« 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その7(供述) | トップページ | 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その8(衝突) »

2018/05/18

愛知県名古屋市漫画喫茶殺人事件

5月17日(木)20時25分ごろ、名古屋市中区錦3丁目のビルの9階にある漫画喫茶店で「刃物を持ってもみあっている人がいる」と110番通報する事件が起きている。

愛知県警によると、男性1人が頭や胸などをめった刺されており、搬送先の病院で死亡が確認されたとの事。
県警は、現場で刃物を持っていた住居不詳、無職の男性容疑者(22)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、殺人容疑に切り替えて調べているとの事。

県警によると、容疑者は刃渡り約15センチの果物ナイフで男性を刺し、殺そうとした疑いがあるとの事。
容疑者は男性とは「面識がない」と説明しており、「自分が死ねないから、むかついて刺した」と話しているとの事。
男性は失血死で、愛知県尾張旭市の銀行員・男性(35)

現場は東海地方最大の繁華街の大通りに面したビルとの事。

容疑者は「刃物は1週間くらい前に栄で拾った」などと供述しているとの事。
「ムカついたことがあったら誰でもいいから人を刺そうと思って持っていた」と供述しているとの事。

警察は、容疑者がひとつはなれた並びの被害者のブースから漏れた物音に腹を立て、リュックサックから持っていたナイフを取り出し犯行に及んだとみて、詳しい動機や経緯を調べているとの事。
(容疑者は被害者がいたブースと一つおいた隣のブースを利用していた。)

被害者は頭や首、背中、胸など上半身を中心に多数回刺されたり切られたりし、搬送先の病院で死亡した。容疑者は通報で駆けつけた捜査員に対し、持っていた果物ナイフで抵抗したが、取り押さえられたとの事。

容疑者は店内の個室にいた男性に果物ナイフで突然襲いかかった上、逃げる男性を追いかけて何度も刺したとの事。

警察によりますと、容疑者が現場のネットカフェに入店したのは17日18時過ぎ。
その1時間半後に殺害された被害者が、仕事や資格の勉強のため入店。
2人は空き部屋をひとつ挟んだ個室をそれぞれ利用していたとの事。
「些細な物音でイライラしていた」
「そのイライラが限界に達して、リュックからナイフを取り出して外に出た」(容疑者の供述)

容疑者はその後、被害者の個室から明かりが漏れているのを見つけ個室のドアを開けて、「物音を立てるな」などと怒鳴り、さらにその後驚いて外に逃げた被害者を追いかけ切り付けた可能性があるとの事。

こんな事件ですね。
容疑者は22歳ですか・・・どんな経歴なんでしょうね。
まー生きていくのが、世の中が嫌になってしまったんでしょうね。

自暴自棄と言うあたりだったんでしょうが、自殺なども考えたのかな?
「自分が自殺できないから、むかついて刺した」と言うのは、ストレス発散を兼ねて、間接自殺でも考えたのか?

あるいは、死刑にならなくても、刑務所に入って今の境遇から逃げ出したかったのかもしれませんね。

そんな人生に挫折した容疑者が襲った相手が、銀行員で勉強の為に来店していた、いわば人生の勝ち組だったのは、偶然とは言え、運命のいたずらなのかな。

今年は景気が良くて、新卒の就職状況も売り手市場だったとか・・・
容疑者にはそんな景気の恩恵などもなかったんでしょうね。

まー、容疑者が悪い事に間違いは無いのですが、その容疑者を作ってしまったのは、私たちの住む社会である事も確かなので、原因を容疑者の責任に矮小化してしまうと、こんな無敵の人の犯行は防げないのかもしれませんね。

とりあえず、今の日本では、どこにいても、突然襲われる可能性があると言う事は忘れてはいけないのかもしれません。

容疑者の経歴が知りたいですね、そして、なぜ、こんな心境になったのかが知りたいです。

35歳、独身なら自宅で勉強されるでしょうから、結婚されて妻子がおられたのかもしれません。
お子さんはまだ小さいかもしれませんね。
事件はいつも理不尽で、やりきれませんね。

