« 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その2(続報) | トップページ | 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その4(傘) »

2018/05/10

新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その3(不審者)

まずは続報です。
1)県警によると、女児は7日午後3時ごろに友人と一緒に下校。自宅から約300メートル離れた踏切の手前で友人と別れた。捜査関係者によると、その後、女児が踏切と自宅との直線道路を1人で歩いているのを付近の人が目撃していたとの事。

2)市教委によると、女児は7日、通っていた市立小針小学校の同級生に「(この日朝の登校中に)黒い服を着て、サングラスをかけたおじさんに追いかけられた」と話していたとの事。小学校側は、女児が行方不明になった後の同日夕、この同級生から報告を受けたとの事。
近所の人の話では、学区内では昨年9月にも、児童が見知らぬ男性に腕をつかまれたことがあったとの事。

3)市教委によると、7日16時20分頃、母親から同校に「娘が帰って来ない」と連絡があり、教員が仲の良い児童に聞き取りを行ったところ、女児がこの日の登校中に不審な男に声をかけられ、追いかけられたと同級生に話していたことが判明したとの事。同級生の話からは、男の詳しい特徴や年代は分からなかったが、同校はすぐに県警に届け出たとの事。

4)昨年9月に当時2年生の女子児童が登校中に男に手をつかまれ、同小が県警に通報。県警も昨年9~12月、刃物を持った男がうろついたり、数人の児童が男に追いかけられたりしたとして、保護者らにメールで注意を呼び掛けていたとの事。

5)県警がメールで知らせている子供を対象とした不審者の情報は、昨年4月から今年4月までで少なくとも9件。女児が通っていた小針小学校の近くでは昨年9月、女子児童が登校中にサングラスを掛けた男からすれ違いざまに肩をつかまれたとの事。近隣の地域でも同10月、帰宅中の女子児童の前に男が立ちふさがり、児童の腕を引っ張ったとの事。

6)不審車情報。捜査関係者によると、白い車は7日20時ごろに現場付近の踏切近くの道路に止まっていた。不審に思った近隣住民が近づくと、運転席の男は顔を伏せ、すぐにエンジンをかけて立ち去ったとの事。

7)県警によると、女児の母親から7日午後5時ごろ、下校時間になっても帰宅しないとの通報を受けた。遺棄されたとみられる時間帯、現場周辺で警察官が100人態勢で女児の行方を捜していたとの事。
現場付近の線路沿いの道路には防犯カメラはなかったとの事。

8)「小針小学校から直線で500メートル、この辺りでも去年9月の登校時間帯に、サングラスをかけた特徴が非常に似た不審な男が目撃されていたとの事」

男は30代くらいで、170センチくらい。黒い服に、黒い帽子をかぶり、サングラスをかけていました。登校中の小学5年生の女の子の肩をすれ違いざまに、つかんだとの事。女の子は逃げて無事だった。

9)7日朝の登校で、普段女児は兄と他の女子小学生と一緒に3人で登校していたが、この日は一人で登校していた。

時系列を更新
05/07
朝    女児が小学校に一人で登校、登校中に不審な男性に声を掛けられた。
15:15頃 女児が複数の友人と下校
16:20頃 母親が学校に娘が帰宅しないと連絡
その後、学校関係者が帰宅経路を捜索するが発見できず。
17:00過 警察に母親から小2の娘が不明の相談。
その後、警察が100人体制で付近を捜索。
20:00頃 踏切付近に白い車(不審車)が止まっている目撃情報。
22:20頃 現場を通過した別の電車は異常に気付かなかった。
22:30頃 新潟市西区青山水道のJR越後線で線路の女児をはねる。

こんなところですね。
さて、今出ている情報から犯人像を考えるのですが・・・
A)7日朝に一人で登校中の女児を追いかけた不審者が犯人かどうか分かりませんが・・・もし、犯人であるならば、普段3人で登校していた女児をターゲットにするのはちょっと妙ですよね。

つまり、7日朝に偶然見かけた女児を気に入って追いかけたと言う事かな?

