« 東京発のぞみ265号無差別殺傷事件その3(殺人願望) | トップページ | 静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件 »

2018/06/14

東京発のぞみ265号無差別殺傷事件その4(足取り)

1)6月9日20時ごろに東京駅で切符を買い、新幹線に乗車。

2)神奈川県警は6月13日午後、愛知県岡崎市内の容疑者宅を家宅捜索し、容疑者が精神疾患の治療のため愛知県内の病院に任意入院した際の心境などを記したノートなどを押収。ノートには入院中の出来事のほか、不眠に悩む様子や自殺願望をうかがわせるような内容が記されていたとの事。

3)神奈川県警の調べに対し、長野県内でナタと果物ナイフを今年3月頃に購入したと供述しているとの事。

4)容疑者(22)が、事件直前までの数カ月、長野県岡谷市の日帰り入浴施設「ロマネット」を繰り返し利用していた。事件前日の8日にも目撃されていたとの事。

施設によると、容疑者の所持品に施設のプリペイドカードがあったと神奈川県警から問い合わせがあり、複数の職員が容疑者がいたと話しているとの事。

目撃証言によると、容疑者は青いビニールシートにくるんだ荷物を荷台にくくりつけた自転車で、今年2月ごろから週1~3回ほど施設を訪れたとの事。提供される室内着に着替え、長時間滞在。早朝から夜の終業時間までいることもあり、持参したパソコンを長時間使ったため、施設はコンセントにテープを貼って使えなくしたとの事。態度はおとなしかったが、暖かくなってもコートを着ていたため、職員らは不審に思っていたとの事。事件前日の8日の19時頃にも目撃されていた。

施設の副館長のコメント
「長いベンチコートを着て、服装は今の時期だとすると異常でした。(施設に)来始めたころと、今と、ほとんど同じ服装でした」との事。

5)容疑者が刑務所を出所した後に再び犯行を起こすという内容の供述をしているとの事。

6)県警は長野県のJR岡谷駅前で容疑者の自転車を押収しているとの事。

7)9日午前、JR岡谷駅(長野県岡谷市)から特急で上京していたとの事。
県警によると、容疑者が同駅で切符を買っていたことが確認された。特急あずさを使って東京に向かったとの事。

時系列を更新
中学時代  不登校となる。
中学2年の終わり頃 家族とトラブル、精神疾患の診断。自立支援施設に入所。
(容疑者14歳と推定)
2011年03月 中学を卒業と推定
2011年04月 地元の定時制高校に入学
2014年03月 本来4年の定時制高校を3年で卒業。成績は優秀。
2014年04月 職業訓練校に入学(1年コース)
2015年03月 職業訓練校を卒業(19歳)。(就職が決まるまで施設に入所)
2015年04月 埼玉県の機械修理会社に就職
2015年08月 愛媛県で勤務。(治療の為、4ヶ月間、入院した。入院の時期が不明)
2016年02月 当時務めていた機械修理会社を退職。(1年で退社)
2016年04月 容疑者が両親とのトラブルで伯父方で暮らす。(容疑者20歳と推定)
2017年
02月-03月 岡崎市内の精神病院に入院。
     精神疾患の診断を受け、伯父が保健所に相談。
09月   容疑者が祖母と養子縁組。
10月   岡崎市内の就労支援事務所に就職したが、約1カ月で退職。
12月   容疑者が自殺すると言って家を出る。(1月説もあるが12月を採用)
その後、自転車で愛知県から長野県に移動。
2018年
02月頃  長野県岡谷市の日帰り入浴施設を使用し始める。
03月頃  凶器のなたと果物ナイフを購入する。
03月21日 長野県木曽郡上松町で野宿していたが、警察に退去を求められていた。
06月08日 長野県岡谷市に滞在。
06月09日
午前   長野県岡谷市から午前中に東京に移動。
20:00頃 東京駅で切符を買い、新幹線に乗車。
21:23  のぞみ265号に容疑者が乗り込み、東京駅を発車。
21:42  新横浜駅をのぞみ265号が発車(時刻表による)
     この時、容疑者の両隣の席に被害に遭う女性が乗り込む。
21:45頃 事件発生。乗客が警察にに通報。
21:47頃 非常ブザーが鳴り、緊急停車。その後、小田原駅に移動。車掌が通報。
21:50頃 車内の乗客からJR東海に連絡。
24:50過 のぞみ265号が小田原駅を離れる。
06月11日 容疑者を殺人容疑で送検

