« 静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件その3(掲示板の投稿) | トップページ | 活動自粛のご連絡 »

2018/06/25

福岡県 Hagexさん刺殺事件

6月24日(日)20時ごろ、福岡市中央区大名2の旧大名小学校内の施設で、施設関係者の男性から「人が刺された」と110番する事件が起きている。
IT関連のセミナーの講師をしていた東京都江東区東雲2、インターネットセキュリティー会社員、男性(41)が背中をナイフ(刃体約16・5センチ)で刺され、病院に搬送されたが死亡が確認されたとのこと。
刺したとみられる男は自転車で逃走したとのこと。
関係者は西に約500メートル追いかけたが、見失ったとのこと。

福岡県警によると、24日22時50分頃、40代の男が福岡・東署管内の交番に「中央区の殺人は自分です」と出頭したとのこと。
男の持っていたバッグの中から血が付いた刃物(刃体約16・5センチ)が見つかったとのこと。同署は容疑が固まり次第、殺人容疑で逮捕する方針とのこと。

現場は福岡市中心部の天神の西側に隣接する繁華街にある施設。
通報者の男性が、施設1階のトイレから「救急車を呼んでくれ」と声がしたため、確認に行くと、刃物を持った男と背中を刺された男性が出てきたとのこと。

発表によると、男性は旧大名小の施設内で開かれていたIT関連セミナーの講師で、午後7時45分頃までブログに関するテーマで話をしていたとのこと。

男性さんはインターネットセキュリティー専門のメディアの編集長で、「ダークウェブ」など最新のサイバー犯罪の調査を手がけているとのこと。

現場となったのは2014年に閉校した大名小学校の建物で、現在は官民共働の創業支援施設が置かれて企業や起業を目指す個人が入居しているとのこと。

福岡県警中央署は6月25日朝、同市東区筥松(はこまつ)1、無職男性容疑者(42)を殺人、銃刀法違反容疑で逮捕した。

容疑者は「インターネット上のやり取りで恨んでいた人物を死なせてやろうと、首や胸を刺した」と容疑を認めているとのこと。2人に面識はないとみられ、同署はネット上のトラブルが原因とみて調べているとのこと。

発表によると、容疑者は24日20時頃、同施設内のトイレや廊下で、被害者をナイフ(刃渡り16・5センチ)で複数回にわたって刺したり、切りつけたりして殺害した疑い。首や胸など全身に複数の刺し傷や切り傷があり、死因は出血性ショックとのこと。

一部報道ではレンジャーナイフとのこと。

容疑者は施設で開いたIT関連セミナーには参加しておらず、待ち伏せしていたとみられるとのこと。

県警などによると、セミナーは同日17時30分から事件約15分前まで開催。容疑者はセミナー情報を事前に入手した上で当日被害者の顔を確認、セミナーに参加せずに施設内で待ち伏せし、セミナー終了直後に被害者がトイレに入ったところを襲ったとみられるとのこと。

施設の床に残った足跡が容疑者のものと一致した他、防犯カメラの映像などにも疑者に似た人物が映っていたとのこと。

2人に直接の面識はなかったといい、「(ネットのハンドルネームが)Hagexという男を死なせてやろうと思った」と供述しているとのこと。

6月24日22時29分に投稿されたブログ「はてな匿名ダイアリー」には、「おいネット弁慶卒業してきたぞ」という書き込みがあるとのこと。
文面には、「俺を『低能先生です』の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ」などと、書き込まれていたとのこと。(ネットには全文を掲載しているサイトもあるので、興味のある方は検索してください)

ほぼ引きこもりの42歳はここで体力が尽きてしもうた」とあり、容疑者の年齢と一致する。
投稿は「これから近所の交番に自首して俺自身の責任をとってくる」「着くまで30分くらいかかるかも」と締めくくられているとのこと。
県警によると、容疑者が出頭したのが23時ごろ。ブログを投稿したのが誰かは不明だが、時間の点も書き込みと一致するとのこと。

被害者は会社員の傍ら、「Hagex-day.info」というブログを「はてなブログ」で運営。ネット上の事件などを記事にまとめて紹介する「ネットウォッチャー」の1人として知られ、ブログは人気を集めていたとのこと。

24日は、福岡市内の起業支援施設「Fukuoka Growth Next」で、「ネットウォッチ勉強会」という名のイベントをHagex名義で主催。イベント終了後、会場のトイレで刺されたとのこと。

