« 宮城県仙台市交番襲撃事件(9月20日報道) | トップページ | 宮城県仙台市交番襲撃事件(9月25日までの報道) »

2018/09/21

宮城県仙台市交番襲撃事件(9月21日報道)

続報です。
1)容疑者はマスクをした上で黒系の手袋をつけ、包丁やモデルガンのほか、複数の凶器を持って交番を訪れていた。

捜査関係者によると、はさみやカッターナイフを入れて持っていたウエストポーチ以外に、バッグが1つ見つかったといい、この中に凶器の包丁とエアガンを隠し持っていた可能性もあるとのこと。

2)20日午後、容疑者宅を家宅捜索

3)容疑者に向けられた3発の銃弾のうち、1発は肺の近くで見つかり、残る2発は左右の腕を貫通していたとのこと。

4)県警によると、容疑者はマスク姿で1000円札を持ち「現金を拾った」と交番を訪れた。

5)男の自宅から、事件で使われたものとは別の、エアガンのようなものが見つかった。

6)殺害されたS巡査長には、左わき腹から心臓に達する刺し傷のほか、胸や肩、頭、腕、それに背中など複数の傷があり、警察は容疑者が執拗に刺しているとして、強い殺意があったとみているとのこと。

こんなところですね。
警察は容疑者が銃に強い興味があって拳銃強奪を目的に襲撃していると考えているようですね。
ここまでの情報ではなんとも言えないところなんですが・・・今回の報道で1点、この可能性を補強する材料が出ています。

容疑者が交番を訪れた時に手袋をしていたと言う点です。
この時期の気候で防寒の為に手袋をする事は無いでしょうから、これは指紋、掌紋を残さない為なんでしょうね。
それに併せて、顔を隠す為にマスクもしている。

もし、間接自殺を狙って、この場で射殺される計画だった場合、自宅の近くの交番です。家族が未明から不明になれば、やはり1週間以内に捜索願いを出すでしょう?
捜索願いを出すのは所轄の警察署になるでしょうから、そこに性別と背格好が同じ身元不明の遺体が出れば、当然、照合するでしょうね。

つまり、間接自殺を狙った場合、身元を隠そうとしても、遺体から身元は特定されてしまうわけです。

だから、顔や指紋を隠す必要は無いわけですね。

そこを考えると、拳銃強奪が目的の可能性が高くなったような気がします。
(どちらかと言うと、間接自殺の可能性が相対的に低くなったと言う事かもしれませんね)

しかし・・・その根拠になるのが、犯行に使ったエアガンとは別のエアガンが1丁、自宅から押収されたと言う情報だけでは、ちょっと説得力が無いと思います。

男子の場合、ミリタリー系に興味を持つ子が比較的多いと思うんですよね。
子供の頃から、特撮やアニメで戦闘シーンをずっと見ているわけですから、影響を受けても不思議は無いと思うんですよ。

本当に銃に興味があるなら、解説本や、より本物の質感に近いモデルガンなどが出ても良いと思うんですよね。

まー現在なら、3Dプリンターで作る事も可能ですからね。危険を冒して警官から強奪するよりもハードルはずっと低いと思います。

他には、海外で射撃のツアーなんてのもあるようですし・・・

仮に拳銃強奪が目的だったとして、強奪した拳銃で何をするつもりだったのか?

家宅捜索で犯行計画書とか犯行メモでも出てこなければ、動機を断定するのは難しいかもしれませんね。

今のところ、逮捕歴やS巡査長との面識なども無いようですから、怨恨の線は考えられていませんが・・・念の為、幅広く情報は集めた方が良いかもしれませんね。

そう言えば、死亡したS巡査長に注目があつまるのは仕方が無いですが、交番には他に3人の警官がいたんですよね。
他の警官との接点は無かったのかな?

捜査の進展に注目しましょう。

参考リンク
宮城県仙台市交番襲撃事件(9月20日報道)
宮城県仙台市交番襲撃事件(9月25日までの報道)

|

« 宮城県仙台市交番襲撃事件(9月20日報道) | トップページ | 宮城県仙台市交番襲撃事件(9月25日までの報道) »

コメント

一報を聞いてまず感じた事は日時の問題です。

朝、明け方の四時まだ暗い時です。そんな時間に落とし物に気づくのも変で、その時間に届け出る事も異常です(繁華街近くや駅周辺の交番ならあるかも)田舎の住宅街でしょ、残暑厳しかったとはいえ全身黒づくめの服にマスクに手袋姿の若い男、その時間にその姿どう見ておかしいと思わなかった同僚警官も失格でしょ。

何を言いたいかは、警察官としての職務の感、人間力の乏しさを延べたい。

仮にその状況で私が警官の立場なら一喝してますね、その一喝で逆上するか我に帰り目を覚ますか いずれにせよ本心が露になるハズです。

投稿: テキスタイル | 2018/09/21 20:20

犯人が入って来た時には警官が2人いて、なぜ奥の部屋に1人が入ってしまうのか?
まだ暗い4時に落とし物を拾うといっても、その時間に出歩いているのも変だし、服装も怪しかったのなら、尚更2人で対応するべきだったと思う。
争う声がしてもう1人の警官が戻ると2人が倒れていて犯人が起き上がって向かってきたので拳銃で3発撃った。
撃つ前に警告もしたらしいですが、時間があまりなく襲われてしまう感じがして、犯行に気づいてから犯人を撃つまで、どの位の時間があったのか?
まずは「大丈夫か?」と倒れている2人に近寄って行ったと思うので、すぐそばで犯人が立ち上がったとしたら、そのまま襲われてしまうのでは?
警告してから撃つというと、犯人からかなり離れていて撃ったような感じにも思える。
2人の様子確認には行かずに2人が倒れていた姿を離れた位置で見ていたということなのだろうか?
犯人の間近にいたら警告出来る時間はないような気もする?
そこも謎である。
犯人と殺害された警官は本当に認識はなかったのだろうか?
頭も含み、何か所も刺されていて心臓にまで届くような傷には強い殺意があるような気もする?
一方的にも何か4人の警官の誰かとトラブルはなかったのだろうか?