こんなところですね。

岡谷駅の時刻表 特急あずさは
6:25東京、9:08東京、9:32新宿、10:10東京、12:16新宿
特急スーパーあずさは
7:06新宿、8:17東京

「特急あずさ」と言う事なので、到着時刻は
6:25東京・・・9:26着
9:08東京・・・11:50着
9:32新宿・・・12:04着
10:10新宿・・12:33着
12:16新宿・・14:41着

なので、午前中に東京に到着したと言うのであれば、9時までの3本のどれかで移動したのかもしれませんね。
あるいは、午前中に移動したと言うのであれば、10時の便でもおかしくはないかもしれませんね。

それから、もう一つ気になったのが、長野県での目撃情報で上松町での野宿していた情報が3月、岡谷市で入浴施設を利用しはじめたのが2月からと言う事で、3月頃が重複しているわけなんですけど・・・
木曽郡上松町から岡谷市までの距離がざっと40キロほどあります。
自転車でこの間を移動していたのか?と言うのがちょっと疑問ですね。不可能では無いだろうけど、平地じゃないから、相当キツかったと思うけど・・・

で、この野宿で気になった事がいくつかります。
1)お金があるのに、なぜ野宿なのか?
木曽平沢の気象データだと3月の日々のデータでは最低気温がマイナスになる日の方が多いんですよね。
諏訪市でも最低気温がマイナスになる日が多いので、長野県内での野宿と言うのは相当にキツかったと思いますね。
観光地なのでホテルは高いだろうけど・・・安いビジネスホテルぐらいはあったと思いますけどね。

2)お金があるのに服を買わない。
1)にも通じる物がありますが、お金があるのに服を購入してないようですね。
12月に家出した時に持ち出した服をそのまま、最近まで来ていたようですし・・・
夜が寒いはあると思うけど・・・昼間はやはり暑いんじゃないのかな?

3)パソコンはどこに行った?
上松町の野宿の時、岡谷市の入浴施設でもノートパソコン(PC)が目撃されているですが、今回、所持品の中にPCがあったと言う情報がありません。もしかすると、このPCの中に事件に関わる重要な情報が保存されている可能性があるので、長野県警と警視庁には是非、捜索してもらいたいですね。

まー、お金を使わないのは、できるだけ長く家出状態を続けようと言う事なのかもしれませんが・・・
そんな彼が、事件当日に、長野から特急で移動して、東京から新幹線のぞみで名古屋までの切符を買うと言うのは、ちょっと急いでいたのでは?と言う印象がありますね。

彼には時間的制約は特に無かったはずです。
この9日に事件を起こそうと決意させる事が、8日の夜から9日の朝にかけて、容疑者に起きていたのかな?
8日のニュース報道で彼の琴線に触れそうなのは、「秋葉原事件から10年」のニュースかな?
でも、秋葉原事件を模倣するなら、象徴は秋葉原なんだけど・・・

そして、出所しても同じような事件を起こすと供述しているようですね。
まー事件を決断した時には、もう自暴自棄なので、その後どうなろうと関係ないと言う事なのは分かりますが・・・
正直に話していると言う事なのか?あるいは、罪をできるだけ重くしたいと言う計算などもあるのか?
もし、事件について調べて、死刑になる事を目的に事件を起こしたのなら、死亡が一人では死刑になる可能性が低い事は知っていたはずです。

本人の計画はどうだったか分かりませんが、結果的に死亡は一人ですから、このままでは死刑にならないと言うのは、本人も気付いているじゃないかな?

