« 富山県富山市元自衛官交番襲撃事件(6月29日の報道) | トップページ | 宮城県仙台市交番襲撃事件(9月20日報道) »

2018/09/19

宮城県仙台市交番襲撃事件(9月19日報道)

9月19日(水)午前4時5分頃、仙台市宮城野区東仙台2丁目の宮城県警仙台東署東仙台交番で、当直勤務中の男性S巡査長(33)が、「お金を拾った」として訪れた男に刃物で刺され、約1時間後に死亡する事件が起きている。

別室にいた男性巡査部長(47)が男に拳銃を3発発射し、男も死亡したとのこと。

発表によると、男は1人で交番を訪れた。
交番では、当直の4人のうち2人が仮眠室で休憩中で、当初は、S巡査長と巡査部長が交番の出入り口近くの執務スペースで男に応対。
巡査部長は単純な拾得物事案と判断し、S巡査長にその場を任せ、別室に移動したとのこと。

しかし、間もなくして争うような怒号が聞こえ、巡査部長が執務スペースに戻ると、S巡査長が血まみれになって倒れていた。

S巡査長のそばに男も倒れていたが、男は刃物とモデルガンのようなものを持って立ち上がった。巡査部長は「刃物を捨てろ」警告したが、襲いかかってきたため発砲したとのこと。

別の報道では
S巡査長の近くで、男は全長30センチの刃物とモデルガンのようなものを手に倒れていたが、立ち上がって巡査部長に襲いかかろうとした。巡査部長が「刃物を捨てろ」と警告し威嚇発砲したが、男が応じずに向かってきたため、さらに2発発砲し、少なくとも1発が命中したとみられる。巡査部長にけがはなかったとのこと。

S巡査長と男は、搬送先の病院で死亡が確認されたとのこと。

S巡査長が拳銃を取り出した形跡はなかったとのこと。

現場はJR東北線の東仙台駅から約200メートル北西の畑のある住宅街。仙台市立東仙台中学校が隣接しているとのこと。

刃物は柄の部分を含め長さ約30センチ。県警はマシンガンのようなものが本物か鑑定を急いでいるとのこと。交番に防犯カメラはないとのこと。
S巡査長は、刃物から身を守るための防護服を着ていなかったということで、腹や胸に複数の刺し傷があったとのこと。

S巡査長は2013年に県警に採用され、17年4月から同交番に勤務していたとのこと。

男への発砲について、県警は「巡査長が刺され、さらに男が巡査部長に刃物で襲いかかろうとしている状況から、警告した上での発砲は正当な職務行為だったとみている」との見解を示したとのこと。

男は交番を襲った際、黒の半袖シャツにジーンズ姿で、白いマスクをしていた。身元の特定につながる携帯電話や身分証などは所持しておらず、周到に襲撃を計画していた可能性もあるとのこと。

県警は同日、公務中に殉職したS巡査長を警部補に2階級特進させたとのこと。

死亡した男について、仙台市宮城野区新田の大学生、男性容疑者(21)と発表したとのこと。
(男は現場交番の近くに住んでいる)
容疑者が所持していたウエストポーチには、ドライバーやはさみ、カッターが入っていた。凶器となったのは刃渡り約20センチの包丁で、モデルガンとみられる黒いマシンガンのようなものも持っていたとのこと。

容疑者とS巡査長に面識はなく、これまで容疑者が現場の東仙台交番を訪れた記録は確認されていないとのこと。

時系列
2018年
09月19日
04:00頃 男が「お金を拾った」として交番を訪れた。
04:05頃 男にS巡査長が刃物で刺される。
直後   巡査部長を男が襲う、警告後に3発を発射。
直後   男とS巡査長が病院に搬送
05:25までに男とS巡査長それぞれの死亡を確認

こんな事件ですね。
凶器の包丁の長さについて、30センチと20センチの二つの報道がありますが、クロスチェックできるまでそのまま記載します。

容疑者が自身が死亡してしまったので、動機の解明は難しくなったかもしれませんね。
この事件で特徴的だと思うのは、持参したサブマシンガンのモデルガンと思われる銃ですね。
まー、サブマシンガンなんて簡単に入手できる物では無いでしょうから、モデルガンと考えて良いのかな?と言う印象です。

ここはモデルガンと仮定して考えます。
モデルガンは実銃では無いので、殺傷能力などはありません。なので、普通に「見せる事」しか活用方法がありませんね。
なので、容疑者はこのサブマシンガン様のモデルガンを見せる為に持参したんでしょうね。

見せる相手は警官ですね。
防犯カメラが無いのでやりとりの詳細は分かりません。ここに書くことは私の推測です。
警察官なので最初にモデルガンを見せられたら、咄嗟に警戒するはずです。
その後で包丁を出しても簡単に刺される事は無いでしょう。
警察官は柔道か剣道が必修です。S巡査は高校時代、甲子園を目指した球児のようですから、体は鍛えられていたでしょう。

このあたりを考えると、容疑者は油断しているS巡査を隠し持った包丁でいきなり刺したと言う事だろうと思います。
一太刀目で致命傷を負ったS巡査はもみ合いになりましたが、力尽きたと言う事だと思います。

その後、巡査部長が現れた時には、モデルガンと包丁を持っていた。
モデルガンがこの時、役に立つとは思えないんですよね。
何しろ、巡査部長は本物を拳銃を持っているわけですから。

そこを考えると、モデルガンは発砲させる為の小道具だったのではないか?と考えてしまいますね。
つまりは、ここでも射殺される事を狙った間接自殺なのではないか?と今の段階では考えています。

とは言え、他にも可能性はありますね。
モデルガンで威嚇して、「拳銃を出せ」と脅した場合ですね。
この可能性が否定できないのは、起き上がった時にモデルガンと包丁を持っていたからです。
いきなり包丁で刺したとして、その直後にはもみ合いになっているはずですから、モデルガンを構える時間が無いと思うわけです。
モデルガンで脅して「拳銃を出せ」と迫ったが、応じない為、包丁で刺したと言う流れですね。

このあたりは、S巡査の防御創の有無で判断できると思います。
司法解剖の結果待ちですね。

ただ、微妙なのが、襲撃した交番の場所です。
自宅の近くなので、以前に警邏中の交番の警官に目撃されていても不思議は無いと思うんですよね。
マスクはしてますけど、この時期では手袋などは不自然で、していないでしょう。
指紋などを残して、犯行を行うのはやはり、犯行後の事を考えていない破滅思想の持ち主なのかな?と言う印象はありますね。

他には近所で交番の中を見る事があれば、交番には4人の人間が常駐している事を知っていた可能性があります。
昼間でも4人がいるとは限らないから、未明の時間を狙ったのは交番の中と言うよりは交番の外の人通りが少ない事を狙った結果なのか?

あるいは、単純に夜眠れずに、妄想で興奮した状態で明け方に勢いで犯行を実行したのか?

犯行計画書や遺書などが残っていれば、動機が分かるかもしれませんね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
宮城県仙台市交番襲撃事件(9月20日報道)

|

« 富山県富山市元自衛官交番襲撃事件(6月29日の報道) | トップページ | 宮城県仙台市交番襲撃事件(9月20日報道) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富山県富山市元自衛官交番襲撃事件(6月29日の報道) | トップページ | 宮城県仙台市交番襲撃事件(9月20日報道) »