« 静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件その4(Iの初公判) | トップページ | 徳島県監護者わいせつ事件 »

2018/11/12

横浜市神奈川区大口通商店街女性通り魔事件

11月11日(日)午前3時半ごろ、横浜市神奈川区大口通の大口通商店街の路上で「女性が刺された」と、新聞販売店の男性が110番通報する事件が起きている。

県警捜査1課によると、女性は現場近くに住む会社員(34)で、上半身を刃物のようなもので刺されるなどしており重傷とのこと。命に別条はないとのこと。

病院に搬送される前に「知らない男に刺された」との趣旨の話をしたとのこと。

女性は帰宅途中だったとみられ、出血した背中を押さえながら助けを求めたとのこと。

現場はJR大口駅から南に約400メートルの商店街の一角とのこと。

通報した男性によると「女性の悲鳴と、『痛い、痛い。助けてください』という声を聞いた。白いセーターにジーンズ姿の女性が背中を押さえて歩いてきたが、手に血が付いていた」とのこと

靴は襲われた際に脱げたとみられ、犬を散歩させていた年配の女性が、近くでヒョウ柄の女性用靴の片方を発見していたとのこと。

同署によると、刺されたのは同区七島町、会社員女性(34)

現場は約400メートルのアーケードが続く「大口通商店街」の中心付近。同署によると、事件発生当時は商店のシャッターも下りており、周囲に営業中の飲食店もなかったとのこと。

近くで商店を営む女性は「防犯カメラを解析したのか、聞き込みにきた刑事から『黒いパーカーを着た男が国道15号方面に去っていった』と聞いたとのこと。この通りは夜は電気も消えて真っ暗とのこと。

警察のその後の調べで、女性は、見知らぬ男と出くわした直後に突然襲われ、その後、女性は出血しながら数十メートル歩いて、助けを求めていたとのこと。

県警は現場付近の防犯カメラの映像を解析するとともに、回復を待って当時の状況を詳しく聴く方針とのこと。

現場付近の防犯カメラには、つえのようなものを持つ黒いパーカ姿の男が、女性を背後から襲う様子が映っていたとのこと。

現場付近の防犯カメラにつえをつき黒っぽい服装をした男が、女性のあとをつけ背後から襲う様子が映っていたとのこと。さらに女性の上半身には複数の刺し傷があり、女性は一度刺されたあと、男に追われるように複数回刺されたとみられるとのこと。

こんな事件ですね。
第一印象としては通り魔のようですが・・・疑問な点もあるかな。
まず時間帯と現場の状況ですね。
午前3時半、JR大口駅の終電は上下線ともに0時台ですね。
市営バスは横浜駅西口から大口駅方面が16時で終バス(早いですね)
商店街の、お店も閉店していた、おまけに明かりもなくて暗い場所と言う事ですね。

ここで通り魔を行うにはちょっとリスクがありますよね。
つまり、ターゲットが通るのか?と言う事です。襲おうとしても、誰もいなければ襲えないわけです。
なので、最初から被害者がこの時間にこの場所を通る事を知っていた計画的な犯行の可能性も否定できませんね。

と言うわけで、場合分けすると
A)計画的犯行の場合
B)無計画な突発的な犯行の場合

の二つに場合わけできますね。

A)計画的な犯行の場合、問題になるのが、被害者の「知らない男」と言うこの証言です。
計画的な犯行だと、怨恨などの可能性もあるわけですが、その場合は「顔見知り」になりますよね。
なので「知らない男」と言うのが、顔を見て知らない男だったのか、顔を見ていないが心当たりが無いと言う事なのかによって、変わってきますね。

B)突発的な犯行だとすると・・・殺人衝動を持っているけど、当てもなくさまよっていたら、偶然に被害者と遭遇したと言う状況なんでしょうね。
しかし、ちょっと微妙なのが凶器です。凶器については発見されていませんが・・・報道として「つえのような物を持った男」とありますから、犯行に不要な「つえ」を持って、殺人事件を起こすと言うのは考えにくいと思うんですよね。
なので、これは「つえのような凶器」だろうと考えるわけです。

つえの様にみえて、人を刺せるような物として、思い浮かぶのは「傘」とか「つえ」ですね。
傘の先端部分を凶器に加工したんじゃないのかな?
「仕込み杖」や「槍」と言うのもあるけど、簡単に入手できる物では無いでしょうから、その場合はコレクションを実際に使いたくなったと言う場合かもしれませんね。

傘(つえ)を凶器に加工しているなら、事前に準備が必要なので、突発的な犯行とは思えないですね。
一方の「仕込み杖」「槍」の場合は既に手元にあった凶器を、思い立って使ったと言う場合なので、突発的な場合もあると思います。

犯行場所から考えると・・・犯人にはこの場所を選択した理由があると思うわけです。
1)何らかの形で被害者の事を知っている人間による怨恨の場合。
2)現場近くに住む人間か、土地勘のある人間による無差別的、あるいは計画的な通り魔の場合。

このあたりの可能性を疑いたくなりますね。
まー徒歩で逃亡しているなら、防犯カメラによって、追い詰められるかもしれませんね。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
横浜市神奈川区大口通商店街女性通り魔事件その2(続報)

|

« 静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件その4(Iの初公判) | トップページ | 徳島県監護者わいせつ事件 »

コメント

通り魔…に見せかけたストーカー、という印象を受けますね。
被害者が犯人の素性を知らない(もしくは行為自体に気づいていない)なら、犯人を「知らない男」と表現したのも頷けます。
ただ、それまで物理的な「付きまとい」にとどまっていた犯人が、いきなり殺傷行為に至る…なんてことがあるのか?というのはやや疑問ですが…

投稿: OZONE | 2018/11/12 23:02

容疑者逮捕です。
神奈川県警に強盗殺人未遂容疑で逮捕されたのは同区の無職男性容疑者(71)

71歳ですか・・・何があったのだろうか?
続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2018/11/12 23:02

速報レベルで

動機は強盗目的のようですね。
杖は本当に杖として使っていたようです。
数年前に脳梗塞で杖を使うようになったとか・・・

奥さんと二人暮らしとの事ですが、経済的に困窮していたんでしょうか?

投稿: ASKA | 2018/11/12 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件その4(Iの初公判) | トップページ | 徳島県監護者わいせつ事件 »