B)朝見かけて、気に入った女児の帰宅を待ち伏せて拉致った?
だけど、それは、女児が一人になる事を知らないと無理ですよね?
女児の自宅を知らないので、学校から尾行して偶然、自宅近くで一人になったところを襲った?と言う可能性も否定はできないけど・・・それだと、誰かが不審者として目撃してそうですよね。

それに、徒歩での拉致はかなりハードルが高いですよね?
顔見知りとか、巧みな話術で無警戒に女児を連れ回す事ができなければ不可能じゃないかな?

車での尾行も可能ではあるけど、何しろ、小学生の歩く速度で車道を走る車がいたら、あからさまに不審車ですよね。

C)犯人が女児の自宅を知っていて、自宅近くで待ち伏せしていたと考えた方がハードルは低いかな?

しかし、そう考えた場合・・・他にある多数の不審者情報との関連はどうなるの?
つまり、犯人が一人で、複数の不審者案件を行っていた場合なんだけど・・・

これは、結局のところ「誰でも良かった」と言う事なんですよね。
つまり小学校の周辺で張っていれば、適当な女児が歩いているはず、そこで誰でも良いから女児に接触を試みると言う事なんだろうと思うわけですが・・・

それだと、死亡女児のの自宅を知っている理由にはならないですよね?

一つの仮説として、犯人はこの地域に精通していて、ある程度、民家の家族状況などを把握している、その上で、その都度、適当な場所で誰でも良いから女児に声を掛けるチャンスを狙っていたと言う説明は有りかな?

D)犯人は仕事してるの?
小学校は朝8時ぐらいが始業時間ですよね。
だとすると、女児は自宅を7時半過ぎぐらい、遅くても7時45分ぐらいには出ているはず。

犯人はその時に居たわけだから、朝8時始業の仕事をしていたわけじゃなさそうですね。出勤前にやるなら、出勤時刻は9時の仕事なのかな?

一方で、女児の帰宅時間、15時半頃と言うのは、ちょっとハードルが高いですよね。通常のサラリーマンなら、普通に仕事中ですよ。
まー、営業職なら外回りと言う説明もありです。

でその後、17時や18時に退社してから、22時過ぎに遺体を遺棄するまで自由時間かな。

当然ですが、無職、自営業などなら問題なく犯行が可能ですよね。
他には夜の仕事で昼間はオフと言う仕事もあるので、そういった仕事もありますね。
ただ、夜勤だと20時ぐらいには始業のような気もするし・・・
あるいは0時ごろ始業で朝6時に終業って場合なら、夜勤明けの朝に待ち伏せしていたってのも不可能じゃ無いのかな。

まー他にも、いろいろ該当する仕事はありますね。

E)なぜ、遺棄場所に拘ったのか?
7日夜は自宅周辺や通学路周辺など警察が100人体制で捜索していたんですよね。
もしかすると、学校関係者とか不明女児の家族の知り合いなど総出捜索していたかもしれません。

となると、100人以上、150人ぐらいの人がこのあたりを捜索していたと思うわけです。(警察発表の100人の中にこれらの人が入っている可能性もありますね)

その中に遺体を持って入っていくのは相当な勇気が必要ですよね?
犯人なら誰でも近づきたく無い場所だと思います。

20時頃の白の不審車が犯人の車かどうか分からないけど・・・もし、犯人だとしたら、住民に声を掛けられた後にも、再度、舞い戻ってきて、遺体を遺棄してるって事なんですよね。

なので、犯人にとってはそれほどの危険を冒しても、女児を事故死に見せかけなければならない理由があったと言う事なんですよね。

最初から殺害するつもりなら、こんな危険を冒す計画は立てないでしょうね。
なので、犯人は殺すつもりは無かったんでしょう。
意図せず、殺害してしまって、その後、考え抜いた結果、この場所での事故死の偽装と言う結論にたどり着いたと思うわけで・・・

前にも書きましたけど、犯人にとって逮捕される危険を冒しても、逮捕されない為にはここで事故死に偽装する事が最善の策と考えたわけですよね。

事件になったら、犯人は絶対に逮捕されると言う危機感があったのかな?
まー派手に不審者行動を行っていれば、複数に目撃されている可能性もありますから、そこから逮捕につながると言う危機感があるのかな?

