこの事件簿で書いてますが、人生はちゃんと生きないと、自分の生きたい人生は送れないと言う事なんだと思いますね。

 

杉本昭博さんからもコメントをいただいているのですが・・・
この事件の原因が容疑者個人だったり、容疑者の家庭に問題があったとしても、それで何も対策をしないと、結局は、次の不幸な被害者を作る事になってしまいますよね。

 

なので、たとえ、個人や家庭の問題だったとしても、社会として何か、事件を防ぐ方法を講じる必要があるのではないか?と言うのが、私の意見です。

参考リンク
愛知県名古屋市漫画喫茶殺人事件

|

« 世田谷一家殺害事件再考その175 (警視庁犯人像発表) | トップページ | 千葉県酒々井町同居女性虐待事件 »

コメント

ASKAさんこんにちは
お疲れ様です
以前ネットカフェでお金を払わないと大騒ぎして警察と
もみ合っている女性に遭遇しました
それ以来安く長時間いられるネットカフェは精神面でも金銭面でも訳ありの方々が集う傾向があるんだなと一切寄らないようにしました
亡くなった方は本当に運が悪く可哀想です

違う事件ですが2004年の津山女児殺害事件に動きがあったようです
解決すると本当によいですが

投稿: ユウコ | 2018/05/29 18:06


ASKAこんにちは
津山小3女児殺害事件 服役中の男を逮捕するとのことです
加古川の女児殺害事件もとても似ている事件なので気になります

投稿: ユウコ | 2018/05/29 18:57

ネカフェは立地にもよりますが老若男女が色々いる場所ですし、狭い通路などは災害時問題になりますし、無防備な状態になるのは避けた方がいいと思います。
ちなみに自分は高速バスの待ち時間に利用したりしています。

記事の最後のASKAさんの言葉で思い出したのですが、誰かの詩に世界を変えようとした男の話がありました。
変えようとしても世界は変わらず、国も変わらず、家族も変わらず。死が近づいた時に男は悟る。まず、自分を変えるべきであったと。そうすれば家族が、世間が、国が、世界が変わっていく・・という内容だったと記憶しています。
個人、家庭、社会、世界はリンクしてますからね。
容疑者個人や家庭に問題があっても、自分達が彼らに直接働きかけて問題を解決することは難しい。
しかしその問題は他の家庭にもあるのではないか?事件の主要な要因なら、その問題を解消すれば事件を防ぐことができるのではないか?となるわけで。その辺が事件概要だけでなく容疑者の略歴まで報道される本来の理由ですよね。
それを見た個人が自分の問題を見つめ直すだけでなく、その問題を抱える人が多ければ行政や立法や司法が動かなければならなくなります。

本事件の容疑者の経過を見るに、父親は悪い仲間から引き離し、療養させようと福島へ連れていったように見えます。
厳しい父親だったのかもしれません。容疑者にとって田舎暮らしは退屈で窮屈だったのかもしれません。病と相まって監視されてるような心地になった可能性もあります。
料理人は出任せとも思えますが、農家の伝手があり、それがいまだに風評被害が残る福島の農家なら悪くない選択にも思えます。周囲としても、病は治ったと考え期待をもって送り出したのかもしれません。
うまくはいかず、二昔前ならヤクザなんかの末端で鉄砲玉にでもなっていたような遍歴になるわけですが。

こうして見ると、病への知識不足も背景にありそうですね。本人に病識がなく、精神疾患は完治しにくいという認識が家族にもなさそうです。
医師会は都道府県で区切られてますし、学会で顔見知りなどでなければなかなか病院同士の連携もとりにくいですし、プライバシーの問題もありますが、患者さんが他所へ行く際は確実に通院が継続される方法がほしいところです。
受診すれば受診報告書が送られるのでその辺りを活用できないかとも思うのですが、人と時間と責任の問題がありそうなんですよね。

投稿: つれづれ | 2018/05/30 12:21

個人や家庭の問題だとしても、被害者が出ているのだから社会として何か防ぐ手立てを講じないと!まさにその通りです。それにこの社会がこういった個人や家庭を生んでいるコトも事実ですし。

この容疑者のこころがささくれ立ってしまった原因は何だったのか?一つではないでしょうけど。
統合失調症の診断は確かなものだったのか?
ひと昔前は世間体を気にして子供を精神科医に診せない親が多かったように思いますが、近頃は逆に病名を付けて貰ったほうが安心する親もいるらしいです。つまり、うちの子は悪い子じゃない。ちょっと病気になっただけです。と思いたい。親がこういう考えだと場合によっては本人にとって恐ろしいコトになるやもしれません。

投稿: まーぷる | 2018/06/04 17:00

殺人未遂で再逮捕です。

現場に駆け付けた愛知県警中署の巡査部長の男性(38)にナイフを振り下ろしたとして、中署は10月15日、無職、男性被告(22)=殺人、銃刀法違反の罪で起訴=を殺人未遂と公務執行妨害の容疑で再逮捕したとのこと。

