« 名古屋市緑区大高緑地公園猫エアガン虐待事件 | トップページ | 神奈川県横浜市大口病院連続殺人事件その6(7月13日以降報道) »

2018/10/29

宮城県大崎市88歳祖父刺殺事件

入院中の祖父(88)を病院内で刺殺したとして、宮城県警は10月27日、同県大崎市鹿島台、無職の女性容疑者(28)を殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕し、発表する事件が起きている。

「自分が刺しました」と容疑を認めているとのこと。

古川署によると、容疑者は26日午後8時10分ごろ、自宅近くの大崎市民病院鹿島台分院に入院中の祖父(88)の右脇腹を果物ナイフ(刃渡り約13センチ)で刺して殺害した疑いとのこと。

犯行から約10分後、分院から国道をはさんで向かいにある同署鹿島台交番を訪れ、「いま祖父を刺した」という趣旨のことを警察官に話したとのこと。

祖父は同県石巻市の病院へ救急搬送されたが、約8時間後に死亡が確認されたとのこと。病室からは血の付いた果物ナイフが見つかったとのこと。

別の報道では
祖父は27日午前4時半すぎ、搬送先の石巻市内の病院で死亡が確認された。死因は出血性ショック。

祖父は入院前まで、容疑者と同居していたとのこと。

現場となった鹿島台分院は、JR東北線鹿島台駅から約500メートル、
分院のホームページによると、内科、外科、整形外科などの診療科があり、ベッド数は70床。3人の常勤医をはじめ、90人近い職員が勤務しているとのこと。

同署によると、事件直後に病院関係者が血を流しベッドに横たわっている祖父を発見、別の病院に搬送したが、出血性ショックで死亡したとのこと。

凶器とみられる果物ナイフは病室で発見され、自首した時には別の折りたたみ式ナイフを所持していた。

容疑者は26日午後8時ごろに1人で病院を訪れたとみられ、面会記録も記載されていたとのこと。

容疑者は両親と祖父との4人暮らしとのこと。

調べに対し容疑者は、「最初から殺すつもりで刺した」と容疑を認めているとのこと。

大崎市民病院鹿島台分院によると、容疑者は26日午後8時ごろ、面会記録に記名し1人で病室に向かった。間もなく女性の大声が聞こえたため看護師が病室に入ると、容疑者が病室から出ていった。看護師はその時は異変に気付かなかったが、約10分後に掛け布団の乱れを直そうとした際、血を流している祖父と、血のついた果物ナイフが床に落ちているのに気付いたとのこと。

別の報道では
分院によると、26日午後8時ごろに女性の大声が聞こえ、看護師が4階の祖父の病室(4人部屋)に行ったところ、容疑者がいた。「孫の面会」と認識したとのこと。

病院によると、容疑者は面会記録に記入をし、荷物を持って部屋を出たという。
容疑者の退室から約10分後、看護師が祖父の出血を発見。

病室は4人部屋で、祖父の他にもう1人患者がいたが無事だったとのこと。

祖父は当時、会話や歩行ができず介護が必要な状態だったとのこと。

司法解剖の結果、祖父の死因は出血性ショックだった。傷は右脇腹の1カ所のみで、抵抗する際にできる防御創などはなかったとのこと。

その後の警察の調べで、容疑者の車からは凶器の果物ナイフが入っていた箱が見つかり、警察は事前に凶器を準備して計画的に犯行に及んだとみて調べを進めているとのこと。

容疑者も「一回だけ刺した」と供述しているとのこと。

時系列
10月26日
20:00頃 容疑者が病院の祖父に面会
刺す直前に大声を上げる。大声を上げながら刺した可能性も有り。
20:10頃 病院に入院中の祖父を持ち込んだ果物ナイフで刺して退室。
20:20頃 病院の向かい側にある、鹿島台交番に自首、看護師が祖父の出血を発見。
10月27日
04:30過 緊急搬送された石巻市の病院で死亡

こんな事件ですね。
妙な事件ですね。整理すると
会話も歩行もできない88歳祖父を病院に面会記録を残して訪問、病室で大声を上げて刺す。凶器は新品の果物ナイフと思われる。更に別の折りたたみナイフも所持していた。

犯行の10分後には病院の向かいの交番に自首している。

自首している点で、犯行を隠す意図は無いでしょうね。面会記録も残し、凶器のナイフも現場に放置、トドメに看護士に目撃もされています。
つまりは、覚悟の犯行なんですよね。
逮捕されても構わないから、殺したいと言う事なので、怨恨なんでしょうか?