被害者はインターネット上で、複数のユーザーに対し誹謗中傷を繰り返す特定の人物を「低能先生」と呼び、これが容疑者だった可能性があるとのこと。

「低脳先生」というのは、はてなブックマークを中心に活動していた“荒らし”アカウントの1つとのこと。
他ユーザーに対し誹謗中傷を繰り返し、凍結されてもすぐに新規アカウントで復活すること、頻繁に「低能」という言葉を使うことなどから、一部ユーザーからは「低能先生」という通称で呼ばれていたとのこと。

Hagexさんも2018年5月に「低能先生に対するはてなの対応が迅速でビックリ」という記事を投稿しており、もしも上記“犯行声明”が容疑者のものであれば、今回の犯行は、Hagexさんや他のユーザーに恨みを抱いた「低能先生」による可能性が高くなるとのこと。

しかし、「低能先生」という呼び名はHagexさんがつけたものではなく、ネット上では2017年時点で既に「低能先生の捨てIDをわかる限り集める」といったエントリも存在しており、はてなブログ関係では広く知られる存在だったと思われます。

時系列
06月24日
17:30   事件現場で「ネットウォッチ勉強会」が開催。主催者は被害者Hagexさん(41)。容疑者は参加せず。
19:45頃  勉強会が終了。
20:00頃  事件発生、トイレで被害者が容疑者に複数回刺される。搬送されるが死亡、容疑者は逃亡。
22:29   はてな匿名ダイアリーに「おいネット弁慶卒業してきたぞ」の書き込み。
22:50頃  福岡・東署管内の交番に容疑者(42)が出頭。

死因は死因は出血性ショック、首や胸など全身に複数の刺し傷や切り傷なので、殺意は満々ですね。
現場の足跡、防犯カメラの映像、持参した凶器に認める供述で、容疑者の犯行で間違いないでしょうね。

これまでの報道を見る限り、ネット上でのトラブルが原因のようですね・・・
現実社会の場合でもこのような一見、どうして?って事件も近隣トラブルや通り魔事件で結構、起きてますね。
原因としては犯人側が関係妄想などもっていて、自分が攻撃されているなどの妄想によって、ほぼ無関係の人物を攻撃してしまうとか・・・逆に、傍若無人な振る舞いをする被害者を正義感の強い人物が逆に殺してしまうなんて事もありますね。

今回の場合、容疑者のものと見られる書き込みが容疑者の物だとするならば、ネット上での自分の書き込みが不当に削除されていると言う思い込みが原因のように見えますね。

容疑者にとっては、自分の自己主張ができるのがネット空間だけだったのに、そこでの存在を消されるてしまう事に我慢できなかったのかもしれませんね。

犯行後に一度は現場から逃亡しているのは、その後のネット書き込みをする為だったんでしょうね。
そして、自ら出頭してますから、被害者を殺害する事ができれば、あとはどうなっても構わないと言う、覚悟の犯行なんでしょう。

ただ、Hagexさんがターゲットに選定された経緯が知りたいところです。
どうも、はてな関係では低脳先生は有名な存在のようなので、Hagexさんと直接トラブルとなっていたのか?もし、トラブルがあったとしても、数多くある内の一つと言う事だったんじゃないか?と言う気がします。

情報が少ないのでなんとも言えないのですが、容疑者はHagexさんに対して嫉妬や妬みのような感情があったのではないでしょうか?
自分の持ってない物を持っていて、ブログで人気を集めたHagexさんを無意識に妬んで攻撃対象に選んでしまったのではないか?と思うんですよね。(黒子のバスケ脅迫事件と似た心境かな?そして、リアルで人物を特定できると言うのも理由の一つかも)

もしそうなら、被害者側にはトラブルの意識がなく、一方的に容疑者側から恨まれると言う事になるので、普通の一般人では事件を防ぐ事は難しいかもしれませんね。それこそ、防刃ジャケットを着て、ボディガードでもいないと、無理ですよね。何しろ、被害者側は相手の顔も知らないんですから。

とりあえずは、精神鑑定は必要だと思います。
弁護側は事実関係を争う事は無理でしょうから、責任能力を争う以外にないでしょうね。

カテゴリは違いますが、同じ事件系のブログを運営する私としても、人ごととは思えない事件です。

亡くなったHagexさんのご冥福をお祈りいたします。

続報を待ちましょう。

|

« 静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件その3(掲示板の投稿) | トップページ | 活動自粛のご連絡 »