巡査部長は帽子にナイフが刺さったが、けがはなかった。容疑者は「1回突き刺してやった」と容疑を認めているとのこと。

再逮捕容疑は5月17日午後8時半ごろ、漫画喫茶内で、110番で駆け付け容疑者を取り押さえようとした巡査部長の頭に、殺意を持って果物ナイフ(刃渡り15センチ)を振り下ろしたとしている。

容疑者は漫画喫茶内で、面識のない愛知県尾張旭市の銀行員男性(当時35歳)を殺害したとして10月12日に起訴されていたとのこと。

こんなところですね。
死亡が一人なので、このままでは死刑は無いでしょうね。
かと言って、別に殺人未遂がついても、やはり死刑は難しいでしょう。
でも、無期懲役は有りかもしれませんね。

とりあえず、公判を待つ事にしましょう。

投稿: ASKA | 2018/10/15 19:48

***判決公判(10月15日)***

判決は懲役24年(求刑25年)です。
被告(23)は去年5月、名古屋市中区錦3丁目のネットカフェで銀行員の男性(当時35)をナイフで刺して殺害。駆け付けた警察官にも襲い掛かり、殺害しようとしたなどの罪に問われていた。

1)名古屋地裁は10月11日、「犯行は残虐の一語に尽きる」として懲役24年(求刑・懲役25年)の判決を言い渡した。

2)弁護側は統合失調症の症状で事件当時は責任能力がなかったとして無罪を主張していたが、判決は「一定の影響は否定できないが、善悪の判断能力の喪失は認められない」と完全責任能力を認めたとのこと。

別の報道では
「いらだちを抑えるため犯行前にタバコを吸うなど、当時物事の善悪の判断がなかったとは言えない」として完全責任能力を認めたとのこと。

裁判長は、店内で資格試験の勉強をしていた被害者のブースの方向から本のページをめくるような音がして気になり、「いら立ちが限界に達し、殺そうと考えた」と認定した。

3)身重の妻を残して殺害された被害者に触れ、「愛する妻子を残して絶命した無念は筆舌に尽くしがたい」と指摘したとのこと。

4)弁護側が否定していた警察官への殺人未遂罪については「至近距離の警察官に殺意を持ってナイフを振り下ろした」と認定したとのこと。

5)検察側は「被害者の紙をめくる音にいら立ちを爆発させた」と主張した上で「極めて残虐かつ執拗な犯行」などとして、懲役25年を求刑したとのこと。

6)遺族のコメント全文
24年という判決は法的に照らし合わせれば妥当なものと考えられるのかもしれません。しかし、被害者の苦痛や、迎えるはずであった温かい未来を想うと、遺族にしてみれば到底納得できるものではありません。全く反省しておらず、再犯の可能性さえある人間が24年後に再び社会に出る事に対し、大きな不安と憤りを感じております。

こんなところですね。
別件が忙しくて見落としていたようです、公判の情報が抜けていますね。
死亡が一人、で警官への殺人未遂、さらに完全責任能力が認定されていますが、判決は懲役24年です。
死亡が一人だった事と、偶発的な事件だったので、無期懲役でも、有期刑の上限でもない、懲役24年です。
ただ、求刑が25年ですから、そこからは1割も引かれていないので、極めて悪質だったと言う事なんでしょうね。

この事件で感じるのは、日本は既に安全な国では無くなっていると言う事ですね。
いろんな事件でそうですが、この事件でも被害者には全く落ち度がありません。
資格勉強の為に漫画喫茶の個室で勉強していて、参考書やノートをめくる紙の音にキレて殺害されてしまったと言う理不尽極まりない事件です。

場所を変えれば、バーガーショップやファミレスで中高生が少し大きな声で会話していたところを襲われたかもしれません。あるいは、襲われたのが外国人だったかもしれません。

これからは、どこで襲われるか分からないと言う事を考えて、日々の日常を生活した方が良いんでしょうね。

亡くなった男性のご冥福をお祈りします。

投稿: ASKA | 2019/10/15 13:39

公判情報をメモしていた事を忘れてました。
***初公判(9月24日)***
起訴状によると、被告は昨年5月17日夜、漫画喫茶店で、会社員男性(当時35)=愛知県尾張旭市=の顔や胸などを果物ナイフで多数回刺して殺害したとされる。また、通報を受けて駆けつけた男性警察官の頭部に向けてナイフを振り下ろし、殺害しようとしたなどとされる。ナイフは制帽を貫通したが、警察官にけがはなかったとのこと。

1)男は起訴内容を認めました。

2)冒頭陳述で、検察側は「不安定な暮らしに苛立ちをつのらせ、犯行に及んだ」と指摘。

別の報道では
被告は2017年12月ごろ福島県の自宅を出て、各地を転々としながら職を探したがうまくいかず、いら立ちを解消するため人を殺そうと思うようになった。現場のネットカフェで二つ隣のブースにいた男性に、「物音出してるんじゃねえよ」と襲い掛かったとのこと。

「被告は犯行当時統合失調症だったが、責任能力はあった」としたうえで、警察官への行為についても、「自分の意志でナイフを振り下ろしている」と指摘したとのこと。

3)弁護側は「犯行当時、被告は統合失調症の症状で責任能力がなかった」と主張した。
警察官に対する暴行は「実行行為がなかった」と主張した。

別の報道では
弁護側は、被告が以前から統合失調症などで入通院しており、事件も統合失調症の影響下で起こしたと主張。「ナイフは自傷行為のため購入したものだった」などと説明したとのこと。