そして、東京にはやはり昼ぐらいには到着しているようなので、そこから、のぞみの切符を購入する20時までの約8時間、何をしていたのか?気になりますね。

それから、前回の記事で疑問だった入院の種類の件ですが、「任意入院」でしたね。
なので本人に入院の意思があったと言う事なんですよね。
本人の意思が確認できないような状態では無かったと言う事だと思うのですが・・・措置入院の話はどうして出てきたのか?疑問ですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
東京発のぞみ265号無差別殺傷事件その3(殺人願望)

|

« 東京発のぞみ265号無差別殺傷事件その3(殺人願望) | トップページ | 静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件 »

コメント

続報です。

1)岡谷市の温泉施設の副館長の男性は「4月や5月になってもベンチコートを着て行動していたのでおかしいなと感じた。
両脇に大きな荷物やナップザックをぶら下げた自転車で来ていた」と話したとの事。

2)警察はJR岡谷駅周辺にとめてあった容疑者の自転車を押収し、事件当日の午前9時過ぎに岡谷駅から東京に向かったことを確認したとの事。

3)捜査関係者によると事件当日の朝、長野県のJR岡谷駅周辺で容疑者とみられる男がナタで素振りをする姿が目撃されていたとの事。

4)容疑者が当日午後8時すぎに東京駅で事件を起こした列車の指定席券を購入していたとの事。

こんなところですね。
1)では大きな荷物があったと言う事ですが、事件発生時に押収されたのは、リュックだけだったと記憶しています。その他の荷物はどうしたのかな?

2)やはり、9時台の2本の特急あずさのどちらかで上京したんですね。

3)ナタで素振りね・・・この日に事件を起こす事は前日の夜か当日の朝に決めたんでしょうね。何が犯行を決断させたのか?知りたいですね。

4)???この情報は当初の情報と食い違いますね。
当初の報道では、「指定席券は持ってなかったけど、指定席に座っていた」と言う内容だったと思いますが、これが誤報で、「指定席券を持っていた」と言う事ですね。
残るは、座っていた指定席は購入した指定席だったのか?と言うのが知りたいですね。

多分、容疑者はそのあたりルールを守るタイプなんじゃないか?と思うのですが、どうでしょうね?

投稿: ASKA | 2018/06/15 19:40

続報です。

1)警察は、女性2人への殺人未遂の疑いで、22歳の男を再逮捕した。

2)容疑者は、「新横浜駅を出たら、誰でもいいから隣に来た人からやろうと思っていた」などと供述しているとのこと。

3)調べに対し、容疑者は「切りつけるなどしたことに間違いありません」と容疑を認めているとのこと。

こんなところですね。
新横浜駅を出たらね・・・どの時点で無差別殺傷を考えていたのだろう?
東京駅の構内だって乗降客は多数いるのに・・・新幹線の中でと言うのに意味は無いと言っているけど・・・ただ、なんとなくと言うのには、ちょっと変わった場所だよね。

現在も容疑は認めているようなので・・・今更、罪を軽くしようと言う意識は無いと思うんですけど・・・続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2018/06/29 18:20

JRが事件対策発表

JR東海は6月29日、催涙スプレーや耐刃ベスト、盾など乗務員が使うための護身用品を新幹線内に常備すると発表したとのこと。

今後の乗務員教育では、乗客の避難誘導などに加え、反秩序行為への対応やけが人救護も充実させていく予定とのこと。

新たに搭載する護身用品はどの車両でトラブルが起きても対応できるように車内の複数箇所に配備。止血用具なども搭載する予定とのこと。

こんなところですね。
ARIお勧めの催涙スプレーを搭載するようです。
ただ、犯罪者はその装備すら悪用する可能性があるので、そのあたりの対策も合わせてしてほしいですね。

投稿: ASKA | 2018/06/30 09:38

この事件の後、警官からピストルを奪った事件はともに身勝手な理由で罪なき人を殺しており、とても許しがたい大罪です。過去にもムシャクシャしたからと人を殺す事件がありました。ヤケクソになったんなら、黙って山奥に入り一人で自爆してほしい。こんな不届き者のせいで亡くなった方を思うと残念でなりません。防護対策も必要ですが、槍でひと突きするか、射殺したいくらいですな。しかし、催涙スプレーはNICEですな。