コメント

続報です。

1)県警によると、司法解剖の結果、岡本さんの遺体には上半身を中心に十数カ所の傷があった。心臓や首などに貫通した痕があり、致命傷になったとみられるとのこと。

2)交番に持参したナイフは以前から所持していたとのこと。

3)容疑者が「ネットで被害者の姿を見ていた。直接会ったことはなかった」という趣旨の供述をしているとのこと。

4)容疑者は調べに対し、「被害者の本名は知らなかった」と供述しているとのこと。

5)容疑者は「廊下から見て、こいつがHagexだと確認した。過去に顔は見たことがあった」と供述。複数の防犯カメラに施設内をうろつく容疑者の姿が写っていたとのこと。

6)Hagexさんは24日に福岡市内でセミナーを開くことは、自身のブログなどで告知していたとのこと。

7)捜査関係者によると、容疑者は24日午後4時ごろ、同市東区の自宅を出発し、同日午後4時40分ごろには現場となった施設周辺に到着していたとのこと。

事件後、逃走した容疑者は中央区と博多区を隔てる那珂川に架かる橋の欄干に血の付いた上着を、自宅近くの宇美川では乗っていたカゴ付きの黒色自転車をそれぞれ捨てており、福岡県警がいずれも回収したとのこと。

ほぼ最短ルートで自宅に一度戻ったとみられ、黒色のポロシャツに着替え直してから同日午後10時50分、自宅に近い箱崎駅東交番に出頭したとのこと。

8)容疑者の父親によると、容疑者は高校時代まで、同市内の実家で生活。学生時代の成績は学年の上位で、中学はソフトテニス、高校では剣道の部活動に熱心に取り組んでいた。読書も好きで、海外の小説も読んでいたとのこと。

九州大文学部に入学し、イスラム文明について学んだ。卒業後は福岡県内のラーメン店でアルバイトをし、その後は正社員として約3年前まで働いていたとのこと。
「職場が気に入った」と話していたとのこと。

父親は「息子がインターネットに書き込みをしていたのは知らなかった。人を殺すなんて……」と話したとのこと。

9)容疑者(42)が「セミナーがあることは1か月前に知った。始まった頃に廊下から男性の顔を確認した」という趣旨の供述をしているとのこと。

こんなところですね。
容疑者の経歴で気になったのが4年生大学を卒業しラーメン店のアルバイトの仕事を選んだ事ですね。
4年生大学で22歳で卒業なら卒業年は1998年・・・バブル崩壊後の就職氷河期(1993年-2005年)まっただ中なんですね。

動機について前回は嫉妬があったのでは?とも書きましたが、他に有名武将の首級を取って武勲とする的な部分もあったのかもしれませんね。

あるいは、はてなブログで有名だったHagexさんは、はてなブログの象徴として容疑者の目には映っていたのかもしれません。Hagexさんを襲う事が、自分を追い詰めたはてなブログを打倒する事と感じていたのかもしれませんね。

いずれ、このあたりは、容疑者が供述するでしょう。
まー、罪を軽くしたいと言う下心がでなければですが・・・

投稿: ASKA | 2018/06/26 18:26

ASKAさん休んでる場合じゃありません、事件は毎日起こってます。富山富山

投稿: | 2018/06/26 19:30

国立大出てラーメン店のアルバイトですか…ブログの成功者に嫉妬したんでしょうね、自分を投影しながら 足下はラーメン店下働き…他人と比較すると己を見失う典型ですね。35歳過ぎた辺りから諦めの人生だったのでしょう。

投稿: | 2018/06/26 22:42

続報です。

「テレビゲームが好きで、最近は自宅でずっとインターネットをしていた」

容疑者(42)は6月28日、接見した弁護士にこう語ったとのこと。

熊本県出身。
父親(68)によると、高校の成績は上位で、九州大文学部に現役合格。
8年間在籍したが卒業はできなかったとのこと。
2000年から製麺工場でアルバイトし、2008年に正社員になった。
「働きぶりはまじめ」(会社)だが12年に退社。
その後は仕事はせず、父親が仕送りを続けていたとのこと。

別の報道では
容疑者は、九州大学文学部でイスラム文明を学んだ後、バイト先だった福岡県のラーメン店で正社員として、約3年前まで働いていたとのこと。
(とりあえず、父親の証言を採用)

容疑者は、2016年ごろから、はてなブックマークなどの他ユーザーに「低能」という言葉を使って誹謗中傷を行っていたとのこと。

時系列を更新
1994年04月 九州大学に現役合格と推定(年齢から逆算)
2000年   製麺工場でアルバイトを始める
2002年   九州大学を中退と推定(年齢から逆算)
2008年   製麺工場で正社員になる
2012年   製麺工場を退社(仕事ぶりはまじめだった)
その後は大学時代から住むアパートで無職で、父親の仕送りで生活する。
2016年頃  ネットに低脳先生が出没するようになる