警察官への行為について「無意識で反射的」として、殺意はなかったと主張した。

***第二回公判(9月27日)***

1)被告が事件当時の心境について「耐えられないくらいイライラしていた」などと述べました。

しかし、凶器の入手方法や犯行時の状況、動機などについては黙秘を繰り返したとのこと。

2)弁護人から、「当時の感情の波は大きかったですか」と問われると、「大きかったです」と答え、「自分の意志じゃなかった」とも話したとのこと。

***論告求刑判決(10月4日)***
1)検察側は懲役25年を求刑した。
検察側は「強い殺意に基づくもので、極めて残虐かつ執拗な犯行であり、その動機は身勝手で悪質」などと主張し、懲役25年を求刑した。

2)検察側は4日の裁判で、被告が警察の取り調べ段階で、「犯行直前、落ち着くためにたばこを吸った」などと供述していたことなどを挙げ、「自らの行為の違法性は理解していて、責任能力はある」として被告に懲役25年を求刑した。

3)弁護側は、「犯行時、統合失調症の投薬治療をやめていた被告は、自己を抑えることのできない状態で、責任能力はなかった」と無罪を主張したとのこと。

こんなところですね。
統合失調症の通院歴があり、当時の統合失調症だったのに、服薬を自分の判断でやめていたと言うのではあれば、その結果責任は問われると思います。

いずれにせよ、判決では完全責任能力が認められているので、この部分は注目されていませんけどね。
癲癇の患者が癲癇の薬を飲まずに、車を運転して死亡事故を起こした場合と同じじゃないですか?
とは言え、もし責任能力が認められなければ、39条によって、罰を受けない事になり、結果責任も問われないんですよね。なのでスーパー免罪符と言っても良いかもしれませんが・・・そんな事、遺族としては受け入れられないですよね。

結局、事件の原因はストレスなんですね。
仕事が見つからないと言うのは、それは大きな、ストレスだろうとは思います。

で、確認したら被告は23歳なんですね。高卒で就職したなら、社会人として5年は仕事をしていると思うのですが・・・20代前半なので、健康なら仕事の一つや二つは見つかると思うのですが・・・どうして仕事が見つからなかったのかな?

と思って、「その2(経歴)」の記事を読みなおしたら、見つからないと言うよりは、「見つかった仕事を簡単にやめている」と言うのが正確なような気がします。

それが統合失調症の影響なのか?・・・でも、本人は自分が病気では無く、「親に無理やり薬を飲ませれたいた」と言う認識なので、服薬を止めてしまうのも無理ないのかもしれません。

ただ、本人に病気の意識が無いと言うのは幻聴などはなくて、比較的症状は軽かったのかな?

と考えてくると、この事件は服薬して通院治療を継続していれば防げたのかな?と思ったりするのですが・・・
どうなんでしょうね。

投稿: ASKA | 2019/10/15 15:21

統合失調症は発作のように急激に変化する場合もあれば
ゆっくり長く続く場合もあるので
どちらにしろ医師の診察で病気が認められた時点で
投薬治療を継続すべきでしたね。
統合失調症は、受験や就職の失敗、親族や恋人の死など
過度なストレスがかかったり
そこからくる継続的な不眠などから
誰でもなりうる病気ですが
ほとんどの場合、きちんと投薬治療を受ければ
うつ病などに比べれば「治る」病気です。
ただ、逆に投薬を勝手な判断で辞めてしまうと
不眠や幻聴・幻覚などが
どんどん悪化していく病気でもあります。
(総じて患者本人が「自分が病気だ」と認知できない病気でもあるので
献身的な周囲のサポートが必要になります)
親も本人も診察を受けて病気の自覚があったのなら
完全に医師がOKを出すまで途中放棄させるべきではなかった。
きちんと治療を受けずに半ば放り出すような形で
家族が加害者を放置しているような印象を受けたので
きちんと数か月通院していれば(親族がサポートしていれば)
防げた事件なのかなあと概要を読んで思いました。

投稿: ヤムチャ | 2019/10/15 21:19

***控訴審初公判(2月5日)***
1)弁護側は完全責任能力を認めた一審判決を「事実誤認」として改めて無罪を主張しました。。

2)検察側は控訴棄却を求めたとのこと。

***控訴審判決公判(2月17日)***
名古屋高等裁判所は、控訴を棄却した。

裁判長は、「精神鑑定の結果は十分信用でき、完全責任能力を認めた一審判決に事実の誤認はない」などとして控訴を棄却したとのこと。

別の報道では
「一定程度の社会生活を自力で営んでいた」と指摘した上で「精神鑑定の信用性に不合理な点は見当たらない」として懲役24年とした一審判決を支持し弁護側の控訴を退けた。

二審も一審判決を支持ですね。

投稿: ASKA | 2020/02/18 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その175 (警視庁犯人像発表) | トップページ | 千葉県酒々井町同居女性虐待事件 »