亡くなった被害者男性のご冥福をお祈りします。

参考リンク
愛知県名古屋市漫画喫茶殺人事件その2(経歴)

|

« 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その7(供述) | トップページ | 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その8(衝突) »

コメント

いやいや、こういった容疑者を作るのは社会ではなく家庭でしょう。自分も甘やかされて育ったクチだからねえ。だいたい、自分より偉い人間はいないと今の若者は思い込んでしまっていますよ。

投稿: 杉本昭博 | 2018/05/25 08:41

漫画喫茶がこんな危険な所だなんて、被害者も 誰も思わなかったでしょう。本当に今はどこにいても知らない人に襲われる可能性がありますね。

仰るように、まるでドラマみたいにお金も希望もない人が加害者で、ちょうどその反対の人が被害者ですね。でもこんなケース意外と多い。埼玉の通り魔が殺害した人は同じマンションに住む趣味に仕事に忙しく暮らしていた誰からも好かれる明るい男性だったし、新幹線放火自殺で巻き添えになって亡くなった女性は充実した人生を送って来た裕福で人柄もいいと評判の奥さんだった。

投稿: まーぷる | 2018/05/27 13:58

杉本昭博さん、まーぷるさん、おはようございます。

杉本昭博さんへ
確かに、犯人の側に問題があって、自業自得と言う面もあるとは思うのですが、被害者側に限ってみれば、全く非が無い場合がほとんどで、理不尽に被害にあう被害者を出さない為には、たとえ個人や家庭の問題であっても、被害者を作らない為に、社会的に何か取り組むべきだろうと思いますね。ピンポイントでここと言うような特効薬は無いかもしれませんけど・・・

まーぷるさんへ
ただの偶然なんだろうとは思うのですが・・・何か感じる物がありますよね。

投稿: ASKA | 2018/06/02 06:05

ASKAさんへ。
極私論です。思うに今の刑法自体が、抑止力が全く無いと思います。ハンムラビ法典でなければ、究極のところ、犯罪抑止にはならないと考えています。殺害することと、懲役15年を天秤にかけているのではなく、殺害されることと、懲役15年を天秤にかけなければならない時代なのではないでしょうか。
極端に例えるなら、AがBを殺害。Bは死という一番嫌な目に遭う、Aは刑務所で懲役。15年くらい自由が無くなるという二番目に嫌な目に遭う。このバランスが犯罪増加なのではないかと密かに思っているのです。

投稿: 杉本昭博 | 2018/06/07 18:47

今度は、のぞみ車内でありましたか。もはや安全な場所無し。犯罪者の悪行は止められない。ハンムラビ法典の復活を願います。

投稿: 杉本昭博 | 2018/06/10 00:04

今の時代は、皆、安全に暮らす権利があるわけではなく、だいたい15年くらいの懲役という刑罰さえ容認すれば、『誰もに刃物を持って暴れる権利』があるという時代です。ハンムラビ法典しかないと思いますけどね。

投稿: 杉本昭博 | 2018/06/10 00:49

1人殺せば基本死刑。
殺人者もそのくらいの覚悟を持たねばなりません。
罪のない子供を殺しておいて、いずれ出てくるとは私には納得できない。
殺すということは、その場で殺されるかもしれない。
昨日の新幹線の事件も死刑以外にあり得ないでしょ。
つーか、自分で命をたてば済むはなしだ。

投稿: 空き地 | 2018/06/10 23:01

空き地さん。1人殺して、懲役15年が妥当といわれる世の中ですから、法で抑止するのは難しいでしょうね。それを犯罪者自体が、自覚しているわけですし、1人殺して死刑判決が出たら、弁護士廃業でしょうから。こうしているうちに、またも、大阪泉佐野で。やはり、新幹線事件の模倣犯が出たか。

投稿: 杉本昭博 | 2018/06/11 19:21

またもや 誰でもいいから殺したかったと言う男による凶行。
そして、またもや希望に燃えてやり甲斐のある仕事に打ち込んでいた人が犠牲になりました…。
それにしても、新幹線か…。あんな狭い所で鉈振り回されたらどうしようもない。

投稿: まーぷる | 2018/06/11 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その7(供述) | トップページ | 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その8(衝突) »