投稿: | 2018/09/21 23:56

四人の警察官(泊まりの深夜ですから恐らく男性だけと思います)うち二人は仮眠室で寝てたようです。対応した二人の出来事でしたが、関節自殺でも拳銃強奪でもなければ、怨恨かも知れません。
その交番に勤務してる方たちに何らかの恨みがあったのか?または警察組織全体への恨みかは今のところわかりませんね。大学及び私生活の交遊関係洗うかパソコンを調べればヒントが出てくると思います。
ただ殺された巡査とは面識無く、今年の春から赴任されたそうで個人的恨みでは無さそうです。
必用に刺しているようだから誰でもいいから殺してみたかった類いの可能性も否定できません、その意味からより多くを殺害する為の拳銃強奪を企てたのが今のところ有力でしょうか?

投稿: | 2018/09/22 02:31

みなさん、おはようございます。

マスクで顔を隠して、手袋、でリュック、時間は未明の4時、警官が、もし路上で遭遇したなら職質していても不思議では無い姿ですよね。

落し物を拾ったと交番に届けてくれたのだから、悪人ではないと言う先入観があったのかもしれませんね。

もしかすると、警官4人を全員殺害して拳銃4丁を入手する計画だったのかもしれませんね。

問題は入手した拳銃で何をするつもりだったのか?
逮捕歴もなく、これまで暴力的な面は見えない事を考えると、しっかり計画した犯行のように見えるんですよね。なので、PCやスマホに犯行計画が残っているのでは?とすこし期待しています。

投稿: ASKA | 2018/09/22 09:49

ガンマニアの印象は薄いですね、寧ろ初心者ですな。マニアは銃の怖さを認識してる人が多いですし 人殺しを目的とはしてません。刀剣家が許可を得て高価な真剣集めてるのと同じです。心の拠り所として精神的に集めてる人がほとんどです。銃にしても免許制で取得は可能です。

ガンマニアも幾つかに分かれ、機械加工の構造に興味を持つ人、実践さながらにエアガンで撃ち合いする人、的を撃ち抜きたい人とそれぞれです。スポーツとして射撃は認められますね、それも何種類かに分けられます。動く生物を仕留めたければ猟友会の道もあります。

ただ入口はみな似たり寄ったりで単にテレビ、映画、書籍を見ただけで始める人がほとんどでしょう。
その観点で見ると犯人はさほどガンに興味があったとは思えないんです、単に人を殺してみたい欲求の手段として銃を入手したかった気がします。映画にもなった小説「野獣死すべし」の主人公と同じですね。
漫然とした欲求を満たす為に銀行強盗を企てたんだと思います。未熟な若気の至りとも取れます。

投稿: TS | 2018/09/22 14:36

事件の規模は異なりますが昨年のラスベガス銃乱射事件に近いのではと推測します。思考回路に殺人をインプットとすると銃=乱射がアウトプットされた。ラスベガスの犯人は突入前に自殺しており、鬱症状に抗精神病薬を服用していたと。

投稿: 亀さん | 2018/09/22 19:15

ラスベガス事件は自殺ではない?
犯人とされる頭の周りには乾いた血があり、その上から生々しい感じの血液が広がっている、2種類の血液が写真に写っていました。
犯人とされる左足の上に、斜めに横切ったライフルが、またがって置いてあるのも不自然でした。(置いてあるライフルの空間の中に足が通っている。)
射撃している面のホテルを通過し、ホテル1階の横面を通ってホテルの建物の中の中央へと入って行く通路がホテルの出入口になっているのですが、タクシーの運転手がケータイでビデオを回していて、射撃が行われているとされる面側、中央付近の低い位置の窓から閃光が銃音と共に何回か映っていて、ホテル横に来た時には、まるですぐそばの低い位置からマシンガンのような大きな音の連打音が聞こえました。
遠くには別の連打音が聞こえていて少なくとも2か所とも犯人とされる人がいた部屋とは別の所から撃っている感じに思えました。
なので自殺していたとは考えられず、同じ部屋には同居人がいたとも言われています。
犯人とされる部屋の写真にも不自然な感じが多く、あの事件は偽装されて、仕組まれた点が多いように思えます。

投稿: | 2018/09/23 18:09

みなさん、おはようございます。

TSさんへ
銃に興味があっても、それと事件が結びつかないんですよね。事件を起こさなくても、猟銃や競技用なら手続きをすれば合法的に所有できるはずです。
なので、拳銃にそれほど、こだわる理由がわかりませんね。

亀さん、名無しさんへ
アメリカの銃乱射事件はもう、風土病のような物だと思います。日本の事件で使われる、包丁と同じ感覚なんでしょうね。

投稿: ASKA | 2018/09/26 06:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮城県仙台市交番襲撃事件(9月20日報道) | トップページ | 宮城県仙台市交番襲撃事件(9月25日までの報道) »