ただ、奇妙なのは、会話も歩行もできない状態の老人を殺害する理由ですね。
そもそも、怨恨なら、恨みは祖父が入院する前から持っていたはず、それがなぜ、このタイミングでの犯行になるのかな?
(病気で死ぬなんて許せないって事?」)

でも、家族の介護が大変だから殺害したと言うような動機や、苦しみから解放したいと言う安楽死的な動機もあり得るので、今の段階ではなんとも言えないかもしれませんね。

祖父はいつから入院していたのか?
会話できない理由は病気の後遺症や認知症によるものなのか?

まー多分、覚悟の犯行なので取り調べには素直に供述していると思いますので、動機はこれから出てくるでしょうね。

続報を待ちましょう。

|

« 名古屋市緑区大高緑地公園猫エアガン虐待事件 | トップページ | 神奈川県横浜市大口病院連続殺人事件その6(7月13日以降報道) »

コメント

続報です。

捜査関係者によると容疑者が「刑務所に入りたかった」という趣旨の供述をしているとのこと。

こんなところですね。
既に会話もできない自力での歩行もできないような老人を殺害する理由が気になっていましたが・・・「刑務所に入りたい」と言う事のようです。

まーこういう動機も時々あるので、珍しい物では無いのですが・・・
一番、殺害しやすい人間を殺害したと言う事なんでしょうね。

しかし、容疑者はまだ28歳ですし・・・なぜ、刑務所に行きたいなんて考えるようになったのだろうか?

両親も健在のようですし、経済的に困窮し、生活できないので「刑務所」と言うわけでは無さそうです。

推測ですが無職で表向き、家事手伝いだったけど、実質的にはニートや引きこもりだったのかな?

給与の面を考えなければ、仕事はあったと思うんですよね。アルバイトやパートでも・・・・

で、微妙なのが「死刑になりたい」では無く「刑務所に行きたい」なので・・・
「家に居たくない」とか「社会に出たくない」、「働きたくない」と言うような理由は考えられますね。

このあたりの理由も、供述されと思います。
これまでの経歴と職歴なども知りたいですね。

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2018/11/02 19:30

前にテレビで過疎化に悩む地域が町起こしのひとつとして 刑務所を誘致した場所がありました。

町は刑務所に勤務する関係者で一気に人口が増え、それなりの賑わい取り戻した様子でした。

その刑務所は新設で受刑者の環境もホテルや学校みたいに開放的な作りでした。これまでの劣悪なイメージばかりの環境では、更正はおろかより精神を病んでしまう配慮からでしょう。

日差しがあたる開放的なイメージで出入り自由なサロンにはマンガ、雑誌から文庫まで幅広く取り揃えて、内装は淡い白ベースの壁で、強化ガラスの向こうは小高い山の中腹から海が一望できる景観でした。
トレーニングジムも併設してあり、各自の個室もビジネスホテルよりは寛げる感じですね。

もちろん その刑務所を希望しても選択出来るかわかりませんが、そんな番組を見たら俗世間の煩わしさより理想郷のように思えてしまうかも知れません。

Wi-Fiは使えないと思いますが…

投稿: | 2018/11/02 23:59

容疑者も他人を傷つけてまで刑務所には入りたくなかったかも知れません 高齢の祖父は虫の息で介護疲れの両親を見かねた末とも取れます。
安楽死で楽にさせたかった事は理解できますが、手を下すのは犯罪です。

刑務所の環境が変わりつつある今日 近い将来 ASKAの事件簿コメント欄への投稿も、刑務所から発信できる日もそんなに遠くないと思えます。

投稿: | 2018/11/03 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋市緑区大高緑地公園猫エアガン虐待事件 | トップページ | 神奈川県横浜市大口病院連続殺人事件その6(7月13日以降報道) »