そのあたりは、逮捕されれば、供述が出て来るでしょうね。

朝の追い回しや、遺棄の犯行時刻や場所はほぼ特定されているわけなので、あとは二つに共通する人物や車両を絞っていけば良いわけですから、時間は掛かっても、確実に捜査は進むでしょう。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その2(続報)
新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その4(傘)

|

« 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その2(続報) | トップページ | 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その4(傘) »

コメント

抜けてました。
7日が休暇とか、休日と言う事なら、仕事時間は関係なくなりますね。

投稿: ASKA | 2018/05/10 21:24

不審な白い車の目撃情報ですか。
追い抜いて女の子を車にねじ込み、車を自宅などへ。
犯行時に騒がれて絞殺した。
犯行現場は線路から遠くないはずです。
なぜならば、拉致現場付近には警察官がたくさんいるのですから、わざわざ車で戻らないでしょう。列車事故を装いたいなら、もっと遠くでもよい。いや、遠くにいるなら、山林に遺棄もある。
したがってやはり、犯人は近くにいるし、もうすぐ捕まりますな。
今頃下手に逃げることもできずに、學ブル((((;゚Д゚)))))))なんじゃね

投稿: 空き地 | 2018/05/10 22:39

誤って線路に侵入した事故に見せかけたかったから下校ルートから近い場所に遺棄したのでしょうね。
遠い場所の線路だったら小学生の帰宅途中の事故としては不自然ですし。

遺体の出血量から他殺だとバレてしまったようで、綿密に計画したような犯行に見えて医学や犯罪学の知識は無い、素人考えの行動に見えます。

投稿: ミッシェル | 2018/05/11 00:57

みなさん、おはようございます。

空き地さんへ
そうなんですよね。理由の一つとして、「運搬手段が無い」と言う可能性はあるんですよね。

ミッシェルさんへ
まー難しいところではありますね。
多分、犯人の人生で初めての経験です。
死亡した女児を生き返らせる事はできないから、遺体をどうするか?と言う事を2、3時間ぐらいで決断しなければならい状況ですからね。

多少、ミステリー作品、金田一君とか、コナン君などを読んでいれば、医学的知識がなくても、事故死に偽装と言うあたりは思い付くかもしれないですね。

まー事件の事を研究して計画した事件では無いと思います、どちらかと言うと、追い詰められて短時間につじつま合わせをしようとした印象ですね。その反動が警察には有利に働くと思います。

投稿: ASKA | 2018/05/11 05:26

「誰でもよかった」
ここは違うでしょうね
間違いなく狙って行われた犯行でしょう
捕まるとか捕まらないとか、そういうのを何も考えていない
人が犯人という事もありますね
遺族に失礼ですが、ごく近い身内が犯人ということも
意外と事実は謎もなんにもなく単純で簡単なことだと思いますが・・

投稿: 名古屋さん | 2018/05/11 06:07

ASKAさん、こんにちは。散々ニュース等で報道されていますが、今回の事件は「何故線路に遺体を遺棄したのか」が重要だと思います。

不審者情報では白い車が目撃されており、その所有者が犯人であれば線路に遺棄するよりも少し車を飛ばして山なり海なりで遺棄できると思います。しかし犯人はどういうわけか線路に遺体を放置した。

①そもそも車を持ってないケース・・・新潟市はバス社会で結構バスが便利で仕事で使わないのなら車を持たなくても生活していけると思います。それ故遠くに遺棄できなかった。ただそうなると不審者情報は別の人間ということになります。