2018年
05月下旬  Hagexさんの福岡での勉強会の告知をブログで容疑者が知る。
事件の前は一日中自宅でインターネットをしていた。
06月24日
17:30   事件現場で「ネットウォッチ勉強会」が開催。主催者は被害者Hagexさん(41)。容疑者は参加せず。
19:45頃  勉強会が終了。
20:00頃  事件発生、トイレで被害者が容疑者に複数回刺される。搬送されるが死亡、容疑者は逃亡。
22:29   はてな匿名ダイアリーに「おいネット弁慶卒業してきたぞ」の書き込み。
22:50頃  福岡・東署管内の交番に容疑者(42)が出頭。

こんなところだけど、ちょっと謎ですね。
私の推定が正しければ、大学中退する前に製麺工場でアルバイトをしてますね。
大学中退後に同じ製麺工場に正社員採用される、それなら、卒業してから就職した方が良かったのでは?と思うのですが・・・

元が優秀な人間なら、8年かけて卒業できないと言う事は無いと思うんですよね。
就職氷河期を避けて、卒業を先延ばしにしていた可能性もありますが・・・
いずれにせよ、卒業は断念して、アルバイト生活を選択したんですよね。
しかし、せっかく正社員になったのに、そこも4年で退職してますね。
その後は仕事もせずに、親の仕送りで生活していた。ほぼ引こもり状態ですね。

この4年間で何か心境の変化があったのかもしれませんね。

低脳先生が出始めたのが2016年頃のようなんですが・・・
そこから約2年での犯行ですね。

まー、書き込み、通報、アカウントの凍結、新規アカウント取得と言うのを繰り返していたらしく、今年の1月から5月までで100回も通報、アカウントの凍結があったようです。すさまじい数ですね。

でも、ちょっと気になったのが、そこまで「はてな」に執着する理由があったのか?と言う事ですね。

実際、ネットの中を探せば、似たようなコミュニティーはあると思うんですよね。
あるいは、自分でブログを主催する方法もあったと思うけど・・・

結局のところ、低脳先生にとって「はてな」が居心地が良かったんでしょうね。
もしかすると、最初に参加したネットコミュニティーが「はてな」だったのかもしれませんね。

広いネットの海を漂ってみても、実際に居心地のよい場所って限られてしまうんですよね。

それで、「はてな」にしがみついているが、毒舌というか誹謗中傷的表現しかできないので、周囲から疎まれてしまう。
まさに、ヤマアラシのジレンマですね。あるいは、究極の「かまってちゃん」だったのかな?

しかし、その最後の居場所の「はてな」から居場所がなくなってしまった事で、絶望してしまったのかもしれませんね。

でも、もしそうだったとして・・・これは、対策は無理ですね。
ネットの中で不快な表現があれば、それは削除されると言うのは、どうしようも無く自然な流れですよね。

なので、低脳先生のネットに対する姿勢その物に問題があったんでしょうね。
もっと違う形でネットに参加していたら、低脳先生と呼ばれる事も無かったと思います。

ネットって結局、趣味の空間として参加している人がほとんどですよね。
その中で、誹謗中傷を繰り返す低脳先生と正面から向き合って、相手をする事が出来る人間はまず、いないでしょうね。

なので、ネットに依存してネットの中にだけ、居場所を見つけた段階で低脳先生が事件を起こす事はもう、避けられない事だったのかもしれませんね。

対策としては、リアルでの充実が特効薬になるかもしれませんね。
もし、リアルで仕事をして充実した生活をしていたら、低脳先生のような形でネットに参加する事もなかったのかもしれません。

容疑者の大学時代に既に、事件の種はまかれていたのかもしれません。
退職して引きこもった事で種から芽が出て、ネットの中で成長してしまったんでしょうね。

投稿: ASKA | 2018/07/02 19:01

ネットで拾った情報から勝手に解釈したのですが

もともと容疑者ははおちゅう氏のファンだった。
被害者は影響力のあるブログを使って、はてな民を誘導して、はおちゅう氏を炎上(容疑者が主張するネットリンチはこのこと)させた。
これに怒った容疑者が抗議したが、被害者は理論武装や法的に問題ない言葉選びをしており受け付けなかった。容疑者は荒らしという行動で抗議し始めた。その行動も被害者やはてな民による通報や法的措置で封じ込められた。そして容疑者は実力行使に出た。

偶像の信者とアンチの争いが事の発端では無いかと思いました。

投稿: | 2018/07/18 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件その3(掲示板の投稿) | トップページ | 活動自粛のご連絡 »