投稿: 空き地 | 2018/07/02 00:01

続報です。

容疑者(22)は、乗客の女性2人にナタで切りつけた、殺人未遂の疑いで送検されたとのこと。

凶器のナタは、事件前日、長野・岡谷市のホームセンターで購入されていて、警察が事件の経緯を調べているとのこと。

時系列を更新
中学時代  不登校となる。
中学2年の終わり頃 家族とトラブル、精神疾患の診断。自立支援施設に入所。
(容疑者14歳と推定)
2011年03月 中学を卒業と推定
2011年04月 地元の定時制高校に入学
2014年03月 本来4年の定時制高校を3年で卒業。成績は優秀。
2014年04月 職業訓練校に入学(1年コース)
2015年03月 職業訓練校を卒業(19歳)。(就職が決まるまで施設に入所)
2015年04月 埼玉県の機械修理会社に就職
2015年08月 愛媛県で勤務。(治療の為、4ヶ月間、入院した。入院の時期が不明)
2016年02月 当時務めていた機械修理会社を退職。(1年で退社)
2016年04月 容疑者が両親とのトラブルで伯父方で暮らす。(容疑者20歳と推定)
2017年
02月-03月 岡崎市内の精神病院に入院。
     精神疾患の診断を受け、伯父が保健所に相談。
09月   容疑者が祖母と養子縁組。
10月   岡崎市内の就労支援事務所に就職したが、約1カ月で退職。
12月   容疑者が自殺すると言って家を出る。(1月説もあるが12月を採用)
その後、自転車で愛知県から長野県に移動。
2018年
02月頃  長野県岡谷市の日帰り入浴施設を使用し始める。
03月頃  凶器のなたと果物ナイフを購入する。
03月21日 長野県木曽郡上松町で野宿していたが、警察に退去を求められていた。
06月08日 長野県岡谷市に滞在。凶器のナタを長野・岡谷市のホームセンターで購入
06月09日
午前   長野県岡谷市から午前中に東京に移動。
20:00頃 東京駅で切符を買い、新幹線に乗車。
21:23  のぞみ265号に容疑者が乗り込み、東京駅を発車。
21:42  新横浜駅をのぞみ265号が発車(時刻表による)
     この時、容疑者の両隣の席に被害に遭う女性が乗り込む。
21:45頃 事件発生。乗客が警察にに通報。
21:47頃 非常ブザーが鳴り、緊急停車。その後、小田原駅に移動。車掌が通報。
21:50頃 車内の乗客からJR東海に連絡。
24:50過 のぞみ265号が小田原駅を離れる。
06月11日 容疑者を殺人容疑で送検
07月01日 女性二人の殺人未遂で送検

こんなところですね。
凶器のナイフは3月に購入、ナタは前日に購入している。
いつか事件を起こそうとナイフは持ち歩いていたが、前日のナタ購入は犯行を決意したから購入したんでしょうね。

となると、それまで漠然として曖昧だった犯行計画を実際に実行を決断する切っ掛けとなった出来事が8日から数日前ぐらいには起きていたんでしょうね。

それは何だったんだろうか?
目立った報道としては秋葉原事件なんだけど・・・

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2018/07/02 18:08

精神鑑定です。
殺人未遂容疑で神奈川県警に再逮捕された住所不定、無職男性容疑者(22)=殺人容疑で送検後、処分保留=について、横浜地検小田原支部は7月13日、精神鑑定のための留置を始めたと発表したとのこと。

約4カ月間、刑事責任能力を見極めたうえで、殺人などの罪で起訴できるか判断する。

精神鑑定がはじまったようです。
これまでのところ、責任能力に問題があるような行動は見受けられないけど、過去に入院歴があるので、そのあたりで、事件当時の精神状態は知る必要がありますね。
ついでに、動機に関連する情報などがあれば、知りたいところですね。

投稿: ASKA | 2018/07/13 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京発のぞみ265号無差別殺傷事件その3(殺人願望) | トップページ | 静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件 »