« 北海道名寄市男児虐待事件 | トップページ | 栃木小1殺害事件再考その33(二審判決 無期懲役) »

2018/08/07

静岡県焼津市飲酒追い飲み死亡轢逃事件

飲酒運転による事故でミニバイクの男性を死亡させ逃走し、事故後に酒を飲んだとして、自動車運転処罰法違反(過失致死アルコール等影響発覚免脱)と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた牧之原市中、建設作業員の男(20)の判決公判で、静岡地裁は7月17日、懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡したとのこと。

裁判官は判決理由で「多量に飲酒した後、帰宅のため安易に運転をした動機に必要性や緊急性は一切ない」と指摘したとのこと。
追い越し禁止区間で対向車線にはみ出し、法定最高速度の時速50キロを大幅に上回る約100キロで走行した点を挙げ「過失は甚だ大きい」と述べたとのこと。

飲酒運転の発覚を恐れて現場から逃走し、自宅でさらに酒を飲む「追い飲み」行為に及んだ点について「卑劣で悪質」と断じたとのこと。

判決によると、被告は4月13日午前0時25分ごろ、焼津市上小杉の国道150号で乗用車を飲酒運転し、交差点を右折しようとしていた静岡市葵区の会社員の男性=当時(27)=のミニバイクに追突して死亡させ、そのまま逃走した。同日午前1時ごろ、飲酒運転の発覚を免れるため、自宅でウイスキーを飲んだとのこと。

こんな事件ですね。
なんて言うか、「過失」なのかな?
酒に酔って、100キロで車を走らせて、事故して相手を死亡させてしまう。
これは過失なんだろうか?

過失だから、懲役6年なんだろうけど・・・殺人なら10年は超えると思うんですよね。殺人と同じとは言わないが、もう少し重い方が良いのではないだろうか?

それに、追い飲みとか、時々、テレビ番組などでも話題になるけど、ホントにやる人間がいるんですね。
「卑劣で悪質」はその通りです、それでも、懲役6年が妥当なんでしょうか?

これでは、被害者の死に損じゃないですか?

|

« 北海道名寄市男児虐待事件 | トップページ | 栃木小1殺害事件再考その33(二審判決 無期懲役) »

コメント

信じられません。
これほど悪質極まりない殺人を犯してたったこれだけとは…

投稿: 唖然 | 2018/08/08 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道名寄市男児虐待事件 | トップページ | 栃木小1殺害事件再考その33(二審判決 無期懲役) »