今日出てきた情報ですが被害者の持っていたピンクの傘がなくなっているそうで。女児用のピンクの傘を持って歩けば相当目に付くと思うので車を使ったと見るのが妥当でしょうか。被害者の帰宅通路に犯人の家があって、そこに誘い込まれたとなれば話は別になりますが。

②車は持っているが線路に遺棄したケース・・・まず思い浮かぶのが検問ですね。当時は保護者や警察、学校関係者含め付近を捜索していたようです。もしかしたら検問を受けて職務質問をされる→遺体が見つかる、と考えてやむなく線路に放置したというケース。死因が分からなくなれば、と考えての可能性もありますが犯人がそれだけの理由でわざわざ犯行が発覚するリスクを負うかどうか・・・。

2つ目は時間ですね。何らかの理由で遺体を保持し続けられない状況であった。家族がいたり仕事で離れなくてはならなかったり。

また、近隣に住んで居なければ、つまり流しであれば遺体を保持しておく必要はないということも有り得ます。現場は人通りの少ない地域ではありますが、「かつてその地域に住んでいた」等の理由でその地域を知っている人間も居ると思います。流しで車を使っていたとあれば電車が止まってくれればいち早く現場を離脱できる可能性もあります。止まる場所が分かれば踏み切りに引っかかりませんから。警察はそちらにもあたらなくてはなりませんから犯人は逃走しやすくなるかも。考えすぎかもしれませんが。

とにかく、一刻もはやい犯人の逮捕を願います。


投稿: 裏銭 | 2018/05/11 17:24

 はじめまして。
 いつも読ませて頂いております。
 犯人は朝女児に声をかけた男と同一なら女児を狙っていて、女児の行動パターンを把握していた可能性がありますよね。仕事していない無職、学生等ならそれも可能です。私も犯人は近隣者であろうと思います。

投稿: ノブナガ | 2018/05/11 18:25

みなさん、おはようございます。

名古屋さんへ
そうですね、拉致った段階では被害女児を狙っていますね。
ただ、そまでの黒服の不審者の段階では誰でも良かったと言ったところでしょうか。
まー、黒服の不審者が犯人とは限らないのですが。

裏銭さんへ
このあたり、場合分けが沢山必要になりますね。
車使用の有無、不審者と犯人が同一人物か、車を使わない場合、犯人が独身の場合、拉致現場と遺棄現場が近いのは不自然じゃないんですよね。運搬手段が無いので。
一方の不審者と犯人は別人と言う可能性もあるわけです・・・ここは、あまり結びつけない方が良いかもしれませんね。
独身だと遺体をしばらく保存とか、解体して遺棄とかの選択子があるんですが、短時間に遺棄しているのは、家族と同居で遺体を保管できなかったと言う可能性がありますね。
もしくは、事故死に偽装するのに死後時間を置くことができないと言う判断をしたのかもしれません。

このあたりは、逮捕されたら、あーやっぱりとか、そうだったのかとかと言う話になりそうなところですね。

ノブナガさんへ
そうですね、女児の行動・・・とりあえず、帰宅時に一人になる事を知っていないと待ち伏せは難しいですね。
ただ、朝の不審者と同一人物なら、朝一人で登校しているのを見ているので、同じ場所で下校を待ち伏せと言うのは、不自然じゃないんですよね。

一方で、犯人が自宅近くで不審者行動をするの?と言うのが微妙なところなのと、近所で顔見知りなら、朝のおじさんは、知らないおじさんじゃなく、何々さんちのおじさんと言う事になりそうなんですね。
なので、犯人がご近所さんなら、黒服の不審者と犯人は別人と考えた方がよさそうでねす。

ただ、ここも、不審者が一般常識を持たないタイプの場合もあるので、普段、引きこもりなどで周辺にその存在を認識されていない人物ならご近所さんの不審者イコール犯人と言う可能性も残りますね。

投稿: ASKA | 2018/05/12 05:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その2(続報) | トップページ | 新潟県新潟市西区小2女児殺害事件その4(傘) »