« 世田谷一家殺害事件再考その183 (3D映像、街灯とハーフパイプ) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その184 (3D映像、裏の小道) »

2018/12/20

大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その23 (一審判決死刑)

一審判決は死刑(求刑:死刑)です。

1)大阪地裁は12月19日、2人への殺人罪に問われた男性被告(48)に求刑通り死刑を言い渡した。

2)2人への殺意があったと認め、2人に対する殺人罪が成立すると認定した。事件当時の完全責任能力もあったと認めたとのこと。

3)裁判長は2人の殺害を認定した上で「まれに見る重大事案。刑事責任は極めて重大で、極刑の選択はやむを得ない」と述べ、求刑通り死刑を言い渡したとのこと。

「遺体の鑑定結果などから被告が、男子と女子首を絞めて殺害した」と認定した。

そのうえで、「2人と出会ったその日に殺害していて、生命軽視の度合いは甚だしく更生は困難だ」と述べて、検察側の求刑通り、死刑を言い渡したとのこと。

男子の死因について「殺意を持って首を圧迫したもの」と認定し、女子についても「体格差のある女児の急所である首を絞めるのは、殺意があったことは明らか」として、殺人罪が成立すると判断した。そのうえで「生命軽視の態度は著しく、子ども2人の未来を永遠に奪った」と指摘したとのこと。

男子について「健康面に全く問題のない男子生徒が、仮に熱中症になったとしても、その日のうちに突然死するとは考えられない」とした。

弁護側が主張した「熱中症などによる突然死」について、「可能性は極めて低い」と退け、「これまでの被告の供述は、虚偽と言わざるを得ない作り話」だとしたとのこと。

また、発達障害が犯行に影響したと主張していた被告の責任能力を認め、「大人が守るべき中学1年の2人を出会ったその日に殺害していて、非難の度合いが格段と高く、生命軽視が著しい」、「何の落ち度がない2人を苦しむ中で殺害した、極めて例を見ない残忍冷酷な犯行」として死刑を言い渡したとのこと。

責任能力についても、事件前後に被告がスマートフォンで「DNA鑑定」「死体」などの言葉を検索していたことから、合理的で冷静な行動を取っていたと指摘。弁護側は発達障害の影響で心神耗弱状態だったと主張していたが、影響は限定的だと退けたとのこと。

被告は公判で、「女子に『京都に行きたい』と誘われ、拒否すると『警察に言う』と言われた」などと述べたが、裁判長は「虚偽と言わざるを得ない」と言及したとのこと。

動機や殺害順は明らかにならなかったとしたが、「1人目への犯行は突発的に犯行に及んだ可能性があり、2人目は口封じと考えられる」と認定。計画性は認められないものの、「生命軽視の態度は著しく、2人が殺害された事件の中でも類例をみない極めて重い事件」などとして、死刑はやむを得ないと判断したとのこと。

犯行の態様や遺族感情など10項目からなる最高裁決定(15年)の基準に基づき、死刑を適用するか検討。計画性はないが、「大人が守るべき対象である子ども2人を殺害したことは、類を見ないほど極めて重い」などとして、回避する理由にはならないと結論付けたとのこと。

被告が中学1年生との年齢差・体格差を利用していること、2人目の殺害は口封じを目的としていたことなどを挙げ、「計画性がないことが死刑回避の事情にまでなるとは言えない」と結論付けたとのこと。

4)被告は主文後回しを言い渡された際は静かに聞いていましたが、その後、事実認定を言い渡されている最中は途中からずっと上を仰ぎながら耳を傾け、少しぼうぜんとした表情を浮かべていたとのこと。そして、死刑判決を言い渡された瞬間は特に反応はなかったのですが、退廷する際に何度も裁判長や遺族側に深々とお辞儀(裁判長と遺族席に向かって計5回)をし、最後は刑務官に引っ張られながら退廷したとのこと。

言い渡しが終わっても証言台にとどまり、裁判長や遺族席に何度も頭を下げた。退廷を促されても立ち止まり、最後は刑務官5人に囲まれて退廷したとのこと。

5)今回の公判では裁判員6人と補充裁判員4人が選任されたが、裁判員1人と補充裁判員2人が辞任を申し出て、解任された。大阪地裁は理由を明らかにしていないとのこと。

6)被告側は即日控訴したとのこと。

こんなところですね。
判決については、予想通りと言うところでしょうか。
ここまでの、公判の経緯をみると、弁護側に圧倒的に不利だったと言う事ですよね。

弁護側の弁護方針や、裁判長いわく「嘘」としている部分なども良く考えると、弁護側には他に選択子が無かったと言う事なのかと思いますね。

2人への殺人が認定されれば、否認しても死刑でしょう?、同様に認めたとしても、軽くて「無期懲役」です。
弁護側としては、どちらに転んでも、死刑か無期懲役なので「一か八かの勝負」に出るしかなかったんじゃないかな?

結果として「やはり負けたか」と言うところなんだろうと思います。
「死刑か無期懲役」となれば、やはり、どんな手段を使っても回避したいと思うのが人情なんでしょうね。

結局は、罪に向き合っていないと言う事なんでしょうが、そこは時間が解決してくれるでしょう。
控訴して、上告して、それで最後の時まで罪に向き合う事ができるんじゃないかな。

ただ、控訴審で「計画性の有無」の部分の判断が変わる可能性があるので、そうなると、死刑回避の可能性も出ます。
なので控訴審も注目ですね。

亡くなった男子と女子のご冥福をお祈りします。

参考リンク
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その22 (初公判)

|

« 世田谷一家殺害事件再考その183 (3D映像、街灯とハーフパイプ) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その184 (3D映像、裏の小道) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その183 (3D映像、街灯とハーフパイプ) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その184 (3D映像、裏の小道) »